2011年版 子供市場総合マーケティング年鑑

少子高齢化が叫ばれ、子供の数は年々減少、子供関連のマーケットに大きな影響を与えています。しかしその分、一人ひとりの子供に対して費やすお金は上昇傾向にあります。本調査レポートは「子供」を軸にした、産業横断的なマーケットレポートとして発刊いたしました。子供関連市場の動向のほか、トドラーの母親にアンケートを実施いたしました。この1冊で「子供関連市場」を俯瞰的に把握いただけます。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 子供関連市場の動向を掲載。
     ・子供ビジネスの市場規模推移(2004年~2010年推移、2011年の予測) / 子供を取り巻く商品戦略 /
      海外展開の動向 / キャラクター商品の動向 / 子供向け用品流通市場の動向 /
      子ども手当の効果と見直しについて / 東日本大震災の影響について / 子供に関する消費支出の動向 /
      子供のライフスタイルの変化
  • 子供関連市場分野別の動向を掲載。
      ・娯楽用品・レジャー:玩具、家庭用ゲーム、子供向け出版物、子供向けビデオ・DVD、子供向けスポーツ用品、
       子供・ファミリー向け劇場用映画、遊園地・テーマパーク、ゲームセンター・アミューズメント施設
      ・教育サービス・用品:学習塾・予備校、私立幼稚園、幼児英才教育、私立中学校、幼児・子供英会話教室、
       学習参考書、学童文具、学習机・椅子、ランドセル
      ・食品:粉ミルク、ベビーフード、菓子・デザート
      ・衣料品・身の回り品:子供・ベビー服、学生服(スクールユニフォーム)、ベビーシューズ・子供靴、
       子供用眼鏡・コンタクトレンズ
      ・日用品・生活雑貨:ベビー用紙おむつ、ベビーカー、ベビーベッド・子供用寝具、チャイルドシート、
       その他ベビー用品、幼児・子供用自転車
      ・ベビー・子供向けサービス:保育園・託児所、ベビーシッター、子供写真館、子供向けスポーツ教室・スポーツクラブ、
       ベビー用品レンタルサービス、子供向け携帯電話、子供向け防犯用品・サービス
  • 3歳~9歳の子供を持つお母さん400名を対象に、育児に関するアンケート調査を実施。
  • 子供関連ビジネス展開企業リストを掲載。

■本資料の概要

Ⅰ.総論
Ⅱ.子供関連主要企業の戦略
Ⅲ.子供関連市場分野別の動向(市場規模推移と市場動向)
Ⅳ.3歳~9歳の子供を持つお母さんへのアンケート調査
Ⅴ.子供関連ビジネス展開企業リスト

■掲載内容

Ⅰ.総論

1.子供関連市場の動向
  (1)子供関連ビジネスの市場規模推移
  (2)子供関連市場の動向
    ①子供を取り巻く商品戦略
    ②海外展開の動向
    ・育児用品
    ・玩具・雑貨・ゲーム
    ・子供服
    ・教育サービス
    ③キャラクター商品の動向
    ④子供向け用品流通市場の動向
    ・百貨店
    ・スーパー
    ・専門量販店
    ・新興子供服専門店
  (3)子ども手当の効果と見直しについて
    ①子ども手当を取り巻く各社の戦略
    ②子ども手当の使われ方について
    ③子ども手当の見直しについて
  (4)東日本大震災の影響について
2.子供を取り巻く市場環境
  (1)子供人口の推移
    ①子供(15歳未満)人口の推移
    ②出生数の推移
    ③幼稚園児・小学生・中学生数の推移
  (2)子供に関する消費支出の動向
  (3)子供のライフスタイルの変化
    ①食生活、健康面
    ②こづかい額
    ③海外渡航者数

Ⅱ.子供関連主要企業の戦略

ピジョン株式会社
コンビ株式会社
株式会社バンダイナムコホールディングス
株式会社タカラトミー
株式会社サンリオ
株式会社ベネッセホールディングス
株式会社公文教育研究会
三起商行株式会社
日本トイザらス株式会社
株式会社赤ちゃん本舗
株式会社西松屋チェーン
株式会社イオンファンタジー
株式会社キッズシティージャパン
株式会社スタジオアリス
株式会社キタムラ
コンビウィズ株式会社
株式会社JPホールディングス
株式会社サクセスアカデミー
株式会社ベネッセスタイルケア
株式会社キッズベースキャンプ

Ⅲ.子供関連市場分野別の動向(市場規模推移と市場動向)

1.娯楽用品・レジャー
  (1)玩具
  (2)家庭用ゲーム
  (3)子供向け出版物
  (4)子供向けビデオ・DVD
  (5)子供向けスポーツ用品
  (6)子供・ファミリー向け劇場用映画
  (7)遊園地・テーマパーク
  (8)ゲームセンター・アミューズメント施設
2.教育サービス・用品
  (1)学習塾・予備校
  (2)私立幼稚園
  (3)幼児英才教育
  (4)私立中学校
  (5)幼児・子供英会話教室
  (6)子供向け習い事教室
  (7)幼児・学生向け通信教育
  (8)学習参考書
  (9)学童文具
  (10)学習机・椅子
  (11)ランドセル
3.食品
  (1)粉ミルク
  (2)ベビーフード
  (3)菓子・デザート
4.衣料品・身の回り品
  (1)子供・ベビー服
  (2)学生服(スクールユニフォーム)
  (3)ベビーシューズ・子供靴
  (4)子供用眼鏡・コンタクトレンズ
5.日用品・生活雑貨
  (1)ベビー用紙おむつ
  (2)ベビーカー
  (3)ベビーベッド・子供用寝具
  (4)チャイルドシート
  (5)その他ベビー用品
  (6)幼児・子供用自転車
6.ベビー・子供向けサービス
  (1)保育園・託児所
  (2)ベビーシッター
  (3)子供写真館
  (4)子供向けスポーツ教室・スポーツクラブ
  (5)ベビー用品レンタルサービス
  (6)子供向け携帯電話
  (7)子供向け防犯用品・サービス

Ⅳ.3歳~9歳の子供を持つお母さんへのアンケート調査

1.調査概要
  (1)調査の目的
  (2)調査概要
  (3)回答者の属性
    ①子供の年齢
    ②母親の年齢
    ③母親の居住地
    ④母親の職業
    ⑤世帯収入
    ⑥子供の人数
  (4)凡例
    ①居住地域区分
    ②グラフ中表記について
2.調査結果
  (1)育児に関して参考にしている情報提供元
  (2)子供の習い事
  (3)習い事の種類
  (4)習い事の月謝
  (5)教育サービスの選択時に意識すること
  (6)子供向け商品の購入場所
  (7)イベント時のプレゼント贈呈者
  (8)誕生日プレゼントの予算
  (9)将来の教育スタンス
  (10)子供向けサービスの利用動向
  (11)子供向け/子育て支援向けの商品・サービス
  (12)2011年のゴールデンウィークの過ごし方
  (13)2011年のゴールデンウィークの昨年と比較した支出の変化
  (14)震災前後の行動や支出の変化(東日本大震災の影響について)
  (15)震災によって変化があったこと
  (16)現在、震災関連の影響で育児や生活面での不安はあるか
  (17)不安に思うのはどのようなことか
  (18)今後の生活においてどのような支出・消費を心がけていくか
  (19)子供関連支出について、今後どのような支出・消費を心がけていくか

Ⅴ.子供関連ビジネス展開企業リスト

1.玩具・ゲーム・アミューズメント
2.教育サービス・用品
3.アパレルメーカー・小売
4.ベビー用品/育児・子供向けサービス
5.キャラクター商品・通販・その他

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。