2011年版 ハードコートフィルム市場の展望と戦略

本調査レポートでは、注目されるタッチパネル(TP)関連を中心にハードコート(HC)PETフィルム市場を取り上げました。TP関連では主力用途となるITOベース以外にも、抵抗膜TPのアイコンシートの基材として、静電容量TPではLCDからのノイズを遮断するEMIシールド基材、ITO膜の傷を防ぐ保護用、カバーガラスの飛散防止・加飾用としてHCフィルムが使われます。また、加飾用途としてはIML、IMD工法が採用される携帯電話やノートPCのハウジングにおいてもHCフィルムが使用されています。中でも市場が拡大傾向にあるのが静電容量TPのITOベースフィルムです。近年はTP及びITOフィルムの海外勢の台頭により、海外HCフィルムメーカーが参入してきました。対する日本メーカーは歴史や技術力を背景に、依然として高い競争力を保っています。ただ、TPセンサーでは現在、ガラスVSフィルムというセンサー素材の競合があり、今後の市場の行方についてはHCフィルムの優劣や競合関係だけでは語ることができない状況です。HCフィルムの市場拡大のためにはフィルムセンサーの拡大が必須ですが、そのために、HCフィルムメーカーは何をすべきなのでしょうか?フィルムセンサーの課題の1つはITOフィルムを供給できるメーカーが少ないことです。透過率や抵抗値に加え骨見えが問題になっているとみられますが、これを解決するためにはHCフィルムをITOの設計に合わせて作りこむことが有効な手段となります。静電容量TP向けITOフィルムは国内メーカーの多くがHCの内製を行っているという点からも、その重要性が伺えます。将来、静電容量TPに参入する新規メーカーの取り込みも視野に入れれば、ユーザーとの密な連携、関係を構築し、細かいニーズにも確実に対応していくことが重要となります。また、ガラスセンサーとフィルムセンサーの価格差が縮小、あるいは逆転する中、HCフィルムがフィルムセンサーのコストダウンにいかに貢献できるかも問われるでしょう。

発刊日
2011/10/21
体裁
A4 / 98頁
資料コード
C53113700
PDFサイズ
1.5MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 98頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • ITOの設計にあわせた作りこみ、ユーザーとの連携強化が成長の鍵握る
    フィルムセンサー、ITOフィルムに求められるは光学特性向上、供給能力の確保、
    さらなるコストダウン、ポイントはHCフィルムの光学調整層にあり
  • カバーガラスの飛散防止フィルム市場拡大、額縁・ロゴ等加飾用としての採用が広がる
    粘着、リリース、保護フィルム市場にも変化の兆し
  • LCDとTPの全面貼り進展で、ITOカバー用が不要になる可能性も
    空気層+反射防止フィルムはコスト面に課題
  • IML用はノートPC市場の影響を受ける一方で、アフターマーケット用の需要は増加
    2011年度の市場規模は微増と推定されるも、低価格化が進行
    成型性の向上、ソフトタッチなど高付加価値品への対応が問われる
    EMS、ODMメーカーが独自のIMD装置導入、透明箔のニーズも高まる

■本資料の概要

第1章 ハードコートフィルム市場の展望
第2章 ハードコートフィルム市場の動向
第3章 ハードコートフィルム関連メーカーの動向と戦略

■掲載内容

第1章 ハードコートフィルム市場の展望

ITOの設計にあわせた作りこみ、コストダウンへの貢献など
ユーザーとの連携強化が成長の鍵握る

第2章 ハードコートフィルム市場の動向

1.タッチパネル関連
  1-1.ITOフィルム用
    海外の偏光板、バックライト関連メーカーがHC-PET フィルムに相次いで参入
    (表)ITO用HCフィルム市場規模推移
    (表)ITOフィルムメーカー別サプライヤー一覧
    (図)ITO用HCフィルムメーカーシェア(2010年度実績)
    静電容量TPのITO用は低熱収縮が1つのキーワード
    (表)HCフィルム、クリアとAGの使い分け
    さらなる需要取り込みには光学調整層がポイントに
    (図)ITO用HCフィルムに求められる光学調整層
    (図)カバーガラス一体型センサーの1例
  1-2.その他(飛散防止フィルム、アイコンシート用、ITOカバー用)
    (表)その他TP関連HCフィルム市場規模推移
    (図)その他TP関連HCフィルムメーカーシェア(2010年度実績)
    主力用途であった携帯電話、スマートフォンが静電容量TP へシフト
    アイコンシート用のHC フィルムは縮小傾向
    飛散防止フィルム、加飾用として市場が拡大
    カバーガラス一体型センサーでは歩留まり向上に貢献か
    ITO カバー用は部材点数の削減を背景に今後の需要は縮小
    (表)用途別HCフィルム価格
    (図)タッチパネルの一般的構造と用途別HCフィルムの定義
    (表)用途別HCフィルムの基本的スペック
    (図表)タッチパネル用HCフィルム市場規模推移
    (表)ITOフィルム用 HCフィルム販売量推移
    (表)その他TP関連HCフィルム販売量推移
  1-3.HC材(塗料)
    静電容量TP のITO 用HC フィルム向けでは膜厚が薄くなるものの、市場規模は拡大
    (表)タッチパネル用HC材市場規模推移
2.三次元加飾フィルム
  ノートPC市場の成長鈍化の一方でアフターマーケットのカバー用が拡大
  2011年度のIML用HCフィルムのトータル需要は前年度比微増に
    (表)IML用HCフィルム市場規模推移
    (表)IML用ハードコートPETフィルム市場規模推移
  IML工法は付加価値品での採用が残るものの、市場拡大にはつながりにくい
    (図)IML用HCフィルムメーカーシェア(2010年度実績)
    FoxconnなどEMSが成型設備導入、IMD転写箔へのニーズが変化

第3章 ハードコートフィルム関連メーカーの動向と戦略

株式会社きもと
  静電容量TP市場拡大で電極用、飛散防止フィルム、カバーPETが伸長
  「FPD-5」の主力製品としてHCフィルムの機能向上、拡販に取り組む
  2010年のITOフィルム用出荷量は抵抗膜向けで横ばい、代わって静電容量TP向けが拡大
  静電容量TPのカバーガラス向けでアイコンシート用HCフィルムが採用

東山フイルム株式会社
  静電容量TP市場拡大により、HCフィルムへのニーズも変化
  電極用では光学調整層の付与にも対応、AR処理のノウハウが活かされる
  インサートモールド用HCフィルムはネットブック市場の縮小により需要減
  2011年よりインモールド転写用HCフィルムの供給もスタート

名阪真空工業株式会社
  ソリューションプロバイダーとして素材まで遡った開発にも取り組む
  2010年は抵抗膜TPのアイコンシート向けが減少、飛散防止、ITOベースが増加
  カラーHCなど特殊コーティングも実績化、自己治癒コートもニーズが高まる

東レフィルム加工株式会社
  IML用はパソコン市場のシュリンクにより停滞
  耐指紋HCフィルム、ソフトタッチタイプを開発へ

TDK株式会社
  ウェットコーティングITOフィルム・スパッタITOフィルムに加え、
  カバーガラス飛散防止フィルムも上市
  国内外のセットメーカーとの繋がりが強み、2011年度は30万㎡以上の販売量を目指す

株式会社有沢製作所
  薄膜コーティング技術を活かし、2010年にTP用HCフィルムを上市
  抵抗膜TP向けに加え、静電容量TP向けの販売量も増加
  2012年度は5万㎡/月を目指す
  ガラスの飛散防止・加飾フィルムが国内TPメーカーに採用

日本ミクロコーティング株式会社
  ニッチで付加価値の取れる市場に注力、新しいHCフィルムを開発
  研磨事業で培った微粒子を含むコーティング技術に強み
  グローバル機種のウィンドウでインサート成形用HCフィルムが採用
  「ソフトタッチ」タイプは2011 年春に開発

遠東新世紀股份有限公司(FAR EASTERN NEW CENTURY CORPORATION)
  三次元成形用は2010年に撤退し、TP用に注力
  2008年よりTP用HCフィルムの販売をスタート、ITO用が約80%を占める
  今後は韓国、中国への拡販を図る、静電容量TP向けでもユーザーとともに開発を推進
  外貼用でも需要拡大の兆しも、ユーザーの要求に応じて臨機応変に開発

新輝光電股份有限公司(ShinBright Optronics Corporation)
  新光グループのコンバーター、タッチパネル周りでの展開を加速
  アイコンシート用の需要は減少、ITO用HCフィルムに注力
  PETベースのAGフィルム、LRフィルムも製品化の予定
  2011年末にはAG専用コーターが稼動開始

長興化学工業股份有限公司(ETERNAL CHEMICAL CO.,LTD.)
  TP関連HCフィルムはアイコンシート用での採用が先行
  ITO用は外観欠点のないフィルム生産が課題、2012年に上市したい考え
  HC材はほとんどを自社で生産、材料まで遡った研究開発が強み

SKC Hass Display Films Inc.
  2008年にHCフィルムを製品化、TP関連ではITO膜カバー用として採用
  PDPフィルムフィルター向けLR-HCフィルムの採用が先行
  今後はITOベース用HCフィルムに注力、早ければ2011年末より実績化の見込み

MIRAENANOTECH CO., LTD.
  子会社サーフェステックのITOフィルムの競争力強化に貢献
  韓国ベンチャーのInsCon社との技術提携によりウェットコート技術を確立
  2011年1月にITO用HCフィルムを製品化
  サーフェステックの株主LGイノテックが静電容量TPに注力
  2012年は2.5万㎡/月以上のHCフィルム出荷を目指す

DIC株式会社
  UV硬化型樹脂、フッ素系添加剤の合成から
  ハードコート塗料まで総合的に展開
  TP用HC材の販売量は拡大も、今後は様々な用途の中で優先度に応じて対応
  耐指紋HC材に強み、PET基材以外のHC材も開発へ
  HC用樹脂「ユニディック」ではハイソリッドタイプを試作的に展開

JSR株式会社
  光ファイバー用コート材で培ったUV硬化技術を応用展開
  業界でも早い段階で有機/無機ハイブリッドHC材を商業化
  TP用HC材の販売量は年率20%程度の成長率を達成
  高硬度タイプは鉛筆硬度4Hを実現
  高屈折材料をアドバンテージに静電容量TPの需要を取り込む

大日精化工業株式会社
  TACに加え、PETフィルム用HC材の開発・拡販に注力
  HC材の販売量は2010年度で2,000t弱
  TP関連はアイコンシート用で採用がスタート、現在はITOベースフィルム用も販売
  加飾関連ではIMD用でも展開、HC材、インキ、アンカー材のセット提案が強み
 

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 98頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。