2016 車載パワーマネジメントシステム&関連デバイス市場

厳しくなる環境規制、自動車メーカ各社の燃費競争の影響により、車両1台あたりに搭載されるモータ数は増加している。このため、バッテリへの負荷は高まっており、車載パワーマネジメントの重要性は増している。本調査レポートでは、、HV/EV用インバータ/コンバータ、モータポジションセンサ、バッテリ状態を検知するための電流センサ/IBS(Intelligent Battery Sensor)を取り上げ、最新の技術動向やメーカの事業戦略を整理・分析し、2025年までの世界市場規模を予測した。

発刊日: 2016/09/30 体裁: A4 / 110頁
資料コード: C58110800 PDFサイズ: 7.0MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:車載パワーマネジメントに関する現状の市場動向を明らかにするとともに、開発動向や技術動向を踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する
調査対象:車載パワーマネジメントの技術動向、環境対応電動システムの市場動向
調査方法:面接取材、電話ヒアリング、文献・論文検索等の周辺調査
調査期間:2016年7月~2016年9月

資料ポイント
Close

  • 2015年実績から2025年までの世界市場規模を数量/金額ベースで予測
  • 各コンポーネント/デバイス別に2015年の世界メーカシェアを推計
  • 各コンポーネント/デバイス別に最新のサプライチェーンを分析
  • 参入メーカ各社の最新の製品動向と事業戦略を記載

資料概要
Close

1.車載パワーマネジメントの定義と種類
2.次世代自動車の市場概況と予測
3.HV/EV向けインバータ/コンバータ
4.車載用電流センサ
5.HV/EV向けモータポジションセンサ

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果サマリー

1.車載パワーマネジメントの定義と種類

(1)車載パワーマネジメントの定義
(2)車載パワーマネジメントの搭載用途
(3)車載パワーマネジメントの参入企業
(4)車載パワーマネジメントの総市場規模予測

2.次世代自動車の市場概況と予測

(1)日本
  ①環境規制と燃費向上技術
  ②生産台数予測
(2)欧州
  ①環境規制と燃費向上技術
  ②生産台数予測
(3)米国
  ①環境規制と燃費向上技術
  ②生産台数予測
(4)中国
  ①環境規制と燃費向上技術
  ②生産台数予測
(5)その他
  ①生産台数予測
(6)次世代自動車の総生産台数予測

3.HV/EV向けインバータ/コンバータ

(1)HV/EV用インバータ
  ①市場概況
  ②技術動向
  ③市場規模予測
  ④サプライチェーン
  ⑤メーカシェア
(2)HV/EV用DC-DCコンバータ
  ①市場概況
  ②技術動向
  ③市場規模予測
  ④サプライチェーン
  ⑤メーカシェア
(3)主要メーカ動向
  ①トヨタ自動車/デンソー
    ・4代目プリウスより両面冷却構造をパワーモジュールに採用
  ②Bosch
    ・2015年から第3世代インバータを量産開始
  ③Continental
    ・2015年より2.8世代となるインバータの供給開始
  ④富士電機
    ・第3世代直接水冷モジュールが2016年末より量産開始
  ⑤三菱電機
    ・車載用パワーモジュールJ1シリーズを拡充
  ⑥Infineon Technologies
    ・HV/EVインバータ向けIGBTモジュールの累計出荷が100万個超
  ⑦TDK
    ・主要HV/EVメーカでDC-DCコンバータが採用
  ⑧豊田自動織機
    ・4代目プリウスに新型DC-DCコンバータを出荷

4.車載用電流センサ

(1)車載用電流センサの概要
  ①電流センサの種類と検知方式
  ②車載分野における電流センサの搭載用途
(2)12V鉛バッテリモニタリングセンサ
  ①市場概況と用途
  ②技術動向
  ③OEMの採用動向
  ④市場規模予測
  ⑤サプライチェーン
  ⑥メーカシェア
(3)HV/EV電流センサ
  ①市場概況
  ②技術動向
  ③市場規模予測
  ④サプライチェーン
  ⑤メーカシェア
(4)主要メーカ動向
  ①Hella
    ・2016年から第5世代IBSの市場投入
  ②Continental Automotive
    ・2013年より第3世代IBSの出荷をスタート
  ③Bosch
    ・日系OEMにEBSの採用が拡大中
  ④LEM
    ・車載用電流センサの製品ラインアップを拡充
  ⑤甲神電機
    ・HV/EV用インバータ向け電流センサはワールドワイドトップシェア
  ⑥矢崎総業
    ・コアレスタイプの電流センサを2012年から量産化
  ⑦古河電気工業
    ・国内OEMを中心に出荷数量を拡大中
  ⑧デンソー
    ・HV/EVバッテリ用電流センサはトップシェア

5.HV/EV向けモータポジションセンサ

(1)主機モータ用ポジションセンサ
  ①市場概況
  ②技術動向
  ③市場規模予測
  ④サプライチェーン
  ⑤メーカシェア
(2)主要メーカ動向
  ①多摩川精機
    ・HV/EV向けレゾルバは世界トップシェア
  ②ミネベア
    ・主機モータ向けレゾルバが堅調に拡大


<図表目次>
図1 車載パワーマネジメントの状況と背景
図2 車載パワーマネジメントシステム/デバイスの総市場規模予測
図3 国内のガソリン乗用車における燃費向上技術の普及拡大
図4 日本における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
図5 欧州における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
図6 北米における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
図7 中国における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
図8 その他地域における車格別自動車生産台数予測(2015年~2025年)
図9 次世代自動車の総生産台数予測(2015~2025年)
図10 インバータの構成
図11 HV/EV用インバータの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量ベース)
図12 HV/EV用インバータのサプライチェーン(海外OEM/インバータ/IGBT)
図13  HV/EV用インバータのメーカシェア(2015年実績 WW 数量)
図14 HV/EV用DC-DCコンバータの市場規模予測(2015~2025年 WW  数量)
図15 HV/EV用DC-DCコンバータのメーカシェア(2015年実績 WW 数量)
図16 プリウスで採用されている2in1パワーカード
図17 プリウスで搭載されているIGBTの性能比較
図18 BoschのHV/EV向けインバータモジュールINVCOM(上:第2世代、下:第3世代)
図19 Continentalにおけるインバータ/DC-DCコンバータのロードマップ
図20 車載/産業用IGBTモジュールの定格電流密度の変遷
図21 J1シリーズと従来品の構造比較
図22 Infineonのパワー半導体を採用するHV/EVとOEM
図23 HybridPACK DRIVEとHybridPACK TM DSC (Double Sided Cooling)
図24 TDKにおける車載用DC-DCコンバータのロードマップ
図25 4代目プリウスに採用されたDC-DCコンバータと厚銅基板
図26 シャント抵抗による電流測定
図27 磁気比例方式・磁気平衡方式による電流測定
図28 12Vバッテリモニタリング用電流センサの搭載目的
図29 欧州車における発電量による負荷制御
図30 バッテリ状態の常時把握による発電制御、ISS開始時間の違い
図31 12V鉛バッテリ用電流センサの採用の考え方
図32 IBSの仕組み
図33 12V鉛バッテリ用電流センサ/IBSの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量/金額)
図34 12V鉛バッテリ用電流センサ/IBSのエリア別市場規模予測(2015~2025年 WW 数量)
図35 12V鉛バッテリ用電流センサ/IBSの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量)
図36 12V鉛バッテリ用電流センサ/IBSのメーカシェア(2015実績 WW 数量)
図37 4代目プリウスのインバータ用電流センサ
図38 高圧バッテリ用電流センサの搭載例
図39 4代目プリウスの電流センサの搭載箇所
図40 HV/EV向け電流センサの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量/金額)
図41  HV/EV向け電流センサの搭載箇所別市場規模予測(2015~2025年 WW 数量)
図42 インバータ用電流センサのメーカシェア(2015実績 WW 装着台数)
図43 高圧バッテリ用電流センサのメーカシェア(2015実績 WW 装着台数)
図44 HellaのIBS(左:第4世代 中:第5世代 右:高圧BT用電流センサ)
図45 Continental AutomotiveのIBS
図46 BoschのEBS
図47 甲神電機の車載用電流センサ(左:7相タイプ、右4相タイプ)
図48 古河電気工業のIBS
図49 デンソーの電流センサ構造
図50 HV/EV用インバータの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量ベース)
図51 モータポジションセンサの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量)
図52 HV/EV向けレゾルバのメーカシェア(2015年実績 WW 数量ベース)
図53 主機モータ用レゾルバ外観
図54 ミネベアのHV/EV向けVRレゾルバ

表1 車載用パワーマネジメントの用途と搭載事例
表2 車載パワーマネジメントの参入企業一覧
表3 車載パワーマネジメントシステム/デバイスの総市場規模予測
表4 日本における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
表5 欧州における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
表6 北米における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
表7 中国の新エネルギ車向け補助金の推移(乗用車:人民元ベース)
表8 中国における車格別自動車生産台数予測(2015年~2020年/2025年)
表9 その他地域における車格別自動車生産台数予測(2015年~2025年)
表10 次世代自動車の総生産台数予測(2015~2025年)
表11 HV/EV用IGBTモジュールのタイプ別概要
表12 HV/EV用インバータの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量ベース)
表13 HV/EV用インバータのサプライチェーン(日系OEM/インバータ/IGBT)
表14 HV/EV用インバータのメーカシェア(2015年実績 WW 数量)
表15 HV/EV用DC-DCコンバータの市場規模予測(2015~2025年 WW  数量)
表16 HV/EV向けDC-DCコンバータのサプライチェーン(OEM/Tier1)
表17 HV/EV用DC-DCコンバータのメーカシェア(2015年実績 WW 数量)
表18 プリウスにおけるパワーモジュールの違い
表19 車載用直接水冷モジュールの比較(第一世代/第3世代)
表20 電流センサの方式と性能比較
表21 車載分野における電流センサの搭載用途と検出方式
表22 12V鉛バッテリモニタリングセンサの特徴比較
表23 12V鉛バッテリ用電流センサ/IBSの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量/金額)
表24 12V鉛バッテリ用電流センサ/IBSのエリア別市場規模予測(2015~2025年 WW 数量)
表25 12V鉛バッテリ用電流センサ/IBSの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量)
表26 日系OEMの12V鉛バッテリ向け電流センサ/IBSのサプライチェーン
表27 海外OEMの12V鉛バッテリ向け電流センサ/IBSのサプライチェーン
表28 12V鉛バッテリ用電流センサ/IBSのメーカシェア(2015実績 WW 数量)
表29 HV/EV向け電流センサの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量/金額)
表30 HV/EV向け電流センサの搭載箇所別市場規模予測(2015~2025年 WW 数量)
表31 インバータ用電流センサのサプライチェーン
表32 高圧バッテリ用電流センサのサプライチェーン
表33 インバータ用電流センサのメーカシェア(2015実績 WW 装着台数)
表34 高圧バッテリ用電流センサのメーカシェア(2015実績 WW 装着台数)
表35 矢崎総業における電流センサの世代別特徴
表36 モータポジションセンサの検知方式別比較
表37 HV/EV用モータポジションセンサの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量)
表38 モータポジションセンサの市場規模予測(2015~2025年 WW 数量)
表39 HV/EV用モータポジションセンサのサプライチェーン(OEM/センサメーカ)
表40 HV/EV向けレゾルバのメーカシェア(2015年実績 WW 数量ベース)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58107500 2016 車載モータ市場の最新動向と将来展望
C59100400 2017 拡大するパワーモジュールの最新動向と将来展望
C57119400 2015-2016 進展するパワー半導体の最新動向と将来展望
C58120800 2017 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望
C58113600 2016 自動運転システムの可能性と将来展望 ~Tier1/自動車メーカーの開発動向~