CCSU(CO2回収・貯留・利用)技術の動向&将来展望

温暖化対策には省エネルギーや非化石エネルギー(再生可能エネルギー・原子力)の開発などが不可欠であるが、これらとともにCO2回収・貯留技術についても重視されるようになってきている。本調査レポートでは、温暖化対策技術の一つとして注目されるCCS(CO2回収・貯留)とCO2利用を総称してCCSUと定義し、CO2関連技術の動向を概観し、市場環境を分析するとともに、CCSU技術導入に係る課題を抽出し、今後の市場成長性を展望した。

発刊日
2015/03/23
体裁
A4 / 45頁
資料コード
C57100700
PDFサイズ
0.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

71,500
65,000
6,500
71,500
65,000
6,500
104,500
95,000
9,500
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内外のCO2回収・貯留・利用技術の動向を調査・分析するとともに、技術導入に係る課題を抽出し、今後の市場成長性を展望する。これにより、各所で継続的な技術開発が推進され、革新的技術の出現、実用化・普及が加速することを期待し、業界発展の一助となることを願う。
調査対象:CO2関連(分離・回収、輸送、貯留、利用)技術
調査方法:文献調査及びヒアリング調査
調査期間:2015年1月~2015年2月

資料ポイント
Close

  • 温暖化対策はいつまでポーズでいいのか?脱化石資源に向けてはいつから取り組む?
  • CO2関連(分離・回収、輸送、貯留、利用)技術を体系的に整理
  • 世界のCCSプロジェクト動向、国際社会の方向性、コスト分析を踏まえ、2050年にかけての世界市場規模を予測

資料概要
Close

1.CCSU(CO2回収・貯留・利用)の現状
2.CCSU(CO2回収・貯留・利用)技術の動向
3.CCSU(CO2回収・貯留・利用)の課題と将来展望

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.CCSU(CO2回収・貯留・利用)の現状

1-1 CCSU(CO2回収・貯留・利用)とは
  1-1-1 CO2回収・貯留(CCS)
  1-1-2 CO2利用(CCU)
1-2 CCSU(CO2回収・貯留・利用)の必要性と位置づけ
1-3 主要国における政策・取り組み

2.CCSU(CO2回収・貯留・利用)技術の動向

2-1 CO2分離・回収技術
  2-1-1 吸収法(化学吸収法/物理吸収法)
  2-1-2 吸着法/固体吸収法
  2-1-3 膜分離法
  2-1-4 酸素燃焼+深冷分離法
2-2 CCS技術
2-3 CCU技術
  2-3-1 CCSでの利用
  2-3-2 農業分野での利用
  2-3-3 超臨界CO2利用
  2-3-4 化学品製造
  2-3-5 エネルギー化
  2-3-6 人工光合成
  2-3-7 炭酸塩固定

3.CCSU(CO2回収・貯留・利用)の課題と将来展望

3-1 CCSU(CO2回収・貯留・利用)の課題
3-2 CCSU(CO2回収・貯留・利用)の将来展望

図表目次
図1-1-1 CCSU(CO2回収・貯留・利用)の全体像
図1-1-4 国内CO2需要規模
図1-2-6 温暖化対策技術の分類
表1-3-1 主要国における政策・取り組み
表2-1-1 主なCO2分離・回収技術&特徴とプレイヤーの整理
表2-1-2 主要企業の取組み-CO2分離・回収
図2-2-1 国別/ステータス別大規模CCSプロジェクト
図2-2-2 CO2排出源別/ステータス別大規模CCSプロジェクト
図2-2-4 大規模CCSプロジェクトの地中貯留方式内訳
表2-2-2 主要企業の取組み-CCS
表2-3-1 主なCCU技術&用途とプレイヤーの整理
表2-3-2 主要企業の取組み-CCU
図3-1-1 CCSのコスト構造
表3-2-1 CCSUの世界市場規模予測
図3-2-1 CCSUの世界市場規模:低位予測
図3-2-2 CCSUの世界市場規模:高位予測
図3-2-3 CCSのコスト構造変化の想定

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

71,500
65,000
6,500
71,500
65,000
6,500
104,500
95,000
9,500
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。