2015 拡大するパワーモジュールの最新動向と将来展望

環境規制、省エネルギーの影響から、パワーモジュールの搭載用途は拡大しており、産業機器から太陽光・風力発電、白物家電、自動車、鉄道まで多岐に渡る。パワーモジュール市場は2桁の成長が予測されており、パワー半導体の中で最も普及拡大するデバイスである。さらに、参入プレーヤーの数も増加傾向にあり、SiCパワー半導体を搭載したパワーモジュールの量産や実用化が日々進展している。本調査レポートでは、現状のパワーモジュールの市場動向を把握し、各需要分野別の採用動向や製品概要を分析した。また、実用化が始まっているSiCパワー半導体の可能性にも言及し、最終的に需要分野別のパワーモジュールの世界市場規模を数量ベースで推計した。

発刊日
2015/01/30
体裁
A4 / 98頁
資料コード
C57100600
PDFサイズ
45.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:パワーモジュールについての現状の市場動向を明らかにするとともに、将来のパワーモジュールの可能性を分析し、2020年までの市場規模を予測する。
調査対象:パワーモジュール(IPM、IGBTモジュール)
調査方法:面談取材、電話ヒアリング、文献調査
調査期間:2014年11月~2015年1月

資料ポイント
Close

  • 2014年におけるパワーモジュールの世界市場規模、需要分野別構成比、メーカシェアを公表
  • 需要分野別の市場概況、パワーモジュールの仕様、参入プレーヤなどを解説
  • SiCパワー半導体のコストを詳細に分析
  • 2015~2020年までのパワーモジュールの世界市場規模を需要分野別に数量ベースで推計

資料概要
Close

1.パワーモジュールの市場概況
2.パワーモジュールの需要分野別市場動向
3.SiCパワーモジュールの可能性分析
4.パワーモジュールの市場展望

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果サマリー

1.パワーモジュールの市場概況

(1)市場規模推移
(2)需要分野別構成比
(3)メーカシェア
(4)参入メーカ一覧

2.パワーモジュールの需要分野別市場動向

(1)白物家電
  ①白物家電の市場概況と予測
  ②白物家電におけるパワーモジュールの採用動向
  ③インバータエアコンでの採用事例
  ④参入メーカ動向
(2)太陽光発電用PCS
  ①太陽光発電の市場概況と予測
  ②太陽光発電用PCSの市場動向
  ③太陽光発電用PCSにおけるパワーモジュールの採用動向
(3)風力発電システム
  ①風力発電の市場概況と予測
  ②風力発電システムのメーカ動向
  ③風力発電のシステム概要
  ④風力発電システムにおけるパワーモジュールの採用動向
  ⑤風力発電システムにおけるパワーモジュールの供給ルート
(4)産業機器
  ①産業機器の市場概況と予測
  ②産業機器の市場規模予測
  ③産業機器におけるパワーモジュールの採用動向
(5)自動車
  ①自動車におけるパワーモジュールの搭載箇所
  ②EPS(電動パワーステアリング)の市場概況と予測
  ③EPSにおけるパワーモジュールの採用動向
  ④HV/EVの市場概況と予測
  ⑤HV/EVにおけるパワーモジュールの採用動向
  ⑥HV/EV向けIGBTモジュールの構造別分類
  ⑦HV/EV用パワーモジュールのサプライチェーン
  ⑧参入メーカ動向
(6)鉄道
  ①鉄道の市場概況
  ②鉄道におけるパワーモジュールの採用動向

3.SiCパワーモジュールの可能性分析

(1)SiCパワーモジュールの製品投入状況
(2)SiCパワーモジュールの開発・採用動向
  ①鉄道
  ②自動車
  ③産業機器
  ④太陽光発電用PCS
(3)SiCパワー半導体のコスト予測
  ①SiCダイオード
  ②SiCトランジスタ
(4)SiCパワーモジュールの可能性

4.パワーモジュールの市場展望

(1)パワーモジュールの総市場規模予測
(2)パワーモジュールの需要分野別市場規模予測
  ①白物家電
  ②新エネルギー
  ③産業機器
  ④自動車

図1 パワーモジュールの市場規模推移(2009~2014CY WW 金額ベース)
図2 パワーモジュールの需要分野別構成比(2014CY見込み WW 金額ベース)
図3 パワーモジュールの需要分野別構成比推移(2012~2014CY見込み WW)
図4 IGBTモジュール/IPMのメーカシェア(2014CY見込み WW 金額ベース)
図5 地域別ルームエアコンのインバータ化率
図6 インバータタイプの白物家電市場規模予測(2012~2020CY WW 販売台数)
図7 洗濯機の市場規模予測(2012~2020CY WW 販売台数)
図8 冷蔵庫の市場規模予測(2012~2020CY WW 販売台数)
図9 インバータエアコンの地域別市場規模予測(2012~2020CY WW 販売台数)
図10 白物家電における製品別パワー半導体の採用動向(耐圧/電流地)
図11 DIPIPM Ver6シリーズの内部回路と断面図
図12 太陽光発電の市場規模推移(2000~2013CY WW 年間導入量)
図13 太陽光発電の市場規模予測(2014~2018CY WW 年間導入量)
図14 PCSメーカのポジショニング
図15 住宅用PCSの回路構成とパワーモジュールの適用箇所
図16 2レベル/3レベルインバータ回路におけるパワーモジュールの搭載例
図17 3レベルインバータにおける損失低減効果
図18 風力発電の新規導入量推移(1996~2013CY WW 新規導入量)
図19 風力発電の新規導入量予測(2013~2018CY WW 新規導入量)
図20 風力発電システムにおける回路構成
図21 風力発電のシステム構成
図22 風力発電システムにおけるマトリックスコンバータ方式
図23 風力発電用IGBTモジュールの供給ルート
図24 汎用インバータの搭載機器
図25 サーボモータの容量と搭載機器
図26 UPSの回路ブロック図(オンライン方式)
図27 産業機器の市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
図28 汎用インバータの回路図
図29 自動車におけるパワー半導体の適用箇所
図30 トヨタTHS-Ⅱのシステム概要
図31 EPSにおけるMOSFETモジュールの搭載事例
図32 HV/EVの市場規模予測(2012~2020CY WW 販売台数ベース)
図33 日本市場におけるHV/EV用IGBTモジュールのサプライチェーン
図34 海外市場におけるHV/EV用IGBTモジュールのサプライチェーン
図35 富士電機のHV/EV向けIPM
図36 HybridPACK DRIVEの外観
図37 新幹線におけるインバータ回路と重量の変遷
図38 SiCパワーモジュールの用途別の使い分け
図39 HV/EV用インバータにおけるSiC適用のメリット
図40 富士電の大容量SiCインバータ
図41 パワーモジュールの総市場規模予測(2015~2020CY WW 数量/金額)
図42 パワーモジュールの市場規模予測(2015~2020CY WW 数量)
図43 需要分野別の市場規模・シェア比較(2015CY/2020CY WW 数量)

表1 パワーモジュールの市場規模推移(2009~2014CY見込み WW 金額ベース)
表2 パワーモジュールの需要分野別構成比(2014CY見込み WW 金額ベース)
表3 パワーモジュールの需要分野別構成比推移(2012~2014CY見込み WW)
表4 パワーモジュールのメーカシェア(2014CY見込み WW 金額ベース)
表5 パワーモジュールの参入メーカ一覧
表6 白物家電市場規模予測(2012~2020CY WW 販売台数)
表7 インバータエアコンの地域別市場規模予測(2012~2020CY WW 販売台数)
表8 メーカ別の白物家電向けIPMの動向
表9 太陽光発電の市場規模推移(2000~2013CY WW 年間導入量:MW)
表10 太陽光発電用PCSのランキング
表11 太陽光発電用PCS向けパワーモジュールの性能
表12 国別の風力発電の新規導入量(WW)
表13 風力発電の新規導入量予測(2013~2018CY WW 新規導入量)
表14 風力発電システムメーカのランキング
表15 風力発電システム向けパワーモジュールの性能
表16 産業機器の市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
表17 産業機器におけるパワーモジュールの性能
表18 産業機器向けパワーモジュールの参入メーカ
表19 HV/EVにおけるパワー半導体の搭載箇所と概要
表20 EPSのエリア別市場規模予測(2012~2013CY WW 数量ベース)
表21 HV/EVの市場規模予測(2012~2020CY WW 販売台数ベース)
表22 HV/EVのタイプとIGBTモジュールの耐圧
表23 HV/EV用IGBTモジュールの構造別製品概要
表24 HV/EV用IGBTモジュールのメーカポジション
表25 三菱電機のHV/EV用パワーモジュール製品
表26 鉄道におけるパワーモジュールの性能
表27 SiCパワーモジュールの製品投入状況
表28 SiCパワーモジュールの鉄道での採用動向
表29 トヨタ自動車における車載充電器へのSiCの適用
表30 SiCパワーモジュールのHV/EVでの開発動向
表31 DC/DCコンバータにおけるSiCの適用と効果
表32 太陽光発電用PCSにおけるSiCの採用事例
表33 太陽光発電用PCSにおけるSiCの適用効果
表34 SiCダイオードのコスト予測
表35 SiCトランジスタのコスト予測
表36 SiCパワーモジュールの可能性と採用時期
表37 パワーモジュールの総市場規模予測(2015~2020CY WW 数量/金額)
表38 モータの高効率化における各国の規制動向
表39 パワーモジュールの市場規模予測(2015~2020CY WW 数量ベース)
表40 需要分野別の市場規模・シェア比較(2015CY/2020CY WW 数量ベース)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。