2011年版 小型モータ市場の現状と将来展望

日本電産ほど成長に思い入れが強いモータメーカーはないのかもしれない。同社は2015年度には現状売上規模の倍増以上となる2兆円企業グループの形成を目指している。モータ市場は今後も成長が期待できる有望市場である。しかし全てのモータメーカーが日本電産と同じ様な成長を歩めるわけではない。同社のM&Aに関しては「技術はあるが不採算事業に陥っている企業」が候補となってきた。数をさばく企業、きめ細かい対応を図る企業等で各社立ち位置は異なるが、最近は対象アプリケーションの市場変化や価格競争の激化等により収益面の改善が急務となっている。モータメーカーは短期及び中長期的な視点で、次なる一手を仕掛ける必要があろう。短期的に着手すべきやり方として、他の部品と組み合わせたユニット提案や相互の補完に繋がる海外モータメーカーとの緩やかな提携等が考えられる。一方で価格的主導権の確保、および最先端技術の深耕、更には日本電産グループ、あるいは海外勢と真っ向から対抗できる勢力の形成を目指して、中長期的な視点に立った仕掛け作りも検討すべきではないだろうか。本調査レポートはこれまで定期発刊してまいりましたモータ関連の市場調査レポートから、再び成長軌道に乗りはじめた小型モータ市場にフォーカスしたものです。小型モータ各社の最新動向を取材し、市場を分析致しました。

発刊日
2011/09/22
体裁
A4 / 194頁
資料コード
C53108400
PDFサイズ
2.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内および海外の小型モータメーカーの現状の動向と今後の事業施策を徹底調査し、更に周辺情報を加えることで小型モータ市場の現状と今後の動向を把握することを目的とする。
調査対象:ブラシ付きDC モータ(コアード/コアレス)、ブラシレスDC モータ、振動モータPM 型ステッピングモータ、HB 型ステッピングモータ、AC インダクションモータDC 軸流ファン
調査方法:直接面接取材をベースに、文献調査を併用
調査期間:2011年5月~2011年9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 小型モータ全体市場規模(2008年度~2013年度予測、数量ベース)を算出
  • モータ種別市場規模(2008年度~2013年度予測、数量ベース、需要分野別比率、メーカーシェア)を算出
     ブラシ付きDCモータ(コアード)、ブラシ付きDCモータ(コアレス)、ブラシレスDCモータ、振動モータ
     PM型ステッピングモータ、HB型ステッピングモータ、DC軸流ファン、ACインダクションモータ
  • 需要分野別動向(モータ種別比率、数量ベース)を調査
  • 型モータメーカー各社動向を調査

■本資料の概要

第1章:小型モータ市場の現状と将来展望
第2章:各種小型モータ市場の動向と展望
第3章:小型モータの需要分野別動向
第4章:小型モータメーカーの動向と戦略

■掲載内容

第1章:小型モータ市場の現状と将来展望

5年後のグローバルを見据えた決断のとき
アプリケーションの市場変化、価格競争の激化
市場は再び成長軌道に乗り始めるも収益面の改善が課題
(図表)小型モータ世界主要メーカー 市場規模推移(数量:2008年度実績-2013年度見込)
一歩踏み込んだ提案で成熟の先の新たな種につなぐ
海外市場の新規開拓に向けてはローカルモータメーカーとの協業も有効手段の1つ

第2章:各種小型モータ市場の動向と展望

1.ブラシ付きDCモータ(コアード)
  2011年度では2008年度を上回る出荷数量の見込み
  (図表)ブラシ付きDCモータ(コアード)
  世界主要モータメーカー 市場規模推移(数量:2008年度実績-2013年度予測)
  (図表)ブラシ付きDCモータ(コアード) 需要分野別内訳推移
  (世界主要メーカー 数量ベース 2010年度-2011年度見込み)
  激化するコスト競争を生き残るために検討すべきは「協業」と「提案領域の拡大」
  マブチモーターとJohnson Electricのトップグループ変わらず、2社で市場の5割を占める
  (図表)ブラシ付きDCモータ(コアード)
  世界市場規模 主要メーカーシェア推移(数量:2008年度実績-2011年度見込)
2.ブラシ付きDCモータ(コアレス)
  2011年度は2008年度を上回る出荷数量となる見込み
  (図表)ブラシ付きDCモータ(コアレス)
  世界主要モータメーカー 市場規模推移(数量:2008年度実績-2013年度予測)
  (図表)ブラシ付きDCモータ(コアード) 需要分野別内訳推移
  (世界主要メーカー 数量ベース 2010年度-2011年度見込み)
  今後はコントローラの開発技術推進が差別化の有効手段の1つに
  maxon motorがトップシェア、キヤノンプレシジョンが続く
  (図表)ブラシ付きDCモータ(コアレス)
  世界主要モータメーカーシェア推移(数量:2008年度実績-2011年度見込み)
3.振動モータ
  携帯電話市場の回復、スマートフォン人気に牽引され2010年度は2008年度を上回る出荷数量に
  (表)振動モータ 世界主要メーカー取扱いモータタイプ 一覧
  (図表)振動モータ 需要分野別内訳推移
  (世界主要メーカー 数量ベース 2010年度-2011年度見込み)
  (図表)振動モータ世界主要モータメーカー 市場規模推移(数量:2008年度実績-2013年度予測)
  ポテンシャル市場の創出を自ら仕掛けよ
  日本電産グループ世界シェアは5割に迫る勢い
  (図表)振動モータ世界主要モータメーカーシェア推移(数量:2008年度実績-2011年度見込み)
  主要振動モータメーカー スマートフォン向け供給一覧
4.ブラシレスDCモータ
  今後は家電及び自動車向けでの需要拡大が期待
  (図表)ブラシレスDCモータ世界主要モータメーカー 市場規模推移(数量:2008年度実績-2013年度予測)
  (図表)ブラシレスDCモータ 需要分野別内訳推移(世界主要メーカー 数量ベース 2010年度-2011年度見込み)
  HDDスピンドルモータで圧倒的シェアを有する日本電産が不動のトップ
  今後は家電及び自動車での展開が焦点に
  (図表)ブラシレスDCモータ世界市場規模 主要メーカーシェア推移(数量:2008年度実績-2011年度見込み)
5.ステッピングモータ
  2010年度はODD、DSCに加え、中国中心とするエアコン向けで市場が拡大
  2011年度以降はODDの成長鈍化により堅調な推移へ
  (図表)PM型ステッピングモータ世界主要モータメーカー 市場規模推移(数量:2008年度実績-2013年度予測)
  (図表)PM型ステッピングモータ 需要分野別内訳推移
  (世界主要メーカー 数量ベース 2010年度-2011年度見込み)
  日本電産サンキョーがトップ、コストメリット強化のためにも数量拡大を推進
  (図表)PM型ステッピングモータ(LS型含む)
  世界市場規模 主要メーカーシェア推移(数量:2008年度実績-2011年度見込み)
  HB型ステッピングモータでは従来のOA機器に加え、産業機器向けを牽引役に
  2010年度、2011年度は2008年度越えの出荷数量で推移する見込み
  (図表)HB型ステッピングモータ
  世界主要モータメーカー 市場規模推移(数量:2008年度実績-2013年度予測)
  (図表)HB型ステッピングモータ 需要分野別内訳推移
  (世界主要メーカー 数量ベース 2010年度-2011年度見込み)
  産業機器向けでは制御面とコスト面の改善を目指した取り組みが各社で進む
  領域拡大を図るサーボモータに対し、強みを活かした先手も重要に
  2011年度トップシェアはミネベア、シナノケンシが続く
  海外プレイヤーにはSHANGHAI MOOS’、常州欧凱電器など
  (図表)HB型ステッピングモータ世界主要モータメーカーシェア推移(数量:2008年度実績-2011年度見込み)
6.DC軸流ファン
  搭載製品市場は成長鈍化するもDC軸流ファンは2011年度以降も堅調に推移
  (図表)DC軸流ファンモータ世界主要モータメーカー 市場規模推移(数量:2008年度実績-2013年度予測)
  (図表)DC軸流ファンモータ 需要分野別内訳推移(世界主要メーカー 数量ベース 2010年度-2011年度見込み)
  エレクトロニクス分野は低消費電力化の傾向
  新たな放熱ニーズに向けた提案力の強化がカギに
  SUNONがトップシェアを維持、台湾勢が上位を占める
  (図表)DC軸流ファンモータ世界市場規模 主要メーカーシェア推移(数量:2008年度実績-2011年度見込み)
7.ACインダクションモータ
  長期的にはブラシレスDCモータへの切り替え進展が予想されるも
  価格面から当面は安定推移の見込み
  (図表)ACインダクションモータ世界主要モータメーカー 市場規模推移(数量:2008年度実績-2013年度予測)
  (図表)ACインダクションモータ 需要分野別内訳推移
  (世界主要メーカー 数量ベース 2010年度-2011年度見込み)
  産業用機器向けの省エネニーズにカスタム対応力を活かす道も
  家電向けでは中国モータメーカーを中心に海外勢が圧倒的存在感を示す
  日系メーカーはブラシレスDCでの展開に注力、産業分野への提案にシフトの動きも
  (図表)ACインダクションモータ世界主要モータメーカーシェア推移(数量:2008年度実績-2011年度見込み)

第3章:小型モータの需要分野別動向

小型モータ需要分野別動向
  デジタルカメラでは静音ニーズ対応の提案が進む
  (表)小型モータ需要分野別主要製品採用モータタイプ・平均搭載個数(2010年度~2011年度)
  振動モータはスマートフォン向けに扁平型、リニアタイプのニーズが高まる傾向にあるも
  機種毎の端末設計、顧客の方針に依存してトレンドは定まらず
  OA関連機器では一部でPM型ステッピングモータ、ブラシレスDCモータへ置換えの動きも
  白物家電向けは一部製品で中国モータメーカーによる主機モータ採用の動き
  FAや製造装置向けは市場拡大の傾向にあるも、限られたパイを奪い合う競争の厳しい市場

第4章:小型モータメーカーの動向と戦略

マブチモーター株式会社
  市場変化を見据えた新たな2つの成長軸の確立が進む
  2012年には2箇所目となる中国内需向け生産拠点が稼動予定
  自動車電装への更なる注力で生産拠点の再編を推進
  材料の品質に依存しない設計力、製造工程構築のノウハウに強み
  今後の中国内需向けでは顧客との接点を強化すべく技術サービス体制の充実を図る
  2010年度は前年度比118.3%で推移、2011年度は2008年度に迫る出荷量を見込む
  存在感を増す自動車電装用モータでは引き続きPW、PS用に注力
  PW用では次世代製品の投入によるラインナップ強化で世界シェア20%獲得を目指す
  光学・精密分野、家電・工具・玩具分野では主力アプリケーション向けが堅調
  コスト競争が厳しさを増す製品については収益性の確保を重視

Johnson Electoric Holdings Limited (ジョンソンエレクトリックジャパン)
  モーションソリューションで更なる顧客満足の実現と事業拡大を目指す
  省エネニーズ向けに効率性に優れる「エコモータ」を各種ラインナップ
  「ジョンソンシティ」を中心拠点に、中国・北海、インドに新たな生産拠点を増強
  2011年度出荷数量は2008年度を上回る見込み、
  今後はJOHNSON MEDTECとのシナジーも期待

日本電産セイミツ株式会社
  グループ内の最大限のシナジーで、更なる事業拡大を目指す
  振動モータでは端末ごとに異なるニーズを実現してきたノウハウの蓄積に強み
  中国をメインとする既存4拠点に新拠点が加わり、生産拠点は計8拠点となる予定
  振動モータ、ブラシレスDCモータの牽引により、2010年度の出荷数量全体は前年度比123.6%
  搭載端末に合わせた最適設計で顧客のニーズを満たす振動モータを提案
  表面実装対応のコインタイプ製品も年内の量産開始を目標に開発が進む
  ブラシレスDC、PM型ステッピング、ブラシ付きDCではODD関連向けに注力

ミネベア株式会社
  回転機器事業の収益が改善傾向に、「低価格とソリューション提供戦略」を追求
  カンボジア新工場が2011年末から稼動、先行者メリットを活かし積極拡大へ
  タイ・ロッブリ新工場を部品専用工場として位置付け、バーティカルソリューションを強化
  PM型ステッピングモータの出荷量は堅調に推移
  HB型は得意とする糸織機向けで需要が拡大
  小型化及び多極化対応を活かす一方で、ローコストなステッピングモータも上市
  HDDスピンドルモータは性能面が評価され、独自デザインによるモデルも採用
  ODD向けでは耐衝撃性の向上とコストダウン、軽量化を同時に実現
  ブラシ付きDCモータでは2010年度にゲーム機器向けが伸長
  振動モータは「Cool Leaf」へのハプティクス機能搭載としての展開も視野
  DC軸流ファンはOA機器や家電住設機器向けでの展開に注力

日本電産サンキョー株式会社
  小径PMステッピングモータの強みを活かし、新規用途開拓を推進
  PMステッピングモータは中国及びベトナムを主体に稼動、今後の増強はベトナムが有力
  ODD向けはBlu-rayプレイヤーでの需要増に期待
  デジカメでは多極化対応に向けて研究開発を推進

日本電産コパル株式会社
  モータの小型化と多機能化を軸に、新たな成長基盤確立を推進
  ダウンサイジング技術でユーザーの設計自由度の向上をサポート
  ギヤードモータでは更なる静音性を、多機能複合モータでは高効率化を追求
  2011年4月よりベトナム新工場が稼動開始、振動モータをはじめ関連部品の生産体制を増強
  2011年度は前年度比116.0%、振動モータ、ブラシ付きDCモータ(コアード)が牽引
  振動モータは海外メーカー向けの供給が拡大、カメラではサイレントギヤードモータが好調

Sunonwealth Electric Machine Industry Co.,Ltd (サンオン株式会社)
  放熱ソリューションの領域拡大で更なる事業成長を図る
  ファン製品のラインナップ充実と放熱モジュールの提案で競合他社との差別化を推進
  世界最小、超薄型、最低消費電力のMighty Mini Fanをモバイル機器向けに提案
  2011年第3四半期より中国新工場が稼動予定
  研究開発計画では省エネ等をキーワードに幅広い需要分野向けに製品開発を推進
  2011年度DCファンの出荷数量は前年度比120.0%の見込み
  売上ベースでは放熱モジュールが牽引役に

株式会社ミツバ
  グローバル成長に向けた商品力を強化
  第9次中期経営計画では「新興国市場」「環境車・高級車」「新成長領域」への対応を推進
  2010年度はアジア市場の回復が牽引役、前年度を上回る出荷実績

シナノケンシ株式会社
  製品開発、生産体制、組織編制の三方向から次なる一手が進む
  「Plexmotion」の展開で新規需要分野へのアプローチを推進
  2010年度より中国の新生産拠点が稼動を開始
  2010年度は2008年度を上回る出荷実績、OA機器関連、家電住設に加え自動車電装も伸長

パナソニック株式会社
  家電用モータのブラシレス化を推進
  セット側により近い視点でモータに対する要求特性を把握
  長期的には対象領域の更なる拡大も視野に
  ブラシレスDCモータの採用拡大に向け、中国生産拠点で体制を強化
  自社の強みを打ち出し中国のローカルモータメーカーに対し競争軸の引き上げで差別化を図る
  洗濯機用モータでは出力密度と最大回転数を1.5倍に高めた「デュアル・ロータ」方式を提案
  モータ種別では7割以上を占めるブラシレスDCモータの比率が上昇傾向
  需要分野別ではACインダクションモータ共に空調分野向けが高い割合を占める

三菱マテリアルシーエムアイ株式会社
  カスタム対応力を強みに製品の付加価値創造をサポート
  低コスト化に向けた部材調達先の最適化を推進
  2010年度は前年度比117.4%、家電・住設向けが牽引役に

キヤノンプレシジョン株式会社
  モータと応用製品の新規開発で事業拡大を図る
  モータの小型ラインナップ強化に加え、モータ応用製品の事業化もスタート
  デジタル一眼レフカメラの需要増等を受けてモータの生産キャパを増強
  デジタルカメラ向けコアレスモータ等を牽引役に2011年度は2008年度並みまで回復の見込み
  顧客ニーズに合致する高効率と静音特性を実現したインナーブラシレスモータの出荷を開始

草津電機株式会社
  家電用モータで培ったカスタム対応力に強み
  今後は産業機器用モータでの展開にも注力
  高効率化ニーズにはACインダクション、ブラシレスDCの両面から対応
  産業機器用では新たに出力1,500WのブラシレスDCモータを発表
  海外拠点の連携を活かし、中国モータメーカーの台頭によるコスト競争に対応
  部品生産を手掛けるグループ会社とのシナジーも強み
  顧客のカスタムニーズに対応すべく早期に製造装置の内製化に着手
  生産ラインのオートメーション化推進が海外拠点の人件費高騰によるコストアップを抑制
  ACインダクションモータの2011年度出荷量は産業機器向けが牽引
  ブラシレスDCモータも業務用空調機器をメインに出荷量を伸ばす

maxon motor AG/マクソンジャパン株式会社
  戦略分野は「医療」、「環境関連」、「サービスロボット」
  少量多品種、高い信頼性を実現する開発・生産体制に強み
  高性能と低コストを兼ね備える「maxシリーズ」が好調
  新製品では幅広い環境温度に対応する「EC 22 HD」を2010年9月にリリース
  独自のMIM/CIMテクノロジーが低コスト化と高い信頼性実現に寄与
  制御回路部でもカスタム対応案件が増加、今後更なる技術開発の推進で差別化を図る
  堅調な医療機器需要を土台に、環境関連機器への注力で2010年度以降も安定成長の見込み

オリエンタルモーター株式会社
  「1/1,000の思想」のモノづくりで多様な顧客ニーズに対応
  フレキシブルに対応可能な一貫生産体制に強み、省エネ対応製品では市場ニーズに先行
  クローズドループ制御を採用したαステップでサーボモータ同様の信頼性を実現
  新拠点が2012年5月に稼動予定、オートメーション化の推進で生産効率の更なる向上を図る
  産業機器向けステッピングモータが牽引役、2011年度は前年度を上回る出荷数量となる見込み

三相電機株式会社
  モータとポンプの組合せで、省エネ対応製品の開発を推進
  モータとポンプ、双方のノウハウを強みに幅広い供給先からの引合いに対応
  2011年7月には中国大手企業との提携を発表、ポンプ製品の更なる事業拡大を推進
  コスト競争力の強化を目指し、前工程のメイン拠点となる新工場が2012年4月稼動予定
  省エネ規制によるニーズの高まりを見据え、高効率ACインダクションモータの開発が完了
  ポンプ製品では細かい流量調整に対応する高出力ブラシレスDCキャンドポンプを提案
  2011年度はポンプ需要の伸び等により全体で2008年度並みの出荷数量にまで回復の見込み
  2010年度上市のIPM型ブラシレスDCモータは2011年度で前年度比200.0%に

並木精密宝石株式会社
  精密加工をコア技術に、需要分野の領域を拡大
  世界最小径のマイクロモータを製品化、省エネニーズに向けた新製品開発も推進
  海外発の研究・技術シーズの発掘を目指し、2010年にスイスで営業・研究部門を設置
  コアレスモータで産業機器、計測機器の新規需要を獲得

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。