サービスロボット市場の将来展望

本調査レポートでは、サービス業、非製造分野で活用されるロボット群についてレポートいたしました。そもそもサービスロボットとは何か?産業ロボットと比較してのサービスロボットという呼称から、あまりにもコンセンサスのとれないアイテムが序列されているという現実があります。こうした現状をふまえ、サービスロボットの将来を展望いたしました。

発刊日
2011/11/30
体裁
A4 / 207頁
資料コード
C53111300
PDFサイズ
19.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • サービス業、非製造分野で活用されるロボット群についてレポート
    【調査内容】
    医療/介護・福祉分野:医療ロボット(手術支援)、介護・福祉ロボット(自立支援・介護・介助支援)
    生活分野:掃除・清掃ロボット、警備ロボット、案内・受付ロボット、教育・研究開発用ロボット、
    移動支援ロボット(モビリティロボット)
    公共分野:災害対応ロボット、探査ロボット
  • サービスロボット参入メーカー動向を調査
  • サービスロボット市場の将来性を分析(2015~2020年度)

■本資料の概要

第1章 サービスロボットを取り巻く市場環境
第2章 サービスロボット参入メーカー動向
第3章 関連団体・関連企業動向
第4章 サービスロボット市場の将来性(2015~2020年度)

■掲載内容

第1章 サービスロボットを取り巻く市場環境

サービスロボットとは何か?何故注目されたのか?
話題はある、ただ普及に結び付かず
2010年産業ロボットマーケットはこう動いた
経済産業省~NEDOラインは動く
需要分野毎参入メーカー動向

第2章 サービスロボット参入メーカー動向

セールス・オンデマンド
テムザック
セグウェイジャパン
安川電機
NEC(日本電気)
近藤科学
イーガー
トピー工業
三菱電機特機システム
セコム
綜合警備保障(アルソック)
日立産機システム
フィグラ
サンワハイテック

第3章 関連団体・関連企業動向

関西次世代ロボット推進会議
ロボット産業振興会議
つくば市(つくばモビリティロボット実験特区)
大和ハウス工業
住友商事
東京医科大学病院
国際電気通信基礎技術研究所(ATRIRC)

第4章 サービスロボット市場の将来性(2015~2020年度)

経済産業省-NEDOの市場予測の背景とは?

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。