<市場動向シリーズ> 2013年版 静電容量方式タッチパネル・部材市場

タッチパネルに使用されるセンサー構造は日々変化しています。フィルムセンサーではGFFが主流となっていますが、セットメーカーの中にはG1FやGFの採用モデルを増やしITOフィルムの使用量削減を図る動きがあります。また、G2(OGS)はシートタイプとセルタイプに区分されますが、NBのようなある程度厚みのあるベゼルにはシートタイプが用いられる一方、スマートフォンにはセルタイプが採用され始めました。こうした中、参入メーカー各社は対応スピードを速めています。ITOフィルムトップメーカーは大型設備投資に踏み切っていますが、新興国向けのローエンド機種普及に伴いITOフィルムの価格競争が激化、台湾、韓国など海外のITOフィルムメーカーが存在を増してきました。また、カバーでのガラス vs シート、引出線におけるフォトリソ vs スクリーン印刷、薄型化の中でのOCAとOCRの棲み分け、競合の動向も、今後のあり方が見通しにくい環境が続いています。さらに、タッチパネルのアプリケーションにはNBやAiO-PCのように大画面のものが登場。それに伴い、タッチパネルの軽量化やセンサーの低抵抗化の要求が高まり、センサーやカバーの樹脂化、非ITOセンサーの採用といった動きが注目されています。

発刊日
2013/08/27
体裁
A4 / 109頁
資料コード
C55118620
PDFサイズ
0.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

88,000
80,000
8,000
176,000
160,000
16,000
264,000
240,000
24,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:静電容量方式タッチパネル及びタッチパネル部材メーカーの現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、さらに周辺調査を行うことで、ワールドワイドの静電容量方式タッチパネル及びタッチパネル部材市場における現状と今後の動向の把握を目的とする。
調査対象:静電容量方式タッチパネル、静電容量方式タッチパネル部材(透明導電性フィルム、カバーレンズ、OCA、引出線材料、ハードコートフィルム)
調査方法:直接面接取材をベースに、文献調査を併用
調査期間:2013年3月~2013年6月

リサーチ内容

■市場動向シリーズとは

矢野経済研究所が発刊した調査レポートの中から、市場動向に関する部分を抜粋、再編集し、まとめたものです。
本調査レポートは、「2013年版 静電容量タッチパネル・部材市場の徹底分析」(2013年6月28日発刊)の中から、第2章(静電容量タッチパネル市場の展望)、第3章(静電容量方式タッチパネル部材市場の展望)を元に作成いたしました。

■本資料のポイント

2013年版 静電容量方式タッチパネル・部材市場の徹底分析」(2013年6月28日発刊)を元に、市場動向に関する部分を抜粋し再編集しました。

■本資料の概要

第1章 静電容量方式タッチパネル市場
第2章 透明導電性フィルム市場
第3章 カバーレンズ市場
第4章 OCA市場
第5章 引き出し線材料市場
第6章 ハードコートフィルム市場

■掲載内容

第1章 静電容量方式タッチパネル市場

1-1.静電容量タッチパネル市場規模推移(アウトセルタイプ)
1-2.静電容量タッチパネル市場動向
1-3.アプリケーション別静電容量タッチパネル市場動向
1-4.アウトセルタイプの静電容量TP各種
1-5.主要TPメーカー各種ITOセンサーラインナップ状況
1-6.静電容量TP構造別価格(2013年夏)
1-7.構造別静電容量タッチパネル市場動向
1-8.アプリケーション別TP構造別市場動向
1-9-1.主要TPメーカー売上高推移(JPYベース)
1-9-2.主要TPメーカー売上高推移(USDベース)
1-10.主要セットメーカー別サプライチェーン概況
1-11.主要TPユーザー及び主要TPメーカー関係図

第2章 透明導電性フィルム市場

2-1.ITOフィルム市場動向
2-2.静電容量TP用ITOフィルム市場規模推移
2-3.静電容量TP用ITOフィルムメーカー別販売量推移
2-4.静電容量TP用ITOフィルムシェア(2013年見込み)
2-5.ITOフィルムメーカー生産拠点概要
2-6.非ITO系フィルム市場動向
2-7.タッチパネルセンサー材料別概況と採用状況
2-8.非ITO系透明導電性フィルム主要メーカー概況

第3章 カバーレンズ市場

3-1.カバーレンズ市場動向
3-2.静電容量TPカバーレンズ市場規模
3-3.ガラスセンサーの製造フロー

第4章 OCA市場

4-1.静電容量TP用OCA市場推移
4-2.静電容量TP用OCA定義
4-3.OCAフィルム及びLOCA樹脂種類及びメーカー
4-4.OCAフィルム及びLOCA概要
4-5.TP用粘着剤タイプのメリットと課題
4-6.静電容量TP構造別接合材料使用状況
4-7.アプリケーション別OCA採用状況

第5章 引き出し線材料市場

5-1.メタル系スパッタリングターゲット市場動向
5-2.TPメタル膜向けスパッタリングターゲット販売量推移
5-3.方式別TP用導電性ペースト市場規模推移
5-4.静電容量TP引出線用導電性ペースト工法別販売量推移
5-5.静電容量TP引出線用導電性ペーストシェア
5-6.主要TPメーカー引出線材料及びL/S概況

第6章 ハードコートフィルム市場

6-1.ITOフィルム用HCフィルム市場動向
6-2.TP用HCフィルム市場規模推移
6-3.ITO用HCフィルム市場規模推移
6-4.ITO用HCフィルムメーカーシェア
6-5.ITOフィルムメーカー別サプライヤー一覧
6-6.その他TP関連HCフィルム市場規模推移
6-7.その他HCフィルムメーカーシェア
6-8.HCフィルム価格

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

88,000
80,000
8,000
176,000
160,000
16,000
264,000
240,000
24,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。