2014 車載用CFRPの世界需要予測

本調査では国内外の自動車メーカー、炭素繊維メーカー、成形加工メーカー、機器メーカーその他研究機関等へのヒアリングを行うことで、それらの課題を明確化し、かつその課題解決のための各社の取り組み状況を把握する。その上で車載用CFRP(carbon fiber-reinforced plastic,炭素繊維強化プラスチック)の今後の普及パターンを予測していく。

発刊日
2014/08/26
体裁
A4 / 167頁
資料コード
C56108800
PDFサイズ
5.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本調査では国内外の自動車メーカー、炭素繊維メーカー、成形加工メーカー、機器メーカーその他研究機関等へのヒアリングを行うことで、それらの課題を明確化し、かつその課題解決のための各社の取り組み状況を把握する。その上で車載用CFRPの今後の普及パターンを予測していく。
調査対象
(1)調査対象材料:車載用炭素繊維及びCFRP
(2)調査対象企業:自動車メーカー、炭素繊維メーカー、成形加工メーカー、機器メーカー、研究開発機関等
(3)調査対象範囲:ワールドワイド(本調査の市場規模は全て世界市場ベースでの算出である)
調査方法:直接面接取材をベースに文献調査を併用
調査期間:2014年5月~2014年8月

資料ポイント
Close

  • 車載分野での現状のCFRP化動向の把握と、原糸~プリプレグ~成形~異種材料の接合までの流れをワールドワイドで捉え、各工程での技術的課題や各社の改善に向けた取り組みを明らかにする
  • 車載分野でのCFRP化市場規模を2025年まで算出

資料概要
Close

第1章 車載用CFRPを取り巻く現状の世界動向
第2章 主要メーカー動向
第3章 車載用CFRP普及における課題
第4章 将来展望

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 車載用CFRPを取り巻く現状の世界動向

1-1 車載用CFRPへの期待
  1-1-1 環境規制の強化
  1-1-2 CFRPの優位性の明確化
1-2 CFRP採用動向
  1-2-1 自動車でのCFRP採用動向(過去~現在)
  1-2-2 CFRPのへの期待と実用化に向けた世界の取り組み
1-3 CFRP普及に向けた技術開発動向
  1-3-1 炭素繊維
  1-3-2 採用樹脂/採用基材/成形方法
  1-3-3 加工(切断・接着)
  1-3-4 自動車設計(安全)
1-4 CFRPのコスト

第2章 主要メーカー動向

2-1 炭素繊維メーカー
  2-1-1 東レ株式会社/Zoltek Companies, Inc.
  2-1-2 帝人株式会社/東邦テナックス株式会社
  2-1-3 三菱レイヨン株式会社
2-2 自動車メーカー
  2-2-1 トヨタ自動車株式会社
  2-2-2 日産自動車株式会社
  2-2-3 本田技研工業株式会社
  2-2-4 三菱自動車工業株式会社
  2-2-5 General Motors Corporation
  2-2-6 Daimler GROUP
  2-2-7 Ford Motor Company
  2-2-8 Volkswagen GROUP(Volkswagen、Audi、Lamborghini)
  2-2-9 BMW AG
2-3 成形加工/成形加工機械メーカー
  2-3-1 株式会社チャレンヂ(三菱レイヨングループ)
  2-3-2 Dieffenbacher GmbH
2-4 研究開発機関等
  2-4-1 名古屋大学ナショナルコンポジットセンター(NCC)
  2-4-2 いしかわ炭素繊維クラスター/金沢工業大学/革新複合材料研究開発センター(ICC)
  2-4-3 岐阜大学 オートモーティブコンポジット研究会

第3章 車載用CFRP普及における課題

3-1 技術的側面からの課題
  3-1-1 成形品の価格低減
3-2 市場環境面からの課題
  3-2-1 炭素繊維供給能力
  3-2-2 想定される修理費用/保険費用のコストアップ
  3-2-3 リサイクル
  3-2-4 その他

第4章 将来展望

4-1 車載用CFRPの今後のコスト予測
4-2 技術的側面・市場環境的側面からみた各種課題の今後の展望
  4-2-1 技術的側面
  4-2-2 市場環境的側面
4-3 CFRPの今後の適用部品予測
4-4 欧州・日本・米国自動車メーカーのCFRPの今後の採用動向と業界構造の変化
4-5 車載用CFRPの需要量予測(ガソリン、ディーゼル、EV、HEV、PHEV別 成形法別)
  4-5-1 車載用CFRP市場規模(数量ベース)
  4-5-2 車載用CFRP世界市場規模(金額ベース)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。