<市場動向シリーズ>2013 新版 高機能フィルム市場

工業用・産業用フィルムとして幅広い用途で使用されており、日本、韓国、台湾の3極に加え、中国勢の台頭が目立つPETフィルムとその加工品を柱の一つとしております。このほか、耐熱、高硬度HCなど、新たな機能性フィルムについても取り上げました。

発刊日
2013/10/18
体裁
A4 / 67頁
資料コード
C55123320
PDFサイズ
0.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

88,000
80,000
8,000
176,000
160,000
16,000
264,000
240,000
24,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内外の高機能フィルムメーカーの現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、さらに周辺調査を行うことで、ワールドワイドの高機能フィルム市場における現状と今後の動向の把握を目的とする。
調査対象:PETフィルム、プロテクトフィルム、リリースフィルム、耐熱フィルム、ハードコートフィルム
調査方法:直接面接取材をベースに、文献調査を併用。
調査期間:2013年7月~2013年9月

リサーチ内容

■市場動向シリーズとは

矢野経済研究所が発刊した調査レポートの中から、市場動向に関する部分を抜粋、再編集し、まとめたものです。
本レポートは2013年10月7日発刊の弊社自主企画レポート「新版 高機能フィルム市場の展望と戦略 2013」の中から、第2章(PETフィルム市場の徹底分析)、第3章(注目される新規開発フィルム市場の動向)を抜粋、再編集しました。

■本資料のポイント

新版 高機能フィルム市場の展望と戦略(2013年10月7日発刊)を元に、市場動向に関する部分を抜粋、再編集しました
尚、従来掲載しておりました偏光板、位相差フィルムは今回より掲載しておりません。偏光板、位相差フィルムについては、弊社レポート「偏光板・位相差フィルム Semiannual Report」をご参照ください。

■本資料の概要

第1章 PETフィルム市場
第2章 PETフィルム主力用途別市場動向
第3章 PET加工フィルム市場
第4章 注目される新規開発フィルム市場

■掲載内容

第1章 PETフィルム市場

1-1.主要メーカーの光学用途向けPETフィルム販売量推移
1-2.光学用PETフィルム市場規模と地域別メーカーシェア推移
1-3.PETフィルム市場動向
1-4.PETフィルム主要メーカー生産体制(日系メーカー)
1-5.PETフィルム主要メーカー生産体制(韓国・台湾メーカー)
1-6.PETフィルムメーカーの生産体制
1-7.PETフィルム市場の変化と進化
1-8.光学用PETフィルムのニーズと求められる特性
1-9.光学用PETフィルム販売量における主要用途別構成比
1-10.PETフィルム新規用途開発動向
1-11.国内市場におけるメーカー各社のPETフィルム分野別需要動向

第2章 PETフィルム主力用途別市場動向

2-1.バックライト反射板用白色PETフィルム 販売量推移
2-2.タッチパネル向けPETフィルム販売量推移
2-3.タッチパネル向けPETフィルム販売量推移(部材原反のみ)
2-4.タッチパネル部材用PETフィルムの市場動向
2-5.太陽電池バックシート用PETフィルム市場規模推移
2-6.太陽電池バックシート用PETフィルム販売量推移(汎用グレード)
2-7.太陽電池バックシート用PETフィルム販売量推移(高機能グレード)
2-8.太陽電池バックシート用PETフィルムの市場動向

第3章 PET加工フィルム市場

3-1.プロテクトフィルムの概要
3-2.偏光板用プロテクトフィルムの概要
3-3.偏光板用PET系プロテクトフィルムメーカー別トータル販売量
3-4.偏光板用プロテクトフィルムの市場動向
3-5.偏光板用プロテクトフィルムの価格動向
3-6.LCD偏光板メーカーにおけるPET系プロテクトフィルムメーカーシェア
3-7.タッチパネル部材用PET系プロテクトフィルム販売量推移
3-8.タッチパネル部材用プロテクトフィルムの市場動向
3-9.PETプロテクトフィルム主要メーカーの生産体制
3-10.リリースフィルム市場の概況
3-11.偏光板用リリースフィルムメーカー各社の販売量推移
3-12.偏光板用リリースフィルムの市場動向
3-13.主要偏光板メーカーにおけるリリースフィルムメーカーシェア推移
3-14.OCAリリースフィルムの市場動向
3-15.OCAリリースフィルムメーカー各社の販売量推移
3-16.OCA主要メーカーにおけるリリースフィルム調達状況

第4章 注目される新規開発フィルム市場

4-1.注目される新規開発フィルムの動向
4-2.耐熱フィルムの概況
4-3.耐熱フィルム ガラス代替フィルムの概況
4-4.耐熱フィルム ガラス代替以外のフィルムの概況
4-5.高硬度フィルムの概況

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

88,000
80,000
8,000
176,000
160,000
16,000
264,000
240,000
24,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。