2011年版 ハードコートフィルム市場の展望と戦略

本調査レポートでは、注目されるタッチパネル(TP)関連を中心にハードコート(HC)PETフィルム市場を取り上げました。TP関連では主力用途となるITOベース以外にも、抵抗膜TPのアイコンシートの基材として、静電容量TPではLCDからのノイズを遮断するEMIシールド基材、ITO膜の傷を防ぐ保護用、カバーガラスの飛散防止・加飾用としてHCフィルムが使われます。また、加飾用途としてはIML、IMD工法が採用される携帯電話やノートPCのハウジングにおいてもHCフィルムが使用されています。中でも市場が拡大傾向にあるのが静電容量TPのITOベースフィルムです。近年はTP及びITOフィルムの海外勢の台頭により、海外HCフィルムメーカーが参入してきました。対する日本メーカーは歴史や技術力を背景に、依然として高い競争力を保っています。ただ、TPセンサーでは現在、ガラスVSフィルムというセンサー素材の競合があり、今後の市場の行方についてはHCフィルムの優劣や競合関係だけでは語ることができない状況です。HCフィルムの市場拡大のためにはフィルムセンサーの拡大が必須ですが、そのために、HCフィルムメーカーは何をすべきなのでしょうか?フィルムセンサーの課題の1つはITOフィルムを供給できるメーカーが少ないことです。透過率や抵抗値に加え骨見えが問題になっているとみられますが、これを解決するためにはHCフィルムをITOの設計に合わせて作りこむことが有効な手段となります。静電容量TP向けITOフィルムは国内メーカーの多くがHCの内製を行っているという点からも、その重要性が伺えます。将来、静電容量TPに参入する新規メーカーの取り込みも視野に入れれば、ユーザーとの密な連携、関係を構築し、細かいニーズにも確実に対応していくことが重要となります。また、ガラスセンサーとフィルムセンサーの価格差が縮小、あるいは逆転する中、HCフィルムがフィルムセンサーのコストダウンにいかに貢献できるかも問われるでしょう。

発刊日
2011/10/21
体裁
A4 / 98頁
資料コード
C53113700
PDFサイズ
1.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • ITOの設計にあわせた作りこみ、ユーザーとの連携強化が成長の鍵握る
    フィルムセンサー、ITOフィルムに求められるは光学特性向上、供給能力の確保、
    さらなるコストダウン、ポイントはHCフィルムの光学調整層にあり
  • カバーガラスの飛散防止フィルム市場拡大、額縁・ロゴ等加飾用としての採用が広がる
    粘着、リリース、保護フィルム市場にも変化の兆し
  • LCDとTPの全面貼り進展で、ITOカバー用が不要になる可能性も
    空気層+反射防止フィルムはコスト面に課題
  • IML用はノートPC市場の影響を受ける一方で、アフターマーケット用の需要は増加
    2011年度の市場規模は微増と推定されるも、低価格化が進行
    成型性の向上、ソフトタッチなど高付加価値品への対応が問われる
    EMS、ODMメーカーが独自のIMD装置導入、透明箔のニーズも高まる

■本資料の概要

第1章 ハードコートフィルム市場の展望
第2章 ハードコートフィルム市場の動向
第3章 ハードコートフィルム関連メーカーの動向と戦略

■掲載内容

第1章 ハードコートフィルム市場の展望

ITOの設計にあわせた作りこみ、コストダウンへの貢献など
ユーザーとの連携強化が成長の鍵握る

第2章 ハードコートフィルム市場の動向

1.タッチパネル関連
  1-1.ITOフィルム用
    海外の偏光板、バックライト関連メーカーがHC-PET フィルムに相次いで参入
    (表)ITO用HCフィルム市場規模推移
    (表)ITOフィルムメーカー別サプライヤー一覧
    (図)ITO用HCフィルムメーカーシェア(2010年度実績)
    静電容量TPのITO用は低熱収縮が1つのキーワード
    (表)HCフィルム、クリアとAGの使い分け
    さらなる需要取り込みには光学調整層がポイントに
    (図)ITO用HCフィルムに求められる光学調整層
    (図)カバーガラス一体型センサーの1例
  1-2.その他(飛散防止フィルム、アイコンシート用、ITOカバー用)
    (表)その他TP関連HCフィルム市場規模推移
    (図)その他TP関連HCフィルムメーカーシェア(2010年度実績)
    主力用途であった携帯電話、スマートフォンが静電容量TP へシフト
    アイコンシート用のHC フィルムは縮小傾向
    飛散防止フィルム、加飾用として市場が拡大
    カバーガラス一体型センサーでは歩留まり向上に貢献か
    ITO カバー用は部材点数の削減を背景に今後の需要は縮小
    (表)用途別HCフィルム価格
    (図)タッチパネルの一般的構造と用途別HCフィルムの定義
    (表)用途別HCフィルムの基本的スペック
    (図表)タッチパネル用HCフィルム市場規模推移
    (表)ITOフィルム用 HCフィルム販売量推移
    (表)その他TP関連HCフィルム販売量推移
  1-3.HC材(塗料)
    静電容量TP のITO 用HC フィルム向けでは膜厚が薄くなるものの、市場規模は拡大
    (表)タッチパネル用HC材市場規模推移
2.三次元加飾フィルム
  ノートPC市場の成長鈍化の一方でアフターマーケットのカバー用が拡大
  2011年度のIML用HCフィルムのトータル需要は前年度比微増に
    (表)IML用HCフィルム市場規模推移
    (表)IML用ハードコートPETフィルム市場規模推移
  IML工法は付加価値品での採用が残るものの、市場拡大にはつながりにくい
    (図)IML用HCフィルムメーカーシェア(2010年度実績)
    FoxconnなどEMSが成型設備導入、IMD転写箔へのニーズが変化

第3章 ハードコートフィルム関連メーカーの動向と戦略

株式会社きもと
  静電容量TP市場拡大で電極用、飛散防止フィルム、カバーPETが伸長
  「FPD-5」の主力製品としてHCフィルムの機能向上、拡販に取り組む
  2010年のITOフィルム用出荷量は抵抗膜向けで横ばい、代わって静電容量TP向けが拡大
  静電容量TPのカバーガラス向けでアイコンシート用HCフィルムが採用

東山フイルム株式会社
  静電容量TP市場拡大により、HCフィルムへのニーズも変化
  電極用では光学調整層の付与にも対応、AR処理のノウハウが活かされる
  インサートモールド用HCフィルムはネットブック市場の縮小により需要減
  2011年よりインモールド転写用HCフィルムの供給もスタート

名阪真空工業株式会社
  ソリューションプロバイダーとして素材まで遡った開発にも取り組む
  2010年は抵抗膜TPのアイコンシート向けが減少、飛散防止、ITOベースが増加
  カラーHCなど特殊コーティングも実績化、自己治癒コートもニーズが高まる

東レフィルム加工株式会社
  IML用はパソコン市場のシュリンクにより停滞
  耐指紋HCフィルム、ソフトタッチタイプを開発へ

TDK株式会社
  ウェットコーティングITOフィルム・スパッタITOフィルムに加え、
  カバーガラス飛散防止フィルムも上市
  国内外のセットメーカーとの繋がりが強み、2011年度は30万㎡以上の販売量を目指す

株式会社有沢製作所
  薄膜コーティング技術を活かし、2010年にTP用HCフィルムを上市
  抵抗膜TP向けに加え、静電容量TP向けの販売量も増加
  2012年度は5万㎡/月を目指す
  ガラスの飛散防止・加飾フィルムが国内TPメーカーに採用

日本ミクロコーティング株式会社
  ニッチで付加価値の取れる市場に注力、新しいHCフィルムを開発
  研磨事業で培った微粒子を含むコーティング技術に強み
  グローバル機種のウィンドウでインサート成形用HCフィルムが採用
  「ソフトタッチ」タイプは2011 年春に開発

遠東新世紀股份有限公司(FAR EASTERN NEW CENTURY CORPORATION)
  三次元成形用は2010年に撤退し、TP用に注力
  2008年よりTP用HCフィルムの販売をスタート、ITO用が約80%を占める
  今後は韓国、中国への拡販を図る、静電容量TP向けでもユーザーとともに開発を推進
  外貼用でも需要拡大の兆しも、ユーザーの要求に応じて臨機応変に開発

新輝光電股份有限公司(ShinBright Optronics Corporation)
  新光グループのコンバーター、タッチパネル周りでの展開を加速
  アイコンシート用の需要は減少、ITO用HCフィルムに注力
  PETベースのAGフィルム、LRフィルムも製品化の予定
  2011年末にはAG専用コーターが稼動開始

長興化学工業股份有限公司(ETERNAL CHEMICAL CO.,LTD.)
  TP関連HCフィルムはアイコンシート用での採用が先行
  ITO用は外観欠点のないフィルム生産が課題、2012年に上市したい考え
  HC材はほとんどを自社で生産、材料まで遡った研究開発が強み

SKC Hass Display Films Inc.
  2008年にHCフィルムを製品化、TP関連ではITO膜カバー用として採用
  PDPフィルムフィルター向けLR-HCフィルムの採用が先行
  今後はITOベース用HCフィルムに注力、早ければ2011年末より実績化の見込み

MIRAENANOTECH CO., LTD.
  子会社サーフェステックのITOフィルムの競争力強化に貢献
  韓国ベンチャーのInsCon社との技術提携によりウェットコート技術を確立
  2011年1月にITO用HCフィルムを製品化
  サーフェステックの株主LGイノテックが静電容量TPに注力
  2012年は2.5万㎡/月以上のHCフィルム出荷を目指す

DIC株式会社
  UV硬化型樹脂、フッ素系添加剤の合成から
  ハードコート塗料まで総合的に展開
  TP用HC材の販売量は拡大も、今後は様々な用途の中で優先度に応じて対応
  耐指紋HC材に強み、PET基材以外のHC材も開発へ
  HC用樹脂「ユニディック」ではハイソリッドタイプを試作的に展開

JSR株式会社
  光ファイバー用コート材で培ったUV硬化技術を応用展開
  業界でも早い段階で有機/無機ハイブリッドHC材を商業化
  TP用HC材の販売量は年率20%程度の成長率を達成
  高硬度タイプは鉛筆硬度4Hを実現
  高屈折材料をアドバンテージに静電容量TPの需要を取り込む

大日精化工業株式会社
  TACに加え、PETフィルム用HC材の開発・拡販に注力
  HC材の販売量は2010年度で2,000t弱
  TP関連はアイコンシート用で採用がスタート、現在はITOベースフィルム用も販売
  加飾関連ではIMD用でも展開、HC材、インキ、アンカー材のセット提案が強み
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。