2013 イレギュラーサイズアパレル市場動向レポート

近年、レディスアパレル市場では「極小・極大」のイレギュラーサイズウェアを品揃えする企業が増えている。これまでイレギュラーサイズウェアは、膨張色や体型を強調するデザインはタブー視されることが多かったため、ダークカラーでベーシックなデザインの商品が多かった。ところが最近は、体型を隠すのではなく“可愛らしさ”として肯定し、「ぽっちゃりカワイイ」をコンセプトとした明るく華やかなデザイン・カラーのアイテムが市場に供給され始めた。その結果、体型にコンプレックスを持っていた客層の意識を変え、市場に注目が集まっている。本調査レポートは、定番MRでカバーしにくい『タイムリー』で『ニッチ』な市場を分析するための戦略的MRの第2弾として発刊したものであり、イレギュラーサイズウェアのマーケットサイズや主要企業の戦略をレポートした。

発刊日
2013/09/30
体裁
A4 / 161頁
資料コード
C55116600
PDFサイズ
2.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:イレギュラーサイズアパレル市場の動向と主要参入企業の動向を調査することにより、今後のイレギュラーサイズアパレル業界の発展に供することを目的とする。
調査対象:イレギュラーサイズウェアの製造・及び販売を担う小売店、メーカーなど
調査方法:直接面接取材。郵送アンケート調査。公的データ、統計データの収集、及び各種文献調査。
調査期間:2013年8月~2013年9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • イレギュラーサイズウェアの総市場規模を算出
  • イレギュラーサイズウェアの販売チャネル別市場規模を算出

■本資料の概要

第1章 体型・サイズ別人口の現状と展望
第2章 イレギュラーサイズアパレル市場の動向
第3章 主要企業の取り組み事例

■掲載内容

第1章 体型・サイズ別人口の現状と展望

1.年代別の身長・体重変化の傾向
2.年代別肥満体型の傾向と展望
3.JISサイズ表記別の推定人口と将来予測
  (1)JIS L 4005(婦人)体型区分表示別の対象人口推計(国内)
  (2)JIS L 4005(婦人)単数表示別の対象人口推計(国内)
  (3)JIS L 4005(婦人)範囲表示別の対象人口推計(国内)
  (4)JIS L 4004(紳士)体型区分表示別の対象人口推計(国内)
  (5)JIS L 4004(紳士)単数表示別の対象人口推計(国内)
  (6)JIS L 4004(紳士)範囲表示別の対象人口推計(国内)

第2章 イレギュラーサイズアパレル市場の動向

1.市場定義
2.イレギュラーサイズウェア市場規模推移
3.イレギュラーサイズウェアの販売チャネル別市場規模推移
4.業界構造や特性、及び主要プレイヤー
5.百貨店イレギュラーサイズウェア市場の動向
  (1)百貨店チャネルにおけるイレギュラーサイズウェアの販売動向
  (2)主要なプレイヤーとサイズ専用売場の状況
6.GMSイレギュラーサイズウェア市場の動向
  (1)GMSチャネルにおけるイレギュラーサイズウェアの販売動向
  (2)主要なプレイヤーと主たるブランド
7.専門店イレギュラーサイズウェア市場の動向
  (1)専門店チャネルにおけるイレギュラーサイズウェアの販売動向
  (2)主要なプレイヤーと近年の動き
8.通販イレギュラーサイズウェア市場の動向
  (1)通販チャネルにおけるイレギュラーサイズウェアの販売動向
  (2)主要なプレイヤーと近年の動き
9.イレギュラーサイズウェア市場における競争ポイントの変化

第3章 主要企業の取り組み事例

【企業個表A】
1.イトキン株式会社
2.株式会社エコーインターナショナル
3.クロスプラス株式会社
4.坂善商事株式会社
5.株式会社三陽商会
6.はるやま商事株式会社
7.ファーストレビュー株式会社
8.株式会社マンチェス

【企業個表B】
9.株式会社アズノゥアズ
10.株式会社イグレック
11.株式会社カドー
12.株式会社ザザホラヤ
13.株式会社ファッション須賀
14.株式会社千趣会
15.第一メリヤス株式会社
16.有限会社ダボダボ
17.株式会社ディノス・セシール
18.株式会社ニッセン
19.彦坂株式会社
20.フレックスジャパン株式会社
21.株式会社名紳
22.株式会社ラ・コロール
23.株式会社レナウン

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています