東日本大震災が住宅・建材関連市場に与える影響 ~復興期・復興後の住宅・建材関連市場の見通し~

資材の逼迫や一時的な消費者マインドの低下など復興期における短期的な影響と住宅需要の質的変化やサプライチェーンの再編といった中長期的な構造変化に関する緊急調査を実施させていただきました。危機を乗り越え、事業の継続的成長を実現するための経営戦略データとしてご活用いただきたく存じます。

発刊日
2011/06/30
体裁
B5 / 117頁
資料コード
C53203700
PDFサイズ
1.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

82,500
75,000
7,500
82,500
75,000
7,500
115,500
105,000
10,500
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 復興期ならびに復興後の住宅・建材業界の構造変化を定量的に分析、予測
  • 短期(2011年度)~中・長期(2015年度)の需要動向を主要分野別に予測
  • 短・中・長期的な経営判断を行うための外部市場環境の質的・量的変化を提言
  • 東日本大震災以後の住宅・建材関連市場に与える需要の変化を予測
     巨大な外部環境変化が与える影響を内需構造の変化とグローバル・サプライチェーンの視点から短・中・長期的に考察
     ①今期(2011年度)の仮設住宅の供給などに伴う逼迫する資材供給と価格の高騰、
       及び消費マインドが住宅・建材関連市場に与える影響を見通す。
     ②阪神淡路大震災の動向を分析・検証し、東日本大震災における影響を考察。
     ③復興期から復興後への中・長期的な住宅・建材関連市場の需要や市場構造の変化を予測。
  • 掲載建材分野
      ・木質系建材:木材、合板、複合フローリング、木質ボードなど。
      ・窯業系建材:石膏ボード、窯業系サイディング、ALCなど。
      ・金属系建材:アルミサッシ、金属サイディングなど。
      ・プラスチック系建材:塩ビ床材、樹脂サッシなど。
      ・断熱材:グラスウール、ロックウールなど。
      ・住宅設備:キッチン、バス、洗面化粧台など。

■本資料の概要

総論 東日本大震災が住宅・建材関連市場に与える影響
1.東日本大震災による住宅関連の被害状況
2.今年度(2011年度)の仮設住宅供給が与える新設住宅着工への影響と建築資材業界の短期的動向
3.復興期の中期的な新設住宅着工への影響と建設資材の需給及び流通動向
4.中・長期的な住宅着工への影響と建設資材の需給及び業界の構造的変化

■掲載内容

総論 東日本大震災が住宅・建材関連市場に与える影響

(1)東日本大震災の特徴とその影響
(2)住宅需要への影響と市場展望
(3)復興期から復興後の中・長期的な住宅・建材関連市場の構造変化

1.東日本大震災による住宅関連の被害状況

(1)被害の規模・質的ちがいの検証
(2)復旧・復興施策の基本方針、予算、ロードマップ

2.今年度(2011年度)の仮設住宅供給が与える新設住宅着工への影響と建築資材業界の短期的動向

(1)仮設住宅の供給計画と着工動向
(2)仮設住宅の特徴
(3)仮設住宅建設が与える2011年度の建設資材への短期的影響
(4)2011年度の新設住宅着工戸数の見通し
(5)2011年度のリフォーム市場の動向及び見通し

3.復興期の中期的な新設住宅着工への影響と建設資材の需給及び流通動向

(1)復興期における新設住宅着工戸数の推移
(2)復興期における建設資材量の推移
(3)復興期における住宅需要の変化
(4)復興期における建設資材商品・建設資材流通の動向
(5)復興期におけるリフォーム市場の動向

4.中・長期的な住宅着工への影響と建設資材の需給及び業界の構造的変化

(1)震災後の中・長期的な新設住宅着工戸数の予測
(2)震災後の中・長期的な建設資材量の予測
(3)震災後の中・長期的な住宅需要の変化
(4)震災後の中・長期的な建設資材業界や流通の構造的変化およびグローバル・サプライチェーンに与える影響

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

82,500
75,000
7,500
82,500
75,000
7,500
115,500
105,000
10,500
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。