2014年版 ASEAN自動車リサイクルの実態と展望

ASEAN(アセアン)地域では、高速道路をはじめとしたインフラ整備等、急速なモータリゼーションが始まっており、各国の自動車普及台数は増加の一途を辿っている。しかし、急速に自動車の普及が進む一方、使用済自動車の解体やリサイクルについては、いまだリサイクルシステムや関連法規が未整備な場合が多い。そのため、銅やアルミ等のベースメタルや、触媒・基板に利用されるレアメタルの回収が進まず、多くの資源の行方が不透明である。日本車のシェアが高いこれらのエリアでは、資源確保の観点から早急な対処が必要となるほか、生産者責任に伴う適切なリサイクルも求められており、自動車の効率的なリサイクルは今後さらに重要性を増すと考えられる。一方で、非常に高い日本車シェアを背景に、ASEAN地域には日本製中古部品に対する非常に旺盛な需要があり、日本の自動車リサイクル業界にとって欠かせない中古部品市場でもある。本調査レポートでは以上を踏まえて、中古部品の流通実態および、各国における自動車リサイクルについて調査する。これにより、現状の把握と今後のリサイクルシステム構築に必要となる、基礎情報を収集することを目的とする。

発刊日
2014/09/26
体裁
A4 / 241頁
資料コード
C56112400
PDFサイズ
34.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
660,000
600,000
60,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:中古部品の流通実態および、各国における自動車リサイクルについて調査し、その現状の把握と今後のリサイクルシステム構築に必要となる、基礎情報を収集することを目的とする。
調査対象国:タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ベトナム、ミャンマーの6カ国
調査対象:各国の官公庁、業界団体、新車ディーラー、中古車販売業者、中古部品販売業者、自動車整備業者、自動車解体業者、リサイクル業者 等
調査方法:直接面談取材を基本とし電話・メール取材を併用/弊社過去実施の調査データ、官公庁調査資料からの考察
調査期間:2014年6月~2014年9月

資料ポイント
Close

  • 調査対象国(タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ベトナム、ミャンマーの6カ国)に関して、中古部品の流通状況および自動車リサイクルの実態調査
  • 2013年にベトナムで発表された自動車への拡大生産者責任(EPR)制度導入に伴い、使用済自動車の回収・処理に対する各国の法規制や今後の動向などの最新情報を調査
  • 調査対象国の輸入中古部品市場および、現在から2020年までの使用済自動車発生台数を推計・予測。そこから発生が見込まれるベースメタル(鉄・合金、銅、鉛、アルミ)およびレアメタル(プラチナ、パラジウム、ロジウム)の発生量も推計・予測

資料概要
Close

第1章 日本における中古自動車・中古部品輸出状況
第2章 タイにおける使用済自動車のリサイクル状況
第3章 インドネシアにおける使用済自動車のリサイクル状況
第4章 フィリピンにおける使用済自動車のリサイクル状況
第5章 マレーシアにおける使用済自動車のリサイクル状況
第6章 ベトナムにおける使用済自動車のリサイクル状況
第7章 ミャンマーにおける使用済自動車のリサイクル状況
第8章 ASEAN自動車リサイクル市場の課題および展望

リサーチ内容

■掲載内容

序章 調査要綱

調査サマリー

第1章 日本における中古自動車・中古部品輸出状況

第1節 自動車保有状況
  1-1.自動車保有台数と販売台数の推移
  1-2.自動車保有期間の推移
第2節 使用済自動車の取扱状況
  2-1.自動車リサイクル法の施行
  2-2.使用済自動車の推定発生台数
第3節 調査対象国への輸出動向
  3-1.中古車の輸出
  3-2.中古部品の輸出

第2章 タイにおける使用済自動車のリサイクル状況

第1節 自動車市場概況
  1-1.タイの概要
  1-2.自動車保有・販売台数の推移
第2節 中古車・中古部品輸出入状況
  2-1.中古車の輸出入に関する規制と取扱状況
  2-2.中古部品の輸出入に関する規定と取扱状況
第3節 使用済自動車の発生状況
  3-1.自動車登録・抹消制度
  3-2.使用済自動車の発生台数
第4節 廃棄物および自動車リサイクル関連法規
  4-1.使用済自動車から生じる廃棄物への法規制
  4-2.自動車リサイクル法制定の動き
第5節 タイの使用済自動車流通状況
  5-1.タイの中古部品流通状況
  5-2.自動車解体の現状
  5-3.使用済自動車からの有価金属回収状況

第3章 インドネシアにおける使用済自動車のリサイクル状況

第1節 自動車市場概況
  1-1.インドネシアの概要
  1-2.自動車保有・販売台数の推移
第2節 中古車・中古部品輸出入状況
  2-1.中古車の輸出入に関する規定と取扱状況
  2-2.中古部品の輸出入に関する規定と取扱状況
第3節 使用済自動車の発生状況
  3-1.自動車登録・抹消制度
  3-2.使用済自動車の発生台数
第4節 廃棄物および自動車リサイクル関連法規
  4-1.使用済自動車から生じる廃棄物への法規制
  4-2.自動車リサイクル法制定の動き
第5節 インドネシアの使用済自動車流通状況
  5-1.インドネシアの中古部品流通状況
  5-2.自動車解体の現状
  5-3.使用済自動車からの有価金属回収状況

第4章 フィリピンにおける使用済自動車のリサイクル状況

第1節 自動車市場概況
  1-1.フィリピンの概要
  1-2.自動車保有・販売台数の推移
第2節 中古車・中古部品輸出入状況
  2-1.中古車の輸出入に関する規定と取扱状況
  2-2.中古部品の輸出入に関する規定と取扱状況
第3節 使用済自動車の発生状況
  3-1.自動車登録・抹消制度
  3-2.使用済自動車の発生台数
第4節 廃棄物および自動車リサイクル関連法規
  4-1.使用済自動車から生じる廃棄物への法規制
  4-2.自動車リサイクル法制定の動き
第5節 フィリピンの自動車解体インフラ
  5-1.フィリピンの中古部品流通状況
  5-2.自動車解体の現状
  5-3.使用済自動車からの有価金属回収状況

第5章 マレーシアにおける使用済自動車のリサイクル状況

第1節 自動車市場概況
  1-1.マレーシアの概要
  1-2.自動車保有・販売台数の推移
第2節 中古車・中古部品輸出入状況
  2-1.中古車の輸出入に関する規定と取扱状況
  2-2.中古部品の輸出入に関する規定と取扱状況
第3節 使用済自動車の発生状況
  3-1.自動車登録・抹消制度
  3-2.使用済自動車の発生台数
第4節 廃棄物および自動車リサイクル関連法規
  4-1.使用済自動車から生じる廃棄物への法規制
  4-2.自動車リサイクル法制定の動き
第5節 マレーシアの使用済自動車流通状況
  5-1.マレーシアの中古部品流通状況
  5-2.自動車解体の現状
  5-3.使用済自動車からの有価金属回収状況

第6章 ベトナムにおける使用済自動車のリサイクル状況

第1節 自動車市場概況
  1-1.ベトナムの概要
  1-2.自動車保有・販売台数の推移
第2節 中古車・中古部品輸出入状況
  2-1.中古車の輸出入に関する規定と取扱状況
  2-2.中古部品の輸出入に関する規定と取扱状況
第3節 使用済自動車の発生状況
  3-1.自動車登録・抹消制度
  3-2.使用済自動車の発生台数
第4節 廃棄物および自動車リサイクル関連法規
  4-1.使用済自動車から生じる廃棄物への法規制
  4-2.自動車リサイクル法制定の動き
第5節 ベトナムの使用済自動車流通状況
  5-1.ベトナムの中古部品流通状況
  5-2.自動車解体の現状
  5-3.使用済自動車からの有価金属回収状況

第7章 ミャンマーにおける使用済自動車のリサイクル状況

第1節 自動車市場概況
  1-1.ミャンマーの概要
  1-2.自動車保有・販売台数の推移
第2節 中古車・中古部品輸出入状況
  2-1.中古車の輸出入に関する規定と取扱状況
  2-2.中古部品の輸出入に関する規定と取扱状況
第3節 使用済自動車の発生状況
  3-1.自動車登録・抹消制度
  3-2.使用済自動車の発生台数
第4節 廃棄物および自動車リサイクル関連法規
  4-1.使用済自動車から生じる廃棄物への法規制
  4-2.自動車リサイクル法制定の動き
第5節 ミャンマーの使用済自動車流通状況
  5-1.ミャンマーの中古部品流通状況
  5-2.自動車解体の現状
  5-3.使用済自動車からの有価金属回収状況

第8章 ASEAN自動車リサイクル市場の課題および展望

第1節 各国自動車リサイクルの現状
  1-1.各国の概要
  1-2.自動車の保有・販売台数の比較
第2節 各国の中古車・中古部品輸出入状況と日本企業の課題
  2-1.各国の中古車輸出入状況
  2-2.中古部品輸出入状況
  2-3.ASEAN中古部品市場の課題
  2-4.日本の自動車管理システム輸出による市場拡大の可能性
第3節 使用済自動車の発生台数予測
  3-1.使用済自動車の発生台数
  3-2.使用済自動車発生台数の予測
第4節 各国の自動車解体の現状と課題
  4-1.各国の自動車解体の現状
  4-2.使用済自動車の解体工程で生じる環境負荷
第5節 自動車リサイクルに関する各国の法整備と自動車メーカーの責任
  5-1.使用済自動車に関連した各国法整備の現状
  5-2.EPR制度導入の可能性と自動車メーカーの責任
  5-3.日本型(ユーザー負担型)リサイクルシステム構築の可能性
  5-4.法整備と実態の乖離
第6節 使用済自動車からの有価資源回収
  6-1.使用済自動車から発生する有価金属量
  6-2.ASEAN各国の使用済自動車から発生する有価金属量予測
  6-3.各国の有価金属回収状況と課題
第7節 ASEAN諸国の次世代自動車リサイクル
  7-1.タイ
  7-2.マレーシア
  7-3.その他のASEAN諸国

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
660,000
600,000
60,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。