超小型モビリティ市場の現状と将来展望

本調査レポートは、国交省および超小型モビリティ参入企業の取り組み、また、類似した車両がすでに存在するEU・中国の現況を分析し、超小型モビリティの普及要因や課題を抽出するほか、市場規模を推計することで今後の展望を行うことを目的とする。

発刊日
2014/02/20
体裁
A4 / 169頁
資料コード
C55119000
PDFサイズ
15.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:超小型モビリティの関連事業を展開する企業、および関連団体・官公庁・自治体
調査方法
・直接面談取材・電話・メール取材を併用
・弊社過去実施の調査データ、業界団体・官公庁等調査資料からの考察
調査期間:2013年8月~2014年2月

資料ポイント
Close

  • 2020、2025年の超小型モビリティ普及台数を予測
  • 自動車メーカーおよび新規参入企業の動向を網羅
  • EU、中国における小型車市場の動向を掲載

資料概要
Close

第1章 超小型モビリティ市場の概況
第2章 超小型モビリティの開発・販売動向
第3章 超小型モビリティ市場の将来展望

リサーチ内容

■掲載内容

第1章 超小型モビリティ市場の概況

1.本レポートで対象とする超小型モビリティの定義と現行法規
  1-1.本レポートで対象とする超小型モビリティの定義(調査対象範囲)
  1-2.本レポートで対象とする超小型モビリティの法令上の位置付け
    ■電動ミニカー
    ■電動トライク
    ■2人乗り小型EV
2.国内の超小型モビリティ市場の現状
  2-1.超小型モビリティの販売状況
  2-2.超小型モビリティが求められる背景
    2-2-1.地球温暖化対策における超小型モビリティ
    ■我が国の自動車利用の現状
    ■電気自動車普及促進の面からも期待される超小型モビリティ
    2-2-2.少子高齢社会の中で求められる超小型モビリティ
    ■高齢者の移動支援として期待される超小型モビリティ
    ■子育て世帯の移動支援としても期待される超小型モビリティ
    2-2-3.超小型モビリティによる新たな市場の創出
    ■国内新車販売の現状と新たな需要創出に期待がかかる超小型モビリティ
  2-3.超小型モビリティ普及に向けた国・自治体・業界団体の取り組み
    2-3-1.国・自治体におけるこれまでの取り組み
    ■超小型モビリティ実証実験~超小型モビリティ導入に向けたガイドライン
    ■超小型モビリティ認定制度創設、導入促進支援事業開始
    2-3-2.業界団体によるこれまでの取り組み
    ■電気自動車普及協議会の取り組み
3.欧州における超小型モビリティ
  3-1.欧州におけるマイクロカー市場の成り立ち
    ■乗用車の前身として古くから存在したマイクロカー
  3-2.欧州におけるマイクロカーの法令上の位置づけ
    ■最高速度・車両重量により区分されるマイクロカー
    ■EU共通の自動車免許制度を2013年1月19日から導入
  3-3.欧州におけるマイクロカー市場の現状
    ■ニッチな市場を形成するマイクロカー
    ■国・自治体等のマイクロカーに関する取り組み
    (1)「RUHRAUTOe」 (ドイツ)
    (2)「Visio.M」 (ドイツ)
    (3)「コリブリ(Colibri)」 (ドイツ)
    (4)「StreetScooter」 (ドイツ)
    (5)「トゥイジー・ウェイ」 (フランス)
    (6)「エコシテ」 (フランス)
    (7)「Hiriko」 (スペイン)
    (8)「CESLA」 (オーストリア、スロベニア)
  3-4.欧州のマイクロカー市場参入企業の動向
    (1)Renault (フランス)
    (2)AIXAM ‐ MEGA (フランス)
    (3)Ligier (フランス)
    (4)Microcar (フランス)
    (5)Bellier (フランス)
    (6)Volkswagen (ドイツ)
    (7)Piaggio Group (イタリア)
    (8)GRECAV (イタリア)
4.中国における超小型モビリティ
  4-1.中国におけるLSEV市場の成り立ち
    ■電動自転車市場の拡大から派生したLSEV市場
  4-2.中国におけるLSEVの法令上の位置付け
  4-3.中国におけるLSEV市場の現状
  4-4.中国のLSEV市場参入企業の動向
    (1)時風集団 SHIFENGGROUP
    (2)河北御捷車業有限公司 YOGOMO
    (3)宝雅集団 Baoya(山東宝雅新能源汽車股份有限公司)
    (4)深圳市陸地方舟新能源電動車集団有限公司 GreenWheelEV
    (5)山東唐駿欧鈴汽車製造有限公司
    (6)比徳文控股集団股份有限公司 BYVIN
    (7)中国新大洋機電集団有限公司
    (8)浙江吉利控股集団 GEELY

第2章 超小型モビリティの開発・販売動向

1.超小型モビリティメーカーの動向
  1-1.自動車メーカーにおける超小型モビリティへの取り組み
    (1)トヨタ自動車株式会社
    (2)日産自動車株式会社
    (3)本田技研工業株式会社
    (4)他の自動車メーカーの取り組み
  1-2.他の企業の超小型モビリティへの取り組み
    (1)コボット株式会社
    (2)NTN株式会社
    (3)株式会社光岡自動車
    (4)有限会社タケオカ自動車工芸
    (5)株式会社TGMY
    (6)株式会社EVジャパン
    (7)株式会社フォーリンクシステムズ
    (8)株式会社E・ミニモ
    (9)その他
2.参入企業の超小型モビリティに対する見解
  2-1.自動車メーカーの見解
  2-2.他の参入事業者の見解

第3章 超小型モビリティ市場の将来展望

1.超小型モビリティ普及に向けての課題
  1-1.安全性の確立
  1-2.利便性の確立
2.超小型モビリティの普及シナリオ
  2-1.2人乗り小型EV規格創設まで
  2-2.2人乗り小型EV規格創設後(軽自動車寄りの規格の場合)
  2-3.2人乗り小型EV規格創設後(ミニカー、トライク寄りの規格の場合)
3.超小型モビリティの普及予測
  ■2人乗り小型EV規格創設まで
  ■2人乗り小型EVが軽自動車寄りの規格の場合
  ■2人乗り小型EVがミニカー、トライク寄りの規格の場合
4.超小型モビリティの自動車産業に与える影響
  4-1.超小型モビリティの市場構造
  4-2.超小型モビリティが軽自動車販売台数に与える影響
  4-3.超小型モビリティが二輪車販売台数に与える影響
  4-4.超小型モビリティが自動車保有台数に与える影響
  4-5.超小型モビリティの海外展開の可能性
  4-6.超小型モビリティが販売チャネルに与える影響
  4-7.超小型モビリティが自動車リース市場に与える影響
  4-8.超小型モビリティがレンタカー市場に与える影響
  4-9.超小型モビリティがカーシェアリング市場に与える影響
  4-10.超小型モビリティが整備市場に与える影響
  4-11.超小型モビリティがカー用品市場に与える影響
  4-12.超小型モビリティがリサイクル市場に与える影響

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。