2011 車載モータ市場の最新動向と将来展望

自動車に搭載されるモータが増え続けています。特に近年は、世界各国で強化される環境規制への対応で、従来のメカ・油圧システムを電動システムに置き換えるトレンドが加速しています。さらに次世代自動車(ハイブリッド車・電気自動車)の普及により、主機モータ、電動エアコンコンプレッサ、各種電動ポンプなど、モータの需要は急拡大しています。本調査レポートでは次世代自動車関連のモータにウエイトを置き、車載モータ市場の現状と将来分析を行いました。電動化しないと後がない既存サプライヤー、トレンドに乗じて自動車産業への参入を目論む電機メーカなど、転換期にある車載モータ市場の今をお伝えします。

発刊日
2011/05/11
体裁
A4 / 171頁
資料コード
C53300100
PDFサイズ
9.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:車載モータについての現状の市場動向を明らかにするとともに、開発動向や技術動向を踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する
調査対象:車載モータの技術・市場動向、その他モータ使用システムの採用動向
調査対象先:モータメーカ、システムメーカ、モータ材料メーカ等
調査方法:面接取材、電話取材、文献調査等
調査期間:2010年12月~2011年4月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 車載モータの世界市場を地域別・車格別に予測。(2009~2016年)
     調査対象:全ての乗用車・小型商用車(大型トラック・バスは含まない)
     調査範囲:ワールドワイド市場
  • 次世代自動車・アイドルストップ車に搭載されるモータを重点的に調査。
     (市場予測と2010年のメーカシェア、サプライチェーンを明示)

■本資料の概要

第1章 車載モータ市場概要
第2章 地域別・車格別・システム領域別市場分析
第3章 注目車載モータ・モータ部材の最新動向
図表目次

■掲載内容

第1章 車載モータ市場概要

1-1 車載モータ市場概況
1-2 車載モータ増加の背景
1-3 モータ使用システム一覧と装着動向概要
1-4 モータ使用システム×モータ相関図
1-5 車載モータに対する要求と課題
1-6 メーカシェア(2010年)

第2章 地域別・車格別・システム領域別市場分析

2-1 地域別動向
  2-1-1 日本
    (1)車格別自動車生産台数
    (2)環境規制の動向
    (3)燃費向上技術の採用トレンド
    (4)車両1台あたりのモータ使用数量
    (5)車載モータの需要予測
  2-1-2 北米
    (1)車格別自動車生産台数
    (2)環境規制の動向
    (3)燃費向上技術の採用トレンド
    (4)車両1台あたりのモータ使用数量
    (5)車載モータの需要予測
  2-1-3 欧州
    (1)車格別自動車生産台数
    (2)環境規制の動向
    (3)燃費向上技術の採用トレンド
    (4)車両1台あたりのモータ使用数量
    (5)車載モータの需要予測
  2-1-4 その他地域
    (1)車格別自動車生産台数
    (2)車両1台あたりのモータ使用数量
    (3)車載モータの需要予測
2-2 システム領域別動向
  2-2-1 パワートレイン領域
  2-2-2 シャシ領域
  2-2-3 ボディ領域
  2-2-4 次世代自動車(HEV/EV)システム領域
    (1)次世代自動車(HEV/EV)生産台数予測
    (2)次世代車1台あたりの次世代車システム領域のモータ使用数量
    (3)次世代車システム領域の車載モータ需要予測

第3章 注目車載モータ・モータ部材の最新動向

3-1 次世代自動車主機モータ
  (1)主機モータの概要
  (2)技術トレンドとモータへの要求
    ①モータ出力のトレンド
    ②モータ方式・巻線方式のトレンド
  (3)市場規模予測
  (4)納入マトリクス
  (5)メーカシェア(2009年・2010年)
  (6)主要HEV/EVのモータ一覧
  3-1-1 主機モータ用磁石
    (1)概要と技術動向
    (2)市場規模予測
    (3)メーカシェア(2010年)
  3-1-2 主機モータ用巻線
    (1)概要と技術動向
    (2)市場規模予測
    (3)メーカシェア(2010年)
  3-1-3 主機モータ用絶縁材
    (1)概要と技術動向
    (2)市場規模予測
    (3)納入マトリクス
    (4)メーカシェア(2010年)
  3-1-5 主機モータ用角度センサ
    (1)概要と開発方向性
    (2)市場規模推移
    (3)納入マトリクスとメーカシェア(2010年)
  3-1-6 主機モータ用モータコア/電磁鋼板
    (1)製品概要
    (2)市場概要
3-2 電動コンプレッサ
  (1)電動コンプレッサの概要と次世代車向け空調システム
  (2)技術トレンドとモータへの要求
  (3)市場規模予測
  (4)納入マトリクスとメーカシェア(2010年)
  (5)主要メーカの最新動向
    (A)豊田自動織機/デンソー
    (B)三菱重工
    (C)サンデン
3-3 電動ウォータポンプ(EWP)
  (1)システム概要と使用するモータ
    ①エンジン冷却用EWP
    ②暖房用EWP
    ③ターボ冷却用EWP・EGR冷却用EWP
    ④インバータ・モータ冷却用EWP
    ⑤バッテリー温度管理用EWP
  (2)技術トレンドとモータへの要求
  (3)市場規模予測
  (4)納入マトリクス
  (5)メーカシェア(2010年)
  (6)主要メーカの最新動向
    (A)アイシン精機
    (B)アスモ/デンソー
    (C)Bosch
    (D)Pierburg
3-4 電動オイルポンプ(EOP)
  (1)システム概要と使用するモータ
    ①アイドルストップ車T/M油圧保持・潤滑用
    ②ハイブリッド車T/M潤滑・油圧確保・冷却(モータ冷却)
  (2)技術トレンドとモータへの要求
  (3)市場規模予測
  (4)納入マトリクス
  (5)メーカシェア(2010年)
  (6)主要メーカ動向
    (A)アイシン精機
    (B)ジェイテクト
    (C)日立オートモーティブシステムズ
3-5 電動バキュームポンプ(EVP)
  (1)システム概要と使用するモータ
  (2)技術トレンドとモータへの要求
  (3)市場規模予測
  (4)納入マトリクスとメーカシェア(2010年)
  (5)主要メーカ動向
    (A)Hella
    (B)Continental Automotive
    (C)ミクニ
3-6 電動パワーステアリング(EPS) 
 ※矢野経済研究所「電動パワーステアリング市場の最新動向と将来展望2010」(2010年9月発刊)より抜粋
  (1)システム概要と使用するモータ
  (2)技術トレンドとモータへの要求
    (A)EPSシステム
    (B)EPS用モータ
  (3)市場規模予測
    (A)EPSシステム
    (B)EPS用モータ
  (4)モータ納入マトリクス
  (5)メーカシェア(2009年)
    (A)EPSシステム
    (B)EPS用モータ
  (6)主要EPSモータメーカ動向
    (A)三菱電機
    (B)株式会社デンソー/アスモ株式会社
    (C)株式会社ミツバ
    (D)日本電産株式会社
    (E)Bosch

図表目次

第1章 車載モータ市場概要

図1- 1 車載モータの世界市場規模予測(数量ベース、2010~2016年)
図1- 2 車載モータ市場の拡大要因
図1- 3 各国における現状の燃費規制と今後の可能性
図1- 4 車載モータへの要求・課題と取り組み事例
図1- 5 車載モータのメーカシェア(数量ベース、2010年)
表1- 1 車載モータの世界市場規模予測(数量ベース、2010~2016年)
表1- 2 モータ使用システム一覧と装着動向
表1- 3 各電動システムのモータタイプと使用磁石
表1- 4 車載モータのメーカシェア(数量ベース、2010年)

第2章 地域別・車格別・システム領域別市場分析

図2- 1 地域別自動車生産台数予測(ワールドワイド市場、2010~2016年)
図2- 2 地域別車載モータ需要予測(ワールドワイド市場、2010~2016年)
図2- 3 日本における車格別自動車生産台数予測(2010~2016年)
図2- 4 日本における燃費向上技術のトレンド
図2- 5 国内生産車のモータ使用数量の変化(車格別・システム系統別)
図2- 6 搭載拡大が見込まれるモータ使用システム(国内生産車)
図2- 7 日本における車載モータ需要予測(2010~2016年)
図2- 8 北米における車格別自動車生産台数予測(2010~2016年)
図2- 9 米国の燃費(CAFE)規制
図2- 10 米国における燃費向上技術のトレンド
図2- 11 北米生産車のモータ使用数量の変化(車格別・システム系統別)
図2- 12 搭載拡大が見込まれるモータ使用システム(北米生産車)
図2- 13 北米における車載モータ需要予測(2010~2016年)
図2- 14 欧州における車格別自動車生産台数予測(2010~2016年)
図2- 15 欧州における燃費向上技術のトレンド
図2- 16 欧州生産車のモータ使用数量の変化(車格別・システム系統別)
図2- 17 搭載拡大が見込まれるモータ使用システム(欧州生産車)
図2- 18 欧州における車載モータ需要予測(2010~2016年)
図2- 19 その他地域における車格別自動車生産台数予測(2010~2016年)
図2- 20 その他地域生産車のモータ使用数量の変化(車格別・システム系統別)
図2- 21 搭載拡大が見込まれるモータ使用システム(その他地域生産車)
図2- 22 その他地域における車載モータ需要予測(2010~2016年)
図2- 23 システム領域別車載モータの世界需要予測(2010~2016年)
図2- 24 パワートレイン領域における車載モータ需要予測(地域別、2010~2016年)
図2- 25 シャシ領域における車載モータ需要予測(地域別、2010~2016年)
図2- 26 ボディ領域における車載モータ需要予測(地域別、2010~2016年)
図2- 27 次世代車(HEV/EV)生産台数予測(ワールドワイド、2010~2016年)
図2- 28 次世代車システム領域における車載モータ需要予測(2010~2016年)
表2- 1 地域別自動車生産台数予測(ワールドワイド市場、2010~2016年)
表2- 2 地域別車載モータ需要予測(ワールドワイド市場、2010~2016年)
表2- 3 日本における車格別自動車生産台数予測(2010~2016年)
表2- 4 日本の次期燃費規制
表2- 5 日本における車載モータ需要予測(2010~2016年)
表2- 6 北米における車格別自動車生産台数予測(2010~2016年)
表2- 7 米国の次期燃費規制
表2- 8 北米における車載モータ需要予測(2010~2016年)
表2- 9 欧州における車格別自動車生産台数予測(2010~2016年)
表2- 10 欧州の次期燃費規制
表2- 11 CO2排出量別制裁金(EU:2012~2018年)
表2- 12 欧州における自動車ブランド別CO2平均排出量の実績
表2- 13 欧州における車載モータ需要予測(2010~2016年)
表2- 14 その他地域における車格別自動車生産台数予測(2010~2016年)
表2- 15 その他地域における車載モータ需要予測(2010~2016年)
表2- 16 システム領域別車載モータの世界需要予測(2010~2016年)
表2- 17 パワートレイン領域におけるモータ搭載動向(地域別)
表2- 18 パワートレイン領域における車載モータ需要予測(地域別、2010~2016年)
表2- 19 シャシ領域におけるモータ搭載動向(地域別)
表2- 20 シャシ領域における車載モータ需要予測(地域別、2010~2016年)
表2- 21 ボディ領域におけるモータ搭載動向(地域別)
表2- 22 ボディ領域における車載モータ需要予測(地域別、2010~2016年)
表2- 23 次世代車(HEV/EV)生産台数予測(ワールドワイド、2010~2016年)
表2- 24 次世代車システム領域におけるモータ使用搭載状況
表2- 25 次世代車システム領域における車載モータ需要予測(2010~2016年)

第3章 注目車載モータ・モータ部材の最新動向

図3- 1 モータジェネレータへの要求と技術アイテム
図3- 2 主機モータの最大出力別市場規模(2010年、数量ベース)
図3- 3 主機モータの最大出力別構成比(2010年、数量ベース)
図3- 4 主機モータの方式別構成比(2010年、数量ベース)
図3- 5 主機モータの市場規模予測(2010~2016年、数量・金額ベース)
図3- 6 主機モータのメーカシェア(2009年・2010年、数量ベース)
図3- 7 希少金属代替材料開発プロジェクト事業化までのシナリオ
図3- 8 主機モータ用磁石の市場規模予測(2010~2016年、重量・金額ベース)
図3- 9 主機モータ用ネオジム磁石のメーカシェア(2010年、重量ベース)
図3- 10 主機モータ用巻線の市場規模予測(2010~2016年、重量・金額ベース)
図3- 11 耐インバータサージ巻線
図3- 12 主機モータ用巻線のメーカシェア(2010年、重量ベース)
図3- 13 絶縁材の装着イメージ(スロット・ウェッジ)
図3- 14 主機モータの方向性と絶縁材に対するニーズ
図3- 15 NSN絶縁材(Namli)の構成と特長(河村産業)
図3- 16 次世代車主機モータ用絶縁シート(デュポン帝人アドバンスドペーパー)
図3- 17 NPNとSTARATAⅢの加工品(スロット・ウェッジ)
図3- 18 主機モータ用絶縁材の市場規模予測(2010~2016年、面積・金額ベース)
図3- 19 主機モータ用絶縁材のサプライチェーン図
図3- 20 主機モータ用絶縁材のメーカシェア(2010年、面積ベース)
図3- 21 主機モータ用レゾルバ外観
図3- 22 多摩川精機のレゾルバ性能推移
図3- 23 主機モータ用角度センサの市場規模予測(2010~2016年、数量ベース)
図3- 24 主機モータ用角度センサのメーカシェア(2010年、数量ベース)
図3- 25 主機モータ用モータコア/電磁鋼板の供給フロー
図3- 26 カーエアコンシステムの構成(エンジン車・HEV)
図3- 27 電動コンプレッサシステム概要
図3- 28 電動コンプレッサの市場規模予測(2010~2016年、数量・金額ベース)
図3- 29 電動コンプレッサのメーカシェア(2010年)
図3- 30 電動コンプレッサの外観とスペック(豊田自動織機)
図3- 31 電気温水ヒーターと電動コンプレッサの外観とスペック(三菱重工)
図3- 32 ハイブリッドコンプレッサの駆動イメージと仕様(サンデン)
図3- 33 電動コンプレッサの外観と仕様(サンデン)
図3- 34 電動ウォータポンプCWA 200のカットモデル(独Pierburg)
図3- 35 暖房用電動ウォータポンプの搭載例
図3- 36 水冷インタークーラ付き過給システム(EWP装着イメージ)
図3- 37 HVクーリングシステム(トヨタ自動車)
図3- 38 バッテリー温度管理システム(GM「Chevrolet Volt」)
図3- 39 電動ウォータポンプの開発方向性
図3- 40 電動ウォータポンプの市場規模予測(2010~2016年、数量・金額ベース)
図3- 41 電動ウォータポンプのメーカシェア(2010年、用途別)
図3- 42 インバータ・モータ冷却用EWPとエンジン冷却用EWP(アイシン精機)
図3- 43 暖房用電動ウォータポンプ(アスモ)
図3- 44 熱マネジメントのイメージ(Bosch)
図3- 45 電動ウォータポンプの外観と特徴(Bosch)
図3- 46 電動ウォータポンプの外観(Pierburg)
図3- 47 ハイブリッド車における電動オイルポンプの制御例
図3- 48 アイドルストップ車T/M油圧制御用EOPの開発方向性
図3- 49 電動オイルポンプの市場規模予測(2010~2016年、数量・金額ベース)
図3- 50 電動オイルポンプのメーカシェア(2010年、用途別)
図3- 51 モータ冷却用電動オイルポンプ(アイシン精機)
図3- 52 モータとコントローラの接続(ジェイテクト)
図3- 53 アイドルストップ車T/M用電動オイルポンプ(ジェイテクト)
図3- 54 電動オイルポンプ(日立オートモーティブシステムズ)
図3- 55 電動バキュームポンプの市場規模予測(2010~2016年、数量・金額ベース)
図3- 56 電動バキュームポンプのメーカシェア(2010年)
図3- 57 電動バキュームポンプのメーカシェア(2010年、次世代車搭載分)
図3- 58 Regenerative Brake SystemとEVP5.0(Continental)
図3- 59 電動バキュームポンプ(ミクニ)
図3- 60 EPSの構成
図3- 61 EPS開発の課題と方向性(基本性能の向上と時代のトレンド)
図3- 62 EPSモータの設計概念
図3- 63 世界の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量の予測(2009~2016年)
図3- 64 地域別EPS需要数量の予測(2009~2016年)
図3- 65 EPS & EHPS用モータの市場規模予測(数量・金額ベース)
図3- 66 EPS & EHPSのメーカシェア(2009年、数量ベース)
図3- 67 EPS & EHPS用モータのメーカシェア(2009年、全タイプ合計)
図3- 68 EPS & EHPS用ブラシ付きモータのメーカシェア(2009年)
図3- 69 EPS & EHPS用ブラシレスモータのメーカシェア(2009年)
図3- 70 三菱電機のEPS用モータ・ECUの生産数量推移
図3- 71 次世代モーターコントローラーユニット(三菱電機)
図3- 72 デンソーのEPS用モータ・ECU・トルクセンサの生産数量推移
図3- 73 ミツバの用途別モータ出荷数量推移(2007年度~2009年度見込)
図3- 74 ミツバのEPS用モータの生産数量推移
図3- 75 日本電産の連結事業区分別売上構成(2011年3月期)
図3- 76 日本電産のEPS用モータ生産数量推移
図3- 77 ラック軸平行式駆動用パワーパック(Bosch)
図3- 78 低コスト版GMRステアリングアングルセンサ「LWS6」(Bosch)
表3- 1 主な主機モータの仕様例
表3- 2 主機モータの方式比較
表3- 3 主機モータの構成要素と技術課題
表3- 4 主機モータの最大出力別市場規模(2010年、数量ベース)
表3- 5 主機モータの市場規模推移(2010~2016年、数量・金額ベース)
表3- 6 主機モータの納入マトリクス(2010年)
表3- 7 主機モータのメーカシェア(2009年・2010年、数量ベース)
表3- 8 省Dy磁石・代替磁石の研究・開発事例
表3- 9 主機モータ用ネオジム磁石の市場規模推移(2010~2016年、重量・金額ベース)
表3- 10 主機モータ用巻線の製品概要(丸線・平角線)
表3- 11 主機モータ用巻線の市場規模推移(2010~2016年、重量・金額ベース)
表3- 12 主機モータ用絶縁材の概要(スロット・ウェッジ・相間紙)
表3- 13 主機モータ用絶縁材の種類
表3- 14 主機モータ用絶縁材の市場規模推移(2010~2016年、面積・金額ベース)
表3- 15 主機モータ用絶縁材の納入マトリクス(2010年)
表3- 16 主機モータ用絶縁材のメーカシェア(2010年、面積ベース)
表3- 17 磁気式モータ角度センサの検出方式別比較
表3- 18 主機モータ用角度センサの市場規模予測(2010~2016年、数量ベース)
表3- 19 主機モータ角度センサの納入マトリクス(2010年)
表3- 20 主な電動コンプレッサの仕様
表3- 21 次世代車の空調・熱マネジメントシステム(該当車両と搭載モータ数量)
表3- 22 EVの暖房方式と比較
表3- 23 水加熱ヒーターの加熱方式の比較
表3- 24 電動コンプレッサの市場規模予測(2010~2016年、数量・金額ベース)
表3- 25 主な電動コンプレッサの納入マトリクス(2010年)
表3- 26 電動ウォータポンプの用途と搭載数量
表3- 27 GM「Chevrolet Volt」の熱マネジメントシステムと使用ポンプ
表3- 28 電動ウォータポンプの用途別出力・流量とモータタイプ
表3- 29 電動ウォータポンプの市場規模予測(2010~2016年、数量・金額ベース)
表3- 30 電動ウォータポンプの納入マトリクス(2010年)
表3- 31 電動ウォータポンプのメーカシェア(2010年、用途別)
表3- 32 プリウス(2009年)エンジン冷却用電動ウォータポンプの仕様
表3- 33 電動オイルポンプの搭載目的と搭載される車両
表3- 34 電動オイルポンプの市場規模予測(2010~2016年、数量・金額ベース)
表3- 35 電動オイルポンプの納入マトリクス(2010年)
表3- 36 電動オイルポンプのメーカシェア(2010年、用途別)
表3- 37 電動バキュームポンプの搭載目的と搭載車両
表3- 38 次世代自動車のブレーキ倍力装置とEVP搭載状況
表3- 39 電動バキュームポンプのポンプ・モータの概要
表3- 40 電動バキュームポンプの市場規模予測(2010~2016年、数量・金額ベース)
表3- 41 電動バキュームポンプの納入マトリクス(2010年)
表3- 42 UP28とUP30の外観と仕様概要(Hella)
表3- 43 パワーステアリングの比較(HPS・EHPS・EPS)
表3- 44 EPSの方式による特徴比較
表3- 45 EPSモータに対する要求
表3- 46 世界の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量の予測(2009~2016年)
表3- 47 地域別EPS需要数量の予測(2009~2016年)
表3- 48 EPS & EHPS用モータの市場規模予測(数量・金額ベース)
表3- 49 EPS & EHPS用モータの納入マトリクス
表3- 50 EPS & EHPSのメーカシェア(2009年、数量ベース)
表3- 51 EPS & EHPS用モータのメーカシェア(2009年、タイプ別と総合計)
表3- 52 三菱電機のEPS用モータ・ECUの生産数量推移
表3- 53 デンソーのEPS用モータ・ECU・トルクセンサの生産数量推移
表3- 54 ミツバの用途別モータ出荷数量推移(2007年度~2009年度見込)
表3- 55 ミツバのブラシレスモータ量産品シリーズ
表3- 56 ミツバのEPS用モータの生産数量推移
表3- 57 日本電産のEPS用モータ生産数量推移
表3- 58 BoschのEPS用ECU・モータとSASの生産数量推移

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。