住宅のスマートハウス化に伴う主要関連設備機器市場の将来展望

低炭素化社会の実現のための対策として、住宅メーカーや電機メーカーが以前より研究開発を進めてきたスマートハウスであるが、東日本大震災を契機としエネルギー政策が見直される気運が高まっており、研究開発および実用化のスピードが加速している。本調査レポートでは、スマートハウスを構成する機器にスポットをあて、その市場の今後を展望するとともに、それらを組み合わせたシステムとしての「スマートハウス」の将来も展望した。

発刊日
2012/05/25
体裁
A4 / 197頁
資料コード
C54104200
PDFサイズ
12.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:温室効果ガス排出量削減等の地球温暖化問題、東日本大震災の影響による電力需給逼迫問題の解決策のひとつとして大きな期待が寄せられているスマートハウス市場およびその関連機器市場について、機器メーカーおよびハウスメーカーへの調査・分析により、その今後を展望する。
調査対象
・電機メーカー等のスマートハウス関連設備機器メーカー
・電力会社、ガス会社等のエネルギー事業者
・ハウスメーカー
調査方法:面接ヒアリング調査、一部書面および電話による補足調査/各種文献および公開情報等の収集・分析
調査期間:2012年2月~2012年4月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • スマートハウス関連設備機器の市場はどのように変化?これまでの開発経緯、市場規模の算出、メーカー各社の展開状況、普及拡大に向けての課題や問題点、今後の市場の見通しなど、各機器市場を徹底分析。
  • 大手ハウスメーカー各社におけるスマートハウス仕様商品の展開状況は?各社のスマートハウスに対する考え方、現在までの研究開発状況、商品展開状況、採用設備機器の詳細、今後の方向性まで徹底解明。

■本資料の概要

Ⅰ.スマートハウス化における関連設備機器市場の将来展望
Ⅱ.スマートハウス関連機器市場の動向
Ⅲ.ハウスメーカーにおけるスマートハウスへの取り組み

■掲載内容

Ⅰ.スマートハウス化における関連設備機器市場の将来展望

1.スマートハウス関連設備機器の将来展望
  1)スマートハウス関連主要設備機器の将来予測
  2)スマートハウスの将来像~新たな価値提供の可能性~
2.スマートハウスの普及に向けた動き
  1)国内におけるスマートハウスの普及に向けた取り組み
  2)海外におけるスマートコミュニティ、スマートハウスに関する取り組み
  3)スマートハウス関連技術の国際標準化の動き
<図表>
  スマートハウス関連機器のロードマップ(2010年7月作成)
  スマートハウス関連主要設備機器の市場規模予測
  次世代エネルギー・社会システム実証事業の概要
  「次世代エネルギー・社会システム実証地域」採択事業(2010~2014年度)
  「平成23年度スマートコミュニティ導入促進事業~マスタープラン策定事業~の採択事業
  スマートコミュニティ・アライアンスの組織構成
  スマートハウスに係る予算・税制・関連施策
  海外で実施されている主なスマートコミュニティ実証事業
  国際標準化における26の重要アイテム
  ECHONET Lite規格の概要
  ECHONET 機器オブジェクト
  ECHONET Liteと海外規格との比較

Ⅱ.スマートハウス関連機器市場の動向

1.制御系機器
  1)HEMS
    (1)市場概要
      ①これまでの技術開発の経緯
      ②業界構造および参入プレイヤー
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)普及拡大に向けての課題
    (5)今後の市場見通し
  2)スマートメーター
    (1)市場概要
      ①これまでの技術開発の経緯
      ②業界構造および参入プレイヤー
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)実用化および普及拡大に向けての課題
    (5)今後の市場見通し
2.創エネ系機器
  1)太陽光発電システム
    (1)市場概要
      ①これまでの技術開発の経緯
      ②業界構造および参入プレイヤー
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)普及拡大に向けての課題
    (5)今後の市場見通し
  2)家庭用燃料電池システム
    (1)市場概要
      ①これまでの技術開発の経緯
      ②業界構造および参入プレイヤー
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)実用化および普及拡大に向けての課題
    (5)今後の市場見通し
  3)ガスエンジンコージェネレーションシステム
    (1)市場概要
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)今後の市場見通し
  4)小型風力発電システム
    (1)市場概要
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)実用化および普及拡大に向けての課題
    (5)今後の市場見通し
3.蓄エネ系機器
  1)家庭用蓄電システム
    (1)市場概要
      ①これまでの技術開発の経緯
      ②業界構造および参入プレイヤー
    (2)市場規模の推計
    (3)主要メーカーの動向
    (4)実用化および普及拡大に向けての課題
    (5)今後の市場見通し
  2)V2H
    (1)市場概要
    (2)主要メーカーの動向
    (3)今後の市場見通し
<図表>
  HEMSのシステム構成イメージ
  HEMSの主要構成区分および構成機器
  HEMS関連サービス・製品の概要
  平成23年度エネルギー管理システム導入促進事業費補助金(HEMS導入事業)の概要
  HEMSアライアンス参加企業
  HEMSの市場規模推移
  主要ハウスメーカーにおけるHEMS採用実績 ~2011年度(見込)~
  東芝HEMSの構成イメージ
  パナソニックECOマネシステム(電気・ガス・水道計測タイプ)」の概要
  NECのHEMS構成機器
  シャープ「電力見える化システム」のイメージ
  HEMSの市場規模の将来予測
  スマートメーターの導入メリット
  電力各社のスマートメーター導入に向けた取り組み状況
  スマートメーターの市場規模推移
  スマートメーターの市場規模の将来予測
  再生可能エネルギー特別措置法による固定価格買取制度の概要
  太陽電池の主な分類
  国内住宅用太陽光発電システムの太陽電池メーカー別シェアの推移~2008年度~
  国内住宅用太陽光発電システムの太陽電池メーカー別シェアの推移~2010年度~
  住宅用太陽光発電システムの市場規模推移
  大手ハウスメーカーにおける太陽光発電システム搭載実績
  住宅用太陽光発電システムの普及率(2010年度末時点)
  住宅用太陽光発電システムのシステム価格の推移
  住宅用太陽光発電システムの市場規模の将来予測
  エネファームのPEFC型とSOFC型の比較(JX日鉱日石エネルギー製品での比較)
  燃料電池システム「エネファーム」の主要販売事業者
  家庭用燃料電池システムの市場規模推移
  家庭用燃料電池システムの採用における「ダブル発電」の比率
  東京ガスの集合住宅版スマートハウス実証試験の概要図
  大阪ガスのスマートエネルギーハウスの概要
  家庭用燃料電池システムの市場規模の将来予測
  ガスエンジンコージェネレーションシステムの市場規模の推移
  ガスエンジンコージェネレーションシステムの市場規模の将来予測
  風力発電の分類
  風力発電の風車の形式
  小型風力発電システムの市場規模の推移
  小型風力発電システムの市場規模の将来予測
  平成23年度定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金制度の概要
  蓄電システム参入事業者一覧
  参入時期別参入事業者数の推移
  家庭用蓄電システムの市場規模推移
  正興電機製作所『エネ・パックプラス』のシステム概要
  NECの蓄電システムのシステム構成
  エリーパワーの家庭用蓄電システム
  住友林業のEV用リチウムイオン電池を活用した蓄電池搭載住宅のイメージ
  家庭用蓄電システムの市場規模の将来予測
  V2H、V2Gのイメージ
  日産自動車のV2Hシステム「LEAF to Home」
  トヨタホーム 非常時給電システムのイメージ
  V2Hの市場規模の将来予測

Ⅲ.ハウスメーカーにおけるスマートハウスへの取り組み

1.現在の展開状況
2.普及拡大に向けての課題
3.将来的なスマートハウスのあり方
4.ハウスメーカー各社のスマートハウス関連の取り組み(調査個表)
■旭化成ホームズ株式会社
  ~2012年度からスマートハウス市場に本格参入か~
■エス・バイ・エル株式会社
  ~ヤマダ電機と共同でスマートハウス事業に参入~
■住友林業株式会社
  ~大容量蓄電システムの採用により、通常時からのエネルギーの効率的な利用を提案~
■積水化学工業株式会社
  ~“見える化”+省エネコンサルティングによって、“家計と環境の両立”をサポート~
■積水ハウス株式会社
  ~3電池搭載の『グリーンファースト・ハイブリッド』で市場に本格参入~
■大和ハウス工業株式会社
  ~“プラットフォーム”としてのスマートハウスの普及を強化~
■トヨタホーム株式会社
  ~自動車との連携により、住宅・クルマでのCO2ゼロを目指す~
■パナホーム株式会社
  ~「街まるごと事業」として戸建分譲住宅のスマートシティ展開を推進~
■ミサワホーム株式会社
  ~次世代インフラにも対応したスマートハウスの開発に注力~
<図表>
  ハウスメーカー各社における「スマートハウス」の定義
  主要ハウスメーカー8社の「スマートハウス」仕様商品の商品化時期
  ハウスメーカー各社のスマートハウスに関連する事業展開状況(2012年3月末現在)
  旭化成ホームズ
  住友林業
  積水化学工業
  積水ハウス
  大和ハウス工業
  トヨタホーム
  パナホーム
  ミサワホーム
  「プラットフォームとしての“スマートハウス”」のイメージ

(エス・バイ・エル)
  『スマートハウジング』の機器・設備的な要素
  『スマートハウジング』におけるスマートパッケージの概要
  エス・バイ・エルのスマートハウス構想
  HEMS『光熱費の見える化エコダイエットシステム』の画面イメージ

(住友林業)
  『Smart Solabo』の概要
  『Smart NAVI(スマートナビ)』の概要
  EV用使用済みリチウムイオン電池の二次利用による蓄電システム搭載住宅
  HEMSの画面イメージ
  家庭用蓄電システムの概要

(積水化学工業)
  『スマートハイム』のイメージ
  『スマートハイム・ナビ』の画面イメージ
  積水化学工業のスマートハウス構想

(積水ハウス)
  『グリーンファースト・ハイブリッド』のシステム概要
  居住実証実験住宅「スマートエネルギーハウス」の概要

(大和ハウス工業)
  『スマ・エコオリジナル』におけるシステムの仕組み
  スマートハウスにおける共通ソフトウェアの開発および実証実験の概要
  『スマ・エコオリジナル』における今後の開発の方向性
  Smart xevo Eco project(スマート・ジーヴォ・エコ・プロジェクト)

(トヨタホーム)
  『シンセ・アスイエ』のイメージ
  『エスパシオ』シリーズへのスマートハウス仕様の導入
  「トヨタスマートセンター」との連携
  『シンセ・アスイエ』における機器間連系イメージ

(パナホーム)
  パナホームにおける「スマートハウス」
  『パナホームスマートシティ』の事業概要
  創蓄連携システムの概要

(ミサワホーム)
  『SMART STYLE「E」アドバンスモデル』のイメージ
  カスケードソーラーシステムの概要
  enecocoサービスの概要
  enecocoメニューの一覧
  新開発のHEMS・蓄電システムの概要

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています