2014年版 玩具産業白書

本調査レポートでは、「女児玩具」「男児玩具」「模型・ホビー」「基礎玩具」「知育玩具」等、主要分野毎の玩具市場の市場規模を算出し、市場動向を解説するとともに、玩具流通、周辺市場、その他注目市場にもスポットを当てて解説しました。

発刊日
2013/12/26
体裁
A4 / 663頁
資料コード
C55122600
PDFサイズ
8.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:モノ、又はデジタルで提供される、玩具又はゲームに関するコンテンツを取り扱う、製造、流通、インフラ事業者、約300 社
調査方法:事業者への面接取材、アンケート調査、電話調査、弊社独自の資料等により調査を実施
調査期間:2013年10月~2013年12月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 産業分野別市場規模と予測値を掲載
  • 産業分野別市場構造解説と主要プレーヤーの動向を分析
  • 玩具市場にインパクトを与える周辺産業分野の動向を分析
  • 解説市場分野
    ・知育玩具、乳幼児玩具、男子玩具、女児玩具、ホビー、ぬいぐるみ、電子玩具、TVゲーム(ソフト・ハード)、季節玩具、玩具菓子、フィギュア、カプセル玩具、スマホ向けゲーム、玩具小売、玩具卸、玩具流通など
    ・玩具周辺市場動向:幼児教育市場、アミューズメント施設市場、遊園地・テーマパーク市場など

■本資料の概要

第1章 総論
第2章 産業分野別市場動向
第3章 有力事業者の実態
第4章 玩具関連事業者個表

■掲載内容

第1章 総論

1.玩具産業全体動向
2012~2013年度:国内玩具産業の市場規模とモバイル・スマートフォン向けゲーム市場規模が同規模に!
セグメントにより好不調の明暗分かれる!
  (1)玩具市場の概況
    <表>2012~2013年度(もしくは、2012年度、2013年度いずれか)好調・堅調に推移した市場分野とその要因
    <表>主要玩具分野のマーケット概況(2012~2013年度)
  (2)玩具市場の現況/市場規模推移  ~2012年度~2013年度見込み~
    ◇玩具市場規模推移(玩具9品目)/<図>玩具9品目国内市場規模推移
    【玩具8品目・国内出荷市場規模推移】/【玩具8品目・国内小売市場規模推移】
    【玩具9品目・国内出荷市場規模推移】/【玩具9品目・国内小売市場規模推移】
  (3)事業者のグローバル戦略について
    <表>主要商品・コンテンツの展開事例
    <表>グローバル展開状況・今後の展開方針
2.玩具メーカーの動向
  ①メーカーの全体動向
    ●従業員数、製造事業所数とも経年では減少傾向
    ◇玩具関連事業所・従業員数推移
    ●玩具関連出荷額は減少傾向が続く
    ◇玩具関連事業所別出荷額推移
    ◇玩具関連 品目別出荷金額及び事業所数(従業員4人以上の事業所)  関連15項目
  ②大手玩具メーカーの業績・戦略概況
    【各企業の動向】
  ③テレビゲームメーカーの動向
    【市場概要】
    ■テレビゲームソフト・ハードメーカーデータ比較
    ◇連結売上高/◇海外売上高◇販売費及び一般管理費等
    ◇項目別ランキング(2012年度金額ベース/2012年度売上高比率ベース)
    【市場動向及び今後の見通し】
    ●通信機能を活かしたプロモーションに注力
    ●2013年のゲーム機販売は低調も、2014年に巻き返し図る
    ●ソフト各社は通信機能への対応強化とマルチプラットフォーム戦略に注力
    ●メディアとの連携でプロモーションの強化図る
3.玩具卸業の動向
    ●玩具問屋業界の寡占化・構造変化進む
    ●(株)ハピネットがトイズユニオン(株)を買収
    ●収益性の高い事業への模索強まる
    ◇玩具・TVゲーム主要卸売問屋業績推移(表)
4.玩具小売業者の動向
    ●玩具流通チャネルの変遷について
    <図>玩具流通チャネル比率(2012年度・テレビゲーム含む)
    ●玩具専門店の数は減少傾向が続く
    <表>玩具・小売状況/<表>有力玩具関連小売の販売状況
    ●玩具分野もEC化が年々進行
    <図>BtoC-EC市場規模及びEC化率
    ●大手専門チェーン店の概況
    【チャネル別の状況】
    ●家電量販店
    ○玩具取扱額ランキング(家電量販店)
    ●インターネット販売
    ●GMS・SC
    ○玩具取扱額ランキング(GMS・SC)
    ●コンビニエンスストア(CVS)
    ○玩具取扱額ランキング(コンビニエンスストア)
    ●玩具専門店(個店)
    ●メーカー直営店
5.消費支出動向
    ●2012年は、1世帯当たりの年間消費支出額が増加に転じる
    ◇1世帯当たり年間消費支出推移
    ●テレビゲームへの支出はわずかながら増加、テレビゲームを除く玩具の支出は  
    1年おきに増減を繰り返すも堅調に推移
    <図>テレビゲーム支出金額推移(年間/世帯あたり)
    ●教育費は安定的に確保される傾向、電話通信料はスマートフォンの普及により増加
    <図>教育費推移(年間/世帯あたり)
    ●少子高齢化及び人口減の進行に伴い、国内玩具市場は停滞が予測される
    ●販売・宣伝のチャネルとしインターネットはより重要なツールへ

第2章 産業分野別市場動向

Ⅰ.玩具産業分野別市場動向
  1.電子玩具市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タカラトミー/タカラトミーアーツ/セガトイズ/マテル・インターナショナル/エポック社/
    メガハウス
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●家電量販店/●eコマース/●GMS/
    ●玩具専門店/●百貨店/●その他
    <図>電子玩具流通チャネル比率(2012年度)
    【電子玩具市場の構成】
  2.模型・ホビー市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タミヤ/京商/青島文化教材社/壽屋
    【販売チャネル動向】●ホビーショップ/●eコマース/●家電量販店/
    ●玩具専門チェーン店/●GMS/●その他
    <図>模型・ホビー商品流通チャネル比率(2012年度)
    【模型・ホビー市場の構成】
  3.男児キャラクター玩具・男児玩具市場
    ①男児キャラクター・男児玩具全般
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】タカラトミー/バンダイ/セガトイズ/
    コナミデジタルエンタテインメント/エポック社/マテル・インターナショナル
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●eコマース/●家電量販店/
    ●GMS/●コンビニエンスストア/●玩具専門店/●百貨店/●その他
    <図>男児玩具流通チャネル比率(2012年度)
    【男児キャラクター玩具・男児玩具市場の構成】
    ②トイラジコン市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】シー・シー・ピー/タカラトミー/京商
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●家電量販店/●GMS/
    ●eコマース/●ホビーショップ/●その他
    <図>トイラジコン流通チャネル比率(2012年度)
    【トイラジコン市場の構成】
  4.女児キャラクター玩具・女児玩具市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タカラトミー/タカラトミーアーツ/セガトイズ/
    エポック社/パイロットインキ/マテル・インターナショナル/ピープル
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●GMS/●eコマース/●家電量販店/●玩具専門店/●百貨店/
    ●その他
    <図>女児玩具流通チャネル比率(2012年度)
    【女児キャラクター玩具・女児玩具市場の構成】
  5.ゲーム類(アナログゲーム)市場
    【定義】
    【市場動向】
    <図>ゲーム類市場推移(国内出荷ベース・億円)
    【主要事業者動向】エポック社/エンゼルプレイングカード/任天堂/
    タカラトミー/バンダイ/メガハウス/マテル・インターナショナル/ビバリー/
    ハナヤマ
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●家電量販店/●玩具専門店/
    ●GMS/●eコマース/●百貨店/●その他
    <図>アナログゲーム流通チャネル比率(2012年度)
    【ゲーム類市場の構成】
  6.季節・雑玩具市場
    【定義】
    【市場動向】
    <図>季節・雑玩具市場推移(国内出荷ベース・億円)
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●GMS/●eコマース/●玩具専門店/●家電量販店/●雑貨店/
    ●その他
    <図>季節玩具流通チャネル比率(2012年度)
  7.基礎玩具市場
    ①知育・乳幼児玩具市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】レゴジャパン/ボーネルンド/パイロットインキ/
    コクヨS&T/カワダ/くもん出版/ピープル/マテル・インターナショナル/
    その他事業者
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●GMS/●家電量販店/●eコマース/●百貨店/●雑貨店/
    ●玩具専門店/●ホームセンター/●書店
    <図>知育・乳幼児玩具流通チャネル比率(2012年度)
    ②ジグソーパズル市場
    【市場動向】
    【主要事業者動向】テンヨー/エンスカイ/ビバリー/エポック社/やのまん
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●家電量販店/●玩具専門店/●GMS/●ホームセンター/●雑貨店/
    ●書店/●eコマース/●文房具店/●百貨店/●その他
    <図>ジグソーパズル流通チャネル比率(2012年度)
    【ジグソーパズル市場の構成】
    【基礎玩具市場推移】
  8.ぬいぐるみ・人形市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】ナカジマコーポレーション/タカラトミーアーツ/セキグチ
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●GMS/●eコマース/
    ●家電量販店/●玩具専門店/●雑貨店/●百貨店/●その他
    <図>ぬいぐるみ流通チャネル比率(2012年度)
    【ぬいぐるみ・人形市場の構成】
  9.テレビゲームハード市場
    【市場動向】
    ●2012年は「Wii U」と「ニンテンドー3DS LL」で市場活性化/
    ●2013年のゲーム機販売は低調に推移/
    ●スマーフォンゲームへのシフトにビジネスモデルの変革が課題/
    ●次世代ゲーム機競合で再活性の可能性/
    ●市場は6年ぶりに一時回復するも、2013年度は再び減少へ
    【TVゲームハード国内出荷額】
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●eコマース/●家電量販店/
    ●GMS/●ゲーム専門店/●その他
    <図>テレビゲーム(ハード)流通チャネル比率(2012年度)
  10.テレビゲームソフト市場
    【市場動向】
    ●2012年のミリオンセラーは前年同数の3タイトル/
    ●ソフト各社も通信機能への対応強化/
    ●マルチプラットフォーム戦略で開発費を抑制、利益を最大化/
    ●メディアと連携、プロモーションの強化図る/
    ●新型機効果も及ばず市場縮小続く
    【TVゲームソフト国内出荷額】
    【主要事業者動向】任天堂/スクウェア・エニックス/カプコン/コーエーテクモゲームス/バンダイナムコゲームズ/
    セガ
    【販売チャネル動向】●eコマース/●家電量販店/●玩具専門チェーン店/
    ●GMS/●ゲーム専門店/●コンビニエンスストア/
    ●その他
    <図>テレビゲームソフト流通チャネル比率(2012年度)
  11.オンラインゲーム市場
    【定義】
    【分類定義】
    【市場動向】
    【オンラインゲーム市場規模】
    【主要事業者動向】ガンホー・オンライン・エンターテイメント/NHN PlayArt/ネクソン/ゲームポット/
    エヌ・シー・ジャパン/スクウェア・エニックス/コーエーテクモゲームス/ゲームオン
  12.モバイル・スマートフォンゲーム市場
    【定義】
    【市場動向】
    【モバイル・スマートフォンゲーム市場規模推移】
    ●ソーシャルゲームの成長が続く / ●ハード・ソフト既存大手も市場対応に動く
    【主要事業者動向】ディー・エヌ・エー/グリー/ジー・モード/その他
  13.玩具菓子市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/カバヤ食品/フルタ製菓/リーメント/タカラトミーアーツ/江崎グリコ/エフトイズ・コンフェクト
    【販売チャネル動向】●GMS、スーパーマーケット/●コンビニエンスストア/●玩具専門チェーン店/●eコマース/●その他
    <図>玩具菓子流通チャネル比率(2012年度)
    【玩具菓子市場の構成】
  14.カプセル入り玩具市場
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タカラトミーアーツ/エポック社/海洋堂/奇譚クラブ
    【販売チャネル動向】●GMS/●アミューズメント施設/●玩具専門チェーン店/●家電量販店/●駅/
    ●ホビーショップ/●コンビニエンスストア/●外食チェーン店/●その他
    <図>カプセル玩具流通チャネル比率(2012年度)
    【カプセル入り玩具市場の構成】
  15.フィギュア市場
    【定義】
    【分類・素材】
    【市場動向】
    <図>フィギュア市場推移(国内出荷ベース・億円)
    【主要事業者動向】グッドスマイルカンパニー/バンダイ/壽屋/ボークス/メディコム・トイ/海洋堂/メガハウス
    【販売チャネル動向】●eコマース/●家電量販店/●ホビーショップ/●メーカー直販/●雑貨店/
    ●玩具専門チェーン店/●GMS/●その他
    <図>フィギュア流通チャネル比率(2012年度)
  16.ハイターゲットトイ市場
    【定義】
    【市場動向】
    【ハイターゲットトイ市場推移】
    【主要事業者動向】バンダイ/セガトイズ/タカラトミーアーツ/エポック社/タミヤ/京商/グッドスマイルカンパニー/壽屋
  17.トレーディングカードゲーム市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】コナミデジタルエンタテインメント/ブシロード/タカラトミー/バンダイ/ポケモン/ブロッコリー
    【販売チャネル動向】●トレーディングカード専門店/●玩具専門チェーン店/●GMS/●家電量販店/
    ●コンビニエンスストア/●eコマース/●ホビーショップ/●その他
    <図>トレーディングカードゲームチャネル比率(2012年度)
    【トレーディングカードゲーム市場の構成】
Ⅱ.玩具周辺産業の分野別市場動向
  1.幼児英才教育市場の動向
    【市場動向】
    <図>幼児英才教育市場推移
    <図>学校種別・年齢別「学校外活動費総額」推移
    <図>学校種別・年齢別「学習塾費」推移(幼稚園)
    【玩具産業への影響】
  2.幼児・子ども英会話教室市場の動向
    【市場動向】
    <図>幼児・子供向け英会話教室・市場規模
    【玩具産業への影響】
  3.eコマース市場の動向
    ●BtoBのeコマース市場は堅調に拡大、業種間のEC化率に大きな差異/
    ●BtoCのeコマースは着実に拡大、玩具のEC化率も
    <表>電子商取引 BtoB 業種別市場規模(狭義EC)/<図>電子商取引BtoBの市場規模
    <表>電子商取引 BtoC 業種別市場規模/<図>電子商取引 BtoC市場規模
    【玩具産業への影響】
  4.アミューズメント施設市場の動向
    【市場動向】
    <図>国内アミューズメント産業の市場規模
    【玩具産業への影響】
  5.分冊百科市場の動向
    【市場動向】
    <図>分冊百科市場規模推移
    【玩具産業への影響】
  6.スマートフォン市場の動向
    【市場動向】
    <図>日本市場 スマートフォン出荷台数推移
    【玩具産業への影響】
Ⅲ.中国における玩具市場動向~Special Topic~
  1.中国玩具市場の概況
    【概況】
    【市場規模】
    <図>中国国内玩具市場規模推移(小売額ベース)
    【市場構造】<基本構造>
    <産業集積地>/<有力玩具製造企業>
    <表>玩具製造企業売上トップ10
    <表>玩具製造企業利益トップ10
    <法律法規の動向>
  2.商品動向
    <中国で売れている商品/アニメ関連玩具>
    <ネットゲーム派生玩具>
    <価格動向>
    <図表>主要企業企業商品価格帯
  3.中国の子供の消費傾向について
    <子供の小遣い>
    <図>主要5都市の子供が受取る年間小遣い(2010年)
    <年代別消費行動>
    <表>中国の児童が放課後によく買うもの(2009年)/
    <表>中国の児童が休日に良く買うもの(2009年)
    <子供の消費に関する流通チャネル>
    <注目の「80后」>

第3章 有力事業者の実態

Ⅰ-a.玩具メーカー<ケーススタディ>

■青島文化教材社
  1.業績概況/●主力商品の販売に苦戦
  2.有力商品・サービス概況/①実車シリーズ(プラモデル)/②ウォーターラインシリーズ/
  ③デコトラシリーズ(プラモデル・ラジコン)/④ダイキャストミニカー
  3.事業体制・事業戦略動向/●プロモーション活動について/●商品開発について
  4.業績見通・課題/●キャラクターコンテンツを絡めた商品展開に注力/●若年層の取り込み

■エポック
  1.業績概況/●2013年3月期は売上高前年比微減/●海外売上の拡大が続く
  2.有力商品・サービス概況/①シルバニアファミリー/②アクアビーズ/
  ③ホイップる/④野球盤/⑤サッカー盤/⑥「スーパーマリオ」シリーズ/⑦ジグソーパズル
  3.事業体制・事業戦略動向/●プロモーション、広告等について/●生産体制・販売チャネルについて
  4.業績見通・課題/●国内外で拡販進める

■海洋堂
  1.事業概況/●フィギュアの企画力と技術力を生かし、カプセル玩具市場に参入
  2.有力商品・サービス概況/●リボルテックシリーズ/●カプセルミュージアム/●カプセルQ
  3.事業体制・事業戦略動向/●職人集団として少数精鋭を貫く/
  ●アンテナショップとして直営店「ホビーロビー東京」を運営/●30周年記念「海洋堂フィギュアワールド」を開催
  4.事業見通・課題/●ユーザー層拡大のため、文化的なフィールドでの展開を強化

■京商
  1.業績概況/●2013年3月期は前後半で好不調の波が分かれる状況に
  2.有力商品・サービス概況/①ラジコン②ダイキャストミニカー
  3.事業体制・事業戦略動向/●創立50周年事業/●商品開発に注力

■グッドスマイルカンパニー
  1.業績概況/●業績拡大も成長率は鈍化
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュアの製造・販売/②他社製品の販売請負
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●「グッドスマイル&カラオケの鉄人カフェ」の展開/●プロモーション活動について/
  ●流通体制の改革、「フィギュア」のイメージアップ・ユーザー層拡大
  4.業績見通・課題/●経営基盤の強化、人材育成や市場の活性化を目指す

■くもん出版
  1.業績概況/●業績は前年比微減
  2.有力商品・サービス概況/①くるくるチャイム②NEW スタディ将棋/
  ③くもんのジグソーパズルシリーズ/④NEW日本地図パズル/⑤メモリーたまご/
  ⑥わごむパターンボード/⑦カード
  3.事業体制・事業戦略動向/●本社を移転/●商品コンセプトを明確化/
  ●店頭営業を重視
  4.業績見通・課題/●「玩具」の認知向上が課題

■壽屋
  1.業績概況/●増収増益となったものの、成長率は鈍化
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュア/②プラモデル/③その他雑貨等
  3.事業体制・事業戦略動向/●直営店をアンテナショップとして活用/
  ●広報・宣伝について/●国内外で優秀な人材の育成・定着に努める
  4.業績見通・課題/●引き続き海外市場の拡大を目指す/●事業の多角化、ターゲット層の拡大

■シー・シー・ピー
  1.業績概況/●フライトトイシリーズのヒットによりプラス成長
  2.有力商品・サービス概況/●R/Cフライトトイ/●R/Cカー
  3.事業体制・事業戦略動向/●商品開発・販売促進戦略
  4.業績見通・課題/●商品力で差別化を図り拡大路線へ

■セガトイズ
  1.業績概況/●業績は拡大傾向に
  2.有力商品・サービス概況/①「ジュエルペット」シリーズ/
  ②「アンパンマン」シリーズ/③「ホームスター」シリーズ④爆丸/
  ⑤甲虫王者ムシキング/⑥キラデコシールアート
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制・生産体制について
  4.業績見通・課題・トピックス/●商材に合わせたマーケティングを実施/
  ●定番ラインの拡大を目指す

■セキグチ
  1.業績概況/●モンチッチ誕生40周年事業を軸にプラス成長
  2.有力商品・サービス概況/①モンチッチ/②キャラクターぬいぐるみ/③momokoDOLL
  3.事業体制・事業戦略動向/●「モンチッチ」40周年事業/●オフィシャルショップとの取組み
  ●メディアを活用したプロモーション戦略
  4.業績見通・課題/●モンチッチのブランド価値向上を目指す/
  ●20代から30代の中心顧客層に加え、若年層の取り込みにも注力/
  ●生産コスト高による、商品の品質維持と利益率の維持とのバランスに課題

■関水金属
  1.業績概況/●2013年5月期は定番商品、ライト層向け商品ともに苦戦
  2.有力商品・サービス概況/●Nゲージ鉄道模型のパイオニア、世界のトップブランドへ
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制/
  ●社内一貫生産体制で培われた技術力・製品開発力/
  ●初心者層の拡大とコア層向け製品の開発/●販促方法について
  4.業績見通・課題/●2014年5月期における年末商戦の重点的な取り組み

■タカラトミー
  1.業績概況/●2013年3月期は減収減益/●2014年3月期は収益改善傾向
  2.有力商品・サービス概況/①トミカ/②プラレール/③トランスフォーマー/
  ④デュエル・マスターズ/⑤メタルファイトベイブレード/⑥リカちゃん/⑦こえだちゃん/
  ⑧ポケモン関連/⑨バトロボーグ/⑩アニア/⑪ディズニー関連
  3.事業体制動向/●再生に向けた構造改革を推進/●体制強化/●宣伝・PRについて/
  ●生産体制について/●直営店舗運営による情報発信、マーケティング
  4.今後の事業戦略・課題/●ライフスタイルに合わせた商品展開/●今後の課題と展望について

■タカラトミーアーツ
  1.業績概況/●「プリティーリズム」「LINE」などの主要コンテンツがプラス成長を後押し
  2.有力商品・サービス概況/①ガチャ(カプセル玩具)/②アミューズメント筐体/③ぬいぐるみ/④キャンディトイ/
  ⑤バラエティトイ
  3.事業体制・事業戦略動向/●プロモーション戦略/●販売チャネルの拡大や購入機会を増やす取り組み/
  ●海外展開について
  4.業績見通・課題/●2013年度の年末年始商戦は5つのアイテムに注力

■タミヤ
  1.業績概況/●スケールモデル、ミニ四駆を中心に業績は堅調に推移
  2.有力商品・サービス概況/①プラモデル(スケールモデル)/②ミニ四駆/
  ③RCモデル(ラジコンカー)
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●イベントや大会を積極的に開催し、ホビー人口の拡大とタミヤブランドの向上に努める/
  ●海外での販売強化にも注力/●営業活動について
  4.業績見通・課題/●人気のスケールモデルやミニ四駆の商品開発やプロモーションに注力

■デアゴスティーニ・ジャパン
  1.業績概況/●分冊百科販売の最大手
  2.有力商品・サービス概況/●週刊「ロビ」の発売/●好評な鉄道系の商品/
  ●車・航空・ミリタリーのミニチュアモデルに人気/
  ●学習できる商品や昔のドラマが楽しめる商品/
  ●人気ある歴史マガジン
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●デアゴスティーニグループは世界的な分冊百貨企画販売企業/●「ホビコム」のサービス開始

■トミーテック
  1.業績概況/●2012年度は減収減益となったが、2013年度は増収に転換する見込み
  2.有力商品・サービス概況/①「TOMIX」(鉄道模型)/②ジオラマコレクション③コレクションフィギュア/
  ④技MIX(ギミックス)/⑤スケールミニカー
  3.事業体制・事業戦略動向/●他部門と連動した商品企画により、顧客層の拡大を促進/
  ●製品分野ごとに分かれていた事業部を統合し、シナジー効果の拡大を図る/
  ●プロモーション活動について
  4.業績見通・課題/●新規ユーザーの取り込み

■パイロットインキ
  1.業績概況/●女児玩具が好調、業績横ばい
  2.有力商品・サービス概況/①「メルちゃん」シリーズ/
  ②「スイスイおえかき」シリーズ/③バストイシリーズ/④「なかよしコレクション」/
  ⑤コミックタブレット/⑥きらりんシール
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●量販店は家電量販店が売り場面積拡大。アマゾンなど通販も好調続く。/
  ●ライセンスビジネスで新たな収益源の確立に取組む
  4.業績見通・課題/●売り場チャネルの見直しと他業種とのコラボレーション/
  ●スイスイおえかき、メルちゃんを軸に海外販売に注力

■バンダイ
  1.事業概況/
  ●2013年3月期、グループ全体では増収増益も「トイホビー事業」は横ばい/
  ●2014年3月期通期では増収を見込む
  2.有力商品・サービス概況/①「機動戦士ガンダム」シリーズ/
  ②「仮面ライダー」シリーズ/③「スーパー戦隊」シリーズ/④「ウルトラマン」シリーズ/
  ⑤「プリキュアシリーズ」/⑥「アイカツ!」/⑦デジタルカードゲーム/
  ⑧「バトルスピリッツ」/⑨「アンパンマン」
  3.事業体制・事業戦略動向/●キャラクターマーチャンダイジングを核とした事業展開/
  ●店舗支援を重視/
  ●直営店舗の展開や主催イベントの積極開催によるリアルマーケティングの強化/
  ●生産体制について
  4.業績見通・課題/●今後も成長を継続/●海外展開の更なる強化

■ピープル
  1.業績概況/●2013年1月期は売上横ばい、中国製造コストの上昇により減益
  2.有力商品・サービス概況/①幼児・知育玩具/②女児玩具/③自転車・乗り物
  3.事業体制・事業戦略動向/●トイファニチャー事業急激なコスト増で苦戦/
  ●少数精鋭のファブレスメーカー/●販売先と地域/●研究開発投資/
  ●バンダイナムコグループの一員
  4.業績見通・課題/●中国生産リスクについて/●新しいポジションの商品の開発に注力

■ブシロード
  1.業績概況/●同グループ内企業の再編と社名変更
  2.主力商品・サービス概況/●カードゲーム事業/●
  スマートフォンゲーム事業/●キャラクター商品事業・コンテンツプロデュース業務/●出版事業
  3.事業体制・事業動向/●設立の経緯、事業方針/●海外展開
  4.業績見通・課題/●今後の事業動向

■ボーネルンド
  1.業績概況/●業績拡大、人員も大幅に増強
  2.有力商品・サービス概況/①「おさかなシロフォン」/②「キッチンセンター」/
  ③「アクアプレイ」/④「マグフォーマー」/⑤「かんてんネンドstudio」/
  ⑥「ダンシング・サンド」
  3.事業体制・事業戦略動向/●あそび環境の提案事業、施設運営事業を拡充/
  ●販路多様化4.業績見通・課題/●「KID-O-KID」入場者は200万人超の見込/
  ●ハード・ソフトを問わず事業領域拡大

■マテル・インターナショナル
  1.業績概況/●2012年12月期は売上高2桁増、2013年12月期も売上数%増収見込み
  2.有力商品・サービス概況/①フィッシャープライス/②UNO/③バービー/
  ④ディズニー/⑤ホットウィール/⑥モンスター・ハイ/⑦きかんしゃトーマス
  3.事業体制・事業戦略動向/●日本市場に合わせ、商品のローカライズを行う/
  ●トイカンパニーからブランドカンパニーへ脱却
  4.業績見通・課題/●売場支援強化へ/●成長を継続

■メガハウス
  1.業績概況/
  ●「ワンピース」フィギュア人気が落ち着きマイナス成長も、トイ分野は好調に推移
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュア/②ルービックキューブ/③オセロ/
  ④メタルゲーム⑤「ずっ友」シリーズ/⑥タップミー
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●営業機能を各事業部に組み込み、事業部内で商品企画から営業まで手掛ける体制に変更/
  ●プロモーション活動について/●オセロ40周年事業
  4.業績見通・課題/●年末年始商戦では、ゲーム商材を訴求/
  ●海外市場の開拓、生産拠点の拡大に注力

■リーメント
  1.事業動向
  2.有力商品・サービス概況/
  ●オリジナル「ぷちサンプルシリーズ」は、復活祭で人気が再燃し第3弾まで発売/
  ●大ヒットゲームアプリ「パズルアンドドラゴンズ」のキャラクターフィギュアを発売
  3.事業体制・事業戦略動向/●イベントの開催でファンを囲い込む
  4.業績見通・課題

■レゴジャパン
  1.業績概況/●日本をはじめグループ全体で業績を拡大
  2.有力商品・サービス概況/●基本セット/●レゴ マインドストーム/
  ●レゴエデュケーションWeDo/
  ●幼稚園・保育園向け事業(プレスクール事業)/●スクール事業/●レゴ スクール
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●様々な媒体を通じた訴求に加え、商品・サービスを体感できるチャネルの充実化を図る
  4.業績見通・課題/●教育関連ビジネスの拡大を急ピッチで進める

Ⅰ-b.玩具メーカー <調査データ>

アガツマ、池田工業社、イワヤ、ウィズ、ウィズコーポレーション、ウェーブ、エイコー、エスエージーバルーンズ、エスケイジャパン、エフトイズ・コンフェクト、エンスカイ、尾上萬、学研ステイフル、ダイワトーイ、宝興産、東京ローソク製造、童心、友田商会、ニチガン、ハナヤマ、早川玩具、バンプレスト、ヒオキ、フジトーイ、増田屋コーポレーション、丸彰、八幡光雲堂、ヨシリツ

Ⅱ.テレビゲーム/オンラインゲームメーカー

■NHN PlayArt
  1.業績概況/●2012年12月期は前期比71.2%増と飛躍
  2.有力商品・サービス概況/●事業は「ハンゲーム」と「LINEゲーム」の2本柱/
  ●ディズニーキャラクターのゲーム提供/
  ●LINEゲーム以外のオリジナルタイトルも積極提供
  3.事業体制・事業戦略動向/●ゲーム開発人員を増強/
  ●電子書籍事業に新規参入
  4.業績見通・課題/●人員拡充で積極展開図る

■カプコン
  1.業績概況/●2013年3月期は、増収減益で着地
  2.有力商品・サービス概況/①「バイオハザード」シリーズ/
  ②「モンスターハンター」シリーズ/③「ストリートファイター」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略/●メディアミックスによる販売強化/●2013年度の開発動向
  4.業績見通・課題/●開発体制強化、ソフト供給拡大狙う

■ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  1.業績概況/●2012年12月期は‘パズドラ’大ヒットで大幅な増収増益に/
  ●2013年12月期第3四半期も、モバイルコンシューマ事業が大きく伸び好調を維持
  2.有力商品・サービス概況/●「ラグナロクオンライン」シリーズ/
  ●「エミル・クロニクル・オンライン」/
  ●「パズル&ドラゴンズ」/●「ケリ姫クエスト」「ケリ姫スイーツ」
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●事業体制は、PCオンライン事業とモバイルコンシューマ事業の2本の柱/
  ●「パズル&ドラゴンズ」をベースにしたアーケードゲーム開発
  4.業績見通・課題/●生涯顧客(ロイヤルカスタマー)の育成を目指す/
  ●新規価値創造への挑戦/●グローバル市場における成長

■ゲームオン
  1.業績概況/●中長期の成長に向け、国内強化、新規事業、グローバル展開に取り組む
  2.有力商品・サービス概況/●レッドストーン/
  ●Alliance of Valiant Arms/●ポータルサービス事業
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●2013年もスマートフォン向けゲームや独占ライセンス契約など積極展開/
  ●同社の強みは「運営力」と「ローカライゼーション」/
  ●コンビニエンスストアで「JEWEL」発売
  4.業績見通・課題/
  ●国内オンラインゲーム運営事業の強化、新規事業、グローバルビジネス戦略

■コーエーテクモゲームス
  1.業績概況/●コーエーテクモホールディングスは3期連続最高益更新
  2.有力商品・サービス概況/①「信長の野望」シリーズ/②「三國志」シリーズ/
  ③「無双」シリーズ/④「NINJA GAIDEN」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●選択と集中で収益最大化図る/●中長期的な経営戦略
  4.業績見通・課題/●周年事業でコンテンツの強化進める

■コナミデジタルエンタテインメント
  1.業績概況/●2012年度もデジタルエンタテインメント事業は大幅減収
  2.有力商品・サービス概況/①コンシューマゲーム/②SNS/③カードゲーム
  3.事業体制・事業戦略動向/●スマートフォン用ゲームを世界30ヵ国超へ配信/●ロサンゼルスに開発拠点を新設/
  ●アミューズメント機器とオンラインゲームとの連携強化/
  ●業務用ゲーム機の新製品「ミライダガッキ」投入
  4.業績見通・課題/●デバイスの特徴に合わせた遊び方提案を重視/
  ●中長期的な経営戦略

■スクウェア・エニックス
  1.業績概況/●2013年3月期にデジタルエンタテインメント事業は大幅増収で着地
  2.有力商品・サービス概況/①「ドラゴンクエスト」シリーズ/
  ②「ファイナルファンタジー」シリーズ/③「キングダムハーツ」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●「パズル&ドラゴンズ」をベースにしたアーケードゲーム開発/
  ●NTTドコモとスマートフォンおよびタブレットに関する連携を強化/
  ●「ファイナルファンタジー」のモバイル向けソーシャルゲーム「GREE」開始/
  ●ネットを活用したプロモーション戦略に注力
  4.業績見通・課題/●中期的な経営目標/
  ●ファイナルファンタジー不具合修正でドラゴンクエストの開発に遅れ/
  ●新たなプロモーションで女性層開拓

■セガ
  1.業績概況/●ゲーム事業が主力の海外市場を中心に苦戦
  2.有力商品・サービス概況/①アミューズメント機器/②コンシューマ事業
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●「ファンタシースターオンライン2」のサービス地域をアジアに拡大/
  ●中韓台でスマートフォンゲーム配信/
  ●「ニコニコ動画」と提携してスマートフォンゲームへ誘導
  4.業績見通・課題/●2013年3月期はコンシューマ事業の構造改革の成果が期待される/
  ●今後の課題

■ソニー・コンピュータエンタテインメント
  1.業績概況/●2012年度ゲーム分野売上高は減少へ
  2.有力商品・サービス概況/①「プレイステーション2」②「プレイステーション 3」/
  ③「プレイステーション・ポータブル」/④「PlayStationVita」/⑤「プレイステーション4」
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●「プレイステーション3」の後継機「プレイステーション4」投入
  ●次世代機「プレイステーション4」で巻き返し図る/
  ●新しいエンタテインメントシステム「PlayStationVitaTV」発売
  4.業績見通・課題/●グループのコンテンツを活かし、ゲーム事業の強化を図る/
  ●2013年は「PlayStationVita」不振で携帯型ゲーム機販売台数減少

■日本マイクロソフト(日本法人)
  1.業績概況/●ハード・ソフトの出荷金額は減少傾向
  2.有力商品・サービス概況/●オンラインサービス拡充 新OS「Windows 8」との連携も/
  ①「Xbox360」/②Xbox LIVE/③Xbox Video/④Xbox SmartGlass/⑤Xbox Music/
  ●米国マイクロソフトの新型機、「Xbox One」投入
  3.事業体制・事業戦略動向/●2014年国内Vbox One投入で巻き返し図る
  4.業績見通・課題/●「Xbox One」でスマートフォンに攻勢かける

■任天堂
  1.業績概況/●4期連続の減収ながら、利益は黒字化へ
  2.有力商品・サービス概況/①ニンテンドーDS/②Wii/③ゲームソフト
  3.事業体制・事業戦略動向/●誰もが楽しめる新しい娯楽を世界に発信/
  ●Wiiは生産終了へ/●ダウンロード販売を新たな活路に
  4.業績見通・課題/●2013年度業績予想は売上、利益とも大幅増/●中長期的な目標

■ネクソン
  1.業績概況/●連結業績は大幅な増収増益
  2.有力商品・サービス概況/●メイプルストーリー/●マビノギ/●アラド戦記
  3.事業体制・事業戦略動向/●モバイル事業の一層の拡大図る
  ●認知度向上を目的としたパブリシティを積極展開/●米ゲーム開発会社と資本・業務提携
  4.業績見通・課題/●M&A及び投資活動を通じて競争力強化
  ●海外事業を積極拡大/●中長期的な経営戦略

■バンダイナムコゲームス
  1.業績概況/●家庭用ゲームが好調、2013年3月期も増収増益に
  2.有力商品・サービス概況/①旧バンダイレーベルのゲームソフト/
  ②ナムコレーベルのゲームソフト/
  ③バンプレストレーベルのゲームソフト/
  ④バンダイナムコゲームス体制後のゲームソフト
  3.事業体制・事業戦略動向/●「東京ゲームショウ2013」へ60作品以上出展/
  ●ゲーム家庭機に無料配信/
  ●製品開発部門が「(株)バンダイナムコスタジオ」として新設分割
  4.業績見通・課題/●コンテンツ価値最大化への取り組み
  ●コンテンツ戦略ビジネスユニットの課題/●中期計画の推進/
  ●コンテンツビジネスユニットの中期ビジョンと重点戦略

Ⅲ.玩具卸売

■石川玩具
  1.業績概況/●大正15年創業の老舗玩具問屋
  2.有力商品・サービス概況/①卸売事業/②新規事業、グッズ製造・販売/
  ③直近ではヒット作なく業績は減少傾向
  3.事業体制・事業戦略動向/●組織・体制について/
  ●新たな事業と流通コスト削減を図る/
  ●流通と商品の多様化。寡占化で規模が必要

■カワダ
  1.業績概況/●2013年5月期は増収増益/●eコマースの構成比が増加傾向
  2.有力商品・サービス概況/①ダイヤブロック/②ナノブロック/③輸入玩具/
  ④国内玩具/⑤「ナノプラス」「ナノゲージ」(新商品)
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●業態ごとに細やかな営業活動、生産の一部を中国からタイへ/
  ●海外向け販売の強化/●プロモーション政策について
  4.業績見通・課題/●オリジナル商品販売強化と海外拡販が課題/
  ●「モノ」ビジネスから「コト」ビジネスへ

■ハピネット
  1.業績概況/●2013年3月期は大幅な減収減益/●2014年3月期の見通し(2013年11月末見込)
  2.有力商品・サービス概況/①玩具/②TVゲーム/③カプセル玩具、キッズカードゲーム
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制について/●更なるシェア拡大に注力
  4.業績見通・課題/●強固な経営基盤構築

■マルカ
  1.業績概況/●アミューズメント施設の不振からコスト負担の増加増える
  2.有力商品・サービス概況/①花火/②ウォーターガン
  ③ドライブタウンシリーズ、のりもの関連商品/
  ④キャラクター商品/⑤アミューズメント
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●花火やアミューズメント施設の売上げ減少で新たな商品の販売チャネルが必要
  4.業績見通・課題/●事業構造の見直しを図り、経営体質の強化に取り組む/
  ●チャネルの拡充・強化を推し進める

Ⅳ.玩具小売

■赤ちゃん本舗
  1.業績概況(玩具事業関連のみ)/●2013年2月期は2年連続で増収増益を計上
  2.有力商品・サービス概況/●玩具においてはベビートイをメインとした品揃えで展開
  3.事業戦略動向/●グループ内GMSに積極的に出店/●店舗内に専門店の導入を実施/
  ●0~6歳に特化した店作り、イクメンや祖父母向けPRも/
  ●パーソナルマーケティングに注力/●インターネット通販サイトの展開
  4.業績見通・課題/●新店舗の展開を継続的に行い、売上拡大を図る

■アマゾンジャパン
  1.業績概況
  2.サービス概況/●アマゾンジャパンにおける玩具事業の取組み/
  ●ブランドサイト強化/●オリジナル商品に対する取組み/
  ●個々人に向けた提案型マーケティングでリピーター増やす
  3.事業体制・事業戦略動向/●新サービスへの取組み状況/●Amazonマー  ケットプレイスへの取組みを重視/
  ●国内最大のフルフィルメントセンターを小田原に開設
  4.業績見通・課題

■キデイランド
  1.業績概況/●キャラクター分野の拡大により順調に増収増益を果たす
  2.有力商品・サービス概況/●「キャラクター」を軸に幅広い品揃え、ギフトにも注力/
  ●店頭プレゼンテーションの強化を図る/
  ●店頭プレゼンテーションの強化を図る/●限定商品への取組み
  3.事業体制・事業戦略動向/●郊外型専門店を出店、新たな出店スタイルを模索中/
  ●集客策及び販促策では店舗の裁量を認める/●ECよりもリアル店舗の展開を重視/
  ●組織体制
  4.業績見通・課題/●売り場づくりや商品づくりの強化に加え、人材育成も重要な課題

■日本トイザらス
  1.業績概況
  2.有力商品・サービス概況/
  ●キッズ向けタブレットを積極展開、小学生ユーザーの取り込みを強化/
  ●自社オリジナル商品を中心にラインナップ強化、差別化を図る/
  ●大型商品のお預かりサービスを開始/
  ●オンラインストアが好調に推移
  3.事業体制・事業戦略動向/●新規出店を拡大-2013年が転換期に/
  ●店づくり-インショップの展開などにより「体験」重視/
  ●法人営業強化
  4.業績見通・課題

■博品館
  1.業績概況/●銀座本店を中心に国内外の観光客需要にも応える店舗展開
  2.主力商品・サービス概況/●オリジナル銀座土産の発売/
  ●オリジナルドールの発売/●銀座本店2012年12月の動向/
  ●銀座本店2013年7月の動向
  3.事業体制・事業戦略動向/●定価販売が可能なリアル店舗を重視

第4章 玩具関連事業者個表

○玩具関連メーカー一覧
○TVゲーム・アミューズメント関連メーカー一覧
○玩具関連問屋一覧
○玩具関連小売業一覧
○その他玩具関連企業一覧

~付属資料~
●参考データ:玩具輸出入動向(表)
●日本アミューズメントマシン工業協会会員名簿
●全日本アミューズメント施設営業者協会連合会会員名簿

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています