2012年版 中国化粧品・トイレタリーマーケティング総鑑

本調査レポートでは、成長著しい中国化粧品・トイレタリー市場の動向と将来展望について調査・分析いたしました。
スキンケア化粧品(化粧水、美容液、モイスチャークリーム、乳液、洗顔料、クレンジング、パック他)、メイクアップ化粧品(ファンデーション、口紅、おしろい、アイブロウ、マスカラ、アイメイクアップ、ネイルカラー、リップクリーム、ほほ紅、他)、ヘアケア化粧品(シャンプー、ヘアトリートメント、スタイリング剤、ヘアリンス、ヘアカラー、他)、フレグランス化粧品(オーデコロン、香水、他)、トイレタリー商品10品市場の中国における市場規模やメーカーシェアを調査分析したレポートです。
今年度版は、有力参入メーカーと有力小売企業の事例研究を拡大する他、中国の化粧品工場・洗剤工場のリストを加えました。

発刊日
2012/05/17
体裁
A4 / 732頁
資料コード
C54200900
PDFサイズ
25.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:中国化粧品市場およびトイレタリー市場を調査・分析することにより、中国化粧品市場および中国トイレタリー市場の現状把握と今後を展望することを目的とする。
調査対象:化粧品メーカー、トイレタリーメーカー、小売店、政府関連部門
調査方法:直接面接調査、電話調査および店頭調査を実施。
調査期間:2012年1月~2012年4月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 第Ⅰ章:中国経済の動向と主要20都市の商圏分析
    ・定量データ分析による主要20都市の経済状況を把握、重要な都市と今後有望な都市が把握できます。
    ・フィールドワークによる主要20都市の商圏分析でそれぞれの商圏特徴が把握できます。
    ・店舗開設の際の基礎データとしてご利用ください。
  • 第Ⅱ章:中国化粧品市場の動向分析
    ・総市場規模推移(2007~2011年見込み)とメーカーシェア(2011年見込み)が把握できます。
    ・製品別の市場規模推移(2007~2011年見込み)とメーカーシェア(2011年見込み)が把握できます。
    ・流通ルート別市場規模、流通ルート別の動向、有力メーカーの動向が把握できます。
    ・流通チャネル別・市場セグメント別のブランドを掲載、主要100ブランドの概要が把握できます。
  • 第Ⅲ章:中国トイレタリー市場の動向分析
    ・総市場規模推移、全10製品の市場規模推移(2007~2011年見込み)が把握できます。
    ・各市場の市場規模推移(2007~2011年見込み)とメーカーシェア(2011年見込み)が把握できます。
    ・参入メーカーの動向、主要46ブランドの概要が把握できます。
  • 第Ⅳ章:有力参入メーカーの事例研究
    ・化粧品メーカー19社、トイレタリーメーカー7社のマーケティング戦略と今後の方針が把握できます。
  • 第Ⅴ章:有力参入小売企業の事例研究
    ・有力参入小売企業9社のマーケティング戦略と今後の方針が把握できます。
  • 第Ⅵ章:関連データ
    ・関連企業1,106社と有力メディア182社の基本情報(社名・住所・電話番号)が把握できます。
    ・化粧品輸入制度に関する概要が把握できます。

■本資料の概要

第Ⅰ章 中国経済の動向と主要20都市の商圏分析
第Ⅱ章 中国化粧品市場の動向分析
第Ⅲ章 中国トイレタリー市場の動向分析
第Ⅳ章 有力参入メーカーの事例研究(26社)
第Ⅴ章 有力小売チェーンの事例研究(9社)
第Ⅵ章 関連データ

■掲載内容

第Ⅰ章 中国経済の動向と主要20都市の商圏分析

1.中国GDP推移と社会消費品小売総額の推移
2.主要20都市の比較
  1)調査対象20都市の位置関係
  2)人口の比較
  3)GDPの比較
  4)固定資産投資の比較
  5)都市部居住者の可処分所得の比較
  6)社会消費品小売総額の比較
3.中国全国および直轄市の消費支出の変化
4.20都市のマクロデータから見る今後の消費発展が有望な都市
5.主要8都市世帯所得階層別人口規模から見る有力都市
  1)富裕層および中間層の世帯数
  2)中国都市部における世帯所得別世帯数推移予測
  3)中国都市部における世帯所得の分布図推移
  4)富裕層世帯数・予測から見る有望都市~最重要都市は上海、重慶の伸びに注目~
  5)中間層世帯数・予測から見る有望都市~最重要都市は上海、重慶の伸びに注目~
6.主要20都市の商圏分析
  <上海の商圏概要>
  <蘇州の商圏概要>
  <杭州の商圏概要>
  <寧波の商圏概要>
  <南京の商圏概要>
  <青島の商圏概要>
  <北京の商圏概要>
  <天津の商圏概要>
  <広州の商圏概要>
  <深センの商圏概要>
  <武漢の商圏概要>
  <長沙の商圏概要>
  <瀋陽の商圏概要>
  <大連の商圏概要>
  <ハルピンの商圏概要>
  <重慶の商圏概要>
  <成都の商圏概要>
  <昆明の商圏概要>
  <西安の商圏概要>
  <ウルムチの商圏概要>
7.調査対象20都市の売上高ランキング
  1)上位100商業施設(2010年)
  2)調査対象20都市の都市別売上高ランキング(2010年)

第Ⅱ章 中国化粧品市場の動向分析

1.中国化粧品市場の概況
  1)中国化粧品市場の形成過程
    ①第一段階:国内メーカーによる市場独占(1949年~1978年)
    ②第二段階:外資系企業参入によるハイプレステージ市場の形成(1979~1992年)
    ③第三段階:外資系企業によるプレステージ市場の形成(1993~2003年)
    ④第四段階:市場セグメントを越えた国内外メーカーによる競争激化(2004年~現在)
  2)主要外資系メーカーの中国参入時期
  3)中国化粧品市場の価格帯セグメント
  4)主要ブランドのブランドポジショニング
2.中国化粧品市場規模推移(2007~2011年見込み)とメーカーシェア(2011年見込み)
  1)市場規模推移(2007~2011年見込み)
  2)メーカーシェア(2011年見込み)
3.製品カテゴリー別市場
  1)製品カテゴリー別市場規模推移(2007~2011年見込み)
  2)スキンケア
    (1)市場動向
    ①ミドル・マス市場のトレンド:自然派がキーワード
    ②プレステージ市場・ハイプレステージ市場のトレンド:美白がキーワード
    (2)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (3)メーカーシェア(2011年見込み)
  3)メイクアップ
    (1)市場動向
    ①欧米系メーカー
    ②日系メーカー
    ③韓国系メーカー
    (2)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (3)メーカーシェア(2011年見込み)
  4)ヘアケア
    (1)市場動向
    (2)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (3)メーカーシェア(2011年見込み)
  5)フレグランス
    (1)市場動向
    (2)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (3)メーカーシェア
4.中国化粧品の流通ルート別市場動向
  1)中国化粧品の流通ルート概況と流通ルート/ターゲット価格帯相関図
  2)中国化粧品の流通ルート別市場規模(2011年見込み)
  3)百貨店ルートの動向
  4)化粧品専門店ルートの動向
    (1)参入メーカーの動向
    (2)化粧品専門店の動向
  5)薬局ルートの動向
    (1)参入メーカーの動向
    (2)薬局の動向
  6)訪販ルートの動向
  7)通販ルートの動向
    (1)通販ルートの概況
    ①ネット通販
    ②カタログ通販
    ③テレビ通販
    (2)通販における決済の動向
    (3)宅配業者の動向
  8)注目小売業・流通業の状況
    (1)Beau Beau Plaza
    (2)ドラッグセガミ
    (3)グローウェルホールディングス
    (4)Paltac
    (5)大木
    (6)東邦ホールディングス・伊藤忠商事
  9)販売チャネルの構築と管理
5.参入プレイヤーの動向
  1)欧米系メーカー
  2)日系メーカー
  3)韓国系メーカー
  4)ローカルメーカー
  5)日系受託メーカーの動向
6.広告宣伝の動向
  1)参入メーカーの動向
    (1)雑誌
    (2)テレビ
    (3)インターネット
  2)中国メディアの動向
    (1)テレビ
    (2)新聞
    (3)屋外広告
    (4)雑誌
    (5)ラジオ
    (6)インターネット
  3)中国広告市場の動向
    (1)中国広告市場規模推移
    (2)中国インターネット広告市場規模推移
    (3)中国広告市場の動向
7.販促活動の動向
  1)販促活動の概況
  2)販促活動事例:DHCの販促戦略
    (1)一風変わった広告戦略と広告を支援するPR活動
    (2)「使ってもらう」を作り出す
    (3)店頭・街頭に止まらない試供品戦略
    (4)ウェブサイトや携帯メッセージの活用
    (5)総括:DHCの成功戦略
8.PR活動の動向
  1)PRの基本概念
    (1)そもそもPRとは―広告との違い
    (2)リスクヘッジの機能を持つPR
    (3)PRで利益はすぐに上がるか:継続的かつ長期的な活動が必要
  2)PR活動の状況
  3)参入メーカーのPR戦略
    (1)CSRとPRを結びつけたブランディング
    (2)中国独自習慣「転載」を利用したe-PR(ウェブPR)の活用
    (3)インフルエンサーを活用したPR(エクスペリエンスマーケティング)の活用
  4)PR市場の状況
9.生産体制
  1)生産体制の動向
  2)3つの生産体制(中国国外生産、中国現地生産、ノックダウン生産)
    (1)中国国外生産(本国からの輸出)
    (2)中国現地生産
    (3)ノックダウン生産
10.研究開発動向
11.模造品対策・知財戦略
12.中国市場開拓における問題点と課題
  1)日本で売れていることが中国での成功には結びつかない
  2)価格差
  3)流通ルートの確保
    (1)厳しい入店・取引条件
    (2)ネット通販では40代以上向けの商品・高額商品が販売しづらいこと
    (3)訪販ライセンスの取得が難しいこと
  4)中国は広大で地域によって事情が違うこと
13.中国化粧品市場の今後の見通し
  1)商品面:美白化粧品・自然派化粧品の台頭とメイクアップ市場の拡大
  2)価格面:ミドル市場・マス市場の拡大
  3)流通面:マルチチャネル化の進展
  4)広告宣伝・販促面:インターネットやビル内・屋外広告などの新しい宣伝広告手法の拡大
14.中国化粧品の市場規模予測(2012~2014年)
15.中国で成功するためのマーケティング戦略~キーワードはブランディング~
  1)訴求ポイントは‘美白’‘安全・安心’‘高品質’‘東アジア発’
  2)旗艦店や有名商業施設への出店、有力小売業との取引の重要性
  3)認知度の向上(PR・販促・広告宣伝)
  4)一級都市でブランドを構築してから地方都市へ
  5)代理商・OEMメーカーの活用
  6)最後に
16.流通チャネル別主要ブランドポジショニング(全103ブランド)
17.市場セグメント別主要ブランドポジショニング(全103ブランド)
18.主要ブランド図鑑(全100ブランド)
  <日系ブランド(41ブランド)>
  <欧米系ブランド(35ブランド)>
  <ローカル系ブランド(16ブランド)>
  <韓国系ブランド(8ブランド)>

第Ⅲ章 中国トイレタリー市場の動向分析

1.中国トイレタリーの総市場規模推移(2007~2011年見込み)
2.カテゴリー別の市場動向
  1)ベビーケア
    (1)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (2)メーカーシェア(2011年見込み)と参入プレイヤーの動向
  2)グルーミング用品
    (1)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (2)メーカーシェア(2011年見込み)と参入プレイヤーの動向
  3)オーラルケア
    (1)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (2)メーカーシェア(2011年見込み)と参入プレイヤーの動向
  4)紙おむつ(ベビー用紙おむつ)
    (1)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (2)メーカーシェア(2011年見込み)と参入プレイヤーの動向
  5)トイレットペーパー
    (1)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (2)メーカーシェア(2011年見込み)と参入プレイヤーの動向
  6)ティッシュペーパー
    (1)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (2)メーカーシェア(2011年見込み)と参入プレイヤーの動向
  7)ランドリーケア(衣料用洗剤)
    (1)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (2)メーカーシェア(2011年見込み)と参入プレイヤーの動向
  8)台所用洗剤
    (1)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (2)メーカーシェア(2011年見込み)と参入プレイヤーの動向
  9)漂白剤
    (1)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (2)メーカーシェア(2011年見込み)と参入プレイヤーの動向
  10)殺虫剤
    (1)市場規模推移(2007~2011年見込み)
    (2)メーカーシェア(2011年見込み)と参入プレイヤーの動向
3.参入プレイヤーの動向
  1)欧米系メーカー
  2)日系メーカー
  3)ローカルメーカー
4.広告宣伝の動向
5.販促活動の動向
6.生産体制
7.研究開発の動向
8.中国トイレタリー市場の今後の見通し
  1)内陸部での需要拡大に伴う中国専用商品の増加
  2)沿岸大都市部における消費者ニーズの高度化による高付加価値商品の増加
  3)通販ルートの拡大
9.市場規模総括表(2007~2011年見込み)
10.主要ブランド図鑑(46ブランド)
  <ベビーケア(3ブランド)>
  <グルーミング用品(2ブランド)>
  <オーラルケア(8ブランド)>
  <紙おむつ(7ブランド)>
  <トイレットペーパー(6ブランド)>
  <ティッシュペーパー(3ブランド)>
  <ランドリーケア(10ブランド)>
  <台所用洗剤(3ブランド)>
  <殺虫剤(4ブランド)>

第Ⅳ章 有力参入メーカーの事例研究(26社)

<化粧品メーカー(19社)>
アムウェイ:安利(中国)日用品有限公司
  ~19都市に30か所の倉庫を設立、スピーディーな配送・在庫補充を実現~
アモーレパシフィック:愛茉莉太平洋貿易有限公司
  ~2011年7月、訪販ライセンスを取得して訪販ルートに参入~
エイボン・プロダクツ:雅芳(中国)有限公司
  ~中国向け研究開発能力を強化、美白をキーワードに開発進める~
エスティローダー:雅詩蘭黛(上海)商貿有限公司
  ~2011年上海にR&Dセンターを設立、中国向け製品開発を強化~
LVMH:路威酩軒香水化粧品(上海)有限公司
  ~2011年の売上高は前年比110.8%の97,126万元~
伽藍(集団) 股分有限公司
  ~主力ブランド「自然堂」を中心に地方を開拓、2011年売上高は40億元に~
ザフェイスショップ:菲歌小舗(上海)股份有限公司
  ~「品質ハイエンド、価格ローエンド」を訴求、2~4級都市の出店強化~
資生堂:資生堂(中国)投資有限公司
  ~2011年9月、新ブランド「ピュア マイルド ソワ」を立ち上げネット通販を開始~
シャネル:香奈児(中国)貿易有限公司
  ~出店地域を2~3級都市に拡大、店舗数は387店舗に~
上海家化聯合株式有限公司
  ~主力ブランド「佰草集」を全国展開、店舗数は1,238店舗に拡大~
スキンフード:思親膚化粧品貿易(上海)有限公司
  ~3級・4級都市への出店を強化、500店体制の早期確立を目指す~
ニベア:妮維雅(上海)有限公司
  ~将来の男性用需要増を見込み、男性向けスキンケア製品の研究開発を強化~
バイヤスドルフ日化:拝爾斯道夫日化(湖北)有限公司
  ~2in1、3in1などの多機能シャンプーの開発を強化~
P&G:宝潔(中国)有限公司
  ~13年に新スキンケアブランド発売予定、ローカルスキンケアブランドのM&Aも~
ミシャ:北京愛博信化粧品商貿有限公司
  ~韓流スターを使ったスターマーケティングを展開、店舗数は450店舗に~
メアリーケイ:玫琳凱(中国)化粧品有限公司
  ~メイクアップ需要の急速な拡大見据え、2012年に生産合弁企業を設立~
ユニリーバ:聯合利華(中国)有限公司
  ~「ポンズ」ブランドのリブランディングを計画、ターゲット年齢を引き上げ~
ロクシタン:普羅旺斯欧舒丹貿易(上海)有限公司
  ~外資系化粧品専門店との提携など、新規チャネルの開拓を進める~
ロレアル:欧莱雅(中国)有限公司
  ~蘇州工場をアジア最大のメイク工場にするため、2年間で2億元を投資~

<トイレタリーメーカー(7社)>
維達紙業国際控股有限公司
  ~2011年8月、「貝愛多」ブランドを立ち上げて紙おむつ市場に参入~
SCジョンソン:上海庄臣有限公司
  ~研究開発に注力、生産アウトソーシング比率を高める~
金紅葉紙業集団有限公司
  ~2011年、新たに瀋陽の生産拠点が稼動~
恒安国際集団有限公司
  ~流通ルートの簡素化を志向、インターネット販売を開始予定~
広州立白企業集団有限公司
  ~ヘアケアなど化粧品領域を強化、2015年売上高200億元を見込む~
上海和黄白猫有限公司
  ~濃縮洗剤と液体洗剤を強化、他社との差別化を図る~
浙江納愛斯集団有限公司
  ~洗剤の洗浄能力を向上させるための技術開発に資金を集的に投入~

第Ⅴ章 有力小売チェーンの事例研究(9社)

広東万寧連鎖商業有限公司(マニングス)
  ~PB品販売を強化、競合するワトソンズとの差別化を図る~
広州屈臣氏個人用品商店有限公司(ワトソンズ)
  ~2011年に開始したネット店舗を強化、NB品のラインアップ拡充を図る~
広州嬌蘭佳人化粧品連鎖有限公司(嬌蘭佳人)
  ~出店スピードを速め、2020年10,000店舗を目指す~
莎莎化粧品(中国)有限公司(ササ)
  ~2012年中に100店体制を確立、5つの地域にあわせた管理・運営方式も導入~
上海歌詩瑪化粧品有限公司(コスマート)
  ~2015年をめどに店舗数3000店舗を目指す~
深セン市千色店商業連鎖有限公司 (1000colors)
  ~食品、日用品、化粧品などの製品を総合的に販売する新業態を計画~
絲芙蘭(上海)化粧品銷售有限公司(セフォラ)
  ~出店エリアを2~3級都市に拡大、毎年5~10店舗を新規開設する計画~
南京百分化粧品有限公司(百分女人)
  ~「専売店+美容院」という店舗形式を採用、他社との差別化を図る~
北京匯通天天電子商務有限公司(天天網)
  ~化粧品通販サイト「天天網」を展開して急成長~

第Ⅵ章 関連データ

1.化粧品輸入企業の設立制度
2.化粧品の輸入手続き
3.化粧品輸入に関する税制
4.化粧品表示ラベル・包装管理規定
5.中国で発売されている日系・欧米系ファッション雑誌(9誌)
6.中国主要メディアリスト(182社)
  <中国主要メディアリスト(全国:11社)>
  <中国主要メディアリスト(地方:171社)>
7.インターネット主要サービスのユーザー数・利用率・増加率(2011/2010)
8.関連企業リスト(1,106社)
  1)紙おむつ製造企業(30社)
  2)生理用品製造企業(113社)
  3)トイレットペーパー製造企業(184社)
  4)ティッシュペーパー製造企業(41社)
  5)石鹸・洗剤等製造企業(355社)
  6)化粧品製造業(383社)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。