2012年版 現代・起亜自動車グループの徹底研究「エレクトロニクス編」

現代・起亜自動車グループは、欧州の財政危機や世界不況の中でも成長を続けており、2011年度は販売台数660万台を達成、グローバル自動車メーカーと肩を並べるまで成長している。
EUを始め、アメリカ、ASEAN、インド、ブラジル等と自由貿易協定(FTA)を締結し、ウォン安による価格競争力強化も背景に、今後更なる販売拡大が予測される。また、BRICsを中心とする新興国での需要獲得のため、現地生産体制の構築等、グローバル展開を加速化しているほか、低価格車イメージを払拭するため、新車投入など、ブランド価値強化にも取り組んでいる。その他、HEV、EV、燃料電池車等の次世代環境車の研究開発にも注力し、早期実用化を目指している。
今回、現代・起亜自動車グループ、グループ系列主要部品メーカーや現代自動車向け非系列部品メーカーの「エレクトロニクス部門」を調査することで、現代・起亜自動車グループの基本情報からサプライチェーン、世界戦略、研究開発戦略、次世代自動車戦略等を徹底分析し、同グループの成長原動力を見極めていく。

発刊日: 2012/12/07 体裁: A4 / 217頁
資料コード: C54104400 PDFサイズ: 9.7MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:現代・起亜自動車に関する企業概要、売上・利益高増減の背景、生産車種と特徴、生産・販売、サプライチェーン、世界戦略、研究開発戦略、次世代自動車開発動向等の徹底調査に加え、同社を構成するTier1の主要企業調査をすることで、現代・起亜自動車の現状と今後の動向を把握することを目標とする
調査対象:現代・起亜自動車、主要系列部品メーカー、韓国主要部品メーカー(Tier1)
調査方法:直接面談取材をベースに、文献調査を併用
調査期間:2012年8月~2012年11月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 現代・起亜自動車グループの基本情報及びここ最近の売上増減の背景、主要生産車種と特徴、2002年から現在までの製造拠点別生産台数推移。
  • 主要製品分類別サプライチェーンと製造拠点別サプライチェーン、現代・起亜自動車サプライチェーンの抱える問題。
  • 製造拠点別生産能力、2002年から現在までの販売台数、重点販売拡大エリア、エレクトロニクス関連におけるサプライチェーンの変化、世界戦略及び問題点
  • 研究開発体制(現代MOBIS)、研究開発の重要テーマ及び方向性、研究開発力の評価と課題
  • 次世代自動車(HEV、EV、燃料電池車等)開発動向、主要デバイスの開発体制とサプライチェーン、問題・課題点
  • 現代・起亜自動車グループ会社の会社概要

■本資料の概要

第1章 現代自動車グループに関する企業概要
第2章 現代自動車グループを構成する企業群
第3章 現代・起亜自動車の世界戦略
第4章 現代・起亜自動車の研究開発戦略
第5章 現代・起亜自動車の次世代自動車戦略
第6章 現代自動車グループの主要サプライヤー企業概要(主要Tier1クラス)

■掲載内容

第1章 現代自動車グループに関する企業概要

1.企業概要
  (1)現代自動車
  (2)起亜自動車
2.売上高・利益高推移(2001年~2011年)
  (1)現代自動車
  (2)起亜自動車
3.車種別生産台数推移(2002年~2011年)
  (1)現代自動車(国内生産)
  (2)起亜自動車(国内生産)
  (3)現代・起亜自動車の海外生産
    ①中国 ②アメリカ ③インド ④東ヨーロッパ ⑤トルコ ⑥ロシア

第2章 現代自動車グループを構成する企業群

1.主要企業別主要製品分類の抽出と特徴
2.主要製品別サプライチェーンの実態と特徴
3.生産国別にみたサプライチェーンの実態と特徴
  (1)中国
  (2)アメリカ
  (3)ヨーロッパ
4.現代自動車グループのサプライチェーンが抱える問題点

第3章 現代・起亜自動車の世界戦略

1.生産拠点別生産車種及び生産能力(現状)
  (1)現代自動車
    ①生産車種 ②生産能力
  (2)起亜自動車
    ①生産車種 ②生産能力
2.販売エリア別販売体制と販売台数(現状)
  (1)現代自動車
    ①国内販売 ②輸出販売
  (2)起亜自動車
    ①国内販売 ②輸出販売
  (3)海外生産拠点の販売
    ①現代自動車 ②起亜自動車
3.今後の重点販売拡大エリア(国)
  (1)中国市場
  (2)インド市場
  (3)欧米市場
  (4)その他
4.今後の重点生産拡大拠点
5.今後予測されるサプライチェーンの変化(エレクトロニクス関連)
6.今後の世界戦略推進上の問題点

第4章 現代・起亜自動車の研究開発戦略

1.現代・起亜自動車の研究開発体制
2.現代MOBISの研究開発体制
3.研究開発の方向性
  (1)現代・起亜自動車
  (2)現代MOBIS
4.重要研究開発テーマ
  (1)現代・起亜自動車
    ①車両の高効率化 ②バイオ等の代替燃料対応車 ③HEV、PHEV、EV ④FCEV
  (2)現代MOBIS
    ①顧客安全と利便性のためのR&D
    ②環境対応部門でのR&D
    a.環境対応車向けコア部品の開発
    b.高効率部品の開発
    c.軽量化部品の開発
    d.低炭素の生産プロセス及び管理システムの構築
5.現代・起亜自動車と現代MOBISの研究開発力の評価と今後の課題
  (1)現代・起亜自動車
  (2)現代MOBIS
  (3)今後の課題

第5章 現代・起亜自動車の次世代自動車戦略

1.HEV開発動向
2.EV開発動向
3.燃料電池自動車(FCEV)の開発動向
4.グリーンディーゼルエンジン自動車
5.HEV/EV/FCEV関連主要デバイス(PCU、電池、モーター)のグループでの開発体制、サプライチェーン
6.HEV/EV/FCEV開発・製品化における課題・問題点
7.政府政策下で進める今後のHEV/EV/FCEVの事業拡大戦略

第6章 現代自動車グループの主要サプライヤー企業概要(主要Tier1クラス)


図表目次

第1章 現代自動車グループに関する企業概要

表1.現代自動車グループの会社沿革(1)~(4)
表2-1.現代自動車の過去10年間の売上高及び営業利益、純利益の推移(単独決算)
図2-1.現代自動車の過去10年間の売上高及び営業利益、純利益の推移(単独決算)
表2-2.起亜自動車の過去10年間の売上高及び営業利益、純利益の推移(単独決算)
図2-2.起亜自動車の過去10年間の売上高及び営業利益、純利益の推移(単独決算)
表3-1.現代自動車の車種別国内生産台数の推移
図3-1.現代自動車の車種別自動車生産台数の推移
表3-2.起亜自動車の車種別国内生産台数の推移
図3-2.起亜自動車の車種別自動車生産台数の推移
表3-3.現代・起亜自動車の韓国国内拠点別の生産台数推移
図3-3.現代・起亜自動車の中国拠点の生産台数の推移(10年間)
図3-4.現代・起亜自動車のアメリカ生産拠点の生産台数推移
図3-5.現代自動車のインド生産拠点の生産台数推移
図3-6.現代・起亜自動車の東ヨーロッパ生産拠点の生産台数推移
図3-7.現代自動車のトルコ工場の生産台数推移
図3-8.現代自動車のロシア生産拠点の生産台数推移
表3-4.現代・起亜自動車の海外拠点(国)別の生産台数推移
図3-9.現代・起亜自動車の世界生産台数の推移(2002~2011年、2012年は見込み)
図3-10.現代自動車の国内外工場の生産台数及び海外生産比重の推移
図3-11.起亜自動車の国内外工場の生産台数及び海外工場比重の推移

第2章 現代自動車グループを構成する企業群

表1-1.現代自動車グループ系列のサプライヤー現況
図1-1.現代自動車グループの系列会社によるサプライチェーン図
表1-2.現代MOBISのエレクトロニクス分野の事業内容
表1-3.エレクトロニクス関連の韓国国内サプライヤーの現況
表2-1.現代自動車グループにおける主要製品別サプライチェーンの実態(パワートレインとxEV制御)
表2-2.現代自動車グループにおける主要製品別サプライチェーンの実態(走行安全制御とその他)
表3-1.現代自動車グループ系列会社の海外進出状況
表3-2.部品別中国進出主要メーカーの現況
表3-3.主要部品メーカーの進出状況

第3章 現代・起亜自動車の世界戦略

表1-1.現代自動車の生産車種(2012年6月現在)
表1-2.現代自動車の国内外生産拠点
表1-3.起亜自動車の生産車種(2012年6月現在)
図1-1.現代・起亜自動車の国内生産拠点地
表1-4.起亜自動車の国内外生産拠点
図1-2.現代自動車グループの国内外生産拠点及び生産車種
表2-1.現代自動車の内需及び輸出販売台数の推移
表2-2.現代自動車の車種別販売台数の推移(内需+輸出)
表2-3.起亜自動車の内需及び輸出販売台数の推移
表2-4.起亜自動車の車種別販売台数の推移(内需+輸出)
表2-5.現代自動車のインド工場の販売台数推移(内需及び輸出)
表2-6.現代自動車のトルコ工場の販売台数推移(内需及び輸出)
表2-7.現代自動車のアメリカ工場の販売台数推移(内需及び輸出)
表2-8.現代自動車の中国工場の販売台数推移
表2-9.現代自動車のチェコ工場の販売台数推移
表2-10.現代自動車のロシア工場の販売台数推移(内需及び輸出)
表2-11.起亜自動車の海外拠点別車種別販売台数の推移
表2-12.起亜自動車のアメリカ工場の販売台数推移(韓国からの輸出分含む)
表2-13.起亜自動車のカナダの販売台数推移(韓国からの輸出分含む)
表2-14.起亜自動車のヨーロッパの販売台数推移(韓国からの輸出分含む)
表2-15.起亜自動車の東ヨーロッパの販売台数推移(韓国からの輸出分含む)
表2-16.起亜自動車のラテンアメリカの販売台数推移(韓国からの輸出分含む)
表2-17.起亜自動車の中東の販売台数推移(韓国からの輸出分含む)
表2-18.起亜自動車のアフリカの販売台数推移(韓国からの輸出分含む)
表2-19.起亜自動車のアジアの販売台数推移(韓国からの輸出分含む)
表2-20.起亜自動車の中国の販売台数推移(韓国からの輸出分含む)
図2-1.現代自動車における内需・輸出・海外工場分別の販売台数推移(過去10年間)
図2-2.起亜自動車における内需・輸出・海外工場分別の販売台数推移(過去10年間)
表2-21.現代自動車の販売エリア別販売台数推移
図2-3.現代自動車の販売エリア別販売構成比の推移(2008年~2012年見込み)
表2-22.起亜自動車の販売エリア別販売台数推移
図2-4.起亜自動車の販売エリア別販売構成比の推移(2008年~2012年見込み)
表4-1.現代自動車グループの新工場及び生産能力増強の現況
表5-1.韓国自動車部品メーカーの海外事業及び受注動向(エレクトロニクス関連)
表5-2.海外進出した韓国主要部品メーカーの主要納入先の状況

第4章 現代・起亜自動車の研究開発戦略

図1-1.現代・起亜自動車の南陽総合技術研究所の組織図
表1-1.現代自動車グループの国内外の研究所体制
表1-2.南陽技術総合研究所の現況
図1-2.現代・起亜自動車の南陽総合技術研究所の組織改編
表2-1.現代MOBIS研究所の沿革
表2-2.現代MOBISの2020年度自動車部品業界グローバルTOP5のビジョン
図2-1.現代MOBISの龍仁研究所の組織体制
図2-2.現代MOBISの研究員数及びR&D投資額の推移
表3-1.世界主要自動車部品メーカーの売上高順位
表4-1.現代MOBISの主要生産概要
表4-2.現代MOBISの主要コア部品ラインナップ
表4-3.顧客安全性確保のためのテスト評価
表5-1.現代自動車グループのエンジン開発動向
表5-2.現代MOBISの企業買収・合併の状況
表5-3.現代自動車の研究開発費推移
表5-4.起亜自動車の研究開発費推移
表5-5.現代MOBISの研究開発費推移

第5章 現代・起亜自動車の次世代自動車戦略

図1-1.現代自動車グループの次世代自動車の研究開発ロードマップ
図1-2.Avante・Forte LPi Hybrid
図1-3.YF Sonata Hybrid、K5 Hybrid
図1-4.現代自動車グループのHEV販売台数の推移
図1-5.現代・起亜自動車のHEV自動車の開発段階(ロードマップ)
表2-1.EV関連の政府法案
図2-1.BlueOn Performance
図2-2.Rei EV
図2-3.現代自動車グループのEV販売台数の推移
表3-1.現代自動車グループのFCEV開発の現況
図3.1.現代自動車のFCEV及び基本情報
図3-2.現代・起亜自動車のFCEVの開発段階(ロードマップ)
表4-1.現代自動車のディーゼルエンジン開発及び特徴、搭載車種(1)~(2)
表5-1.現代自動車のHEVの部品調達先及び特徴
図5-1.現代自動車のEV(BlueOn)の主要部品
表5-2.BlueOnの主要デバイスメーカー及び詳細
表5-3.BlueOnの主要部品メーカーの現況
表6-1.韓国政府のグリーンカー産業育成政策の生産計画
表6-2.グリーンカーコア部品の国産化計画
表6-3.グリーンカー産業育成政策の概要
表6-4.EV及びHEV関連デバイスメーカーの開発現況及び問題・課題
表6-5.FCEV関連部品メーカーの開発現況及び問題・課題点
表7-1.韓国政府のグリーンカー普及目標(2010年発表)
図7-1.韓国政府と現代自動車グループのグリーンカー(HEV、EV、FCEV、CDV等)普及拡大への取り組み

第6章 現代自動車グループの主要サプライヤー企業概要(主要Tier1クラス)

表6-1.現代MOBISの会社概要
表6-2.現代HYSCOの会社概要
表6-3.現代BNG STEELの会社概要
表6-4.現代WISCOの会社概要
表6-5.現代WIAの会社概要
表6-6.現代POWERTECHの会社概要
表6-7.現代DYMOSの会社概要
表6-8.現代KEFICOの会社概要
表6-9.現代AUTRONの会社概要
表6-10.現代MSEATの会社概要
表6-11.現代METIAの会社概要
表6-12.現代IHLの会社概要
表6-13.MANDOの会社概要
表6-14.韓国Delphiの会社概要
表6-15.韓国Boschの会社概要
表6-16.Continental Automotive Systemの会社概要
表6-17.SLの会社概要
表6-18.INZI CONTROLSの会社概要
表6-19.Halla空調の会社概要
表6-20.DENSO PS ELECTRONICSの会社概要
表6-21.S&T MOTIVの会社概要
表6-22.LG Innotekの会社概要
表6-23.LS産電の会社概要
表6-24.DONGHEEの会社概要
表6-25.LG化学の会社概要

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C53104300 2011~12年版 監視カメラ市場予測と次世代戦略-CMOS/CCDカメラシリーズVOL.1-
C53101900 2011年版 振動・熱電発電デバイス市場の現状と将来展望
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測
C49100300 2007~08年版 カーエレクトロニクス装置の市場実態と中期展望
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場