2011年度 パチンコホール業界トレンドレポート~「Friday Fax News」増刊号~

矢野経済研究所は、過去20数年にわたりホール会員を限定に、その時節の旬な業界動向を取り上げ、独自の視点で分析したウィークリーFAXニュース「FRIDAY FAX NEWS」をはじめとして、今や定番となった主要マーケットレポートの「パチンコ産業白書」「パチンコ経営企業総覧」「パチンコ関連メーカーの動向とマーケットシェア」「パチンコホールの財務戦略と経営指標」等の総合マーケットレポート等で、パチンコ産業に携わる皆様に最新の動向をお届けしております。この度発刊いたします「2011年度パチンコホール業界トレンドレポート」は、ホール会員限定の「FRIDAY FAX NEWS」を特別編集し、さらに各季刊のマーケットレポートの中から、主要なトピックを盛り込んだ内容となっており、パチンコ市場の将来性を検証するための総合資料として企画致しました。時代の要望とともにその形態を変えながらも発展を続けるパチンコ業界の動向と今後の課題などを体系的にわかりやすく、お伝えする内容となっております。

発刊日
2011/03/29
体裁
A4 / 90頁
資料コード
C53103900
PDFサイズ
1.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

55,000
50,000
5,000
55,000
50,000
5,000
88,000
80,000
8,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
165,000
150,000
15,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • ホール会員限定のウィークリーFAX「FRIDAY FAX NEWS」を特別編集したレポート。
  • 2011年のパチンコホール業界で見逃せない主要トピックを網羅し、最新動向を詳解。

■本資料の概要

第Ⅰ篇 2011年パチンコホール業界のトレンド
第Ⅱ篇 2011年パチンコホールの営業トレンド
第Ⅲ篇 パチンコホール営業の重要トピック
第Ⅳ篇 パチンコホール業界を取り巻く主要な動き

■掲載内容

第Ⅰ篇 2011年パチンコホール業界のトレンド

1章.「東北地方太平洋沖地震」発生に伴うパチンコホール業界の動き
  (1)パチンコホール業界の緊急対応
  (2)パチンコホール業界に与える影響の考察
2章.パチンコホール業界の全体概況
  (1)2010年12月末のホール店舗数はさらに減少
  (2)ホール経営企業数も減少傾向、市場は大手チェーンの寡占化傾向
  (3)パチスロ人気回復、設置台数減少にようやく歯止め
  (4)ホール平均設置台数は前年比8.8台増加
3章.パチンコホールの新規出店トレンド
  (1)2010年度の新規オープン数は大きく減少
  (2)人口集積エリアへの出店回帰が鮮明に
  (3)新規オープン規模はダウンサイジング傾向
  (4)居抜き出店が6割を占める、ローコスト化する出店戦略
  (5)資産のデフレ化とパチンコホールのM&A戦略
  (6)低貸玉営業と営業形態の多様化
  (7)注目が高まるマルハンの「ECOモデル店舗」
  (8)大手ホール企業の出店戦略と動向

第Ⅱ篇 2011年パチンコホールの営業トレンド

1章.低貸玉営業
  (1)2010年末の導入店は8,000店舗、飽和感漂う低貸玉営業
  (2)都道府県別に見る低貸玉料金の導入トレンド
  (3)福岡県で併設営業解禁、踏み切る店舗が急増
2章.パチンコ営業
  (1)プレイヤーの二極化と新規ファン育成の動き
  (2)大手チェーン中心にパチンコ予算を削減、4円パチンコ機を選別強化
  (3)細分化するパチンコスペック
  (4)ライトミドル機の開発強化と「ギンパラ2」
  (5)ホールのセグメンテーション分析と顧客誘導の必要性
  (6)原点回帰の「新海」、海シリーズのバランス変化
  (7)2011年春商戦到来、話題機のイベント展示会相次ぐ
  (8)2011年のパチンコ営業動向
3章.パチスロ営業
  (1)低迷から一転、パチスロ増台相次ぐ、ホールのパチスロ購入予算増加へ
  (2)人気牽引のART機、ホール内の設置比率が急増
  (3)「リングにかけろ2」プレイヤーアンケートから見た延命策
  (4)2011年パチスロ営業の動向

第Ⅲ篇 パチンコホール営業の重要トピック

1章.パチンコホールの財務動向
  (1)財務分析から見えた、ホール業界の「負のスパイラル」
  (2)縮小均衡市場に適応する新たなホール経営モデル
  (3)ホール消費税意識調査~ホールの半分が貸玉料を値上げへ?~
2章.パチンコホール業界の人材開発
  (1)ホール大手の新人採用大幅増、買い手市場も追い風に
  (2)ホール企業の人材開発、今後は「質の時代」
  (3)日遊協「遊技産業マネジメント・カレッジ」、将来を担う人材開発
3章.外的要因が与えるホール営業への影響
  (1)「改正貸金業法」完全施行、ホール業界に与えたインパクト
  (2)中古機新流通システム始動、注目される在庫管理システム
  (3)「改正省エネ法」完全施行、意識高まるホールのエコ活動
  (4)「中小企業金融円滑化法」の期限延長、ホールの倒産件数は減少傾向
4章.注目を集める行政・組合動向
  (1)民主党娯楽研が「パチンコ業法」制定に向けた動きを強める
  (2)業界団体は風適法堅持の姿勢でまとまる、PCSAは声明を発表
  (3)日遊協が民主党娯楽研の遊技業法の問題点を指摘
  (4)カジノ法案再浮上、上程に向けた動きが活発に
  (5)日工組が内規変更、出玉総量規制を実施
  (6)警察庁が日本遊技機型式検定機構の申請書を受理
  (7)保通協が検定機構記者会見に異議を訴える
5章.ファン拡大に向けた動き
  (1)日遊協が「ぱちんこ&パチスロフェスタ2011 in東京」を開催
  (2)日電協・回胴遊商 緊急討論会「なんとかしようよ!!パチスロ文化」を開催

第Ⅳ篇 パチンコホール業界を取り巻く主要な動き

1章.遊技機・関連機器業界の動向
  (1)2010年度はパチンコ、パチスロ新台販売トレンドが逆転
  (2)コナミがアビリットを完全子会社化
  (3)日本ゲームカードがジョイコと経営統合
  (4)フィールズが円谷プロを子会社化
2章.レジャー産業の動向
  (1)「レジャー白書2010」に見るホール市場動向
  (2)不況下で成長を続けるレジャー産業とは

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

55,000
50,000
5,000
55,000
50,000
5,000
88,000
80,000
8,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
165,000
150,000
15,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。