2015年版 コンパウンド市場の展望と戦略

受託コンパウンドやオリジナルコンパウンド、塩ビコンパウンド、再生コンパウンドなどの市場に参入している国内メーカーの研究開発動向や営業戦略、今後の経営計画などを把握し、コンパウンド市場を取り巻く環境や見通しを分析することを目的とする。

発刊日
2015/07/31
体裁
A4 / 205頁
資料コード
C57113100
PDFサイズ
3.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:PO系やエンプラ、スーパーエンプラなどの受託コンパウンド、オリジナルコンパウンド、マスターバッチ(着色剤、添加剤)、塩ビコンパウンド、再生コンパウンド
調査方法:直接面接取材をベースに、文献調査を併用
調査期間:2015年5月~2015年7月

資料ポイント
Close

  • 金属樹脂接合、ナノセルロース配合・・・コンパウンド+αの新たな“技術”でユーザーのニーズを引き出す
  • 体力勝負の側面が強まる海外事業、拡大に向けてローカルユーザーの開拓がより重要に
  • 国内塩ビコンパウンドは、一部塩ビ回帰も需要回復は見込み薄
    拡大する東南アジアの需要取り込みを急ぐ
  • 工業部品の採用で本格的な市場拡大が期待される再生コンパウンド
    調達ソースの多様化、研究開発力を高めるハードやソフトの強化がカギ

    ※「第3章 各種エンプラ市場の現状と展望」は弊社資料「2014年版 エンプラ市場の展望と戦略」(2014年7月発刊)から転載

資料概要
Close

第1章 コンパウンド市場の展望
第2章 塩ビコンパウンド市場の動向
第3章 各種エンプラ市場の現状と展望
第4章 コンパウンドメーカーの展望と戦略

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 コンパウンド市場の展望

1.コンパウンド市場の展望
  見えてきた新しいコンパウンドメーカー像
  ポテンシャルユーザーとの距離を縮める“技術”で勝負
  好機を活かす新たなアプローチでユーザーの開拓を図る
  (表)東南アジアにおける新規拠点開設の主な動き(2010年~2015年)
2.再生コンパウンド市場の展望
  存在感が高まるリサイクル材や再生コンパウンド
  品質の向上とグレードの拡充により工業部品での採用が広がる
  使用済み製品の活用や新たなリサイクル技術の開発に取り組み
  廃プラ調達ルートの多様化に注力
  新規の用途やグレードは技術面の難易度が一層向上
  研究開発力を高めるハードやソフトの強化が重要に

第2章 塩ビコンパウンド市場の動向

脱塩ビが落ち着くも、伸び悩む国内市場
主要メーカーでは事業再編や生産拠点の最適化が進む
  (表)塩ビコンパウンド需要分野別出荷量推移
  (表)事業再編や生産拠点合理化など国内での主な動き(2008年~2011年)
東南アジア事業を強化し、日系ユーザーの需要取り込みを図る各社
次の課題は非日系ユーザーとの取引拡大
  (表)海外国別の拠点開設、生産能力増強等の主な動き(2010年~2015年)
活況な建設プロジェクトを追い風に電線需要は堅調
物性が評価され工作機械向けケーブル用途も出荷が伸びる
  (表)メーカー別塩ビコンパウンド出荷動向(電線)
住宅版エコポイントの再スタートを好機ととらえ、
樹脂サッシ向けを中心に建材需要の取り込みを目指す
  (表)メーカー別塩ビコンパウンド出荷動向(硬質用)
自動車用途や医療用途でユーザーの海外進出が続き、
軟質用の出荷量は減少傾向
  (表)メーカー別塩ビコンパウンド出荷動向(軟質用)
付加価値商品として、T-PVC を展開
  (表)メーカー各社の塩ビコンパウンド用途別販売動向(2013年)
  (表)メーカー各社の塩ビコンパウンド用途別販売動向(2014年)
  (表)メーカー各社の塩ビコンパウンド用途別販売動向(2015年見込み)
  (図)メーカー別塩ビコンパウンド出荷動向(電線)
  (図)メーカー別塩ビコンパウンド出荷動向(軟質用)
  (図)メーカー別塩ビコンパウンド出荷動向(硬質用)

第3章 各種エンプラ市場の現状と展望

1.PC
  PCメーカーの相次ぐ増強と需要緩和により価格競争が激化
    (表)PC 世界需要推移
    (図表)PC 地域別需要動向(2013年)
    (表)PC 生産、出荷、輸入、輸出の推移(日本)
  さらなる成長が見込めるLED照明向けでグレード開発が相次ぐ
    (図表)PC市場 メーカーシェア(2013年、ワールドワイド)
    (表)世界のPC生産能力
    (図表)PC 分野別需要動向(2013年、ワールドワイド)
    (図表)PC 分野別需要動向(2013年、国内)
  自動車グレージングでは先行するSABIC、Bayerを帝人とMEPが追う
2.PA
  2-1.PA6/PA66
  押出用途が堅調推移、自動車生産台数の増加で射出用途も需要拡大
    (表)PA6/PA66 世界需要推移
    (図表)PA6/PA66 地域別需要動向(2013年)
  PA6、PA66ともに欧米メーカーが高シェアをキープ
    (図表)PA6市場メーカーシェア(2013年、ワールドワイド)
    (図表)PA66市場メーカーシェア(2013年、ワールドワイド)
  インマニ、シリンダーヘッドカバーなど主力用途向けの需要は順調に拡大
    (図表)PA6/PA66分野別需要動向(2013年、ワールドワイド)
  欧州でオイルパンの樹脂化の流れが拡大傾向
  ダウンサイジングコンセプトの浸透で高耐熱PAの需要が立ち上がる
  2-2.PA11、12
  石油・ガスラインのフレキシブルパイプ向けなど需要の裾野が広がる
3.POM
  中国の景気減速の影響を受けるも、世界需要は2%強の伸びが続く
    (表)POM 世界需要推移
  中国をはじめASEAN、韓国でPOMプラントの新増設が相次ぐ
    (図表)POM 地域別需要動向(2013年)
    (表)POM 生産、出荷、輸入、輸出の推移(日本)
  低VOCグレードの需要は順調に拡大、2014年には導電性グレードが市場に投入される
    (図表)POM市場 メーカーシェア(2013年、ワールドワイド)
    (表)主要POMメーカーにおけるエリア別生産体制
    (図表)POM 分野別需要動向(2013年、ワールドワイド)
    (図表)POM 分野別需要動向(2013年、国内)
4.PBT
  自動車の電装化率上昇と生産台数増加で、世界需要は4%台後半の伸びが続く
    (表)PBT 世界需要推移
    (図表)PBT 地域別需要動向(2013年)
    (表)PBT生産能力
  電装ケース向けで耐ヒートショック性改善グレードの採用が進展
  非強化・難燃・耐衝撃性グレードの上市も相次ぐ
    (図表)PBT市場メーカーシェア(世界、2013年)
    (図表)PBT分野別需要動向(2013年、ワールドワイド)
    (図表)PBT分野別需要動向(2013年、国内)
  耐トラッキング性を高めたノンハロ難燃グレードはEU向けに堅調
5.変性PPE
  自動車およびPV・二次電地向けが堅調、年率3%前後の成長率が続く
    (表)変性PPE 世界需要推移
    (図表)変性PPE市場メーカーシェア(2013年、ワールドワイド)
    (表)PPEパウダー 生産体制
  OAシャーシ・機構部品向けは底堅く推移
  自動車ボディーパネルには「NORYL GTX」の採用が進む
    (図表)変性PPE 分野別需要動向(2013年、ワールドワイド)
6.PPS
  自動車分野が牽引し、2015年に世界需要は10万t超えへ
  SK・帝人連合が2015年度の新規参入を目指す
    (表)PPS 世界需要推移
    (図・表)PPS 地域別需要動向(2013年)
  DIC、東レのトップシェア争いが激しさを増す
    (図・表)PPS市場メーカーシェア(2013年、ワールドワイド)
    (表)PPSポリマー生産体制
  自動車分野ではガソリン車からHV車・EV車まで多様な部品に採用が広がる
  電気・電子分野ではパワーモジュール・インバーターケースなど
  産業用途での需要拡大に期待感が高まる
    (図表)PPS 分野別需要動向(2013年、ワールドワイド)
    (図表)PPS 分野別需要動向(2013年、日本)
7.LCP
  パソコンの販売低迷やリサイクル材の使用率向上に伴い、世界需要は縮小傾向
    (表)LCP 世界需要推移
    (図表)LCP 地域別需要動向(2013年)
  ポリプラ、住友化学の能力増強を経て需給バランスは緩和の兆し
    (図表)LCP市場メーカーシェア(2013年、ワールドワイド)
    (表)LCP生産体制
  コネクタのさらなる小型化・薄型化に対応したグレード開発が活発化
  自動車分野で新規テーマの需要が本格化へ
    (図表)LCP分野別需要動向(2013年、ワールドワイド)
    (図表)LCP分野別需要動向(2013年、日本)
  フィルム・繊維向けではLCPの新たな可能性を探索

第4章 コンパウンドメーカーの展望と戦略

リケンテクノス株式会社
  ASEAN地域の生産能力増強を推進し
  アジアNo1塩ビコンパウンドメーカーの地位を強化
  ベトナムに生産子会社を設立し、2016年の工場稼働を目指す
  営業体制をビジネスユニット制に移行し、市場の深堀を進める
  インドネシアで生産ラインを増設、中国と米国でも生産ライン増設を目指す
  国内では樹脂サッシ向けを付加価値品に位置づけ注力
  海外進出の日系企業の需要を安定的に取り込む
  医療器具向けはタイ、インドネシアともに好調
  目標は、ワイヤーハーネス材料の世界シェア40%、医療器具分野の売上高70億円
  塩ビの可塑剤溶出抑制技術の開発を進める

プラス・テク株式会社
  事業譲受によりT-PVCのラインナップを強化
  自動車向けを中心に事業拡大を図る
  東ソーグループの塩ビチェーンの川下メーカー
  2009年1月に電気化学工業の塩ビコンパウンド事業を譲受
  名張工場の生産体制を合理化し、生産設備を三ツ池工場に集約
  フィリピンは生産能力を年間24,000tまで拡張
  官公庁が脱塩ビの動きを転換、塩ビ回帰需要の取り込みを進める
  フィリピンは日系ユーザー向けの販売が好調、工場はフル稼働の状況が続く
  T-PVCのラインナップとして「レオマーG」と「LCS」が追加

三菱化学株式会社
  日本、北米、欧州、アジアの4極で塩ビコンパウンドの生産体制を確立
  海外の塩ビ生産能力は年間74,000tに拡大
  欧州の有力樹脂メーカーの樹脂コンパウンド事業を買収
  自動車分野を中心に欧州メーカーとの取引拡大を目指す
  タイでは塩ビコンパウンドを含む機能性樹脂の生産能力拡充に積極投資
  得意の自動車分野は米中で出荷量増加
  自動車と並ぶ重点分野の電線分野は、堅調な国内需要を見込む
  T-PVCは、ゴム弾性やデザイン性を付加価値としてユーザーに提案

大日精化工業株式会社
  国内外で生産体制の最適化を推進
  新興国の自動車向け需要を成長エンジンに海外事業を拡大
  インド、メキシコで樹脂コンパウンドの生産を開始
  海外生産拠点は7ヵ国9拠点に
  国内生産子会社を再編し、経営合理化を図る
  海外の生産能力は合計242,500t/年
  解散した深圳の生産能力は東莞に集約
  エンプラ国内出荷量は30,000t弱の水準を維持
  減少が続く自動車向けPPに代わる成長領域を模索
  ユーザーの生産性向上やコスト削減ニーズを捉え、パージ剤の引き合い増加

日本ピグメント株式会社
  新興国と非自動車分野を切り口に
  コンパウンド事業の次の成長シナリオを描く
  増収が続く東南アジア
  海外売上高比率は45.3%に拡大
  第二工場が稼働したインドネシア
  車両向けコンパウンドが好調
  国内ではPOやABSの受託が縮小
  出荷量は年間60,000tの水準を維持
  衛生材の需要拡大に伴い白色用着色剤MBが好調
  非自動車分野のユーザーを開拓し、MBの拡販を目指す

東京インキ株式会社
  「受託・国内集中」の方針を転換し、海外生産を開始
  マスターバッチを中心に海外事業の拡大を進める
  初の海外生産拠点をタイに建設
  自動車向け受託コンパウンドの減少が業績に影響
  自社タイ工場プラス欧米中等の提携先でユーザーをグローバルにサポート
  PPコンパウンドの出荷量は減少傾向
  包装用フィルム向けの出荷は着実に伸長
  国内のMB出荷量は安定的に推移、カスタム品の需要が高まる
  海外事業は拡大、日系ユーザーの需要取り込みを進める

ダイセルポリマー株式会社
  海外の販売網と研究開発体制を整備し、ユーザーの工場移転に対応
  拡大する東南アジアの需要を取り込む
  海外の売上実績が国内を上回る
  タイの拠点はインド市場開拓の窓口に
  香港、タイ、シンガポールの拠点を活用し、
  日系ユーザーのチャイナ・プラス・ワンの動きに対応
  長繊維強化樹脂と環境配慮型樹脂の拡販に注力
  2015年4月に金属と樹脂の接合技術「D LAMP」をダイセルと共同開発
  自動車軽量化に寄与する技術開発を推進

出光ライオンコンポジット株式会社
  拡大するエンプラ事業
  POとのシナジーを図り、ユーザーの深堀を目指す
  マイカ強化樹脂事業とPPS事業を譲受、事業領域を拡大
  海外では上海、インド、タイに新たな拠点を開設
  PO系難燃PPコンパウンドの国内シェアトップ
  海外の販売実績は増加基調、インド事業は拡大
  UL94 5VA対応PPグレードを開発
  竹を原料とするナノセルロースを高分散したPOの開発に成功

株式会社ヘキサケミカル
  M&Aにより生産体制を強化
  コンパウンドの新たな価値の創出に挑み続ける
  DICカラーランツを子会社化
  国内事業をグループ会社4社とともに展開
  東日本の生産拠点を関東ヘキサケミカルに集約
  タイ現地法人では三菱エンプラとの関係が強まる
  ユーザーの事業再編をチャンスと捉え、
  受託コンパウンドや自社商品の拡販を図る
  プラゲノムは国内外で販売実績を伸ばし、
  1億円超の事業に成長

三協化学工業株式会社
  新規のグレードや商品の開発に向けて、
  製販一体によるユーザーニーズの発掘に注力
  CVSチェーン用食品容器向けコンパウンドが事業の柱
  国内2工場の生産能力を拡充
  2011~2013年にかけて出荷量増加、牽引役はオレフィン系
  木粉混合はドライカラー部門の主力事業に成長
  フィルム向け添加剤と加工助剤が好調
  ノンハロゲン系難燃剤を開発中

いその株式会社
  コンパウンドとリサイクルの技術を融合し、
  自動車部品向けリサイクル材の市場開拓に邁進
  国内のリサイクル材生産能力は20,000t/年
  稲沢工場では生産設備の拡充を進める
  出荷量の割合はバージン材40%、リサイクル材60%
  回収した廃プラの別製品へのリサイクルを行う
  廃車からの樹脂回収技術を開発し、原料調達ルートを拡大

高六商事株式会社
  ニーズ型とシーズ型の研究開発を組み合わせ
  リサイクルなど新規分野の開拓を推進
  インド、香港、中国、アメリカに計11の販売拠点を開設
  北関東工場ではリサイクル材の取り扱いが3割強に
  TRレジンなどオリジナルグレードの出荷量が増加
  ハイゲンスターはICチップ搬送トレーなどで採用が進む
  樹脂リサイクルの技術開発を推進
  塗装やメッキの剥離、バンパー to バンパーの仕組みを開発

株式会社コテック
  高付加価値路線を展開し、
  エンプラのリサイクル材で独自の存在感を発揮
  和歌山工場の設備を拡充、生産能力を増強するとともに
  完全クリーンルーム化をスタート
  PCコンパウンドは高流動や高摺動のカスタムグレードが好調
  PSUはユーザーや用途の開拓に取り組む

石塚化学産業株式会社
  事業間で相乗効果を創出し、
  多機能型コンパウンドメーカーとして歩みを進める
  タイ現地法人を設立、コンパウンド事業の海外展開を推進
  売上高に占めるリサイクル事業は比率15%へ
  研究開発体制を強化、技術力を磨く環境を整える
  タイ工場はローカル人材の登用を進め、営業サポート等を円滑化
  リサイクル材は工業部品向けに用途が拡大
  自社ブランド「シルバーレン樹脂」でメーカーポジションを高める

永興物産株式会社
  充実した品質試験体制を活かし、
  再生コンパウンドの品質向上を追求
  リサイクル材のグレードをラインナップ
  本社工場の品質管理手法を全拠点に水平展開
  受託加工ではユーザーオリジナルグレードの開発に注力
  廃タイヤのゴムと樹脂の複合技術を開発

調査個表
 リケンテクノス、プラス・テク、三菱化学、大日精化工業、日本ピグメント、東京インキ、
 ダイセルポリマー、出光ライオンコンポジット、ヘキサケミカル、三協化学工業、いその、
 高六商事、コテック、石塚化学産業、永興物産

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。