2013 ネット通販市場白書

流通小売市場の中で唯一、安定継続して急成長続ける「ネット通販市場」。そのすべてを14分野29市場にセグメントし体系的に捕らえた資料。ネット通販の草創期2000年から時系列を追い調査している定番調査資料で、今回は第11版にあたる。①スマホ最優先の新サービス開発、無料通話アプリ市場の活況、新販売チャネルへの可能性②Twitter/Facebook 企業はSNSとの連携加速、双方向発信で情報共有③当日配送エリアの拡張・無料配送・返品可能④電子書籍端末の日本市場投入開始による関連市場の進展本格化・・・など直近トレンドもカバーした。

発刊日
2013/05/10
体裁
A4 / 426頁
資料コード
C55101000
PDFサイズ
5.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,800
128,000
12,800
140,800
128,000
12,800
173,800
158,000
15,800
281,600
256,000
25,600
314,600
286,000
28,600
422,400
384,000
38,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 小売・サービス・事業者別市場14分野29市場のネット通販動向を分析。
    【調査対象市場セグメント】
    ①総合小売業、②家電・パソコン・同関連製品、③書籍・音楽(CD/DVD)・スポーツ・玩具、④食品・飲料、⑤医薬・化粧品(健康食品含む)、⑥家具・家庭用品・雑貨など、⑦衣料・アクセサリー、⑧自動車・パーツ、⑨宿泊・旅行・飲食業サービス、⑩興行チケット予約・レジャー予約など、⑪情報通信業(コンテンツ・音楽配信、放送系)、⑫運輸業(交通機関)、⑬製造業の通販事業、⑭金融業
  • 個人向けEコマースを中心に、ネット通販企業及び周辺を取り巻くサービス企業を分析。

■本資料の概要

第1章 Eコマース市場の現状分析
第2章 Eコマース業界企業動向
第3章 産業別・業種別にみたEコマースの動向
第4章 Eコマース関連ビジネス企業集
第5章 Eコマース必修データ

■掲載内容

第1章 Eコマース市場の現状分析

1.Eコマース総市場規模と動向
  (1)日本の小売137兆円総市場
  (2)日本通信販売協会データによる通信販売市場
  (3)Eコマース市場規模(BtoC)とセグメント別のBtoC EC市場規模
  (4)モバイルコマース市場
2.ネットワークインフラの進化と変化
  (1)インターネット利用デバイスの多様化
  (2)インターネット利用の目的
  (3)携帯電話市場のインフラ概要
  (4)放送サービス市場
3.成長・拡大するネット広告・Webマーケティング
  (1)インターネット広告2012年8,680億円(7.7%増)、総広告費の15%
  (2)インターネット広告の種類と形態
  (3)アフィリエイトサービス市場
  (4)ソーシャルメディアの利用
  (5)O2O(Online to Offline)、ネットから実店舗へ

第2章 Eコマース業界企業動向

1.通販企業の現況 ~ネット通販売上高ランキング2011年度(総合)
2.Eコマース関連企業動向
  (表)Eコマース関連企業の資本・業務提携、合弁、新規参入、新規上場など
3.進化する物流体制、巨額投資でインフラ整備
  (1)ネット通販企業の物流体制
  (2)拡大するネット通販追い風に物流市場が拡大
4.ネット通販関連各社のグローバル対応
  (1)越境EC市場規模
  (2)中国のEC市場動向
  (3)日本企業の進出状況など

第3章 産業別・業種別にみたEコマースの動向

1.小売業の個人向けEコマースの動向
1-1.総合小売業
  1.総合小売業のEC市場規模概要
  2.大手通販企業・カタログ通販・テレビ通販
    (1)大手通販企業のネットチャネル動向
    (2)大手通販企業の業績・個別動向
    (3)主な総合小売業のネット通販売上高(表)
    (4)カタログハウスのネット通販動向
    (5)テレビ通販の市場概要と企業動向
  3.百貨店
    (1)百貨店の市場概要
    (2)百貨店のネット通販動向
    (3)主要百貨店のネット通販事業強化の動向
  4.コンビニエンスストア
    (1)コンビニエンスストアの市場概要とEC動向
    (2)コンビニエンスストア各社のEC動向
  5.ホームセンター
    (1)ホームセンターのネット通販動向
1-2.家電・パソコン・同関連製品
  1.家電・パソコン・同関連製品のEC市場規模概要
  2.家電・パソコン専門店の市場概要
  3.家電・パソコン・同関連製品小売企業のネット通販動向
    (1)楽天市場への出店状況
    (2)家電・パソコン・同関連製品小売業のネット通販企業動向
    (3)当該市場のネット通販企業の動き(まとめ)と売上高一覧
1-3.書籍・音楽(CD/DVD)・スポーツ・玩具
  1.書籍・音楽(CD/DVD)・スポーツ・玩具のEC市場規模概要
  2.書籍・雑誌、音楽商品
    (1)書籍・雑誌販売の市場概要
    (2)パッケージ音楽商品(CD/DVD)の市場概要
    (3)書籍・音楽(CD/DVD)のネット通販動向
    (4)書籍、音楽(CD/DVD)ネット通販取扱企業の個別動向
  3.スポーツ用品
    (1)スポーツ用品小売市場概要とネット通販動向
    (2)スポ-ツ用品、ゴルフ用品のネット通販個別企業の動向
  4.玩具・ゲーム・キャラクター商品
    (1)玩具市場の概要とネット通販動向
    (2)玩具・ゲーム・キャラクター商品ネット通販企業動向
  5.楽器
    (1)楽器市場の概要とネット通販動向
    (2)楽器商品のネット通販企業の個別動向
1-4.食品・飲料
  1.食品・飲料のEC市場規模概要
  2.食品・飲料市場概要
    (1)食品・飲料小売市場
    (2)中食市場
    (3)食品宅配市場
  3.生協の無店舗事業の動向
  4.ネットスーパー
    (1)ネットスーパーの変遷と動き
    (2)関連企業各社のネットスーパーへの取り組み・動向
    (表)主なネットスーパー展開企業一覧
  5.食品・飲料小売市場のネット通販企業動向・個別動向
1-5.医薬・化粧品(健康食品含む)
  1.医薬・化粧品(健康食品含む)小売業のEC市場規模概要
  2.医薬・化粧品・健康食品市場の概要
    (1)ドラッグストアの市場概要
    (2)改正薬事法施行後の動向、大衆薬のネット通販を巡る動き
    (3)化粧品小売市場の概要
    (4)健康食品の市場概要
    (5)健康食品の表示規制動向
  3.医薬・化粧品(健康食品含む)小売業のネット通販動向
    (1)ドラッグストアのネット通販概要
    (2)楽天市場の医薬品、化粧品、健康食品出店の状況
    (3)医薬・化粧品(健康食品含む)小売業のネット通販売上高
    (4)医薬・化粧品(健康食品含む)小売業の個別動向
  4.化粧品の最大クチコミサイト@cosme運営のアイスタイル
  5.コンタクトレンズ市場のネット通販
1-6.家具・家庭用品・雑貨など
  1.家具・家庭用品・雑貨小売企業のEC市場規模概要
  2.家具・家庭用品・雑貨市場の概要
  3.家具・家庭用品・雑貨、花き、ペット関連小売業のネット通販動向
    (1)楽天市場への出店状況
    (2)家具・家庭用品・雑貨関連小売業のネット通販売上高
    (3)家具・家庭用品・雑貨のネット通販企業個別動向
  4.花き園芸(生花、フラワーギフト、園芸)小売業のネット通販動向・企業動向
  5.ペット関連用品小売業のネット通販動向と企業動向
1-7.衣料・アクセサリー
  1.衣料・アクセサリー小売企業のEC市場規模概要
  2.アパレル小売市場の概要
  3.アパレル関連企業のネット通販動向
    (1)アパレル関連企業のネット通販企業動向
    (2)アパレル関連小売企業のネット通販売上高
  4.アパレルネット通販専業企業動向
    (1)アパレルEC上場4社比較
    (2)スタートトゥデイ
    (3)マガシーク
    (4)スタイライフ
    (5)エニグモ
    (6)夢展望
  5.アパレル企業の自社直営通販サイトの動向
  6.アパレル専門店主要3社のネット通販経由の売上高推移と動向
    (1)ユニクロ
    (2)ポイント
    (3)ユナイテッドアローズ
  7.消費者参加型、EC連動イベント
  8.インナーウェアのネット通販動向と企業動向
  9.子供服・ベビー服のネット通販動向と企業動向
  10.宝飾(ジュエリ-)・アクセサリー・腕時計のネット通販動向
1-8.自動車・パーツ
  1.自動車・パーツ小売業のEC市場規模概要
  2.自動車・パーツ関連の市場概要
  3.カー用品、バイク、自転車関連小売企業のネット通販動向
  4.カー用品、バイク、自転車関連小売企業のネット通販企業動向
  5.関連のポータルサイト、情報サイト一覧
    (1)オークション関連サイト一覧
    (2)車買い取り、情報検索、中古車情報などのサイト一覧
2.サービス産業の個人向けEコマースの動向
2-1.宿泊・旅行・飲食業サービス
  1.宿泊・旅行関連のEC市場規模概要
  2.宿泊・旅行関連市場の概要
  3.宿泊・旅行関連市場
    (1)宿泊・旅行予約サイト関連の企業動向
    (2)ネット専業旅行業者の個別動向
    (3)大手旅行代理店のネット予約販売個別動向
  4.飲食店情報サービス
    (1)共同購入クーポンサービスの動向
    (2)出前・宅配・デリバリーサービス、レストラン予約サイトの動向
    (3)出前・宅配・デリバリーサービス、レストラン予約サイト運営企業の個別動向
2-2.興行チケット予約・レジャー予約など
  1.興行チケット予約・レジャー予約などのEC市場規模概要
  2.興行チケット市場
    (1)ライブ・エンタテインメントの市場概要
    (2)チケット取り次ぎ企業の動向
    (3)チケット取り次ぎ企業のコンビニエンスストアとの提携動向
    (4)チケット取り次ぎ企業の個別動向
3.情報通信業/運輸業/製造業/金融業のEコマース動向
3-1.情報通信業(コンテンツ・音楽配信、放送系)
  1.情報通信業のEC市場規模概要
  2.コンテンツ産業
    (1)コンテンツ産業全体の市場概要
    (2)デジタルコンテンツ市場の概要
  3.ネットワーク向けのデジタルコンテンツ市場概要
  4.音楽配信市場の動向
  5.ゲームコンテンツ配信市場の動向
  6.動画配信市場の動向
  7.電子書籍
    (1)出版市場と電子書籍市場の動向
    (2)2010~2013年4月 電子書籍市場の動向(表)
    (3)電子書籍関連企業上場2社
  8.放送サービス事業者のEC動向
    (1)放送局の市場規模動向
    (2)放送サービス事業者のネット通販
3-2.運輸業(交通機関)
  1.交通機関のEC市場動向
  2.交通機関別のEC動向と取り組み
    (1)航空
    (2)鉄道
    (3)高速バス・観光バス、その他
3-3.製造業の通販事業
  1.製造業のEC市場規模概要と直販動向
  2.製造業におけるネット直販への取り組みの流れ
  3.デジタル家電・PCメーカーのネット直販
  4.食品、健康食品・化粧品市場におけるメーカーのネット直販
  5.健康食品・医薬・化粧品関連のメーカー直販サイト参入企業例
3-4.金融業
  1.金融業のEC市場規模概要
  2.インターネット銀行
    (1)インターネットバンキングの市場概要と動向
    (2)ネット専業銀行の動向
  3.オンライントレーディング
    (1)オンライントレーディングの市場概要と動向
    (2)ネット専業証券大手5社比較
  4.ネット専業生命保険
    (1)ネット生命保険市場の動向
    (2)ネット専業生命保険2社の動向
    (3)保険比較サイト一覧

第4章 Eコマース関連ビジネス企業集

1.Eコマース関連企業一覧(2012年売上高順)
2.Eコマース関連企業一覧(2012年経常利益順)
3.Eコマース関連企業 新規上場企業一覧(2011-2013年3月)
4.Eコマース関連企業個表(153社)(企業目次)

【収録企業の主な業種】
・ストアツール、ASP、システム、セキュリティサービス、決済サービス
・SNSや掲示板などの監視サービス、電子認証サービス
・ネット広告関連事業、ネット広告代理業、ネット活用マーケティング支援
・携帯コンテンツ、オンラインゲーム、コンテンツ配信、電子書籍、音楽配信
・各種ウェブサービス、比較サイト、求人サイト、不動産サイト、自動車サイト
・ポータルサイト運営、比較サイト、求人サイト、不動産サイト、自動車サイト
・ネット通販専業、カタログ通販、専門通販
・SNS、ブログ、ソーシャルゲーム

第5章 Eコマース必修データ

Eコマース必修データ
◆インターネット普及状況(人口・世帯・企業)
◆海外のインターネット普及率
◆ブロードバンド契約数の推移
◆個人のデジタル・ディバイドの状況
◆個人の利用機器別のインターネット利用率
◆個人のインターネット利用における不安・不満、被害・対策状況
◆パソコン、携帯電話、スマートフォン利用におけるインターネット利用時の被害内容
◆インターネット利用者のインターネット利用目的など(個人)
◆インターネット利用者の個人情報保護対策
◆企業におけるインターネットや企業内LAN等を利用する上での問題点
◆年齢階層別にみた商品等購入・金融取引・デジタルコンテンツ購入の経験者の割合
◆インターネットで購入した商品・サービス・デジタルコンテンツの種類
◆インターネットで購入する場合の決済方法
◆年齢階層別にみたソーシャルメディアの利用率(2011年末)
◆全国・地方・都市階級別電子マネー等関連の利用状況
◆IT周辺機器、家電製品普及率
◆2011年度パーソナルコンピュータ国内出荷実績
◆移動電話国内出荷実績

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,800
128,000
12,800
140,800
128,000
12,800
173,800
158,000
15,800
281,600
256,000
25,600
314,600
286,000
28,600
422,400
384,000
38,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています