2011 SPAマーケット総覧

製造小売業型ビジネスモデルSPAは、アパレル専門店を嚆矢とするが、デフレ消費が浸透してからのこの5,6年来は生活消費財の広範に亘っている。本誌の改版はくしくも7回目。SPAモデルをつぶさに調査研究してきた。価格・ファッション性・スピード・企画・資金の高回転を持ち味に高い成長力・収益力を取り込んできた企業群約350社をラインナップ。今日の日本ひいては世界メガチェーンまで含めたSPA企業の実態と展望を調査した。

発刊日
2011/09/30
体裁
A4 / 662頁
資料コード
C53106900
PDFサイズ
7.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,800
128,000
12,800
140,800
128,000
12,800
173,800
158,000
15,800
281,600
256,000
25,600
314,600
286,000
28,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 百貨店・専門店・量販店そしてネット通販など多様なチャネルのなかでSPAモデル企業のポジションをフレームアップ。
  • ブランド戦略・出店戦略・顧客コミュニケーション戦略・ICT戦略の実態。
  • 調査企業の売上高合計とSPA売上高(2009年度及び2010年度予測)を掲載。
  • SPA型企業の動向と特徴を分析(各種アパレル専門店、総合アパレルメーカー、アパレル以外のSPA業態企業等)。
  • 有力SPA型企業の事例を研究。
  • 全国SPA型企業個表を掲載。

■本資料の概要

第1章 SPA市場の概要
第2章 SPA型企業の動向と特徴
第3章 SPA出店チャネル戦略の潮流
第4章 アパレルネット通販市場
第5章 SPA企業を中心としたM&A戦略
第6章 世界のSPA企業戦略/グローバル化
第7章 有力SPA型企業の事例研究
第8章 全国SPA型企業個表
第9章 SPA関連資料集

■掲載内容

第1章 SPA市場の概要

1.小売市場を牽引するSPA企業
2.アパレル総小売市場規模とSPA市場規模
  (1)アパレル総小売市場規模の推移
  (2)当資料におけるSPA市場規模推計
    ①調査企業の売上高合計とSPA売上高(2009年度)
    ②調査企業のSPA売上高とSPA比率(3ヵ年推移)
  (3)SPA市場規模推計
・アパレル小売企業のSPA売上高上位100社(表)
・アパレルメーカー系企業のSPA売上高上位100社(表)

第2章 SPA型企業の動向と特徴

1.アパレル専門店が形成するSPA市場
  (1)専門店大型チェーン化によるSPAモデルとその拡大戦略
  (2)大震災によるアパレル専門店への影響
  (3)アパレル小売市場の販売チャネル推移
  (4)プライベート・ブランドを中心にSPA事業を展開する専門店
  (5)強さ際だつレディス専門店「クロスカンパニー」「アイジーエー」
  (6)郊外SCで成長してきた子供服SPA
  (7)109系専門店のSPA事業
  (8)セレクトショップ編集型SPA企業
  (9)シャツ・ボトムスなど個別商品アイテムに特化したSPA企業
2.総合アパレルメーカーのSPA戦略
  (1)総合アパレルメーカーの販売チャネル変化とSPA業態
  (2)SPA 業態への意欲高める総合アパレルメーカー
3.インナー・レッグウェア系SPA業態企業の成長
  (1)専門店市場と販売チャネル推移
  (2)インナーSPA企業の直営店戦略とアパレル専門店のインナー事業
  (3)レッグウェアSPAの動向
4.SPA事業モデルで業界をリードする非アパレルの各種専門店
  (1)専門店市場を形成するアパレル以外のSPA
  (2)家具・生活雑貨のSPA企業
  (3)靴のSPA企業
  (4)眼鏡・アイウエアのSPA企業
  (5)鞄・服飾雑貨のSPA企業
  (6)100円ショップ
  (7)自転車専門店
5.イオンとイトーヨーカ堂がSPAモデル導入でPB事業強化
6.販売仲介としての新ビジネスモデルで既存の流通形態を変革する日本和装
7.SPA市場における総合商社・専門商社の機能とポジション
  (1)商社の繊維部門売上高
  (2)大手アパレル/SPAを中心にOEM・ODMを軸に事業拡大
  (3)商社の事業投資とSPA業態への関与
  (4)アパレル・雑貨メーカーと小売を繋ぐBtoB事業動向

第3章 SPA出店チャネル戦略の潮流

1.出店戦略と出店ロケーションの変遷・推移
  (1)2009年~2011年のアパレル関連企業、メーカー・専門店の出店傾向
  (2)専門店市場の出店経緯~郊外SCから都市型店舗へ~
2.百貨店の生存競争が激化
  (1)百貨店インショップとSPA業態の変遷
  (2)百貨店側の新しい取り組み
  (3)百貨店に出店する有力専門店
3.駅ビル・ファッションビルの動向
4.駅ナカ、駅チカにおける小型店舗開発
5.高速道路、SA、空港などへの出店
6.主要SPA企業における出店動向
7.アウトレットモールの現状と開発計画
  (1)日本のアウトレットモール現況
  (2)チェルシーと三井アウトレットパークの2強寡占
  ・日本の主要なアウトレットモール一覧(表)
  (3)アウトレットモール運営企業の個別動向
    ①チェルシージャパン
    ②三井不動産
    ③西武プロパティーズ
  (4)ネット通販におけるアウトレットモールサイト

第4章 アパレルネット通販市場

1.アパレル小売チャネルとしてのネット通販
  (1)通信販売市場の市場規模とネット通販市場規模
  (2)アパレルにおけるネット通販が加速
  (3)大手総合ECモールやポータルサイト企業がファッションEC分野を強化
  ・アパレル取扱い主要サイトのネット通販取扱高(表)
  ・主要なアパレルECサイトの運営会社・概要など(表)
2.SPA企業も多く出店するインターネット通販専業企業動向
  (1)スタートトゥデイ
  (2)マガシーク
  (3)スタイライフ
  (4)夢展望
3.アパレル関連企業のネット通販動向、自社直営通販サイトの増加
  ・主要SPA企業の自社ネット通販サイト状況(表)
  (1)ファーストリテイリングの自社通販サイト売上高推移
  (2)ポイントの通販サイト売上高推移(自社+ショッピングサイト)
  (3)ユナイテッドアローズの通販サイト売上高推移(自社+ショッピングサイト)
  (4)良品計画の自社通販サイト売上高推移
  ・〔参考〕主なアパレルメーカー・専門店のサイト運営・出店状況(表)
4.消費者参加型、EC連動イベント

第5章 SPA企業を中心としたM&A戦略

1.2010~2011年SPA企業によるM&Aとその特徴
  ・ファッションビジネス業界の2009年後半~2011年前半の主なM&A、事業譲渡、投資の動きなど(表)
2.2010~2011年M&A・統合・吸収合併などの個別事例
  (1)サンエー・インターナショナルと東京スタイルが経営統合、TSIホールディングスが誕生
  (2)東京スタイルのエレファント買収で「ローズバッド」ブランド取得
  (3)イオンの衣料改革、傘下のコックスとブルーグラス合併
  (4)ユニーグループのパレモと鈴丹が12年2月に合併
3.上場企業で株式を非公開にするMBOの動向

第6章 世界のSPA企業戦略/グローバル化

1.世界のアパレル小売市場の現状とSPA戦略
  (1)世界の専門店市場概要
  (2)米国の専門店市場とSPA業態
    ①米大型専門店の10年度決算状況
    ②米アパレル・グッズメーカーの10年度決算状況
  (3)米国SPA企業の個別動向
    ①ギャップ
    ②アバクロンビー&フィッチ
    ③アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ
  (4)欧州系SPA企業の個別動向
    ①H&M
    ②INDITEXグループ
2.アジアへの進出が加速する世界のSPA企業
  (1)グローバルSPAの日本進出
  (2)中国への進出が全世界的に加速
3.日本SPA企業の対外進出
  (1)ファーストリテイリングの海外事業
  (2)ハニーズの中国進出事業
  (3)主要SPA企業の海外進出動向

第7章 有力SPA型企業の事例研究

〔掲載企業〕
1. 総合アパレル
  ワールド、オンワードホールディングス、三陽商会、ファイブフォックス、イトキン
2. 婦人
  しまむら、ハニーズ、クロスカンパニー、サンエーインターナショナル、フランドル、
  ジャパンイマジネーション、バロックジャパンリミテッド
3. 紳士
  青山商事、AOKIホールディングス、オンリー
4. カジュアル
  ファーストリテイリング、ポイント、ライトオン
5. セレクトショップ
  ユナイテッドアローズ、パル、アーバンリサーチ、ビームス、ベイクルーズ、トゥモローランド
6. 子供・ベビー
  西松屋チェーン、赤ちゃん本舗、ナルミヤインターナショナル
7. ジーンズ
  エドウィングループ、リーバイ・ストラウスジャパン
8. スポーツ
  アディダスジャパン、ナイキジャパン
9. インナー・レッグウェア
  ワコールホールディングス、トリンプインターナショナル、タビオ
10. 呉服
  日本和装ホールディングス
11. 靴・鞄・服飾雑貨
  チヨダ、エービーシー・マート、サマンサタバサジャパンリミテット
12. 眼鏡
  ジェイアイエヌ、インターメスティック
13. 家具・生活雑貨・自転車
  ニトリ、良品計画、バルス、あさひ
14. 外資系
  ギャップジャパン、ザラ・ジャパン、H&M へネス・アンド・マウリッツ・ジャパン、イケア・ジャパン

第8章 全国SPA型企業個表

1.小売系企業五十音順索引
2.メーカー系企業五十音順索引

第9章 SPA関連資料集

1-1 総売上高ランキング(小売)
1-2 総売上高ランキング(メーカー)
2-1 当期利益ランキング(小売)
2-2 当期利益ランキング(メーカー)
3 店舗数ランキング(小売)
4 ブランド売上高ランキング(10億円以上)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,800
128,000
12,800
140,800
128,000
12,800
173,800
158,000
15,800
281,600
256,000
25,600
314,600
286,000
28,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。