2011年版 水リサイクルシステム市場の現状と将来展望

本調査レポートでは、今後の水利用のあり方を考える上で欠かすことの出来ない3R(Reduce、Reuse、Recycle)の視点から下排水の再生利用に着目。国内外における再生利用ニーズや事例をまとめました。また、主要参入企業の動向から、水リサイクル装置・システムの普及に係る各種課題を明らかにし、市場拡大のための方策を検討するとともに、リサイクルを含む水処理関連事業の方向性を示しました。

発刊日
2011/08/31
体裁
A4 / 133頁
資料コード
C53108300
PDFサイズ
4.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:今後の水利用の在り方を考える上で欠かすことのできない3R(Reduce、Reuse、Recycle)の視点から下排水の再生利用に着目し、水リサイクルシステム市場の現状を明らかにするとともに、主要参入企業の動向から水リサイクルシステムの普及に係る各種課題を抽出し、市場拡大のための方策を検討する。また、水のリサイクルを含む日本企業の水事業の方向性についても考察を加える。
調査対象:日本国内の水処理関連企業および団体
調査方法:面談取材・電話調査および文献調査
調査期間:2011年5月~7月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 水リサイクルシステム市場の現状を分析
  • 水リサイクル関連企業(17社)の動向を調査
  • 水処理技術の最新動向を調査
  • 水リサイクルシステム市場の将来を展望
  • 水処理関連事業の方向性を提示

■本資料の概要

第1章 水リサイクルシステム市場の動向
第2章 水リサイクル関連企業の動向

■掲載内容

第1章 水リサイクルシステム市場の動向

1.水リサイクルシステムの定義
2.水リサイクルシステム市場の主要プレーヤー
  (1)水リサイクルシステム・製品
  (2)水リサイクルシステム・製品の導入事例
    ①MF+ROシステム(神鋼環境ソリューション)
    ②MBR+ROシステム(三菱レイヨン)
3.水リサイクルシステムおよび製品(MBR膜)市場の現状
  (1)水リサイクルシステムの市場規模
    ①全体(2010年度)
    ②需要分野別(2010年度)
    ③国内・海外別(2010年度)
    ④ハード・ソフト事業別(2010年度)
  (2)水リサイクル関連製品(MBR膜)の市場規模
    ①全体(2010年度)
    ②水リサイクルシステム向け(日本企業/2010年度)
4.水リサイクルシステムおよび製品(MBR膜)市場の将来展望
  (1)課題の抽出と対策の検討
    ①水リサイクルシステム市場の現状(参入企業の強み・弱み)
    ②課題の抽出
    ③対策の検討
  (2)水リサイクルシステムの市場規模予測(2015年、2020年)
    ①全体(2015年度/2020年度)
    ②需要分野別(2015年度/2020年度)
    ③国内・海外別(2015年度/2020年度)
    ④ハード・ソフト事業別(2015年度/2020年度)
  (3)水リサイクルシステム向けMBR膜の市場規模予測(2015年、2020年)
  (4)最新水処理技術の開発動向
    ①窒素処理(アナモックスプロセス)
    ②1,4-ジオキサン処理
  (5)リサイクルを含む水事業の方向性
    ①参入企業の取り組み
    ②水事業の方向性

第2章 水リサイクル関連企業の動向

<エンジニアリング会社>
オルガノ株式会社
三機工業株式会社
島津システムソリューションズ株式会社
株式会社神鋼環境ソリューション
水道機工株式会社
水ing株式会社
住友重機械エンバイロメント株式会社
月島機械株式会社
日鉄環境エンジニアリング株式会社
パナソニック環境エンジニアリング株式会社
株式会社日立プラントテクノロジー
富士化水工業株式会社

<膜メーカー>
株式会社クボタ
三菱レイヨン株式会社

<新規参入企業>
東京ガス株式会社
株式会社明電舎

<団 体>
社団法人雨水貯留浸透技術協会

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。