2012-2013 車載用半導体市場の可能性と将来分析

自動車のエレクトロニクス化が進み、車輌1台当たりに搭載される半導体の数、コストは増加傾向にあります。さらに、環境規制、低燃費化のためにHV/EVの普及拡大も期待されており、これまで搭載されていなかったデバイスの採用も増えています。本調査レポートでは、新規参入が活発化している車載用半導体市場(MCU、半導体センサ、パワー半導体)について、その市場動向やメーカシェア、市場規模を予測いたしました。

発刊日
2012/03/30
体裁
A4 / 125頁
資料コード
C54300100
PDFサイズ
4.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:各種車載用半導体デバイスについての現状の市場規模、メーカ戦略を明らかにするとともに、今後の可能性を分析し、市場規模を予測する。
調査対象:車載用マイコン、車載用半導体センサ、車載用パワー半導体
調査方法:面接取材、電話ヒアリング、文献調査等周辺調査。
調査期間:2012年1月~2012年3月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 車載用半導体市場(MCU、半導体センサ、パワー半導体)について、ワールドワイドの市場動向やメーカシェア、市場規模を予測。

■本資料の概要

1.車載用半導体の市場概況
2.車載用MCU(マイコン)の市場動向
3.車載用半導体センサの市場動向
4.車載用パワー半導体の市場動向

■掲載内容

1.車載用半導体の市場概況

  1-1 車載用半導体の市場規模推移
  1-2 車載用半導体のコスト推移
  1-3 車載用半導体のシステム別構成比
  1-4 車載用半導体のデバイス別市場規模推移
  1-5 車載用半導体のメーカシェア
  1-6 車載用半導体の市場予測

2.車載用MCU(マイコン)の市場動向

  2-1 車載用MCUの市場規模推移
  2-2 車載用MCUの搭載個数推移
  2-3 車載用MCU技術動向
    2-3-1 デザインルール/プログラム行
    2-3-2 ビット数/メモリ
    2-3-3 実装/パッケージング
  2-4 車載用MCUの制御系別動向
    2-4-1 パワートレイン
    2-4-2 シャーシ/セイフティ
    2-4-3 ボディコントロール
  2-5 車載用MCUのメーカシェア
  2-6 車載用MCUのメーカ戦略
    2-6-1 ルネサスエレクトロニクス
    2-6-2 Free Scale Semiconductor

3.車載用半導体センサの市場動向

  3-1 車載用センサの種類と用途
    3-1-1 パワートレイン
    3-1-2 シャーシ/パッシブセイフティ
    3-1-3 アクティブセイフティ
    3-1-4 ボディコントロール
    3-1-5 HV/EV
  3-2 車載用センサの搭載個数推移
  3-3 車載用半導体センサの市場規模推移
  3-4 車載用半導体センサのメーカシェア
  3-5 車載用半導体センサのメーカ戦略
    3-5-1 デンソー
    3-5-2 Panasonic Electronic Devices
    3-5-3 Infineon Technologies
    3-5-4 Bosch
  3-6 車載用半導体センサの注目市場の最新動向
    3-6-1 パワートレイン
    3-6-2 エアバッグ
    3-6-3 ESC
    3-6-4 ミリ波レーダ

4.車載用パワー半導体の市場動向

  4-1 車載用パワー半導体の種類と用途
  4-2 車載用パワー半導体の市場規模推移
  4-3 車載用パワー半導体のデバイス別構成比
  4-4 車載用ダイオードの最新動向
  4-5 車載用パワーMOSFET/IPDの最新動向
    4-5-1 パワートレイン
    4-5-2 シャーシ/ボディコントロール
    【電動パワーステアリング】
    【アイドルストップシステム】
    4-5-3 車載用パワーMOSFET/IPDのメーカシェア
    4-5-4 車載用パワーMOSFET/IPDのメーカ戦略
    【Infineon Technologies】
    【STMicroelectronics】
  4-6 HV/EV用パワー半導体の最新動向
    4-6-1 HV/EVの市場規模予測(エリア/タイプ別)
    4-6-2 HV/EV用IGBTの搭載動向
    4-6-3 HV/EV用IGBT/IGBTモジュールの市場規模推移
    4-6-4 HV/EV用IGBTのメーカシェア
    4-6-5 HV/EV用IGBTの最新動向
    【主機モータ用IGBT】
    【IGBTの実装方法】
    【主機モータ/ジェネレータ用IGBTのメーカシェア】
    【自動車メーカ別・HV/EV用IGBTモジュール一覧】
    【車種別IGBTの搭載個数分析】
    4-6-6 HV/EV用IGBTの市場規模予測
    4-6-7 HV/EV用MOSFETの搭載動向
    4-6-8 HV/EV用MOSFETのメーカシェア
    4-6-9 HV/EV用MOSFETの市場規模予測

図表目次

図1 車載用半導体の市場規模推移(2005~2012CY見込み WW 金額ベース)
図2 半導体市場の需要分野別構成比(2011CY WW 金額ベース)
図3 車載用半導体の成長率比較(2005~2012CY見込み WW)
図4 車両1台あたりの半導体コスト推移(2005~2012CY WW)
図5 車載用半導体の用途別構成比(2011CY WW 金額ベース)
図6 車載用半導体のデバイス別市場規模推移(2005~2012CY見込み WW 金額ベース)
図7 車載用半導体のデバイス別構成比(2011CY WW 金額ベース)
図8 車載用半導体のメーカシェア(2011CY WW 金額ベース)
図9 車載用半導体の市場規模予測(2013~2020CY WW 金額ベース)
図10 車載用半導体のコスト予測(2013~2020CY)
図11 車載用MCUの市場規模推移(2005~2012CY見込み WW 金額ベース)
図12 車両1台あたりのMCU搭載個数推移(1980~2015CY ラグジュアリー/ミドル)
図13 車載用MCUの搭載個数比較
図14 車種・システム別MCUの構成比比較
図15 車載用MCUのビット数別構成比推移(2004~2012CY WW 金額ベース)
図16 車載用半導体のパッケージロードマップ
図17 エンジン制御用MCUのクロック周波数/メモリサイズ
図18 Boschの第10世代エアバッグECU
図19 エアバッグECUのシステム統合ロードマップ
図20 車載用MCUのメーカシェア(2011CY WW 金額ベース)
図21 RH850の概要
図22 車両内ネットワークの高度化
図23 パワートレイン用MCUのロードマップ
図24 シャーシ/セイフティ用MCUのロードマップ
図25 LL18UHVのソリューション
図26 車載用センサの搭載個数推移(1980~2015CY ラグジュアリー/ミドル)
図27 車載用センサの搭載システム別個数推移(1980~2015CY)
図28 車載用半導体センサの市場規模推移(2005~2012CY見込み WW 金額ベース)
図29 車載用半導体センサのデバイス別市場規模推移(2009~2012CY WW 数量ベース)
図30 車載用半導体センサのメーカシェア(2011CY WW 金額ベース)
図31 エンジンタイプ別新車販売台数予測(2010~2020CY WW)
図32 国別のCO2排出量規制量
図33 国別の排出ガス規制
図34 車載用MEMS圧力センサの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
図35 エアバッグモジュールの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
図36 サテライトセンサの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
図37 エアバッグ用サテライトセンサのメーカシェア(2011CY WW 数量ベース)
図38 ワールドワイドにおけるESCの標準化動向
図39 エリア別ESCの需要規模予測(2010~2017CY WW 装着台数ベース)
図40 ESC用センサの流通ルートの変化
図41  ESC用加速度・角速度センサの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
図42 アクティブセイフティの義務化動向
図43 ミリ波レーダの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
図44 ミリ波レーダユニットのメーカシェア(2011CY WW 数量ベース)
図45 車載用パワー半導体の市場規模推移(2005~2012CY見込み WW 金額ベース)
図46 車載用パワー半導体のデバイス別構成比(2011CY WW 金額ベース)
図47 車載用パワー半導体のデバイス別構成比推移(2008~2011CY WW 金額ベース)
図48 車載用ダイオードの搭載事例
図49 インバータ・モータ冷却用EWPとエンジン冷却用EWP
図50 電動ポンプ向けMOSFETの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
図51 地域別EPS需要数量の予測(2009~2016年)
図52 EPS需要数量の地域別構成比予測(2009~2016年)
図53 EPS用モータの低コスト化に向けた考え方と採用方針
図54 EPS & EHPS用モータの市場規模予測(数量・金額ベース)
図55 EPS向けMOSFETの需要予測(2010~2016CY WW 数量ベース)
図56 世界の自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年)
図57 アイドルストップ用MOSFETの需要予測(2010~2015CY WW)
図58 車載用パワーMOSFET/IPDのメーカシェア(2011CY WW 金額ベース)
図59 HV/EVのエリア別市場規模予測(2010~2015CY WW 販売台数)
図60 HV/EVのタイプ別市場規模予測(2010~2015CY WW 販売台数)
図61 HV/EVにおけるパワー半導体の搭載事例
図62 HV/EV用IGBTの市場規模推移(2009~2012CY見込み WW 金額ベース)
図63 HV/EV用IGBTのメーカシェア(2011CY WW 金額ベース)
図64 HV/EVのタイプ別回路構成
図65 主機モータ/ジェネレータ用IGBTのメーカシェア(2011CY WW 数量ベース)
図66 車種別IGBTの搭載個数
図67 HV/EV用IGBTのインバータ別市場規模予測(2010~2015CY WW 数量ベース)
図68 HV/EV用IGBTの市場規模予測(2010~2015CY WW 数量・金額ベース)
図69 DC/DCコンバータ向けMOSFETのメーカシェア(2011CY WW 数量ベース)
図70 HV/EV用MOSFETの市場規模予測(2010~2015CY WW 数量ベース)

表1 車載用半導体の市場規模推移(2005~2012CY見込み WW 金額ベース)
表2 半導体市場の需要分野別構成比(2011CY WW 金額ベース)
表3 車載用半導体の成長率比較(2005~2012CY見込み WW)
表4 車載用半導体の用途別構成比(2011CY WW 金額ベース)
表5 車載用半導体のデバイス別市場規模推移(2005~2012CY見込み WW 金額ベース)
表6 車載用半導体のデバイス別構成比(2011CY WW 金額ベース)
表7 車載用半導体のメーカシェア(2011CY WW 金額ベース)
表8 車載用半導体の市場規模予測(2013~2020CY WW 金額ベース)
表9 車載用半導体のコスト予測(2013~2020CY)
表10 車載用MCUの市場規模推移(2005~2012CY見込み WW 金額ベース)
表11 車両1台あたりのMCU搭載個数推移(1980~2015CY ラグジュアリー/ミドル)
表12 車載用MCUの搭載個数比較
表13 車種・システム別MCUの構成比比較
表14 車載用MCUの次世代品の動向
表15 車載用MCUの用途別bit数と動作周波数
表16 車載用MCUのビット数別構成比推移(2004~2012CY WW 金額ベース)
表17 車載用MCUのメーカシェア(2011CY WW 金額ベース)
表18 パワートレイン用センサの種類と用途
表19 シャーシ/パッシブセイフティ用センサの種類と用途
表20 アクティブセイフティ用センサの種類と用途
表21 ボディコントロール用センサの種類と用途
表22 HV/EV用センサの種類と用途
表23 車載用センサの搭載個数推移(1980~2015CY ラグジュアリー/ミドル)
表24 車載用センサの搭載システム別個数推移(1980~2015CY)
表25 車載用半導体センサの市場規模推移(2005~2012CY見込み WW 金額ベース)
表26 車載用半導体センサのデバイス別市場規模推移(2009~2012CY WW 数量ベース)
表27 車載用半導体センサのメーカシェア(2011CY WW 金額ベース)
表28 エンジンタイプ別新車販売台数予測(2010~2020CY WW)
表29 車載用MEMS圧力センサの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
表30 エアバッグモジュールの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
表31 エアバッグ用センサデバイスの種類
表32 サテライトセンサの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
表33 エアバッグ用サテライトセンサのメーカシェア(2011CY WW 数量ベース)
表34 エリア別ESCの需要規模予測(2010~2017CY WW 装着台数ベース)
表35 ESC用加速度・角速度センサの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
表36 ミリ波レーダの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
表37 ミリ波レーダユニットのメーカシェア(2011CY WW 数量ベース)
表38 車載用パワー半導体の市場規模推移(2005~2012CY見込み WW 金額ベース)
表39 車載用パワー半導体のデバイス別構成比(2011CY WW 金額ベース)
表40 車載用パワー半導体のデバイス別構成比推移(2008~2011CY WW 金額ベース)
表41 電動ウォータポンプの搭載目的と概要
表42 電動ポンプ向けMOSFETの市場規模予測(2010~2017CY WW 数量ベース)
表43 地域別EPS需要数量の予測(2009~2016年)
表44 EPS & EHPS用モータの市場規模予測(数量・金額ベース)
表45 EPSにおけるMOSFETの用途・搭載個数
表46 EPS用DC/DCコンバータの仕様比較(HV/ガソリン車)
表47 EPS向けMOSFETの需要予測(2010~2016CY WW 数量ベース)
表48 世界の自動車販売台数とISS車の販売予測(2010~2017年)
表49 アイドルストップシステムにおけるMOSFETの用途・搭載個数
表50 ISSのパワーマネジメントシステムの比較
表51 アイドルストップ用MOSFETの需要予測(2010~2015CY WW)
表52 シャーシ/ボディ系におけるパワーMOSFET/IPDの搭載箇所
表53 車載用パワーMOSFET/IPDのメーカシェア(2011CY WW 金額ベース)
表54 HV/EVのエリア別市場規模予測(2010~2020CY WW 販売台数)
表55 HV/EVのタイプ別市場規模予測(2010~2020CY WW 販売台数)
表56 HV/EV用IGBTの市場規模推移(2009~2012CY見込み WW 金額ベース)
表57 HV/EV用IGBTのメーカシェア(2011CY WW 金額ベース)
表58 IGBTチップの実装方法
表59 主機モータ/ジェネレータ用IGBTのメーカシェア(2011CY WW 数量ベース)
表60 車種別IGBTの搭載個数
表61 HV/EV用IGBTのインバータ別市場規模予測(2010~2020CY WW 数量ベース)
表62 HV/EV用IGBTの市場規模予測(2010~2020CY WW 数量・金額ベース)
表63 HV/EVにおけるMOSFETの搭載システム/個数
表64 DC/DCコンバータ向けMOSFETのメーカシェア(2011CY WW 数量ベース)
表65 HV/EV用MOSFETの市場規模予測(2010~2020CY WW 数量ベース)
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。