2011年版 クレジットカード市場の実態と展望

クレジットカード市場は、2010年6月から導入された規制の影響などにより、収益構造の転換が求められております。カード会社各社は、トップラインの拡大を図るために、カードショッピングの強化に取組むと同時に、コスト削減を徹底することで、利益体質の強化に取組んでいます。本調査レポートでは、厳しい収益環境下でのクレジットカード会社の生き残り戦略を探りました。

発刊日
2011/09/30
体裁
A4 / 487頁
資料コード
C53109800
PDFサイズ
2.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:クレジットカード市場について、主要クレジットカード発行会社の戦略・取組み・実績などを詳細に調査し、動向や課題などの実態を把握するとともに今後の市場動向を展望する。
調査対象:カード発行会社及びアクワイアリング会社26社
調査方法:面接取材を主体に、一部アンケート調査を併用
調査期間:2011年6月~8月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • クレジットカード市場規模に関する各種指標の推移(2008年度~2010年度)を算出。
    (有効会員数、ショッピング取扱高、キャッシング取扱高、キャッシング残高、カード会社の営業収益 他)
  • スマートフォン端末化及び決済システムのクラウド化の動向及び可能性を調査。
  • NFCの動向および普及拡大の可能性。
  • 情報システム投資、BPOの動向を調査。
  • 主要カード発行会社(26社)のカード事業実績、実態を明らかに。

■本資料の概要

第Ⅰ章 総論
第Ⅱ章 事業強化に向けた取組み
第Ⅲ章 クレジットカード発行会社の業績と事業実績
第Ⅳ章 クレジットカード発行会社の実態

■掲載内容

第Ⅰ章 総論

1.クレジットカード市場の実態
  1.1 市場概況
  1.2 市場規模
    1.2.1 ショッピング取扱高(イシュアベース)
    1.2.2 カード発行会社の業績推移
    1.2.3 カード会社のショッピング取扱高推移(2001年度~2010年度)
  1.3 震災の影響
  1.4 総量規制の影響
  1.5 新規参入と業界再編の動向
    1.5.1 新規参入動向
    1.5.2 M&A動向
    1.5.3 メガバンクの動向
  1.6 カード発行会社の収益構造
  1.7 ショッピング強化に向けた取組み
  1.8 Web戦略の強化
  1.9 提携カード戦略の動向
  1.10 ショッピングリボ強化に向けた取組み
  1.11 情報システム投資とプロセシングの動向
    1.11.1 情報システム投資の動向
    1.11.2 プロセシングの動向
  1.12 加盟店戦略
    1.12.1 加盟店、パードナー企業への送客の取組み
    1.12.2 スマートフォンの決済端末化への取組み
    1.12.3 決済システムのクラウド化に向けた取組み
  1.13 クレジットカードブランド提携(Visa、MasterCard)
2.市場展望
  2.1 市場予測
  2.2 Web戦略の多様化
  2.3 決済システムのクラウド化の普及の可能性

第Ⅱ章 事業強化に向けた取組み

1.メインカード化に向けた取組み
2.注力カードによる施策
3.ポイント・割引サービスの動向
  3.1 ポイントプログラム
  3.2 割引サービス
4.キャンペーンの動向
5.Web戦略強化に向けた取組み
  5.1 Web戦略の動向
  5.2 オンラインショッピングモールの動向
  5.3 Web会員向けインターネットサービスの動向
6.提携戦略
7.ショッピングリボ強化に向けた取組み
8.コスト削減に向けた取組み
9.情報システム投資とプロセシングの動向
  9.1 情報システム投資の動向
  9.2 プロセシングの動向
10.カード種類・費用(年会費、手数料率等)の動向
  10.1 カードの発行動向
  10.2 スタンダードカード
11.加盟店戦略
  11.1 加盟店の業態別の取扱高の状況
  11.2 利用領域の拡大に向けた取組み
  11.3 加盟店、パードナー企業への送客の取組み
  11.4 スマートフォンの決済端末化への取組み
  11.5 決済サービスへの取組み
    11.5.1 決済システムのクラウド化に向けた取組み
    11.5.2 その他の決済サービス
12.非接触ICクレジット決済サービスの導入状況
  12.1 サービス展開状況
  12.2 決済方式別の動向
    12.2.1 iD
    12.2.2 QUICPay
    12.2.3 Visa Touch/Smartplus
    12.2.4 PayPass
  12.3 NFCの普及の可能性
    12.3.1 NTTドコモのNFCとFelica統合のロードマップ
    12.3.2 展望と課題

第Ⅲ章 クレジットカード発行会社の業績と事業実績

1.営業収益
2.経常利益
3.当期純利益
4.有効会員数
5.カード取扱高(ショッピング・キャッシング合計)
6.カード取扱高(ショッピング)
7.カード取扱高(キャッシング)
8.ショッピングリボ・分割払い残高
9.キャッシング残高
10.貸倒引当金残高
11.利息返還損失引当金残高
12.ポイント引当金残高
13.カード事業の営業収入比率
14.クレジットカード加盟店数
15.自社ATM・CD設置台数
16.ETCカード発行枚数

第Ⅳ章 クレジットカード発行会社の実態

1.三菱UFJニコス
2.三井住友カード
3.ジェーシービー(JCB)
4.クレディセゾン
5.イオンクレジットサービス
6.セディナ
7.トヨタファイナンス
8.ジャルカード(JALカード)
9.オリエントコーポレーション(Orico)
10.楽天カード
11.ジャックス
12.髙島屋クレジット
13.アプラスフィナンシャル
14.セブン・カードサービス
15.ライフカード
16.UCS
17.JFRカード
18.ポケットカード
19.東急カード
20.日産フィナンシャルサービス
21.ゆめカード
22.イズミヤカード
23.SBIカード
24.NTTドコモ
25.ゆうちょ銀行
〔アクワイアリング会社〕
26.ユーシーカード

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。