2013 デジタルメディア市場総覧

本調査レポートでは、デジタルメディア市場を音楽、動画、ゲーム、電子書籍、情報配信に区分し、さらに広告、通販サービスを含めてそれぞれ個別市場、参入企業を詳細に分析した。またこれらコンテンツを配信するプラットフォームとしてSNS・ブログ、ポータルサイト、スマートフォンアプリ、ケータイ公式サイトも個別にその動向を探り、現状から将来動向を掲載した。それぞれの分野で市場動向、将来性、既存メディアとの競合関係、有力参入企業の事例、SNSやスマートフォンの拡大による影響を掲載し、加えて有力参入470社について企業概要、業績をまとめた個表を掲載した。

発刊日
2013/06/27
体裁
A4 / 359頁
資料コード
C55104500
PDFサイズ
9.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,800
128,000
12,800
140,800
128,000
12,800
173,800
158,000
15,800
281,600
256,000
25,600
314,600
286,000
28,600
422,400
384,000
38,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • アナログからデジタル、さらにネットへ メディアの主軸移行
  • 成長分野はスマホ、タブレット、SNS市場構造は急激に変化
  • 急成長企業も続出、持続的成長への移行がカギに

■本資料の概要

第1章 インターネットとデジタル/スマートコンテンツの15年
第2章 デジタル/スマートコンテンツ注目市場、企業
第3章 デジタル/スマートコンテンツ10大市場

■掲載内容

第1章 インターネットとデジタル/スマートコンテンツの15年

1.インターネットの普及とメディア、コンテンツの変遷
  アナログ、デジタル、インターネット配信 メディア/コンテンツは時代とともに変化
2.ネットコンテンツ配信の変化と成長
  ブロードバンド、LTE 高速インターネット通信が市場成長を後押し
3.SNSの台頭で変わるデジタル/スマートコンテンツ
  ゲーム、広告、メッセージングはSNSが有力プラットフォームに
4.スマートフォン、タブレットアプリが創る市場
  iPhone、iPadアプリは累計500億ダウンロードを達成 Androidアプリも猛追
5.既存メディア、コンテンツの生き残り戦略
  新聞、テレビ、雑誌の有力企業はこぞってネットでの配信に参入 縮小市場からの脱出を試みる

第2章 デジタル/スマートコンテンツ注目市場、企業

1.注目サービスの最新動向
  (1)音楽、動画、電子書籍の定額橋員サービス
  (2)動画共有、個人配信サービス
  (3)無料通話、メッセージサービス
  (4)電子書籍市場
  (5)無料ゲーム市場
  (6)ボーダレスSNS市場
2.注目、成長企業個別事例
  (1)LINE
  (2)グリー
  (3)DeNA
  (4)ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  (5)Amazon
  (6)Apple
  (7)Google
  (8)Facebook
  (9)ヤフー
  (10)楽天
  (11)日本経済新聞社

第3章 デジタル/スマートコンテンツ10大市場

3-1 音楽配信市場
  ・CD生産額はようやく底打ち傾向をみせるも、最盛期の半分以下の規模に縮小
  ・音楽市場で成長分野だった着メロ市場は縮小 楽曲配信の成長に期待
  1.音楽コンテンツ市場の現状
  2.音楽ネット配信市場の動向
  3.音楽配信市場参入有力企業の個別事例
    ①レコチェク ②レーベルゲート ③ヤマハMM ④ドワンゴ ⑤アップル(米国) ⑥グーグル
  4.音楽配信市場の今後の展望
3-2 動画配信市場
  ・動画配信市場の中心は無料サイト 共有サービスとして多数の動画が公開される
  ・アップルやグーグルも動画配信市場に参入 映画やミュージックビデオ配信は活発
  1.動画コンテンツ市場の概要
  2.動画配信市場の現状
  3.動画配信市場に参入する主要企業
    ①ニワンゴ ②東映アニメーション ③You Tube ④USEN(GyaO) ⑤アップル ⑥フールー ⑦Vimeo
  4.動画配信市場の今後の展望
3-3 電子書籍配信市場
  ・2012年、13年に相次いでAmazonとAppleが電子書籍サービスを日本でも開始
  ・ケータイ電子書籍市場はiPadやKindleに先駆けて成長も既に市場は低迷
  1.出版・書籍市場の現状
  2.電子書籍市場の動向
  3.電子書籍配信有力企業と運営サイトの個別動向
    ①スターツ出版 ②パピレス ③新潮社 ④魔法のiらんど ⑤アマゾン ⑥アップル
  4.電子書籍市場の今後の展望
3-4 ゲーム配信市場
  ・家庭用ゲーム機は守勢に経たされる ユーザーはスマホ、タブレットに移行
  ・ソーシャルゲームも盛衰のサイクルが速い ヒットで莫大な利益も不安定な側面も
  1.ゲーム市場の現状
  2.ゲーム配信市場参入企業の動向
    ①イマジニア ②エイチーム ③コーエーテクモ ④スクエア・エニックス
    ⑤セガサミー ⑥バンダイナムコ ⑦ボルテージ ⑧ガンホー
  3.ゲーム配信市場の今後の展望
3-5 情報配信サービス
  ・情報配信の主軸は活字、電波媒体からネットへと急速に移行 広告市場と同様
  ・新聞社の電子化は急速に進む 2013年以降もこの流れは継続 課金モデル確立が課題
  1.ネット 情報配信サービス市場と既存情報メディア市場の概要
  2.インターネット配信情報の多様化と個別市場動向
    ①ニュース配信サービス
    ②スポーツニュース配信
    ③株価・為替ニュース配信
    ④芸能ニュース配信
    ⑤天気情報
    ⑥交通案内
    ⑦価格情報・買い物情報
    ⑧就職・転職・アルバイト情報
  3.多様化する情報配信サービスの今後の展望
3-6 インターネット通販
  ・小売市場の低迷を尻目に通販市場は急成長 ネット通販の成長は著しい
  ・ケータイ、パソコン、スマホ、タブレット、それぞれの普及が通販市場拡大を支える
  1.日本の小売137兆円総市場
  2.日本通信販売協会データによる通信販売市場
  3.Eコマース市場規模(BtoC)とセグメント別のBtoC EC市場規模
  4.モバイルコマース市場
  ネット通販関連企業の売上高ランキング
3-7 インターネット広告市場
  ・ネット広告の成長は継続 テレビ、新聞、ラジオ、雑誌の低迷は構造的問題に
  ・スマートフォン向け、SNS向け広告が市場の成長余地に 更なる拡大の原動力
  1.広告市場の概要と動向
  2インターネット広告市場の推移と種類
  3.インターネット広告有力参入企業の動向
  4.インターネット広告市場の将来展望
3-8 SNS・ブログ
  ・SNS利用者数は急拡大 海外企業のサービスが中心に市場が推移
  ・国内勢はmixiが苦戦 ソーシャルゲームを取り入れた企業が成長 明暗分かれる
  1.SNS、ブログの発展と現状
  2.SNS・ブログ市場の動向
  3.有力SNS・ブログ企業の個別動向
  4.スマートフォンの普及とブログ、SNS市場の今後の展望
3-9 ポータルサイト
  ・Yahoo!JAPANが圧倒的なユーザー数で市場の中心に Yahoo!が市場を動かす
  ・情報、コンテンツ、サービスの核 ネット社会での役割は非常に大きい
  1.ポータルサイト運営サービス業界の概要
  2.ポータルサイト市場の概要
  3.ポータルサイト主要参入企業の動向
  4.ポータルサイト市場の今後の展望
3-10 スマートフォンアプリ市場
  ・iPhone, iPad, Androidスマホ、タブレットの普及でアプリ市場を一気に拡大させる
  ・アプリ配信の主導権を握るAppleとGoogle 双方の配信ポリシーは若干異なる
  1.有料、無料アプリ配信の現状
  2.AppleとGoogleの競合関係
  3.アプリ制作企業の動向
  4.アプリ市場の将来展望

有力参入企業個表

アイ・シー・エージェンシー、IGポート、アイスタイル、愛知情報システム、
アイティー・ソリュ-ションズ、アイティメディア、IBJ、
アイフリークホールディングス、アイレップ、アウンコンサルティング、アエリア、
ACCESS、アクセル、アクセルマーク、アサツーディ・ケイ、アサップネットワーク、
朝日新聞社、アスキー・メディアワークス、アスクル、アドウェイズ、ANAセールス、
アプリックスIPホールディングス、アマゾンジャパン、アマナホールディングス、
アミュー、アルティ、アルバイトタイムス、アンダムル、イード、IINA、
イーブックイニシアティブジャパン、イオレ、一休、イデア、イマジカデジタルスケープ、
イマジニア、岩波書店、インクリメント・ピー、インクルーズ、インサイト、
インタースペース、インターナショナルスポーツマーケティング、インターネットコム、
インタラクティブ・コミュニケーション・デザイン、インデックス、インデックス、
インプレスコミュニケーションズ、インプレスホールディングス、VERVE、VIBE、
ウィズ、ウインライト、ウェザーニューズ、ウェッジホールディングス、
ウェブクルー、ウォルト・ディズニー・ジャパン、エイアイエスイー、
エイガ・ドット・コム、エイチ・アイ・エス、エイチーム、エイチーム、エイティング、
エイトソーシャルウェア、エイベックス・グループ・ホールディングス、エキサイト、
エキスプレス・コンテンツバンク、駅探、エクシング、エス・エム・エス、
エスアイアイ・データサービス、SEモバイル・アンド・オンライン、SNKプレイモア、
エスクルー、エスケイジャパン、エディア、エニグモ、enish、NECビッグローブ、
NHKグローバルメディアサービス、NJK、エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ、
エヌ・ティ・ティレゾナント、エムアップ、エムアップ、エムスリー、エムティーアイ、
エルネット、エレクトリック・マテリアル、エレクトロニック・アーツ、
エン・ジャパン、エンターブレイン、オイシックス、オウケイウェイヴ、ORSO、
OKT、オープンドア、オールアバウト、オクトパストラベル・ジャパン、
オズビジョン、オプト、オリコン、オルトプラス、音楽出版社、カービュー、ガーラ、
カエルエックス、カカクコム、角川グループホールディングス、カプコン、カヤック、
ガンホー・オンライン・エンターテイメント、紀伊國屋書店、キャラウェブ、
キャリアブレイン、QVCジャパン、クエリーアイ、クックパッド、gumi、クラリオン、
グリー、クリエアナブキ、クルーズ、ぐるなび、グルメぴあネットワーク、
KNT-CTホールディングス、ケイブ、KLab、KG情報、ケンコーコム、
ゲンダイエージェンシー、廣済堂、講談社、交通新聞社、
コーエーテクモホールディングス、コナミ、コナミデジタルエンタテインメント、
コムシード、コモンウェルス・エンターテインメント、
ゴルフダイジェスト・オンライン、コロプラ、コロプラ、サーフレジェンド、
サイネックス、サイバー・コミュニケーションズ、サイバーエージェント、
サイバーステップ、ザッパラス、産経デジタル、三陽商会、サンリオ、ジーアングル、
シーエー・モバイル、GMOアドパートナーズ、GMOメディア、GMOインターネット、
ジークレスト、シーツー、シーミュージック、ジェイ・キャスト、
JVCネットワークス、Jストリーム、ジェイブック、ジオカタログ、じげん、
時刻表情報サービス、時事通信社、システム・クリエート、ジャックインザボックス、
ジャパネットたかた、集英社、住宅新報社、シュッピン、主婦と生活社、翔泳社、
小学館、上新電機、昭文社、ジョルダン、シンクパワー、新潮社、
スキルアップジャパン、スクウェア・エニックス・ホールディングス、スクロール、
スターツ出版、スタートトゥデイ、ストックウェザー、スパイア、スパイシーソフト、
スペースアウト、SmartEbook.com、セーラー広告、セガ、
セプテーニ・ホールディングス、CELL、千趣会、セントリックス、ゼンリン、
ゼンリンデータコム、創通、ソケッツ、ソニー・ミュージックコミュニケーションズ、
大日本印刷、タウンニュース社、タカラトミー、タカラトミーエンタメディア、
タワーレコード、地域新聞社、地球の歩き方T&E、中広、
ディー・エヌ・エー、ティー・ワイ・オー、DMM.com、帝国データバンク、ディノス、
ディマージシェア、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、
デジタルアドベンチャー、デジタルガレージ、デジタルハーツ、デジタルレイ、
デジマース、鉄道情報システム、テニスナビ、寺島情報企画、テルヤ、
テレシスネットワーク、テンダ、電通、東映アニメーション、東京商工リサーチ、
東京ニュース通信社、東北新社、トーセ、凸版印刷、トムソン・ロイター・マーケッツ、
ドリコム、トリワークス、トレンダーズ、ドワンゴ、ナクソス・ジャパン、ナターシャ、
ナツメ、ナビタイムジャパン、ナビット、ナムコ、日刊現代、日経ビーピー、
ニッセンホールディングス、日本一ソフトウェア、ニフティ、日本エンタープライズ、
日本経済新聞デジタルメディア、日本コロムビア、日本ファルコム、
日本マイクロソフト、日本メディカルネットコミュニケーションズ、ニワンゴ、
ネオプロモーション、ネクシィーズ、ネクスト、ネクソン、ネットドリーマーズ、
ネットプライス ドットコム、ノジマ、ハートビット、バイナリーラブ、
博報堂DYホールディングス、パスコ、バタフライ、はてな、ぱど、パピレス、
ハリウッドチャンネル、バリューコマース、阪急交通社、バンダイチャンネル、
バンダイナムコホールディングス、ぴあ、ピーエイ、BCN、ピープル、ピーワールド、
比較.com、ビックタウン、ビッグホリデー、ビットウェイ、ビデオマーケット、
ヒトメディア、ビューティガレージ、ファーストビット、ファーストメディア、
ファインシード、ファミリーマート、ファンコミュニケーションズ、フィスコ、
フェイス、フェイス・ワンダワークス、フォートラベル、fonfun、
フジ・メディア・ホールディングス、富士山マガジンサービス、フューチャースコープ、
プランテック、フリービット、フリュー、プリンスホテル、フルイヤー、フルスピード、
ブロードメディア、プロトコーポレーション、フロムワン、フロンティアワークス、
フロント・メディア、ベストクリエイト、ポケットソリューション、ポケモン、
ボルテージ、マーベラスAQL、マイテックエンターテイメント、毎日新聞社、
マガシーク、マピオン、マルティスープ、ミクシィ、三菱スペース・ソフトウエア、
ミュージックエアポート、メディア工房、メディアシーク、メディアジーン、
メディアフラッツ、mediba、menue、メンバーズ、more communication、
モーニングスター、モバイルクリエイト、モバイルテレビジョン、
モバイルブック・ジェーピー、モビカ、モブキャスト、モブキャスト、ヤフー、
山口シネマ、ヤマハ、ヤマハミュージックメディア、ユー・エス・ジェイ、ユークス、
USEN、UBG、ユナイテッド、ユビテクノ、夢の街創造委員会、ゆめみ、
よしもとクリエイティブ・エージェンシー、読売新聞グループ本社、読売旅行、
ラーメンデータバンク、ライズ・システム、楽天、
リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ、リクルートホールディングス、レイ、
レーベルゲート、レコチョク、ロジックロジック、ワンジーテクノロジーズ、

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,800
128,000
12,800
140,800
128,000
12,800
173,800
158,000
15,800
281,600
256,000
25,600
314,600
286,000
28,600
422,400
384,000
38,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。