2016 車載モータ市場の最新動向と将来展望

本調査レポートでは、燃費向上を企図した補機類の電動化、快適性・利便性向上を目指した各種部品の電動化、次世代車の伸長等によって急増する車載モータ市場の今後を予測した。

発刊日: 2016/08/31 体裁: A4 / 142頁
資料コード: C58107500 PDFサイズ: 26.3MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:車載モータの現状の市場動向を明らかにするとともに、開発動向や技術動向を踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する
調査対象:自動車に搭載されるモータの技術・市場動向。その他モータ使用システムの技術・市場動向
調査方法:面談取材、電話取材、文献調査 等
調査期間:2016年5月~2016年8月

調査結果サマリー
Close

車載モータ世界市場に関する調査を実施(2016年)
 ~燃費改善技術の採用を背景に新たな需要が拡大~
・車載モータの2015年世界市場規模は約28億5,900万個、2020年には約36億3,200万個、
 2025年には約44億600万個に拡大すると予測
・システム領域別ではボディ領域のモータが最も多く2015年の世界市場規模全体の73.5%、
 次世代自動車領域は2015年では0.5%に留まるが、2025年には1.8%まで拡大すると予測

資料ポイント
Close

  • 個数ベースでの車載モータの市場は、2015年で約28億5,900万個と推計
    2020年には約36億3,200万個、2025年には約44億600万個まで拡大すると予測
    ・増加する車載モータ市場を地域別、車格別、領域別に徹底分析
    ・世界各国で自動車の電動化が推進されるとともに、途上国市場を中心とした自動車生産台数の増加によって、車載モータの需要は今後も増加を続ける
    ・特に自動車生産台数の大幅な増加が見込まれ、次世代車の普及も急速に進む中国市場が今後の車載モータ市場を牽引すると予測
    ・パワートレイン、シャシ、ボディ、次世代車という領域別では、普及が進む次世代車領域で最もモータの需要が拡大すると予測
  • 電動化が進む注目のモータを、コンポーネント別に分析
    ・主機モータからパワーウィンドウモータまで注目の車載モータについて市場分析
    ・急速に進むウォーターポンプやオイルポンプの電動化によって各部品の市場が急成長
    ・シャシ領域でも電動パワーステアリングや電動ブレーキの普及に伴いモータの搭載が拡大
    ・ボディ領域では従来からの部品が中心であるものの、途上国市場を中心に搭載が拡大
    ・また、次世代車の普及によって、主機モータだけでなく電動コンプレッサ等の普及も進む

資料概要
Close

第1章 車載モータ市場の概況
第2章 地域別・車格別市場予測
第3章 システム領域別市場予測と注目モータの動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 車載モータ市場の概況

1-1.車載モータの概要
1-2.モータ使用システムと装着動向概要
1-3.各システムで用いられるモータ
1-4.車載モータに対する要求と課題
1-5.メーカシェア

第2章 地域別・車格別市場予測

2-1.ワールドワイド
  2-1-1.地域別自動車生産台数
  2-1-2.次世代車の生産台数予測
  2-1-3.車両1台あたりのモータ搭載個数
  2-1-4.地域別車載モータの需要予測
2-2.日本
  2-2-1.車格別自動車生産台数
  2-2-2.環境規制と燃費向上技術のトレンド
  2-2-3.車両1台あたりのモータ搭載個数
  2-2-4.車載モータの需要予測
2-3.欧州
  2-3-1.車格別自動車生産台数
  2-3-2.環境規制と燃費向上技術のトレンド
  2-3-3.車両1台あたりのモータ搭載個数
  2-3-4.車載モータの需要予測
2-4.北米
  2-4-1.車格別自動車生産台数
  2-4-2.環境規制と燃費向上技術のトレンド
  2-4-3.車両1台あたりのモータ搭載個数
  2-4-4.車載モータの需要予測
2-5.中国
  2-5-1.車格別自動車生産台数
  2-5-2.環境規制と燃費向上技術のトレンド
  2-5-3.車両1台あたりのモータ搭載個数
  2-5-4.車載モータの需要予測
2-6.その他地域
  2-6-1.車格別自動車生産台数
  2-6-2.車両1台あたりのモータ搭載個数
  2-6-3.車載モータの需要予測

第3章 システム領域別市場予測と注目モータの動向

3-1.システム領域別市場予測
3-2.パワートレイン領域
  3-2-1.地域別需要動向
  3-2-2.スタータ
    3-2-2-①.コンポーネント概要
    3-2-2-②.技術動向・参入各社の動向
    3-2-2-③.納入マトリクス
    3-2-2-④.メーカシェア
    3-2-2-⑤.市場規模予測
  3-2-3.オルタネータ
    3-2-3-①.コンポーネント概要
    3-2-3-②.技術動向・参入各社の動向
    3-2-3-③.納入マトリクス
    3-2-3-④.メーカシェア
    3-2-3-⑤.市場規模予測
  3-2-4.電動ウォーターポンプ
    3-2-4-①.コンポーネント概要
    3-2-4-②.技術動向・参入各社の動向
    3-2-4-③.納入マトリクス
    3-2-4-④.メーカシェア
    3-2-4-⑤.市場規模予測
  3-2-5.電動オイルポンプ
    3-2-5-①.コンポーネント概要
    3-2-5-②.技術動向・参入各社の動向
    3-2-5-③.納入マトリクス
    3-2-5-④.メーカシェア
    3-2-5-⑤.市場規模予測
3-3.シャシ領域
  3-3-1.地域別需要動向
  3-3-2.電動パワーステアリング
    3-3-2-①.コンポーネント概要
    3-3-2-②.技術動向・参入各社の動向
    3-3-2-③.納入マトリクス(EPSシステム)
    3-3-2-④.納入マトリクス(EPS用モータ)
    3-3-2-⑤.メーカシェア(EPSシステム)
    3-3-2-⑥.メーカシェア(EPS用モータ)
    3-3-2-⑦.市場規模予測
  3-3-3.電動ブレーキシステム
    3-3-3-①.コンポーネント概要
    3-3-3-②.技術動向・参入各社の動向
    3-3-3-③.納入マトリクス
    3-3-3-④.メーカシェア
    3-3-3-⑤.市場規模予測
  3-3-4.電動パーキングブレーキ
    3-3-4-①.コンポーネント概要
    3-3-4-②.技術動向・参入各社の動向
    3-3-4-③.納入マトリクス
    3-3-4-④.メーカシェア
    3-3-4-⑤.市場規模予測
3-4.ボディ領域
  3-4-1.地域別需要動向
  3-4-2.パワーウィンドウモータ
    3-4-2-①.コンポーネント概要/参入各社の動向
    3-4-2-②.メーカシェア
    3-4-2-③.市場規模予測
  3-4-3.パワーシートモータ
    3-4-3-①.コンポーネント概要/参入各社の動向
    3-4-3-②.メーカシェア
    3-4-3-③.市場規模予測
3-5.次世代車領域
  3-5-1.地域別需要動向
  3-5-2.主機モータ
    3-5-2-①.コンポーネント概要
    3-5-2-②.技術動向・参入各社の動向
    3-5-2-③.納入マトリクス
    3-5-2-④.メーカシェア
    3-2-2-⑤.市場規模予測
  3-5-3.電動コンプレッサ
    3-2-3-①.コンポーネント概要
    3-2-3-②.技術動向・参入各社の動向
    3-2-3-③.納入マトリクス
    3-2-3-④.メーカシェア
    3-2-3-⑤.市場規模予測

図表目次

第1章 車載モータ市場の概況
図1-1 高効率化・高機能化に伴い電動化される主な部品
図1-2 車載モータへの要求・課題と取組事例
図1-3 車載モータのメーカシェア(数量ベース、2015年)
表1-1 モータ使用システム一覧と搭載状況
表1-2 各システムで用いられるモータタイプと使用磁石
表1-3 車載モータのメーカシェア(数量ベース、2015年)

第2章 地域別・車格別市場予測
図2-1 世界の自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
図2-2 地域別次世代車の生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
図2-3 地域別車両1台あたりのモータ搭載個数の推移(2015年~2020年/2025年)
図2-4 地域別車載モータの需要予測(2015年~2020年/2025年)
図2-5 日本における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
図2-6 国内のガソリン乗用車における燃費向上技術の普及拡大
図2-7 日本における車格別モータ搭載個数の予測(2015年~2020年/2025年)
図2-8 日本における車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
図2-9 欧州における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
図2-10 欧州における車格別モータ搭載個数の予測(2015年~2020年/2025年)
図2-11 欧州における車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
図2-12 北米における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
図2-13 北米における車格別モータ搭載個数の予測(2015年~2020年/2025年)
図2-14 北米における車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
図2-15 中国における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
図2-16 中国における車格別モータ搭載個数の予測(2015年~2020年/2025年)
図2-17 中国における車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
図2-18 その他地域における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
図2-19 その他地域における車格別モータ搭載個数の予測(2015年~2020年/2025年)
図2-20 その他地域における車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
表2-1 世界の自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
表2-2 地域別次世代車の生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
表2-3 地域別車両1台あたりのモータ搭載個数の予測(2015年~2020年/2025年)
表2-4 地域別車載モータの需要予測(2015年~2020年/2025年)
表2-5 日本における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
表2-6 日本の燃費規制
表2-7 日本における車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
表2-8 欧州における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
表2-9 欧州の次期燃費規制
表2-10 欧州における車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
表2-11 北米における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
表2-12 米国の次期燃費規制
表2-13 北米における車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
表2-14 中国における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
表2-15 中国の燃費規制
表2-16 中国の新エネルギ車向け補助金の推移(乗用車:人民元ベース)
表2-17 中国における車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
表2-18 その他地域における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
表2-19 その他地域における車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)

第3章 システム領域別市場予測と注目モータの動向
図3-1 システム領域別車載モータの世界需要予測(2015年~2020年/2025年)
図3-2 パワートレイン領域の地域別車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
図3-3 三菱電機の高耐久性スタータ
図3-4 デンソー「TSスタータ」(左)とBoschの改良型スタータ「SSM3」(右)
図3-5 スタータのメーカシェア(2015年)
図3-6 スタータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図3-7 整流器をツェナーダイオード(左)からMOSFET(右)に変換
図3-8 Valeo(左)とBosch(右)の高効率オルタネータ
図3-9 モータジェネレータによるエンジン再始動工程とValeoのISG
図3-10 オルタネータのメーカシェア(2015年)
図3-11 オルタネータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図3-12 Pierburg(左)とアイシン精機(右)のエンジン冷却用EWP
図3-13 アスモ(右:インバータ冷却用/暖房用)とPierburg(左)の小流量EWP
図3-14 アイシン精機のインバータ冷却用EWP(左)とMagnaの補助冷却用EWP(右)
図3-15 BuhlerのEWP「Blow Cシリーズ(12W~120W)」
図3-16 従来型フルマグネット(SPM)からハーフマグネット(IPM)への変更
図3-17 Mahleの48Vシステム向けEWP
図3-18 大流量のメーカシェア(2015年)
図3-19 中流量のメーカシェア(2015年)
図3-20 小流量のメーカシェア(2015年)
図3-21 EWPのメーカシェア(2015年)
図3-22 EWPの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図3-23 ジェイテクト(左)と三菱電機(右)のISS用電動オイルポンプ
図3-24 日本電産トーソク(左)と日立AMS(右)のHEV用電動オイルポンプ
図3-25 ホンダ「i-DCD」(左)とGetrag「7DCT300」(右)の電動オイルポンプ搭載例
図3-26 スズキAGSの電動オイルポンプ搭載例
図3-27 セグメント磁石の採用による磁石使用量削減のイメージ
図3-28 ISS用のメーカシェア(2015年)
図3-29 油圧供給用のメーカシェア(2015年)
図3-30 AMT/DCT用のメーカシェア(2015年)
図3-31 電動オイルポンプのメーカシェア(2015年)
図3-32 電動オイルポンプの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図3-33 シャシ領域の地域別車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
図3-34 パワーステアリングの比較(HPS・EHPS・EPS)
図3-35 パワーパック(左:Bosch、右:三菱電機)
図3-36 コラム式のメーカシェア(2015年)
図3-37 ピニオン式のメーカシェア(2015年)
図3-38 ラック式のメーカシェア(2015年)
図3-39 EPSのメーカシェア(2015年)
図3-40 EPS用モータのメーカシェア(2015年、タイプ別と総合計)
図3-41 EPS用ブラシ付きモータのメーカシェア(2015年)
図3-42 EPS用ブラシレスモータのメーカシェア(2015年)
図3-43 EPS用モータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図3-44 アドヴィックス製電動ブレーキのモジュレータ部(左)とパワーサプライ部(右)
図3-45 電動サーボブレーキ(左)とそのシステム図(右)
図3-46 「e-ACT」のシステム図
図3-47 「iBooster」の駆動原理と内部構造
図3-48 Continental「MK C1」(左)とZF TRWの統合制御ブレーキ(右)
図3-49 電動ブレーキシステムのメーカシェア(2015年)
図3-50 電動ブレーキの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図3-51 EPBおよびEPB用キャリパの仕組み(直動式)
図3-52 ケーブル式EPB(アドヴィックス)
図3-53 ZF TRWの直動式EPB
図3-54 アドヴィックス(左)とContinental(右)のドラム式EPB
図3-55 EPBのメーカシェア(2015年)
図3-56 EPBの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図3-57 ボディ領域の地域別車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
図3-58 ボディ領域に用いられるモータのサイズイメージ
図3-59 パワーウィンドウモータ(左:アスモ、右:ミツバ)
図3-60 パワーウィンドウモータのメーカシェア(2015年)
図3-61 パワーウィンドウモータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図3-62 「マグファイン」を採用したパワーシート用モータ
図3-63 パワーシートモータのメーカシェア(2015年)
図3-64 パワーシートモータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図3-65 次世代車領域の地域別車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
図3-66 デンソーの主機モータ(MG2)用ステータ(左)と日立AMSの標準モータ
図3-67 主機モータの最大出力別構成比(2015年)
図3-68 トヨタ(左)と日産(右)のパワートレイン
図3-69 主機モータのメーカシェア(2015年)
図3-70 主機モータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図3-71 カーエアコンシステムの構成(ICE車、HEV)
図3-72 各社の電動コンプレッサのラインナップ
図3-73 電動コンプレッサのメーカシェア(2015年)
図3-74 電動コンプレッサの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表3-1 システム領域別車載モータの世界需要予測(2015年~2020年/2025年)
表3-2 パワートレイン領域の地域別車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
表3-3 スタータの納入マトリクス(2015年)
表3-4 スタータのメーカシェア(2015年)
表3-5 スタータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表3-6 オルタネータの納入マトリクス(2015年)
表3-7 オルタネータのメーカシェア(2015年)
表3-8 オルタネータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表3-9 EWPの用途と搭載数量
表3-10 EWPの納入マトリクス(2015年)
表3-11 EWPのメーカシェア(2015年)
表3-12 EWPの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表3-13 電動オイルポンプの用途と搭載数量
表3-14 電動オイルポンプの納入マトリクス(2015年)
表3-15 電動オイルポンプのメーカシェア(2015年)
表3-16 電動オイルポンプの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表3-17 シャシ領域の地域別車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
表3-18 EPS方式の特徴と比較
表3-19 EPSモータに対する要求
表3-20 EPSシステムの納入マトリクス(2015年)
表3-21 EPS用モータの納入マトリクス(2015年)
表3-22 各EPSサプライヤのタイプ別供給数量(2015年)
表3-23 EPS用モータのメーカシェア(2015年、タイプ別と総合計)
表3-24 EPS用モータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表3-25 各社のブースタ別アクチュエーション一覧
表3-26 電動ブレーキシステムの納入マトリクス(2015年、次世代車のみ)
表3-27 電動ブレーキシステムのメーカシェア(2015年、次世代車のみ)
表3-28 電動ブレーキの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表3-29 EPBの納入マトリクス(2015年)
表3-30 EPBのメーカシェア(2015年、自動車台数ベース)
表3-31 EPBの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表3-32 ボディ領域の地域別車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
表3-33 パワーウィンドウモータのメーカシェア(2015年)
表3-34 パワーウィンドウモータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表3-35 パワーシートモータのメーカシェア(2015年)
表3-36 パワーシートモータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表3-37 次世代車領域の地域別車載モータ需要予測(2015年~2020年/2025年)
表3-38 主な主機モータ(駆動用モータ)の仕様と搭載車種
表3-39 集中巻と分布巻の比較と主な搭載車種
表3-40 主機モータの最大出力別構成比(2015年)
表3-41 主機モータの納入マトリクス(2015年)
表3-42 主機モータのメーカ(2015年、上位15社)
表3-43 主機モータの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表3-44 電動コンプレッサの納入マトリクス(2015年)
表3-45 電動コンプレッサのメーカシェア(2015年)
表3-46 電動コンプレッサの市場規模予測(2015年~2020年/2025年、数量・金額ベース)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C56104000 2014年版 小型モータ・産業用モータ市場の現状と将来展望
C58110800 2016 車載パワーマネジメントシステム&関連デバイス市場
C57120900 2016 電動パワーステアリングシステム市場の最新動向と将来展望
C58120800 2017 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望
C53118100 2011年版 モータ市場の現状と将来展望~小型、車載、産業用、永久磁石~