米国・植物工場市場の実態及び発展可能性

輸出産業化を目前にした日本の植物工場市場。近年、特に注目されはじめた米国植物工場の最新市場動向を分析し展望することで、日本企業の北米進出可能性を分析した。

発刊日
2014/12/22
体裁
A4 / 106頁
資料コード
C56113800
PDFサイズ
10.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本調査では、米国の完全人工光型植物工場市場をターゲットとする。同国市場の最新動向を把握し、発展可能性を明らかにすることで、国内メーカーにとっての北米進出可能性などを明確化する。輸出促進を図る日本ならびに各国の植物工場業界、また参入検討企業、研究開発機関、政府機関などの事業戦略や政策の策定に資すること、そして世界展開に向け、日本の競争優位性・開発課題などを明確化するきっかけとなることを目的とする。
調査対象先:米国の植物工場関連企業・機関
調査方法:文献調査及び調査対象先に対するヒアリング調査を実施
調査期間:2014年6月~2014年12月

資料ポイント
Close

  • 近代的大規模農業を推進してきた農業大国で、なぜ植物工場がブームに?農産物の生産、小売市場、そして“オーガニック市場”を整理したうえで、植物工場ブームの背景を明示
  • 米国・現地ヒアリング調査により、完全人工光型植物工場の稼動実態を分析~現状の成長要因及び課題の抽出
  • 主要植物工場リスト、稼動状況ならびにケーススタディを掲載
  • 現地ヒアリング調査を通して、米国ならではの文化的背景、商習慣を踏まえたリアルかつ詳細なベンチマークを実施。施設及び生産実態、実績及びコスト構造、需要分野、技術課題、事業発展の可能性、日本企業との連携可能性を徹底調査
  • 米国市場は本当に発展していくのだろうか?
  • 日本企業による新規参入に向けたターゲット市場、分野は?日本に求められる技術分野は?
  • 工場運営・市場実態からみた今後の技術開発課題、市場発展条件などを分析

資料概要
Close

第一章 現状の市場実態 ~農業大国でなぜ植物工場か~
第二章 代表的参入プレーヤーの戦略分析
第三章 米国植物工場市場の発展可能性と日本企業の参入ポテンシャル

リサーチ内容

■掲載内容

第一章 現状の市場実態 ~農業大国でなぜ植物工場か~

1.農業大国における植物工場市場
  (1)米国農産業における生鮮野菜と小売市場
    ①農業大国アメリカ
    ②大規模生産
    ③生産地域
    ④野菜生産
    ⑤小売市場
    ⑥オーガニック食品市場
  (2)植物工場がなぜ注目されているのか ~植物工場の位置づけ~
2.米国植物工場の動向
  (1)米国植物工場の定義
  (2)全体の動向
    ①工場タイプ
    ②工場稼動状況と立地
    ③生産品目、商品形態
    ④栽培方法
    ⑤施設・システム
    ⑥販売先及び販売形態
3.米国植物工場の稼動実態 ~参入メーカー動向~
  (1)市場構成プレーヤー ~植物工場関連企業リストと事業分野~
    ①工場運営企業
    ②システムメーカーなど
  (2)注目企業の動向
4.植物工場関連の政策と研究開発
  (1)国及び地方自治体の政策
  (2)研究開発状況

第二章 代表的参入プレーヤーの戦略分析

1.Sunnyland Organic ~完全人工光型LED工場で有機土耕式栽培~
  (1)事業概要と植物工場事業への参入経緯
  (2)システム概要及び栽培状況
  (3)事業の現状
  (4)課題及び展望
2.Green Sense Farms ~米国最大級の大規模LED工場で多品目生産~
  (1)事業概要
  (2)システム概要及び栽培状況
  (3)事業の現状及び実績
  (4)課題及び展望
3.Greens & Gills ~アクアポニックシステムで野菜生産~
  (1)事業概要
  (2)システム概要及び栽培状況
  (3)事業実績
  (4)課題及び展望
4.Hort Americas ~多分野・多企業との有機的な連携で完全人工光型市場を活性化~
  (1)植物工場事業
  (2)実績
  (3)今後の展望
5.City Farm ・MIT Media Lab ~オープンネットワーク構築による食のイノベーションを目指して~
  (1)"grow it THERE and eat it HERE" から "grow it HERE and eat it HERE"へ
  (2)施設概要・栽培状況
  (3)オープンデータの構築に向けて
  (4)課題と展望

第三章 米国植物工場市場の発展可能性と日本企業の参入ポテンシャル

1.米国植物工場の業界構造・市場特徴 ~米国市場ならではの特徴は何か~
  (1)植物工場運営
  (2)植物工場システム及びシステム関連企業 ~各工場の状況~
  (3)販売及び流通
2.米国植物工場の課題
  (1)植物工場システム及び栽培関連
  (2)植物工場の運営、販売及び流通
  (3)業界全体
3.米国植物工場市場の発展可能性
  (1)発展可能性の高い有望エリアと分野
  (2)米国植物工場の発展条件及び今後の普及拡大パターンイメージ
4.日本企業にとっての参入ポテンシャル
  (1)日本企業の競争優位及び参入可能性 ~有望ターゲット及び分野~
  (2)日本企業及び日本の植物工場業界における米国進出にむけた課題
  (3)米国ならびに世界市場の創造にむけて

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。