売れる住宅シリーズ【シェア型賃貸住宅の実態と将来展望】

【売れる住宅シリーズ】の第2弾企画。賃貸住宅市場は、人口減少や景気低迷の影響等を受け、空室率の悪化を防げない状況となっている。その中で、多様化するライフスタイルの一つの形として、個々の空間と居住者が共有するコミュニティスペースが一体となったシェア型の賃貸住宅が盛況となっている。今後成長が予想されるシェア型賃貸住宅の現状をおさえ、今後の可能性をレポートした。

発刊日
2012/08/30
体裁
A4 / 58頁
資料コード
C54113000
PDFサイズ
1.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

33,000
30,000
3,000
33,000
30,000
3,000
66,000
60,000
6,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:賃貸住宅市場における空室率の改善へ向けて、近年成長しているシェア型賃貸住宅の実態を分析する
調査対象:シェア型賃貸住宅供給事業者
調査方法:主要企業へのヒアリング取材、入居募集中物件情報を独自集計、公表データ収集及び各種文献調査
調査期間:2012年5月~2012年7月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • シェア型の賃貸住宅市場の現状をレポート
  • 業界を先導する事業者の物件事例の解説も交え、シェア型賃貸住宅の将来展望をまとめる

■本資料の概要

第1章 賃貸住宅市場
第2章 シェア型賃貸住宅市場

■掲載内容

第1章 賃貸住宅市場

1.新設賃貸住宅着工戸数の推移
2.タイプ別新設賃貸住宅着工戸数の推移
3.賃貸住宅ストック数
4.賃貸住宅の平均家賃の動向
5.人口・世帯数

第2章 シェア型賃貸住宅市場

1.シェア型賃貸住宅の市場動向
2.シェア型賃貸住宅の実態
  ①賃料水準・居室面積
  ②入居費用
  ③保証人等
  ④管理・運営方法
  ⑤賃貸可能戸数
  ⑥入居率
  ⑦入居対象
3.シェア型賃貸住宅の今後の展望
4.シェア型賃貸住宅の事例研究
  株式会社オークハウス
  第一恒産株式会社
  日本土地建物株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

33,000
30,000
3,000
33,000
30,000
3,000
66,000
60,000
6,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。