2016年版 玩具産業白書

本調査レポートでは、「男児玩具」「女児玩具」「模型・ホビー」「基礎玩具」「知育玩具」等、主要分野毎の玩具市場の市場規模を算出し、市場動向を解説するとともに、玩具流通、周辺市場、その他注目市場にもスポットを当て解説した。

発刊日
2015/12/28
体裁
A4 / 630頁
資料コード
C57122000
PDFサイズ
4.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本書は日本国内の「玩具産業市場」を様々な資料を元に解説するレポートである。ここでいう「玩具産業」は、旧来からある物体として存在する「モノ」としての玩具だけを対象とするのではなく、ネット上のゲームコンテンツや、生活用品、家電、食品などとボーダレスに繋がっている娯楽品も一部含んでいる。産業の進化とともに、従来の「玩具」で捉えきれないものが誕生しており、本書ではなるべくそれらの新市場もカバーし、解説するよう心掛けた。本書が読者のビジネス、研究活動の一助となれば幸いである。
調査対象:モノ、又はデジタルで提供される、玩具又はゲームに関するコンテンツを取り扱う、製造、流通、インフラ事業者、約300社
調査方法:事業者への面接取材、アンケート調査、電話調査、弊社独自の資料等により調査を実施
調査期間:2015年10月~2015年12月

資料ポイント
Close

  • 産業分野別市場規模と予測値掲載
  • 産業分野別市場構造解説と主要プレーヤーの動向
  • 玩具市場にインパクトを与える周辺産業分野の動向
  • 今回の2大特集記事として、以下を実施
    ・有力小売店に玩具のインバウンド需要状況をヒアリング
    ・玩具メーカーには、原価率向上に向けた施策等をヒアリング

資料概要
Close

第1章 総論
第2章 産業分野別市場動向
第3章 有力事業者の実態
第4章 玩具関連事業者個表

リサーチ内容

■掲載内容

~調査結果のポイント~

<表>主要玩具分野のマーケット概況①(2014~2015年度)
<表>主要玩具分野のマーケット概況②(2014~2015年度)

第1章 総論

1.玩具産業全体動向
  (1)玩具市場の現況/市場規模推移 ~2014年度~2015年度見込み~
    ◇玩具市場規模推移(玩具9品目)/<図>玩具9品目国内市場規模推移
    【玩具8品目・国内出荷市場規模推移】/【玩具8品目・国内小売市場規模推移】
    【玩具9品目・国内出荷市場規模推移】/【玩具9品目・国内小売市場規模推移】
  (2)各事業者のグローバル戦略について
    <表>主要商品・コンテンツの展開事例
    <表>今後の展開方針
  (3)各事業者のインバウンド需要について(特集)
    <表>インバウンド状況
  (4)原価率上昇に対する各事業者の対応状況について(特集)
    <表>原価率上昇に対する対応状況
2.玩具メーカーの動向
  ①メーカーの全体動向
    ●従業員数、製造事業所数ともに減少傾向が続く
    ◇玩具関連事業所・従業員数推移
    ●2013年は7.0%増(玩具関連15項目の合計出荷額)
    ◇玩具関連事業所別出荷額推移
    ◇玩具関連 品目別出荷金額及び事業所数(従業員4人以上の事業所)関連15項目
  ②大手2大玩具メーカーの業績・戦略概況
  ③テレビゲームメーカーの動向
    【市場概要】
    <表>TVゲームハード国内出荷額
    <表>TVゲームソフト国内出荷額
    ■テレビゲームソフト・ハードメーカーデータ比較
    <表>◇連結売上高/<表>◇海外売上高/<表>◇販売費及び一般管理費等
    <表>◇項目別ランキング―2014年度金額ベース/<表>◇項目別ランキング―2014年度売上高比率
    【市場動向及び今後の見通し】
    ●各社とも新たな戦略で巻き返し図る
    ●ハード・ソフトメーカーもスマートフォン対応に注力
    ●海外市場拡大の取り組みを加速
    ●マルチプラットフォーム戦略とIPの多角利用進む
    ●現状と今後の見通し
3.玩具卸業の動向
    ●玩具問屋業界の寡占化・構造変化進む
    ●ハピネットがブロッコリーの筆頭株主に
    ●タカラトミーはグループ3社で営業体制を強化
    ●卸以外に収益性が高い事業の展開
    ◇玩具・TVゲーム・模型主要卸売問屋業績推移(表)
4.玩具小売業者の動向
    ●玩具流通チャネルの変遷
    <図>玩具流通チャネル比率(2014年度・テレビゲーム含む)
    ●玩具専門店の数は依然減少傾向
    <表>玩具・小売状況
    ●大手専門チェーン店の概況
    <表>有力玩具関連小売の販売状況
    【チャネル別の状況】
    ●eコマース(インターネット販売)
    ●家電量販店
    ○玩具取扱額ランキング(家電量販店)
    ●GMS・SC
    ○玩具取扱額ランキング(GMS・SC)
    ●コンビニエンスストア(CVS)
    ○玩具取扱額ランキング(コンビニエンスストア)
    ●玩具専門店(個店)
    ●メーカー直営店(実店舗)
    <表>メーカー直営店(実店舗)の事例
5.消費支出動向
    ●2014年は横ばい
    ◇1世帯当たり年間消費支出推移
    ●テレビゲームは微増、玩具は大幅増
    <図>テレビゲーム支出金額推移(年間/世帯あたり)
    /<図>玩具(テレビゲーム除く)支出金額推移(年間/世帯あたり)
    ●教育費は減少傾向、電話通信料はスマートデバイスの普及により増加傾向
    <図>教育費推移(年間/世帯あたり)/<図>電話通信支出推移(年間/世帯あたり)
    ●少子化の進行に伴い、子ども以外の層に訴求する玩具も求められる時代に
    ●販売チャネルとしてインターネットはより重要なツールへ

第2章 産業分野別市場動向

Ⅰ.玩具産業分野別市場動向
  1.電子玩具市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タカラトミー/タカラトミーアーツ/
    セガトイズ/エポック社/メガハウス
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●家電量販店/●eコマース/
    ●GMS/●玩具専門店/●百貨店/●その他
    <図>電子玩具流通チャネル比率(2014年度)
    【電子玩具市場の構成】
    <図・表>電子玩具メーカーシェア
  2.模型・ホビー市場84
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タミヤ/トミーテック/関水金属/京商/東京マルイ
    【販売チャネル動向】●ホビーショップ/●e コマース/●家電量販店/
    ●玩具専門チェーン店/●GMS/●その他
    <図>模型・ホビー商品流通チャネル比率(2014年度)
    【模型・ホビー市場の構成】
    <図・表>模型・ホビーメーカーシェア
  3.男児キャラクター玩具・男児玩具市場
    ①男児キャラクター・男児玩具全般
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タカラトミー/コナミデジタルエンタテインメント/
    エポック社/マテル・インターナショナル
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●e コマース/●家電量販店/
    ●GMS/●コンビニエンスストア/●玩具専門店/●百貨店/●その他
    <図>男児玩具流通チャネル比率(2014年度)
    【男児キャラクター玩具・男児玩具市場の構成】
    <図・表>男児キャラクター玩具・男児玩具メーカーシェア
    ②トイラジコン市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】シー・シー・ピー/タカラトミー/京商
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●家電量販店/●eコマース/
    ●GMS/●ホビーショップ/●その他
    <図>トイラジコン流通チャネル比率(2014年度)
    【トイラジコン市場の構成】
    <図・表>トイラジコンメーカーシェア
  4.女児キャラクター玩具・女児玩具市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タカラトミー/タカラトミーアーツ/セガトイズ/
    エポック社/パイロットインキ/ピープル/マテル・インターナショナル/
    ハナヤマ
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●GMS/●eコマース/
    ●家電量販店/●玩具専門店/●百貨店/●その他
    <図>女児玩具流通チャネル比率(2014年度)
    【女児キャラクター玩具・女児玩具市場の構成】
    <図・表>女児キャラクター玩具・女児玩具メーカーシェア
  5.ゲーム類(アナログゲーム)市場
    【定義】
    【市場動向】
    <図>ゲーム類市場推移(国内出荷ベース・億円)
    【主要事業者(メーカー)動向】エポック社/エンゼルプレイングカード/
    任天堂/タカラトミー/バンダイ/メガハウス/マテル・インターナショナル/ハナヤマ
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●家電量販店/●玩具専門店/
    ●GMS/●eコマース/●百貨店/●その他
    <図>アナログゲーム流通チャネル比率(2014年度)
    【ゲーム類市場の構成】
    <図・表>ゲーム類メーカーシェア
  6.季節・雑玩具市場
    【定義】
    【市場動向】
    <図>季節・雑玩具市場推移(国内出荷ベース・億円)
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●GMS/●eコマース/
    ●玩具専門店/●家電量販店/●雑貨店/●その他
    <図>季節玩具流通チャネル比率(2014年度)
  7.基礎玩具市場
    ①知育・乳幼児玩具市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者(メーカー)動向】レゴジャパン/ボーネルンド/パイロットインキ/
    くもん出版/ピープル/カワダ/マテル・インターナショナル/学研ステイフル/その他事業者
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店(乳幼児製品専門チェーン含む)/
    ●GMS/●家電量販店/●eコマース/●百貨店/●雑貨店/●玩具専門店/●ホームセンター/
    ●書店
    <図>知育・乳幼児玩具流通チャネル比率(2014年度)
    ②ジグソーパズル市場
    【市場動向】
    【主要事業者(メーカー)動向】テンヨー/エンスカイ/ビバリー/エポック社/やのまん
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●家電量販店/●玩具専門店/
    ●GMS/●ホームセンター/●雑貨店/●書店/●e コマース/●文房具店/●百貨店/●その他
    <図>ジグソーパズル流通チャネル比率(2014年度)
    【ジグソーパズル市場の構成】
    <図・表>ジグソーパズルメーカーシェア
    【基礎玩具市場推移】
    <図・表>基礎玩具市場推移
  8.ぬいぐるみ・人形市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】タカラトミーアーツ/セキグチ/ナカジマコーポレーション
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●eコマース/●GMS/
    ●家電量販店/●玩具専門店/●雑貨店/●百貨店/●その他
    <図>ぬいぐるみ流通チャネル比率(2014年度)
    【ぬいぐるみ・人形市場の構成】
    <図>ぬいぐるみ・人形メーカーシェア/<表>ぬいぐるみ・人形市場規模
  9.テレビゲームハード市場
    【市場動向】
    ●2014年度以降は再び減少へ
    【TVゲームハード国内出荷額】
    <表>テレビゲームハード・機種別国内出荷数量
    ●2014年ハードゲームメーカーの動向/●規制緩和受け中国市場でゲームハード競合/
    ●スマートフォン対応を含め新たなプラットフォーム作りを目指す
    【販売チャネル動向】●玩具専門チェーン店/●eコマース/●家電量販店/
    ●GMS/●ゲーム専門店/●その他
    <図>テレビゲーム(ハード)流通チャネル比率(2014年度)
  10.テレビゲームソフト市場
    【市場動向】
    ●「プレイステーション4」導入効果も限定的で2014年の市場は縮小
    【TVゲームソフト国内出荷額】
    <表>テレビゲームソフト国内出荷数量(機種別)
    ●2014年主要各社のソフト販売は大幅減/●ユーザーの遊び方の変化に沿ったマーケティング強化/
    ●IPの他分野へ活用が拡大/●規制緩和で中国が大きな市場へ
    【主要事業者動向】任天堂/スクウェア・エニックス/カプコン/
    コーエーテクモゲームス/バンダイナムコエンターテインメント/セガゲームス
    【販売チャネル動向】●e コマース/●家電量販店/●玩具専門チェーン店/
    ●GMS/●ゲーム専門店/●コンビニエンスストア/●その他
    <図>テレビゲームソフト流通チャネル比率(2014年度)
  11.玩具菓子市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者(メーカー)動向】バンダイ/カバヤ食品/タカラトミーアーツ/
    フルタ製菓/リーメント/江崎グリコ/エフトイズ・コンフェクト
    【販売チャネル動向】●GMS、スーパーマーケット/●コンビニエンスストア/
    ●玩具専門チェーン店/●eコマース/●その他
    <図>玩具菓子流通チャネル比率(2014年度)
    【玩具菓子市場の構成】
    <図>玩具菓子メーカーシェア/<表>玩具菓子市場規模推移
  12.カプセル入り玩具市場
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タカラトミーアーツ/奇譚クラブ/エポック社/海洋堂
    【販売チャネル動向】●GMS/●アミューズメント施設/●玩具専門チェーン店/
    ●家電量販店/●駅/●コンビニエンスストア/●外食チェーン店/●ホビーショップ/●その他
    <図>カプセル玩具流通チャネル比率(2014年度)
    【カプセル入り玩具市場の構成】
    <図・表>カプセル入り玩具メーカーシェア
  13.フィギュア市場
    【定義】
    【分類・素材】
    【市場動向】
    <図>フィギュア市場推移(国内出荷ベース・億円)
    【主要事業者動向】グッドスマイルカンパニー/バンダイ/壽屋/メディコム・トイ/
    ボークス/海洋堂/メガハウス
    【販売チャネル動向】●eコマース/●ホビーショップ/●家電量販店/●メーカー直販/
    ●雑貨店/●玩具専門チェーン店/●GMS/●その他
    <図>フィギュア流通チャネル比率(2014年度)
  14.鉄道模型市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】関水金属/トミーテック/マイクロエース/グリーンマックス/
    ハセガワ【鉄道模型市場の構成】
    <図>鉄道模型市場参入事業者シェア(ジオラマ、動力ユニット等を含む)
    <図>鉄道模型市場参入事業者シェア(ジオラマ、動力ユニット等を除く)
    <図>鉄道模型市場規模推移
  15.ハイターゲットトイ市場
    【定義】
    【市場動向】
    <表>ハイターゲットトイ・市場規模/<図>ハイターゲットトイ市場推移
    【主要事業者動向】バンダイ/タカラトミーアーツ/タカラトミー/エポック社/
    タミヤ/京商/グッドスマイルカンパニー/壽屋
  16.トレーディングカードゲーム市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】コナミデジタルエンタテインメント/ブシロード/タカラトミー/
    ポケモン/バンダイ/ブロッコリー/その他
    【販売チャネル動向】●トレーディングカード専門店/●玩具専門チェーン店/
    ●GMS/●家電量販店/●コンビニエンスストア/●eコマース/●ホビーショップ/●その他
    <図>トレーディングカードゲームチャネル比率(2014年度)
    【トレーディングカードゲーム市場の構成】
    <図・表>トレーディングカードゲームメーカーシェア
Ⅱ.玩具周辺産業の分野別市場動向
  1.幼児英才教育市場の動向
    【市場動向】
    <表・図>幼児英才教育市場規模推移
    <表>学校種別「学校外活動費総額」 「学習塾費」推移(幼稚園)/
    <図>幼稚園児「学校外活動費総額」と「学習塾費」の推移
    <表>学校種別・年齢別「学校外活動費総額」推移(幼稚園)/
    <図>幼稚園児 学校種別・年齢別「学校外活動費総額」推移
    <表>学校種別・年齢別「学習塾費」推移(幼稚園)/
    <図>幼稚園児 学校種別・年齢別「学習塾費」推移
    【玩具産業への影響】
  2.幼児・子ども英会話教室市場の動向
    【市場動向】
    <図>幼児英会話教室の市場規模推計
    【玩具産業への影響】
  3.幼児向け英会話教材市場の動向
    【市場動向】
    <図>幼児向け英会話教材市場規模推移
    【玩具産業への影響】
    <表>主要商品比較
  4.eコマース市場の動向
    【市場動向】
    ●BtoBのeコマース市場は前年比5%増
    ●BtoCのeコマースは着実に拡大、玩具のEC化率も
    <表>電子商取引 BtoB業種別市場規模(狭義EC)/
    <図>電子商取引BtoBの市場規模
    <表>電子商取引 BtoC業種別市場規模/<図>電子商取引 BtoC市場規模
    【玩具産業への影響】
  5.アミューズメント施設市場の動向
    【市場動向】
    <表・図>国内アミューズメント産業の市場規模
    【玩具産業への影響】

第3章 有力事業者の実態

Ⅰ-a.玩具メーカー<ケーススタディ>

■青島文化教材社
  1.業績概況/●2014年12月期のホビー事業は2桁伸長にて推移
  2.有力商品・サービス概況/①車シリーズ(プラモデル)/②ウォーターラインシリーズ/
  ③デコトラシリーズ(プラモデル・ラジコン)/④ダイキャストミニカー
  3.事業体制・事業戦略動向/●インターネットを活用した情報発信力を強化/
  ●インドで新たな拠点を稼動/●海外市場の拡大を目指しプロモーション活動を強化
  4.業績見通・課題/●キャラクター連動商品の販売を中心にホビー事業で増収を見込む

■エポック社
  1.業績概況/●2015年3月期も好調に推移/●海外売上の拡大が続く
  2.有力商品・サービス概況/①シルバニアファミリー/②アクアビーズ/
  ③ホイップる/④野球盤/⑤サッカー盤/⑥「スーパーマリオ」シリーズ/⑦ジグソーパズル
  3.事業体制・事業戦略動向/●プロモーション、広告等について/
  ●生産体制・販売チャネルについて
  4.業績見通・課題・展望/●リピート需要を喚起/
  ●アクアビーズを第二のシルバニアとして海外に販売してゆく

■海洋堂
  1.事業概況/●2015年3月期は2桁減収にて推移
  2.有力商品・サービス概況/●リボルテックシリーズ/●アッセンブルボーグ/
  ●カプセルQ/●カプセルミュージアム
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●イベント開催やフィギュア関連施設からの情報発信によって業界をリードしていく/
  ●オンラインショップ「海洋堂オンラインショップ」で拡販を目指す
  4.事業見通・課題/●マニアックな新シリーズ「センムの部屋」を新たに展開/
  ●直営店「海洋堂 ホビーロビー門真」をオープンし、新たな情報発信拠点に

■京商
  1.業績概況/●2015年3月期は経済環境の影響により減収
  2.有力商品・サービス概況/①ラジオコントロールモデル/②ダイキャストミニカー/③京商エッグ
  3.事業体制・事業戦略動向/●キャラクターコンテンツを使ったコラボ企画を積極的に展開
  4.事業見通・課題/●2016年3月期は「ドローン」の話題性が後押し/
  ●強みを生かし、ユーザーとともに成長を果たしてゆく

■グッドスマイルカンパニー
  1.業績概況/●国内外におけるフィギュア需要の拡大により、業績は引き続きプラス成長
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュア/
  ②(株)グッドスマイルレーシングによるモータースポーツ事業等の展開/
  ③「グッドスマイル×アニメイトカフェ」の運営
  3.事業体制・事業戦略動向/●スピーディーかつタイムリーに海外需要の取り込みを図る/
  ●フィギュア工場「楽月工場」の開設により、生産性向上と製造方法の最適化を図る/
  ●WEBによる情報発信を積極展開し、ユーザーとのコミュニケーションを強化/
  ●フィギュアの枠を超えた様々なコラボ企画の展開/●ファッショングッズの企画開発・販売を開始
  4.業績見通・課題/●旺盛な海外需要の取り込みによりフィギュア市場の更なる拡大を目指す/
  ●コンテンツ開発への注力により、独自の新しいトレンドの発信を目指す

■くもん出版
  1.業績概況/●業績は好調に推移
  2.有力商品・サービス概況/①ボタンでくみフェルト/
  ②かたちでペッタン!おえかきスタンプ/③くるくるチャイム/
  ④くもんのジグゾーパズルシリーズ/⑤NEW日本地図パズル/⑥メモリーたまご/
  ⑦わごむパターンボード/⑧カード
  3.事業体制・事業戦略動向/●商品コンセプトを明確化/●店頭プロモーションを重視
  4.業績見通・課題/●「玩具」の認知向上が継続的な課題

■壽屋
  1.業績概況/●2015年6月期は、伸長率は鈍化するも増収での推移
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュア/②プラモデル/③その他雑貨等
  3.事業体制・事業戦略動向/●様々なメディアを通じてファン層への情報発信に注力/
  ●地域活性化に向けた地元密着型のプロモーション活動を展開/●イベント開催にも注力
  4.業績見通・課題/●海外販売や女子向けマーケットの拡大などに注力/
  ●2016年春完成予定の新本社ビルを拠点に、立川のランドマークとして地域貢献を目指す

■シー・シー・ピー
  1.業績概況/●2014年度は、不採算アイテムを縮小するなど利益体質の向上に注力
  2.有力商品・サービス概況/①R/Cフライトトイ/②R/Cカー
  3.事業体制・事業戦略動向/●メディアプロモーションを強化し、パブリシティへの露出にも注力/
  4.業績見通・課題/●2016年3月期は増収を見込む/
  ●引き続き独自のアイデアを反映させたユニークな商品の供給に注力

■セガトイズ
  1.業績概況
  2.有力商品・サービス概況/①「アンパンマン」シリーズ/
  ②「ジュエルペット」シリーズ/③「ホームスター」シリーズ/
  ④「スプーンペット」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●ライセンスビジネスを本格的に開始/
  ●事業体制について/●生産体制について/●商材に合わせたプロモーションを展開
  4.業績見通・課題・トピックス/●2015年末商戦の目玉は「ディズニー」×「セガトイズ」/
  ●「MY LITTLE Cafe(マイリトルポニーカフェ)」を期間限定オープン

■セキグチ
  1.業績概況/●モンチッチの生誕40周年事業を軸にプラス成長
  2.有力商品・サービス概況/①モンチッチ/②キャラクターぬいぐるみ/
  ③momokoDOLL(モモコドール)
  3.事業体制・事業戦略動向/●オフィシャルショップとの取組みを強化/
  ●メディアプロモーションを積極的に活用/
  ●ライセンスビジネスを強化し、モンチッチブランドの拡大を図る
  4.業績見通・課題/●2016年2月期も増収の見込み/
  ●生産コスト高を背景に、品質や利益率の維持が課題

■関水金属
  1.業績概況/●在庫製品を安定的に供給し、定番品需要を獲得
  2.有力商品・サービス概況/
  ●入門者用のスターターセットの展開により、新規ユーザーの裾野拡大に貢献/
  ●リアルなサウンドを追求した「サウンドボックス」を発売、楽しみ方の幅を拡大
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●「精密さ」「走行性」「耐久性」の3つをテーマとした製品開発を推進/
  ●ユーザーニーズに柔軟に対応した商品展開/●製販一体となった事業展開
  4.業績見通・課題/●Nゲージ生誕50周年イベントを展開し販売訴求を図る/
  ●原材料費高騰への対応

■タカラトミー
  1.業績概況/●2015年3月期は減収減益/●2016年3月期は増収増益を見込む
  2.有力商品・サービス概況/①トミカ/②プラレール/③トランスフォーマー/
  ④デュエル・マスターズ/⑤リカちゃん/⑥こえだちゃん/
  ⑦ポケモン関連(玩具・アミューズメントマシン)/⑧アニア/⑨ディズニー関連/
  ⑩WIXOSS(ウィクロス)/⑪プリパラ/⑫オムニボットシリーズ/
  ⑬リニアライナー(新商品)/⑭ベイブレードバースト(新商品)
  3.事業体制動向/●創業家から経営のプロへ/●新中期経営方針遂行のため組織変更を実施/
  ●新たにバイラルマーケティングに注力/●営業体制について/●生産体制について
  ●直営店舗運営による情報発信、マーケティング
  4.今後の事業戦略・課題・展望/●海外の立て直しが急務/
  ●接点拡大に向け体制を強化/●ブランド強化へ

■タカラトミーアーツ
  1.業績概況/●2015年3月期は「アナ雪」「プリパラ」が大ヒット
  2.有力商品・サービス概況/①ガチャ(カプセル入り玩具)/②アミューズメント筐体/
  ③ぬいぐるみ/④キャンディトイ(玩具菓子)/⑤バラエティトイ
  3.事業体制・事業戦略動向/●インターネットでの話題作りのため商談会を定期的に開催/
  ●新たなチャネルの拡大にも注力/●海外展開について
  4.業績見通・課題・展望/●2016年3月期の見込みについて(2015年12月1日現在)/
  ●付加価値をつけた商品開発をしてゆく

■タミヤ
  1.業績概況/●ミニ四駆はブームから定着化へ
  2.有力商品・サービス概況/①プラモデル(スケールモデル)/②ミニ四駆/
  ③RCモデル(ラジコンカー)
  3.事業体制・事業戦略動向/●自社での企画・製造・アフターサービスにこだわりを持つ/
  ●ユーザーや販売協力店とのコミュニケーションを重視/●海外での販売強化にも注力
  4.業績見通・課題/●イベントでは実車展示を組み合わせた訴求活動に注力

■トミーテック
  1.業績概況/●2015年3月期は、売上高全体は減収も鉄道模型事業、ホビー関連事業ともに増収
  2.有力商品・サービス概況/①「TOMIX」(鉄道模型)/②ジオラマコレクション/
  ③コレクションフィギュア/④技MIX(ギミックス)/⑤スケールミニカー
  3.事業体制・事業戦略動向/●緻密な取材をもとに再現した製品をシリーズ化/
  ●異業種とのコラボや各種イベントにも積極的に参加
  4.業績見通・課題/●「TOMIX」40周年に向けた企画の検討や海外販売にも意欲を見せる

■パイロットインキ
  1.業績概況/●「メルちゃん」シリーズが売上を牽引
  2.有力商品・サービス概況/①「メルちゃん」シリーズ/②「スイスイおえかき」シリーズ/
  ③「バストイ」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●生産拠点は中国がメインも、円安基調が継続し他国も検討/
  ●「メルちゃん」シリーズの販売好調で全チャネルとも好調に推移
  4.業績見通・課題・トピックス/●「メルちゃん」25周年に向けて世界観を順調に拡大/
  ●「アヒル隊長」が環境省のアンバサダーに就任

■ハナヤマ
  1.事業概況/●ファンルームの大ヒットにより過去最高の売上高を記録
  2.有力商品・サービス概況/①「メイキングホビー」シリーズ/②「ゲーム」シリーズ/
  ③「キャストパズル」シリーズ/④「クリスタルギャラリー」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●生産体制について/●販促・プロモーションについて/
  ●海外展開について
  4.業績見通・課題/●「ファンルーム」定番化に向け2015年の年末商戦が正念場

■バンダイ
  1.事業概況/●2015年3月期は過去最高売上高、最高益を記録/
  ●2016年3月期上期のトイホビー事業は前年比2.2%減
  2.有力商品・サービス概況/①「妖怪ウォッチ」シリーズ/
  ②「機動戦士ガンダム」シリーズ/③「仮面ライダー」シリーズ/
  ④「ドラゴンボール」シリーズ/⑤「スーパー戦隊」シリーズ/
  ⑥「それいけ!アンパンマン」/⑦「プリキュア」シリーズ/⑧「アイカツ!」シリーズ/
  ⑨「ウルトラマン」シリーズ/⑩デジタルカードゲーム/
  ⑪たまごっちシリーズ/⑫カプセルトイ/⑬玩具菓子(食玩)
  3.事業体制・事業戦略動向/●キャラクターマーチャンダイジングを核とした事業展開/
  ●2014年10月、インドネシアに現地法人を設立/●売り場づくり支援を引き続き注力/
  ●直営店舗の展開や主催イベントの積極開催によるリアルマーケティングの強化
  4.業績見通・課題・展望/●2016年3月期のトイホビー事業は減収の見込み/
  ●アジアでのNo.1を目指した3カ年計画を開始

■ピープル
  1.業績概況/●2015年1月期も売上は好調
  2.有力商品・サービス概況/①幼児・知育玩具/②女児玩具/③自転車・乗り物
  3.事業体制・事業戦略動向/●バンダイナムコグループの一員/
  ●一部、ベトナムへ生産移転/●前期急増したアメリカ向け販売も数量維持/
  ●研究開発投資について
  4.業績見通・課題・展望/●中間期までは好調推移/●新規事業への取組み状況について

■ブシロード
  1.業績概況/●2015年7月期も増収、順調に業績拡大
  2.主力商品・サービス概況/●トレーディングカードゲーム(TCG)事業/
  ●スマートフォンゲーム事業「ブシモ」/●出版事業
  3.事業体制・事業動向/●マス媒体やWebによるプロモーションを強化/
  ●ショップと協力しファン拡大/●海外にも拠点を拡大/
  ●カードゲームイベント「しろくろフェス2015」開催/
  ●東京ゲームショウ2015に出展/
  ●新カードゲーム「ラブライブ!スクールアイドルコレクション」の発売を発表
  4.業績見通・課題/●2016年7月期の売上目標、計画について

■ブロッコリー
  1.事業概況/●2015年2月期は減収減益ながら5年連続の営業・経常黒字達成
  2.有力商品・サービス概況/●トレーディングカードゲーム/
  ●ゲーム(コンシューマー・PCゲーム)/●音楽(CD)/●グッズ/●オフィシャルストアの展開
  3.事業体制・事業戦略動向/●「Z/X」シリーズで大型イベント開催/
  ●期間限定のオフィシャルショップも人気/●コア層を対象にしたプロモーション
  4.業績見通・課題/●経営方針と事業戦略/●中期目標と今後の課題

■ボーネルンド
  1.業績概況/●業績は順調に拡大
  2.有力商品・サービス概況/①「アクアプレイ」/②「マグフォーマー」/
  ③「かんてんネンドstudio」/④「ダンシング・サンド」/⑤「ムーラン・ロティ」
  3.事業体制・事業戦略動向
  4.業績見通・課題・展望

■ポケモン
  1.事業概況
  2.有力商品・サービス概況/●「ポケットモンスター」関連ソフト/
  ●ポケモンカードゲーム/●映像作品/●グッズ関連/
  ●ポケモン関連商品のオフィシャルショップ「ポケモンセンター」の展開
  3.事業体制・事業戦略動向/●同社の主業務はコンテンツの維持管理とプロデュース/
  ●タイアップやイベントで活性化/●2016年新サービス『Pokémon GO』発表/
  ●全国4都市で公式資格試験を実施
  4.業績見通・課題

■マテル・インターナショナル
  1.業績概況/●2014年12月期も売上高数%増収
  2.有力商品・サービス概況/①フィッシャープライス/
  ②ゲームカテゴリー(UNO・ブロックス)/③ディズニー/④ホットウィール/
  ⑤きかんしゃトーマス/⑥メガブロック(新商品)
  3.事業体制・事業戦略動向/●コアブランドに集中投資/
  ●売り場づくりには更なる注力をしてゆく
  4.業績見通・課題・展望/●2015年12月期も前年度比増を見込む

■メガハウス
  1.業績概況/●2015年3月期は妖怪ウォッチ関連のOEM商品が増収に貢献/
  ●海外売上はフィギュアが牽引し拡大傾向
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュア/②オセロ/③アクションゲーム/
  ④ガールズコスミーシリーズ/
  ⑤子供用タブレット・スマートフォン
  3.事業体制・事業戦略動向/●生産体制は中国から東南アジアにシフトする傾向/
  ●SNSを活用したプロモーションを強化
  4.業績見通・課題/●2016年3月期は横ばいの見込み/
  キーワードを掲げ、オンリーワンとなる商品を企画・開発

■レゴジャパン
  1.業績概況
  2.有力商品・サービス概況/●基本セット(バケツがバージョンアップ)/
  ●レゴマインドストーム/●レゴエデュケーションWeDo/
  ●レゴストーリースターター/●幼稚園・保育園向け事業(プレスクール事業)/
  ●スクール事業/●レゴスクール
  3.事業体制・事業戦略動向
  4.業績見通・課題・展望

Ⅰ-b.玩具メーカー<調査データ>

池田工業社、エイコー、エスケイジャパン、エフトイズ・コンフェクト、尾上萬、
ダイワトーイ、童心、友田商会、ニチガン、バンプレスト、ヒオキ、フジトーイ、
フルタ製菓、ヨシリツ

Ⅱ.テレビゲームメーカー

■カプコン
  1.業績概況/●2015年3月期は、大幅な減収で着地
  2.有力商品・サービス概況/①「バイオハザード」シリーズ/
  ②「モンスターハンター」シリーズ/③「ストリートファイター」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略/●引き続きマルチプラットフォーム展開を推進/
  ●開発体制強化のために新たな研究開発ビル建設/●新機能でユーザー囲い込み図る
  4.業績見通・課題/●今後の見通しと経営戦略

■コーエーテクモゲームス
  1.業績概況/●コーエーテクモホールディングスは5 期連続最高益更新
  2.有力商品・サービス概況/①「信長の野望」シリーズ/②「三國志」シリーズ/
  ③「無双」シリーズ/④「NINJA GAIDEN」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●2016年3月期も「IPの創造と展開」を進め堅調に推移/
  ●「my GAMECITY」をオープンプラットフォーム化
  4.業績見通・課題/●引き続きIP 展開の強化に注力

■コナミデジタルエンタテインメント
  1.業績概況/●2014年度のデジタルエンタテインメント事業は減収増益
  2.有力商品・サービス概況/①コンシューマゲーム/②SNS/③カードゲーム
  3.事業体制・事業戦略動向/●スマートフォン用ゲームを149の国・地域で配信/
  ●今後もソーシャルコンテンツに経営資源を集中/
  ●「The Game Awards 2015」で「METAL GEAR SOLID」が受賞/
  ●テンセントと協業で中国市場にモバイルゲーム配信
  4.業績見通・課題/●中長期的な経営戦略/●これまでの資産を最大限活用し顧客ニーズを掴む

■スクウェア・エニックス
  1.業績概況/●2015年3月期デジタルエンタテインメント事業は増収増益で着地
  2.有力商品・サービス概況/①「ドラゴンクエスト」シリーズ/
  ②「ファイナルファンタジー」シリーズ/③「キングダムハーツ」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●構造改革による体力強化が奏功/
  ●日本発RPG開発スタジオとしてTokyo RPG Factory発足/
  ●「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作をPS4と3DSで同時開発
  4.業績見通・課題/●今後の方針と中期的な経営目標

■セガゲームス
  1.業績概況/●セガグループ再編、新会社設立
  2.有力商品・サービス概況/①アミューズメント機器/②コンシューマ事業
  3.事業体制・事業戦略動向/●新会社3 社の役割/
  ●セブン-イレブンと「ファンタシースターオンライン2」でコラボレーション
  4.業績見通・課題/●中期的な経営戦略と今後の課題/●2015年度のカテゴリー別戦略

■ソニー・コンピュータエンタテインメント
  1.業績概況/●2014年度ゲーム分野売上高はPS4関連が牽引して3割増
  2.有力商品・サービス概況/①「プレイステーション3(PS3)」/
  ②「プレイステーション・ポータブル(PSP)」/
  ③「PlayStation Vita(PS Vita)」/④「プレイステーション4(PS4)」
  3.事業体制・事業戦略動向/●ネットワーク事業をゲーム分野に統合して組織再編/
  ●2015年3月20日、中国市場でPS4・PSV発売/仮想世界演出で次世代メディアのプラットフォーム創造/
  ●PS4が全世界の累計実売台数3,020万台突破
  4.業績見通・課題/●2016年度第2四半期はPS4ソフトが牽引して増収

■日本マイクロソフト(日本法人)
  1.業績概況/●2014年国内ハード出荷金額は「Xbox One」新発売で増加
  2.有力商品・サービス概況/●2014年9月、日本国内で「Xbox One」発売/
  ●中国市場にも「Xbox One」投入/
  ●「Xbox One」と「Windows 10」との連携でさらなる楽しみを提供/
  ●主力商品の概要/①「Xbox360」/
  ②「Xbox One」/③Xbox LIVE/④Xbox Video/⑤Xbox SmartGlass
  3.事業体制・事業戦略動向/●日本マイクロソフト新社長就任、「X box」事業は撤退せず/
  ●中国市場にカスタマイズした販売戦略で拡大狙う
  4.業績見通・課題/●40周年を迎え全社挙げて変革目指す

■任天堂
  1.業績概況/●2014年3月期は減収減益で着地
  2.有力商品・サービス概況/①ニンテンドーDS・3DS・3DSLL/②Wii・Wii U/
  ③ゲームソフト/④amiibo(アミーボ)
  3.事業体制・事業戦略動向/●ディー・エヌ・エーと業務・資本提携/
  ●ニンテンドー3DS専用ソフト、4タイトルがダブルミリオンセラーに
  4.業績見通・課題/●2016年3月期の業績は増収減益を見込む/●今後の事業戦略

■バンダイナムコエンターテインメント
  1.業績概況/●バンダイナムコエンターテインメントの2015年3月期決算は減収減益で着地
  2.有力商品・サービス概況
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業拡張を機に社名を変更/●事業戦略に沿った組織改編実施/
  ●バンダイナムコホールディングスが上海にゲーム事業展開の現地法人設立/
  ●昔のゲームの利用権を開放して収益源化/●IP戦略における有力な出口への対応が急務
  4.業績見通・課題/●中長期的な経営戦略

Ⅲ.玩具卸売

■石川玩具
  1.業績概況/●大正15年創業の老舗玩具卸
  2.有力商品・サービス概況/①卸売事業/②新規事業、グッズ製造・販売
  3.事業体制・事業戦略動向/●組織体制について/●グループ体制について/
  ●新本社での営業を開始

■カワダ
  1.業績概況/●2015年5月期は増収、2016年5月期も増収を見込む/
  ●eコマースの構成比が引き続き増加
  2.有力商品・サービス概況/①ナノブロック/②ダイヤブロック/
  ③「ナノブロックプラス」/④「ナノゲージ」/⑤輸入玩具/⑥国内玩具
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●新業態とのタイアップ強化のため営業一部内に新規事業部を設立/
  ●円安に対しては、企業努力で吸収している状況/●販売のグローバル展開を強化/
  ●TVCMによるプロモーションを開始
  4.業績見通・課題/●3ヵ年計画達成に向け順調な推移/
  ●「モノ」から「コト」へ更なる推進

■タカラトミーマーケティング
  1.業績概況/●3期連続で増収
  2.有力商品・サービス概況/①販社事業について
  3.事業体制・事業戦略動向/●メーカー事業と直営店事業は、2015年4月よりグループ会社へ移管/
  ●グループの営業強化のため組織変更を実施
  4.業績見通・課題/●2016年3月期は増収の見込み(2015年12月時点)/
  ●グループ会社との連動を強化し、買場づくりをしてゆく

■ハピネット
  1.業績概況/●2015年3月期は過去最高の売上高を達成
  2.有力商品・サービス概況/①玩具事業/②TVゲーム/③カプセル玩具、キッズカードゲーム
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制について/●物流体制について
  4.業績見通・課題・トピックス/●2016年3月期の見通し(2015年11月18日時点の見込)/
  ●「第7次中間経営計画」を遂行/●ブロッコリーと資本業務提携を実施

■マルカ
  1.業績概況/●アミューズメント施設の不振から店舗減少
  2.有力商品・サービス概況/①花火/②ウォーターガン/
  ③ドライブタウンシリーズ、のりもの関連商品/
  ④キャラクター商品/⑤アミューズメント
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●花火やアミューズメント施設の売上げ減少で新たな商品の販売チャネルが必要

Ⅳ.玩具小売

■赤ちゃん本舗
  1.業績概況/●4期連続で増収増益
  2.有力商品・サービス概況/●ベビートイをメインとした品揃え
  3.事業戦略動向/●出店動向について/●パーソナルマーケティングに注力/
  ●eコマースはオムニチャンネルに移行
  4.業績見通・課題・展望・トピックス

■アマゾンジャパン
  1.業績概況
  2.サービス概況/●玩具事業の取組みについて
  3.事業体制・事業戦略動向/●動画やスマホ対応に注力
  4.業績見通・課題・展望/●ターゲットごとにきめ細やかなサイトをつくっていく

■キデイランド
  1.業績概況/●2015年3月期売上高、経常利益ともに二桁増を記録
  2.有力店舗・サービス概況/●「キャラクター」を軸としたショップ展開/
  ●キデイランド原宿店の状況/●キデイランド大阪梅田店の状況
  3.事業体制・事業戦略動向/●組織体制について/●エリア毎に運営を任せる/
  ●出店状況について
  4.業績見通・課題・展望/●2016年3月期も増収の見込み/
  ●インバウンド依存型にならないよう、キャラクターの育成が重要

■西松屋
  1.業績概況/●2015年2月期は売上横ばい・経常減益
  2.有力商品・サービス概況/●PB商品「スマートエンジェル」の品揃えを強化
  3.事業戦略動向/●出店動向について/●自社公式ECを開設しネット通販を本格スタート
  4.業績見通・課題・展望・トピックス

■日本トイザらス
  1.企業概要
  2.有力商品・サービス概況/●2015年クリスマストイのトレンドを発表/
  ●紙おむつ「ウルトラプラス」のリニューアルを実施
  3.事業体制・事業戦略動向●ネットと実店舗の連動を強化しシームレス化を加速/
  ●2015年は5店舗の新規出店を実施/●他企業とのコラボレーションを推進/
  ●「ブラック・フライデー」キャンペーンを2年連続で実施/●「低価格保証」を強化/
  ●プレママ向けサービスを強化
  4.業績見通・課題・展望

■博品館
  1.業績概況/●2015年度もインバウンド需要が拡大
  2.主力商品・サービス概況/●オリジナル商品の展開/●旗艦店銀座本店の動向について
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●2015年は「妖怪ウォッチ売場」と「ぬいぐるみ・キャラクター売場」をリニューアル
  4.業績見通・課題・展望/●玩具専門店の強みを生かし、差別化を図る

第4章 玩具関連事業者個表

玩具関連メーカー一覧
TVゲーム・アミューズメント関連メーカー一覧
玩具関連問屋一覧
玩具関連小売業一覧
その他玩具関連企業一覧

~付属資料~
  参考データ:玩具輸出入動向(表)
  日本アミューズメントマシン工業協会会員名簿
  全日本アミューズメント施設営業者協会連合会会員名簿

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています