2014 M2M市場 ~IoT時代に飛躍するX2Mビジネスの研究~

通信事業者やITベンダー、デバイスメーカー調査を通じて、国内外でのM2Mを中心としたX2Mソリューション(M2M/A2M/H2Mなど)の実態を明らかにした。具体的には、各事業者の取り組み/企業研究、事例研究、技術動向、市場評価及び将来展望などを調査し、併せてユーザ事業者動向に着目した情報収集を行なった。またワールドワイドでのM2Mビジネスの本格化をにらみ、先行事例としての海外事例研究も行った。また、M2Mでの事例研究を中心としたX2Mソリューションの実態把握と問題点・課題の抽出、将来展望を試みた。

発刊日: 2014/02/28 体裁: A4 / 194頁
資料コード: C55120200 PDFサイズ: 3.5MB
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • ワールドワイドで100社を超える「通信キャリア、IT事業者/SIer、MVNO/MVNE、デバイスメーカー、M2Mユーザ(ユーザ事業者)」を調査。M2M市場の実態を国別/アプリケーション別に分析
  • 注目の11分野(アプリケーション)におけるM2Mマーケットを総括。そこでの注目事業者も網羅
  • 本レポートでは、M2M市場を「モジュール/デバイス、回線/ネットワーク網、プラットフォーム(PaaS/SaaSなど)、ソリューション/アプリケーション(システム構築、データ処理・解析、制御、運用・保守、その他)」と規定

資料概要
Close

M2Mのまとめ
第Ⅰ章 世界のM2Mビジネス
第Ⅱ章 アプリケーション別のM2M動向
第Ⅲ章 国別・地域別のM2M 動向
第Ⅳ章 企業個票

リサーチ内容

■掲載内容

M2Mのまとめ

1.M2Mビジネスの概況
  ~M2Mが注目される背景要因~
  ~ワイヤレスM2M~
  ~ワールドワイドでM2Mへの注目が高まる~
2.グローバルM2Mの動向
  ~M2M プラットフォームがグローバル化を促進~
  ~事業者サイドのグローバルM2M志向~
  ~世界の主なM2M 関連事業者~
    (表) M2M関連事業者一覧
  ~日本でのグローバルM2M~
3.日本における業態別の動向
  <通信キャリア>
  <MVNO/MVNE>
  <IT事業者/SIer>
  <デバイスメーカー>
  <ユーザ事業者>

第Ⅰ章 世界のM2Mビジネス

1.世界M2M市場の定量情報
  (1)世界M2M市場規模推移(累計M2M関連売上ベース)
    (図)世界M2M市場規模推移(累計M2M関連売上ベース)
  (2)世界M2M市場の内訳(2013年度:M2M関連売上ベース)
    (図)世界M2M市場規模内訳(2013年度見込み)
  (3)世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
    (図)世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
2.サービス/カテゴリー別の動向
  (1)M2Mモジュール/デバイス
  (2)M2M回線/ネットワーク
  (3)M2Mプラットフォーム
  (4)M2Mソリューション/アプリケーション
3.M2M関連領域での注目動向
  <標準化の動向>
  <M2M電波利用料金>
  <省電力/エネルギーハーベスト>
4.日本における業態別の動向
  (1)通信キャリア
    <NTTコミュニケーションズ><NTTドコモ><KDDI>
    <ソフトバンク><ソフトバンクモバイル><ウィルコム>
    <海外事業者>
  (2)MVNO/MVNE
    <IIJ><日本通信/丸紅・丸紅無線通信><京セラコミュニケーションシステム>
    <UQコミュニケーションズ><NTTコミュニケーションズ>
  (3)IT事業者/SIer
    <NEC><富士通><日立製作所><日本ユニシス><NTTデータ>
    <伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)><三井情報>
    <ルートレック・ネットワークス><新日鉄ソリューションズ>
  (4)デバイスメーカー
    <村田製作所><セイコーインスツル><オムロン>
    <リニアテクノロジー><ローム><住友精密工業>
  (5)ユーザ事業者
    (表)M2M関連ビジネスでのユーザ事例
5.M2Mビジネスの問題点・課題
  <コスト面>
  <グローバル対応>
  <電源問題>
  <標準化>
  <M2M回線の今後>
  <データ流通/処理・解析>
  <M2Mユーザの拡大>
    (表)現状課題及び課題解決のポイント

第Ⅱ章 アプリケーション別のM2M動向

1.医療・ヘルスケア
  (1)BAN(body area network)の実現でM2Mの普及が加速見込み
  (2)医療・ヘルスケア分野でのM2M/センサーネットワークの見通し
  (3)主要事業者の取り組み
2.エネルギー監視/エネルギー管理
  (1)世界的にスマートメーター(電力計)の導入が進む
  (2)エネルギー監視/エネルギー管理でのM2M /センサーネットワークの見通し
  (3)主要事業者の取り組み
3.農業/施設園芸・植物工場
  (1)営農のIT化で食料増産/効率化/安心・安全を目指す
  (2)農業/施設園芸・植物工場でのM2M /センサーネットワークの見通し
  (3)主要事業者の取り組み
4.畜産業
  (1)畜産大国の米国で取り組みが進む
  (2)畜産業でのM2M /センサーネットワークの見通し
  (3)主要事業者の取り組み
5.社会インフラ(公共インフラ)
  (1)老朽インフラモニタリングでの期待が大きい
  (2)社会インフラでのM2M /センサーネットワークの見通し
  (3)主要事業者の取り組み
6.環境モニタリング・自然監視
  (1)年間10兆円規模の自然災害/環境被害コストの削減を期待
  (2)環境モニタリング・自然監視でのM2M /センサーネットワークの見通し
  (3)主要事業者の取り組み
7.産業分野
  (1)建機・重機、自販機、エレベータ、産業計測・工場などがM2M先行カテゴリー
  (2)カテゴリー別の動向
    ①建機・重機
    ②自販機
    ③産業計測・工場/プラント監視・制御/環境モニタリング
    ④エレベータ
  (3)主要事業者の取り組み
8.建物ヘルスモニタリング
  (1)今後の建物ヘルスモニタリングは中国が先導する見通し
  (2)建物ヘルスモニタリングでのM2M /センサーネットワークの見通し
  (3)主要事業者の取り組み
9.見守り/防犯
  (1)世界的に防犯/見守り(高齢者主体)ニーズが高まる
  (2)見守り・防犯でのM2M /センサーネットワークの見通し
  (3)主要事業者の取り組み
10.自動車(乗用車/商用車)
  (1)コネクテッドカーの拡大がM2M /センサーネットワークを牽引
  (2)自動車分野でのM2M /センサーネットワークの見通し
  (3)主要事業者の取り組み
11.交通インフラ/車両管理
  (1)日米で交通インフラへのM2M /センサーネットワーク導入が進む
  (2)交通インフラ/車両管理分野でのM2M /センサーネットワークの見通し
  (3)主要事業者の取り組み
12.その他
  (マーケティング支援、料飲店、ゲーム機、電子書籍、ペット関連、金融)

第Ⅲ章 国別・地域別のM2M 動向

1.アメリカ
  ~医療セクターでM2M/センサーネットワークシステムの導入機運が高まる~
  ~スマートグリッド関連でのM2M/センサーネットワーク需要が期待大~
  ~畜産大国としてA2Mの実用化を先導~
  ~インフラ監視でのM2M/センサーネットワーク導入も研究~
  ~自然・環境分野でもM2M/センサーネットワークの導入・研究が進む~
  ~産業分野での無線通信規格は‘Wireless HART(IEC 62591)’が有望~
  ~自動車分野では自動運転カーなどM2Mでの注目度は高い~
2.欧州(ロシア含む)
  (1)ドイツ
    (表)有力事業者のスマートメーター/スマートグリッドへの取り組み
  (2)フランス
  (3)イギリス
  (4)スペイン
  (5)イタリア
  (6)オランダ
  (7)ノルウェー
  (8)スウェーデン
  (9)ロシア
  (10)その他欧州<デンマーク><アイルランド><トルコ>
3.アジア(東・東南アジア)
  (1)中国
    ~「物聯網(モノのインターネット)」に関する取り組みを国家レベルで強化~
    ~スマートメーター導入を促進し、エネルギー管理の高度化を目指す~
    ~スマートシティ関連でのM2M~
    (表)主要都市でのM2M関連プロジェクト
  (2)韓国
  (3)その他<シンガポール>
4.その他(オセアニア、北米、アフリカ諸国)
  (1)オーストラリア(豪州)
  (2)カナダ
  (3)アフリカ地域

第Ⅳ章 企業個票

<日本企業>
  (株)インターネットイニシアティブ
  伊藤忠テクノソリューションズ(株)
  エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)
  (株)エヌ・ティ・ティ・データ
  (株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ
  京セラコミュニケーションシステム(株)
  KDDI(株)
  ソフトバンク(株)(ソフトバンクグループ)
    【イー・アクセス(株)】
    【ソフトバンクモバイル(株)】
    【ウィルコム(株)】
  日本ユニシス(株)
  日本通信(株)(丸紅無線通信(株))
  日本電気(株)
  (株)日立製作所
  富士通(株)
  三井情報(株)
  UQコミュニケーションズ(株)

<海外企業>
  Axeda Corporation(米国)
  Digi International(米国)
  EnOcean GmbH(ドイツ)
  Ericsson(スウェーデン)
  Jasper Wireless(米国)
  Telefonica,S.A.(スペイン)
  Telenorグループ(ノルウェー)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58105700 2016 IoTが牽引するセンサーネットワーク市場 ~業種別の市場性予測~
C58122200 2017 IoT/M2Mマーケット
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C50301000 2008年版 環境ITシステム関連市場の現状と将来展望
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測