2012年版 パチンコホール企業の財務戦略と経営指標

ホール市場は成長拡大から縮小均衡へ。市場関係者の見方が変化する中、ホール企業は従来までの他人資本依存型の財務戦略からの転換を迫られています。財務基盤の強化、急激な外部環境変化への適応、安定した資金調達のためには、財務の透明性を高め、市場関係者からの信頼、評価を高めることが重要となります。明確な財務戦略に基づく営業戦略の立案、社内体制の整備、コンプライアンス対応は市場評価を高めるための喫緊の課題であり、本調査レポートではホール財務の最新分析に基づき、今後の経営指針となるデータを掲載いたしました。

発刊日
2012/10/31
体裁
A4 / 457頁
資料コード
C54115500
PDFサイズ
5.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 全国ホール企業159社の財務諸表を分析。
     ●全国ホール企業159社の損益計算書及び貸借対照表をもとに、経営規模(店舗数)で大手企業・準大手企業・
      中堅企業・小規模企業の4つに分類。
     ●4分類の損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の各項目の平均値、財務指標を算出。
  • 「消費税増税」がホール経営に与える影響を専門家が考察。
     ●2012年8月、「改正消費税法」が成立。ホール企業にとって「消費税増税対応」が現実味を増す中、
      当テーマの第一人者半谷英治税理士が、ホール営業、キャッシュフローに与える影響を詳細に解説。
  • ホール企業による香港市場上場の可能性と実務面のポイントを解説。
     ●ダイナムジャパンホールディングス(DYJH)の香港IPO達成において、主幹事アドバイザーとして
      上場申請実務を支えた申銀万国アドバイザリージャパンの白石一馬氏が、実務家の視点から本書にのみ執筆。
     ●香港市場の現状、IPOのメリット・デメリット、各種要件、上場準備の実務、香港IPO成功のポイント
      等、DYJHの実務から得られた困難や課題、ホール企業にとって香港IPOの意味を詳細解説。
  • 金融機関から見たホール企業の評価と融資判断基準等をヒアリング調査。
  • ホール企業の会計処理の特徴、平成24年度の税改正に関するポイントを解説。

■本資料の概要

第1編 環境変化が及ぼす経営への影響
第2編 ホール企業を取り巻く環境
第3編 ホール企業の財務戦略
第4編 ホール企業の経営戦略
第5編 税法・会計基準
第6編 ホール企業の財務内容と特性

■掲載内容

第1編 環境変化が及ぼす経営への影響

第1章 消費税増税によるホール経営への影響
  1.改正消費税法の概要
    (1)改正消費税法の骨格
    (2)税率と施行日
    (3)附則
    (4)逆進性への対応策
    (5)国民生活への影響
  2.複数税率及びインボイス制度導入について
    (1)複数税率導入の可能性と仕入税額控除について
    (2)現在の仕入税額控除の方法-帳簿方式
    (3)インボイス制度
  3.現状のホールにおける消費税の考え方
    (1)ホールにおける消費税
    (2)「4円パチンコ」の意味
    (3)「内税」と「外税」の意味
    (4)税率が引上げられた場合の直接的な影響
    (5)税率が引上げられた場合の対応
    (6)現在までの当テーマに関する業界団体における議論の争点
  4.ユーザーサイドにおける認識
    (1)ユーザーに対するアンケートの実施概要
    (2)ユーザーサイドの遊技に係る消費税の認識
    (3)ユーザーサイドの数量調整方式と金額調整方式の認識
    (4)アンケートの分析
    (5)個別ヒアリング
  5.消費税転嫁の方法論
    (1)3つの方法論
    (2)現行方式
    (3)数量調整方式
    (4)金額調整方式
  6.現行方式で対応した場合の消費税率引上げによる影響
    (1)基本的な考え方
    (2)モデルケース
    (3)消費税率が引上げられた場合の企業利益に与える影響
    (4)消費税率が引上げられた場合のキャッシュ・アウトの自然増
    (5)消費税率が引上げられた場合の納付すべき消費税等に与える影響
    (6)消費税率が引上げられた場合の法人税等及び消費税等の合計納税額
    (7)消費税率が引上げられた場合のキャッシュ・フローに与える影響
  7.数量調整方式又は金額調整方式で対応した場合の消費税率引上げによる影響
    (1)想定される影響
    (2)売上収益が減少した場合の企業利益に与える影響
    (3)売上収益が減少した場合のキャッシュ・アウトの自然増
    (4)売上収益が減少した場合の納付すべき消費税等に与える影響
    (5)売上収益が減少した場合の法人税等及び消費税等の合計納税額
    (6)売上収益が減少した場合のキャッシュ・フローに与える影響
  8.消費税率引上げに係るホール企業の今後の対応等
第2章 ホール企業の香港IPO達成に向けた課題と実務のポイント
  1.香港市場とは?
    (1)世界中から注目を集める香港市場
    (2)日本からの注目
    (3)注目はさらに高まる
  2.香港市場へのIPO
    (1)メリットとデメリット
    (2)上場の要件
    (3)上場のスケジュール
    (4)検討課題
    (5)上場準備作業
  3.香港IPOのカギ
    (1)成功のポイント
    (2)直面する困難
  4.パチンコホールにとってのIPO
    (1)ホール業界が検討すべき課題
    (2)海外投資家のホール業界に対する見方と株価対策
  5.成長戦略としての香港IPO
  6.香港IPOに向けてのチェックリスト

第2編 ホール企業を取り巻く環境

第1章 パチンコホール業界の数的規模
  1.パチンコ経営企業・店舗数の推移
    (1)全体推移
    (2)エリア別推移
  2.都道府県別企業数・店舗数の推移
  3.1企業当たりの経営店舗数
  4.1企業当たりの売上規模
  5.2011年度ホール企業売上高ランキング
  6.遊技機設置台数の推移
  7.全国都道府県別ホール設置シェアランキング
第2章 パチンコホールの経営環境
  1.特定サービス産業動態統計に見るパチンコホール業
  2.パチンコホール経営企業の倒産件数
  3.パチンコホール経営企業の倒産記事一覧

第3編 ホール企業の財務戦略

第1章 ホール企業のディスクローズ活動
  1.市場関係者の見方
    (1)ホール業界が抱えるリスク
    (2)将来的なリスク
  2.ディスクローズの必要性
    (1)ホール企業のディスクローズの取り組み
    (2)財務情報のディスクローズ
第2章 ホール企業の資金調達
  1.ホール企業の財務動向
    (1)ホール企業の財務体質
    (2)財務戦略の方向性
  2.金融機関の融資姿勢
    (1)ホール企業向け融資の魅力
    (2)融資姿勢の変化
    (3)銀行融資
    (4)リース会社・ノンバンク融資
  3.金融機関の与信判断
    (1)融資判断の重要ポイント
    (2)融資判断のチェックポイント
    (3)金融機関の債務者区分
    (4)財務リストラの方向性
  4.資金調達の手法
    (1)直接金融(社債・私募債)
    (2)シンジケートローン
第3章 ホール企業の株式公開
  1.株式公開の可能性
    (1)株式公開とは
    (2)証券市場の上場審査基準
  2.パチンコホール経営企業が上場できない理由
    (1)景品換金問題
    (2)社会的悪影響
    (3)反社会的勢力への資金流出の可能性
  3.ホール企業の上場に関する動向
  4.ダイナムジャパンホールディングス香港上場に関する報道(抜粋)

第4編 ホール企業の経営戦略

1.遊技機予算の動向
  (1)遊技機予算の編成と運用管理
  (2)2011年度遊技機の購入実績
  (3)2012年度遊技機予算の計画
2.パチンコ営業
  (1)パチンコ営業の設置動向
  (2)パチンコ営業の稼動状況
  (3)パチンコ営業の見通し
3.パチスロ営業
  (1)パチスロ営業の設置動向
  (2)パチスロ営業の稼動状況
  (3)パチスロ営業の見通し
4.新規出店
  (1)新規出店の全体動向
  (2)年間出店目標と2012年度の新規出店計画
  (3)出店エリアと今後の重点開発エリア
  (4)新規出店の台数規模と今後の志向
  (5)新規出店の判断
  (6)出店形態と投資回収期間

第5編 税法・会計基準

第1章 ホール企業の会計基準
  1.会計処理基準不存在の問題
  2.ホール企業の会計処理の特徴
    (1)売上高
    (2)売上原価
    (3)プリペイドカード
    (4)貯玉/貯メダル・再プレーシステム
    (5)販売費及び一般管理費
第2章 税制改正のポイント
  1.平成23年税制改正のポイント
    (1)法人実効税率の引き下げ
    (2)欠損金の繰越控除制度
    (3)減価償却資産の償却率の縮減
  2.グループ法人税制
    (1)グループ法人税制の適用対象法人
    (2)グループ法人間の資産の譲渡取引
    (3)グループ法人間の寄附
    (4)グループ法人間の現物分配
  3.固定資産の減損に係る会計基準
    (1)減損会計の概要
    (2)減損会計導入時の留意点

第6編 ホール企業の財務内容と特性

第1章 有力企業の財務指標
  1.有力企業の財務指標について
    (1)損益計算書分析 (2)貸借対照表分析 (3)キャッシュフロー分析
  2.企業規模別比較
    (1)損益計算書分析 (2)貸借対照表分析
  3.大手企業
    (1)損益計算書分析 (2)貸借対照表分析 (3)キャッシュフロー分析
  4.凖大手企業
    (1)損益計算書分析 (2)貸借対照表分析 (3)キャッシュフロー分析
  5.中堅企業
    (1)損益計算書分析 (2)貸借対照表分析 (3)キャッシュフロー分析
  6.小規模企業
    (1)損益計算書分析 (2)貸借対照表分析 (3)キャッシュフロー分析
第2章 財務指標の規模別比較
  1.有力企業の財務指標(時系列比較)
    (1)有力企業の財務指標一覧(時系列比較)
    (2)収益性 (3)効率性 (4)安全性 (5)生産性
  2.有力企業の財務指標(規模別比較)
    (1)有力企業の財務指標一覧(規模別比較)
    (2)収益性 (3)効率性 (4)安全性 (5)生産性
  3.大手企業の財務指標
    (1)大手企業の財務指標一覧(規模別比較)
    (2)収益性 (3)効率性 (4)安全性 (5)生産性
  4.準大手企業の財務指標
    (1)準大手企業の財務指標一覧(規模別比較)
    (2)収益性 (3)効率性 (4)安全性 (5)生産性
  5.中堅企業の財務指標
    (1)中堅企業の財務指標一覧(規模別比較)
    (2)収益性 (3)効率性 (4)安全性 (5)生産性
  6.小規模企業の財務指標
    (1)小規模企業の財務指標一覧(規模別比較)
    (2)収益性 (3)効率性 (4)安全性 (5)生産性
第3章 ホール企業の経営指標
  1.企業の基本方針を表す指標
  2.財務体質の健全度を表す指標
  3.借入金の返済能力と安全性を表す指標
    (1)営業キャッシュフローの金額と対前年の伸び率の関係
    (2)借入金利と総借入金額の関係
    (3)返済可能年数と総借入金額の関係
    (4)借入金対月商比と総借入金額の関係
  4.将来の収益性を表す指標
    (1)売上高と粗利額の伸び率の関係
    (2)売上高と販管費の伸び率の関係
  5.利益水準の適正さを表す指標
  6.資本効率性の改善度合いを表す指標

巻末資料
  ●重要な財務指標の説明
  ●「中小企業の会計に関する指針」(全文)
  ●「中小企業の会計に関する指針」の適用に関するチェックリスト
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。