注目ライフスタイル雑貨・バラエティショップの事例研究

次々とオープンする都心の大型商業施設には、20~40代女性向けの新雑貨業態が多数出店しています。かつては、大型商業施設のオープン時の目玉店舗はファッション(衣料品)でしたが、最近はファッションよりも雑貨を軸にしたMDが中心となっています。冷え込む消費市場の中で、現在も成長を続ける「ライフスタイル雑貨・バラエティショップ」。本調査レポートでは、これら雑貨ショップを運営する企業の概要から市場シェア獲得のための取り組みなどを調査し「雑貨業界」を網羅しました。

発刊日
2012/06/29
体裁
A4 / 224頁
資料コード
C54110300
PDFサイズ
3.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

104,500
95,000
9,500
104,500
95,000
9,500
137,500
125,000
12,500
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
313,500
285,000
28,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:注目ライフスタイル・及びバラエティ雑貨主要企業の現状と動向を調査分析することにより、今後の業界の発展に供することを目的とする。
調査対象
<企業>雑貨関連小売業37社
<消費者>百貨店、大型ショッピングセンター・大型量販店、食品スーパー、駅ビル、ファッションビル、ディスカウントストア、ホームセンター、専門店(雑貨、洋服、インテリア)のいずれかに勤務しており、かつ商品企画(販促企画・営業企画・商品企画・商品開発)、MD・バイヤー(マーチャンダイザー、仕入れ・バイヤー)、店舗開発(店舗開発・FC開発)、経営企画、経営戦略、経営幹部、営業・販売(営業スタッフ、店頭スタッフ)などの業務を担当し、仕入れに携わっている人400名
調査方法
<企業>直接面接取材、及び書面郵送調査、電話等による補足調査。
<消費者>インターネット調査
調査期間
<企業への調査>2012年5月~2012年6月
<消費者(小売業従事者)への調査>2012年6月~2012年6月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 「雑貨」の強豪企業、注目の企業を多数掲載。大型雑貨店、インテリア雑貨店、生活雑貨店など37社掲載。
    【企業個表主な掲載内容】沿革/事業の現況と特徴(店舗数・売上高、店舗立地、顧客層)/業績推移/店舗展開/商品政策(取扱商品と商品構成比、中心上代)、PB商品、商品仕入れ/今後の展開と課題
     
  • 流通小売業従事者(雑貨取扱店舗)の仕入れ担当者にアンケートを実施。
    仕入先の選定方法/仕入先方法(本部一括/店舗仕入れ、オリジナル商品の発注の有無)/仕入商品の選定方法/消費者の要望が多いギフト商品カテゴリー、要望が多い品質・価格帯/現在の主ターゲット層、今後注力するターゲット層/最も気になっているライフスタイル雑貨店名 など

■本資料の概要

第1章 :ライフスタイル雑貨市場
第2章 :注目企業 企業個表
第3章 :小売業従事者アンケート

■掲載内容

第1章 :ライフスタイル雑貨市場
    

主要プレイヤーの売上高と、ライフスタイル雑貨市場のトピックス
1.目玉テナントは「雑貨」ショップ
  ~雑貨は暮らしを豊かにするアイテム
2.雑貨カテゴリー別 主要企業売上高推移
  ■大型雑貨店 ■インテリア雑貨
  ■バラエティ雑貨、生活雑貨 ■美容系雑貨 ■文具
3.ライフスタイル雑貨を取り巻く環境
  ①「ライフスタイル雑貨」とは
  ②都市型商業施設への小型店出店事例
    ■雑貨店の「小型業態」が集積した『エチカフィット』
  ③ファッションと雑貨の複合業態の例
    ■ファッションと雑貨の複合業態事例:
    株式会社ポイント「ローリーズファームプラス」
  ④大型雑貨店への「新規参入」

第2章 :注目企業 企業個表

■大型雑貨店
  (株)ヴィレッジヴァンガードコーポレーション
  (株)スタイリングライフ・ホールディングスプラザスタイルカンパニー
  (株)東急ハンズ
  (株)バルス
  (株)良品計画
  (株)ロフト
■インテリア雑貨・生活雑貨
  (株)アスプルンド
  (株)イデアインターナショナル
  (株)イルムスジャパン
  (株)ウェルカム
  LmD(株)
  河淳(株)
  (株)センプレデザイン
  (株)阪急リテールズ
  (株)ぶんご
  (有)ホリデーアパートメント
  (株)ミサワ
  メゾン ドゥ ファミーユ(株)
  (株)ワールドリビングスタイル
  (株)私の部屋リビング
■生活雑貨・バラエティ雑貨
  (有)アミューズフル
  (株)伊と忠
  (株)コンシーズ
  ツヴィリング J.A. ヘンケルスジャパン(株)
  テネリータ(株)
  (株)トリニティアーツ
  (株)パスポート
  (株)ハンプティーダンプティー
  (株)ファッション須賀
  (株)ルミネアソシエーツ
■美容系雑貨
  (株)アトレスティル
  (株)生活の木
  (株)ニールズヤードレメディース
  (株)ハウス オブ ローゼ
  (株)ラッシュジャパン
■文具
  (株)エトランジェ ディ コスタリカ
  (株)デルフォニクス

第3章 :小売業従事者アンケート
    

仕入先の選定・仕入商品のポイント・消費者ニーズなど
1.主な取扱商品
  ・バラエティ雑貨・キッチン雑貨・生活雑貨・美容雑貨
  ・インテリア・インテリア雑貨・文具
2.仕入先の選定方法
3.仕入方法(本部一括/店舗仕入れなど)
4.仕入れについて(卸・メーカーへの商品発注の内容)
5.仕入商品の選定方法
6.今、消費者の要望が多い商品カテゴリー
7.今、消費者の要望が最も多い商品(価格等)
8.今後、積極販売したいギフトの商品カテゴリー
9.現在の主ターゲット層
10.今後、注力していきたいターゲット層
11.販促戦略  
12.最も脅威に思う業態(ライバル・もしくは指標としている業態)
13.具体的に、今一番気になっている雑貨店・ライフスタイル雑貨店

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

104,500
95,000
9,500
104,500
95,000
9,500
137,500
125,000
12,500
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
313,500
285,000
28,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。