2017年版 塗料産業・塗料市場の実態 ~塗料産業白書~

本調査レポートでは、塗料の品種別・用途別の動向、有力塗料メーカーの事業分析・商品動向といった塗料市場全体の動向、建築・建材分野で注目を集める遮熱塗料・建築仕上塗材の最新動向の詳細を掲載した。

発刊日
2016/12/28
体裁
A4 / 243頁
資料コード
C58119900
PDFサイズ
3.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:有力塗料メーカーの個別実態・戦略、業界全体の現状を調査・研究することにより、今後の塗料業界の方向性を探ることを目的とする。
調査対象:塗料メーカー(掲載企業16社、他)、日本塗料工業会、日本建築仕上材工業会等の団体
調査方法:直接面接取材、有価証券報告書等の各企業における開示情報、日本塗料工業会などの業界全体の情報・統計値などを参考に整理・分析を行なう。
調査期間:2016年10月~2016年12月

資料ポイント
Close

  • 市場動向 ~用途分野ごとに明暗、全体では横ばい推移~
    ・2015年度は企業の業績復調から国内工場・設備の修繕需要などが活況。建築向けは住宅リフォーム需要が堅調、船舶向けも修繕船の増加で好調であった
    ・2016年度は全般的に横ばいか下振れとする分野が多いものの、ボリュームのある建築向けや構造物向けが期待要因となり、2015年度に対しほぼ横ばいを見込む
    ・さらに2017年度の市場予測もレポートにて解説
  • 製品動向 ~定番商品として確立する遮熱塗料~
    ・遮熱塗料は2011年のJIS規格制定以後、建物向け塗料のスタンダード商品に
    ・道路への遮熱舗装塗料は東京オリンピックの暑さ対策として注目を集める
  • 今後の取り組み ~内装用塗料普及に向けて~
    ・国内の塗料市場は既に成熟。新たな用途分野として建築内装用塗料に活路を見出す
    ・デザインの自由度の高さの他、抗菌・消臭などの機能面をアピールする商品も生まれている

資料概要
Close

第1章 塗料市場の現状と展望
第2章 有力塗料メーカーの事業展開と商品動向
第3章 建築・建材関連分野における注力塗料市場の実態
第4章 有力塗料メーカーの実態分析
第5章 有力塗料メーカーの個別実態

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.用途分野別動向
3.市場における課題

第1章 塗料市場の現状と展望

1.塗料市場の現状と方向性
2.市場規模推移
3.品種別動向
4.用途別動向
5.塗料の輸出入と海外生産
  (1)塗料の輸出
  (2)塗料の輸入
  (3)日本の塗料メーカーの海外生産
6.参入メーカーの動向
7.塗料市場の課題と展望
  (1)塗料市場の課題
  (2)塗料市場の展望

第2章 有力塗料メーカーの事業展開と商品動向

1.塗料メーカーにおける事業展開の方向性
2.商品展開戦略と商品開発動向
  (1)主要塗料メーカーの商品展開と開発状況
  (2)分野別状況
  (3)環境配慮塗料
  (4)塗料の特別な機能
  (5)塗装方法の動向

第3章 建築・建材関連分野における注力塗料市場の実態

1.遮熱塗料(高日射反射率塗料)
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移
  (3)参入メーカーの動向
  (4)建築用遮熱塗料の商品状況
  (5)遮熱性舗装の市場動向
  (6)遮熱性舗装の市場規模推移
  (7)道路舗装用遮熱塗料の商品状況
2.建築仕上塗材
  (1)市場概況と販売動向
  (2)市場規模推移
  (3)主な参入メーカーとシェア
  (4)販売体制
  (5)商品状況
  (6)今後の見通し

第4章 有力塗料メーカーの実態分析

1.塗料メーカーの企業特性
2.塗料メーカーの企業総売上高推移
3.塗料メーカーの塗料売上高とメーカーシェア
4.塗料の販売動向
5.塗料メーカーの用途分野別展開状況
6.収益状況推移
7.生産体制
8.販売戦略と販売体制
  (1)販売戦略
  (2)流通ルート
  (3)販売体制と販売会社(販社)
  (4)調色体制
  (5)塗装体制
  (6)物流体制
9.海外展開状況

第5章 有力塗料メーカーの個別実態

1.関西ペイント株式会社
2.日本ペイントホールディングス株式会社
3.大日本塗料株式会社
4.中国塗料株式会社
5.ロックペイント株式会社
6.神東塗料株式会社
7.日本特殊塗料株式会社
8.藤倉化成株式会社
9.株式会社トウペ
10.ナトコ株式会社
11.アトミクス株式会社
12.株式会社アサヒペン
13.イサム塗料株式会社
14.川上塗料株式会社
15.エスケー化研株式会社
16.菊水化学工業株式会社

≪個別企業内容≫
①業績推移
②生産・販売事業所(国内)
③事業の概況
④塗料売上高(単体)と主力用途分野
⑤塗料販売動向
⑥商品展開戦略と開発動向
⑦販売体制と販売戦略
⑧企業グループと海外展開状況
⑨今後の市場見通しと対応策

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。