2014 コンビニ流通市場白書

1960年代日本にコンビニが登場して半世紀を超える。その発展過程の中で店舗の飽和が幾度か指摘されてきたがその都度新店開発や業態開発を推進し、CVSの母国アメリカを凌駕する基幹チャネルへと成長してきた。本調査レポートでは、コンビニ市場の発展過程を概説することから始まり、①総小売市場の中でのポジション②店舗開発・取扱商品開発・MD、マーケテイングの変遷③参入企業の生成淘汰発展過程など全方位から取り上げ掲載した。

発刊日
2014/05/08
体裁
A4 / 278頁
資料コード
C56102800
PDFサイズ
16.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

151,800
138,000
13,800
151,800
138,000
13,800
184,800
168,000
16,800
303,600
276,000
27,600
336,600
306,000
30,600
455,400
414,000
41,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • コンビニ市場の発展過程を概説することから始まり、①総小売市場の中でのポジション②店舗開発・取扱商品開発・MD、マーケテイングの変遷③参入企業の生成淘汰発展過程など全方位から取り上げ掲載

資料概要
Close

第1章 コンビニ9.8兆円市場への軌跡
第2章 コンビニ市場の現状
第3章 コンビニサービスの発展
第4章 社会インフラとしてのコンビニ
コンビニ流通白書巻末資料

リサーチ内容

■掲載内容

第1章 コンビニ9.8兆円市場への軌跡

1.1960年代から現在までのコンビニ業界
  (1)コンビニ市場と流通小売市場の30年
  (2)2012年、業態別の市場規模動向比較
  (3)コンビニの全国展開への道と参入企業の変遷
  (4)コンビニの発展と国内消費市場の変化
2.変化する小売市場でのコンビニの変遷
  (1)130兆円小売市場でのコンビニの位置づけ
  (2)コンビニと大手小売グループの関係
  (3)小売からサービスへの流れとコンビニの多様化
  (4)コンビニの新業態開発とその方向性
3.参入企業の勃興から寡占への動き
  (1)コンビニ成長期の多様な参入企業
  (2)成熟市場での寡占とM&A
  (3)寡占市場の今後の動向
4.店舗形態、取扱商品多様化の歴史
  (1)小売店からサービス拠点へ 店舗形態の進化
  (2)販売商品の多様化とPB商品の開発
  (3)ファストフードやカフェとも競合する店舗へ進化

第2章 コンビニ市場の現状

1.コンビニ市場の規模と推移
  (1)9.8兆円市場への発展過程と現状
  (2)成長力の変化と市場での立場の変化
  (3)コンビニ市場の発展余地と可能性
2.参入企業の現状と市場シェア
  (1)コンビニ市場のシェアと市場の推移
  (2)参入企業の再編とM&A
  (3)大手4社、中堅7社の経営実態
3.店舗、業態開発の現状
  (1)コンビニの発展と店舗数推移
  (2)新業態の開発と出店状況
  (3)異業種、他業態との複合店舗
4.国内地域市場の動向
  (1)コンビニチェーンの地域戦略とローカライズ
  (2)地方コンビニの実力
  (3)地域別コンビニ市場の現状
5.フランチャイズ経営の実態
  (1)2012-2013年のFC市場規模と推移
6.コンビニの商品開発、販売動向
  (1)取引商品、提携サービスの多様化と今後の方向性
  (2)ファストフード店やカフェなどの飲食とも競合
7.コンビニと競合する業態、協業する業態
  (1)ドラッグストア
  (2)100円ショップ
  (3)弁当店
  (4)書店
  (5)文具店
8.海外進出の動向
  (1)大手コンビニチェーンの海外進出
  (2)海外コンビニ市場の概況

第3章 コンビニサービスの発展

1.コンビニでのサービス提供の現状
  (1)コンビニでのサービス取扱高の推移
  (2)取扱いサービスの多様化とその現状
  (3)インターネット、スマートフォンとの連携強化
2.サービス提供企業の動向
  (1)生活サービス企業の動向
  (2)金融サービス企業の動向
  (3)その他成長サービス企業の動向
3.コンビニ経営支援サービスと参入企業
  (1)情報システムサービス
  (2)物流、流通サービス
  (3)決済サービス
4.ネット通販、スマートフォンとの連携
  (1)通販商品受け取り拠点としてのコンビニ
  (2)既存サービスとインターネットサービスの融合

第4章 社会インフラとしてのコンビニ

1.コンビニ4.9万店のインフラとしての可能性
  (1)金融機関、行政機関との拠点数比較
  (2)拠点数を活かしたサービス事例
2.福祉、行政サービス拠点としてのコンビニ
  (1)行政サービス提供の現状
  (2)食品配達から広がる福祉サービス
  (3)防災、防犯拠点としてのコンビニ
  (4)今後のコンビニの社会的役割

コンビニ流通白書巻末資料
  都道府県別コンビニ、その他小売店店舗数
  売企業売上高ランキング
  卸企業売上高ランキング
  コンビニ販売額月次推移
  コンビニ販売額前年同月比推移
  コンビニ年次販売額推移

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

151,800
138,000
13,800
151,800
138,000
13,800
184,800
168,000
16,800
303,600
276,000
27,600
336,600
306,000
30,600
455,400
414,000
41,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。