2012 デジタルメディア市場総覧

インターネットで配信されるデジタルコンテンツはコンテンツ流通の主流となりつつある。しかし、従来のメディアも依然として大きなシェアを持っている。成長力のデジタルメディアと規模の従来メディア、それぞれのメディア内、メディア間の競合とシナジーを市場と企業を通して俯瞰する。
本調査レポートではデジタルメディア市場を音楽、動画、ゲーム、電子書籍、情報配信に区分し、さらに広告、通販サービスを含めてそれぞれ個別市場、参入企業を詳細に分析した。
またこれらコンテンツを配信するプラットフォームとしてSNS・ブログ、ポータルサイト、スマートフォンアプリ、ケータイ公式サイトも個別にその動向を探り、現状から将来動向を掲載した。
それぞれの分野で市場動向、将来性、既存メディアとの競合関係、有力参入企業の事例、SNSやスマートフォンの拡大による影響を掲載し、加えて有力参入500社について企業概要、業績をまとめた個表を掲載した。

発刊日
2011/11/30
体裁
A4 / 386頁
資料コード
C53114900
PDFサイズ
4.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,800
128,000
12,800
140,800
128,000
12,800
173,800
158,000
15,800
281,600
256,000
25,600
314,600
286,000
28,600
422,400
384,000
38,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 「ケータイサービス市場白書」からリニューアル。
  • (1)デジタルメディア市場創出/成長の10年史
    iモードからFacebookまで市場の成長過程を網羅。スマートフォン、SNSの普及が変える市場 。
  • (2)市場創出する有力プレイヤー動向
    Google、Facebook、Apple、Twitter、DeNa、Gree。対峙する既存メディア企業の詳細 。
  • (3)デジタルコンテンツ 7大市場動向
    音楽、動画、ゲーム、電子書籍、情報、通販、広告市場を牽引するデジタル市場を詳細分析
  • (4)デジタルプラットフォーム市場動向
    SNS、ポータル、App Store、ケータイサイト。成長市場の核、プラットフォーム動向を徹底調査 。
  • (5)参入企業有力500社経営実態事業調査
    急成長企業、既存巨大企業、新規参入企業、業績、事業構成、資本関係、競合企業 etc

■本資料の概要

第1章 デジタルメディア市場創出/成長の10年史
第2章 市場創出する有力プレイヤー動向
第3章 デジタルコンテンツ7大市場動向
第4章 デジタルプラットフォーム市場動向
第5章 参入企業有力企業経営実態事業調査個表

■掲載内容

第1章 デジタルメディア市場創出/成長の10年史

1.インターネット、パソコン、ケータイ、スマートフォンの10年とその普及
  ・インターネット普及率は80% 高速常時接続が普及を支える
  ・スマートフォンは出荷比率で50%越え、iPhoneは国内400万台
  ・ケータイ契約数は1.1億件 普及台数は圧倒的
2.ネットコンテンツ配信の成長と推移
  ・ケータイ着メロに始まるコンテンツ配信 音楽配信は1,600億円市場に
  ・大容量コンテンツも配信可能に 映画、ドラマまでが配信対象に
  ・配信対象もPCからスマフォ、タブレットPCへと拡大
3.ネット広告市場シェア拡大推移と展望
  ・広告市場規模5,800億円 数年内にテレビ広告の規模も射程圏内に
  ・検索連動、アフィリエイト、SNSでの発信 広告手法も多様化
  ・企業PRアプリも多数出現 スマホ、SNSは新たな広告媒体に
4.SNS・ブログの台頭とポータルサイトの競合
  ・mixi、モバゲー、グリー、Facebook等がしのぎを削る
  ・GoogleもSNSに参入 ポータルサイトはSNSが担う次代へ
  ・Yahoo!、楽天、goo、livedoorのPVは依然として膨大
5.ケータイからスマホへ アプリ市場とキャリア公式サイトの現状
  ・1.1億台の携帯、スマホはそのうち1,000万台程度
  ・公式サイトの重要度は低下 スマホ向けアプリが重要に
  ・スマホ普及はFacebook、twitterの普及を助ける

第2章 市場創出する有力プレイヤー動向

1.SNS、ポータルサイトの企業間競争
  ・Facebookが国内で急速に普及 既存SNSと競合
  ・ポータルサイトはYahoo!JAPANの一人勝ちもSNSと競合
  ・GoogleはAndroidとChromeでポータルの地位固めを図る
2.通販プラットフォームの覇権争い
  ・楽天、ヤフー、アマゾン3社で数兆円の取扱高
  ・ZOZOTOWNがアパレル通販で急成長 事業規模は800億円に
  ・小売企業、メーカーの参入は活発 通販部門で業績維持
3.インターネット広告市場参入企業の現状
  ・大手広告代理店の企業、独立系企業が参入
  ・検索連動やアフィリエイトなどの得意分野を開拓
  ・アプリやSNSで企業が直接PRに乗り出すケースも
4.アプリ、ソーシャルゲーム開発企業の現状
  ・SNS、ソーシャルゲームの拡大で大手ゲーム会社も参入
  ・小規模ゲーム開発会社も一気に売上げを伸ばす例も
  ・アプリ開発は個人でも可能も売れるアプリは大手企業が開発
5.既存コンテンツ市場 VS 新興コンテンツ市場
  ・出版社、ゲーム専用機、CD・DVD 既存ソフトは不振
  ・電子書籍、ソーシャルゲーム、音楽・映像配信が新興勢力
  ・広告も4大媒体からネット広告へ 規模面でも肩を並べる
6.海外市場と海外有力企業の状況
  ・Facebook、Twitter、Google、Apple

第3章 デジタルコンテンツ7大市場動向

1.音楽配信
  (1)音楽コンテンツ市場の現状
    ・CD売上高は減少が続く 既に音楽配信は金額でもCDに迫る
  (2)音楽ネット配信市場の動向
    ・ソニー、アップルが主導するもiPod, iPhone投入アップルが優位に
  (3)音楽配信市場参入有力企業の個別事例
    ・着メロ配信は多数の専門企業 楽器メーカーも参入
  (4)スマートフォン、SNSで変わった音楽配信市場
    ・iPhone, iPodの登場で音楽配信市場はアップル主導の市場に
2.動画配信
  (1)動画コンテンツ市場の概要
    ・パッケージソフト、映画興行市場は低迷 ネット配信が成長
  (2)動画コンテンツ配信市場の現状
    ・有料動画はポータルサイト、音楽配信プラットフォームなどで販売
  (3)動画配信市場に参入する主要企業
    ・YouTube、ニワンゴが無料動画では突出
  (4)スマートフォン、SNS普及による市場への影響
    ・スマートフォン、タブレットPC向け市場も徐々に拡大へ
3.電子書籍
  (1)書籍・出版市場の現状
    ・出版物の販売金額は減少の一途
  (2)電子書籍市場の動向
    ・ケータイ小説市場が先行 iPadの登場で電子書籍市場が開花
  (3)電子書籍配信有力企業と運営サイトの個別動向
    ・大手出版社の対応は遅れる、先行企業は積極展開
  (4)スマートフォン、タブレットPC、SNSが変える電子書籍市場
    ・タブレットPC(iPad)の普及が電子書籍の着火剤に
4.ゲーム配信
  (1)ゲーム市場の現状
    ・家庭用ゲーム機市場は縮小 変わってソーシャルゲームが大ヒット
  (2)オンラインゲーム・ソーシャルゲーム、ゲームアプリ市場の動向
    ・ソーシャルゲーム市場は1,000億円に ゲーム機ソフト売上げに迫る
  (3)ゲーム配信市場参入企業の動向
    ・DeNA、グリーのソーシャルゲーム競争は続く
  (4)スマートフォン、SNS向けゲーム市場の現状
    ・スマホアプリはゲームの新たな販売形式に
5.情報配信サービス市場
  (1)ネット情報配信サービス市場の既存情報メディア市場の概要
    ・新聞、テレビ、雑誌からネットへの流れは止まらず
    ・情報分野別動向と主要参入企業
  (2)多様化する配信形式とSNS、twitterでの情報配信サービス
    ・ネット上での配信が基本 メルマガ、twitter、SNSまで
6.ネット通販
  (1)ネット通販市場の現状
    ・ネット通販市場全体とカタログ通販などの動向
  (2)通販市場に参入の大手企業とその動向
    ・楽天、アマゾン、千趣会、ニッセン、ベルーナ
  (3)品目別ネット通販の動向
  (4)SNS、スマートフォンの普及とネット通販
7.インターネット広告
  (1)広告市場の概要と動向
  (2)インターネット広告市場の推移と種類
  (3)インターネット広告有力参入企業の動向
  (4)スマートフォン、SNSの普及による広告業界の変化

第4章 デジタルプラットフォーム市場動向

1.SNS・ブログ市場
  (1)SNS、ブログの発展と現状
    ・PC向け、ケータイ向けに分かれた市場 利用者層も異なる
  (2)SNS・ブログ市場の動向
    ・mixi、モバゲー、グリー、Facebook
  (3)有力SNS・ブログ企業の個別動向
  (4)スマートフォンの普及とブログ、SNS市場の今後の展望
2.ポータルサイト
  (1)ポータルサイト運営サービス業界の概要
    ・全てのWebサービスの入り口を目指す
  (2)ポータルサイト市場の概要
    ・Yahoo!JAPANは圧倒的アクセスを誇る
  (3)主要ポータルサイト参入企業の動向
    ・ヤフー、楽天、エキサイト、他
  (4)SNS、スマートフォン時代のポータルサイト市場の将来
3.スマートフォンアプリ市場
  (1)有料・無料アプリ配信の現状
    ・iOS、Android搭載端末向けのアプリ市場、数年で一気に拡大
  (2)AppleとGoogleの競合関係
    ・Appleに管理されたApp Store 不良アプリは皆無
  (3)アプリ制作企業の動向
    ・ゲームアプリで多数の企業が参入 大手企業も進出
  (4)ゲーム、SNSとの関連と将来展望
4.ケータイ公式サイト市場
  (1)ケータイ公式サイトの現状
    ・公式サイトがケータイサイトの中心的地位を確保も影響力は低下
  (2)キャリア公式サイトに変わる存在となったSNSとアプリ
    ・スマートフォンの普及で公式サイトは存在意義を失いつつある

第5章 参入企業有力企業経営実態事業調査個表

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,800
128,000
12,800
140,800
128,000
12,800
173,800
158,000
15,800
281,600
256,000
25,600
314,600
286,000
28,600
422,400
384,000
38,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。