2014年版 GaN単結晶市場の現状と展望

青紫色レーザーの下地基板として一時期市場急成長をみせたGaN単結晶であるが、次なる成長に向けた取り組みが始まっている。ワイドバンドギャップ半導体として、最終的な目標はSiCなどと同じ領域になるが、足下ではこれら領域に対してGaNは大きく後れをとっている。本調査レポートは、このGaN単結晶について単結晶メーカーだけでなくターゲットアプリケーションであるGaN単結晶ウエハーベースのLEDに取り組んでいるプレーヤーへのヒアリングも加え、現状、および今後の市場性を捉えるレポートとして発刊した。

発刊日
2014/09/18
体裁
A4 / 66頁
資料コード
C56111220
PDFサイズ
2.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

101,200
92,000
9,200
202,400
184,000
18,400
303,600
276,000
27,600
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:GaN単結晶メーカーや事業化に向けた取り組みを進めている企業や研究機関の現在動向と今後の事業施策を調査し、更にデバイス化メーカーなどの周辺調査を加えることで、GaN単結晶市場の現状と今後の動向を把握することを目的とする。
調査対象:対象品目:GaN単結晶、対象企業:対象品目を扱う企業や研究機関、ただし海外メーカーについては国内代理店とする
調査方法:直接面談取材による
調査期間:2014年5月~2014年9月

資料ポイント
Close

  • 初期市場形成に貢献した青紫色レーザーも今後の市場拡大に向けては役不足
  • 注目のホモGaN白色LED採用の自動車ヘッドランプは着実に進展中
  • SiCを凌ぐポテンシャルが活かせる電子デバイス用途は時間的な面でも高いハードルあり
  • スペシャリティ照明でのポジション確保に向け、4インチで面積単価12.3円/mm2が視野に

資料概要
Close

第1章 GaN単結晶市場の現状と展望
第2章 GaN単結晶関連プレーヤー動向
第3章 [特別調査]レーザーヘッドランプ市場

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.GaN単結晶プレーヤーの取り組み
3.展望と課題

第1章 GaN単結晶市場の現状と展望

初期市場形成に貢献した青紫色レーザーも今後の市場拡大に向けては役不足
  【図.プレイステーション3、4の全世界販売台数推移と予測(2007年~2014年予測)】
  【図.ブルーレイディスクレコーダーとプレーヤーの国内出荷台数推移(2009年~2013年)】
第二の市場成長ドライブはスペシャリティ照明、そのスタートラインが眼前に
先行する低価格LEDヘッドランプと迫りくるレーザーヘッドランプ
注目のホモGaN白色LED採用の自動車ヘッドランプは着実に進展中
SiCを凌ぐポテンシャルが活かせる電子デバイス用途は時間的な面でも高いハードルあり
  【図.パワーデバイス材料の性能比較】
トップメーカーは面内均一品の生産を開始しており競争力はさらにアップ
  【表.GaN単結晶ウエハー市場参入メーカーの主な動向(または概要)】
成長シナリオ実現には品質アップより価格対応を最優先
スペシャリティ照明でのポジション確保に向け、4インチで面積単価12.3円/mm2が視野に
  【表.GaN単結晶ウエハーの市場価格動向(現在状況、2012年状況)】
助走のままかテイクオフか
今後デビューするホモGaNLEDのパフォーマンスでそのターニングポイントに向かう
  【図.GaN単結晶市場規模推移と予測(金額、数量、2006~2020年予測)】
  【表.ウエハー口径別GaN単結晶市場規模推移と予測(金額、数量、2006~2020年予測)】
  【表.口径別GaN単結晶市場予測(枚数、面積、2006~2020年予測)】
  【図.口径別GaN単結晶市場規模推移と予測(面積ベース、2006~2020年予測)】

第2章 GaN単結晶関連プレーヤー動向

エア・ウォーター株式会社
  8インチウエハーの量産体制を敷いて事業化を加速
  総合開発研究所に加え、SIC事業部の取り組みもスタート
  【表.エア・ウォーター安曇野工場における製造ウエハーとサイズ、能力】
  GaN下地としてメリット多いSiCウエハーの結晶化技術は世界トップレベル
  【図.SiC膜厚とSiC(111)-XRC-FWMHの関係(他社データ比較)】
  【表.GaN下地としての3C-SiC(111)on Si基板のメリット】
  【図.6インチGaN on SiC/Si基板X線ロッキングカーブ評価例】
  関連プレーヤーとの戦略的な関係構築で新技術領域の離陸を目指す

エー・イー・テック株式会社
  独自製法「One Step HVPE法」での事業化を推進
  HVPE工程中の成長温度を可変させることで
  サファイア基板の剥離を容易とする構造を自然形成
  【図.One Step HVPE法の製造プロセスイメージ】
  スペシャリティ照明に対するハイスペックLEDニーズに応えるべく
  2インチだけでなく4インチも並行着手し高い競争力獲得を目指す

セラミックフォーラム株式会社(Ammono S.A.) 
  単結晶3社、エピサービス2社を擁しワイドバンドギャップ半導体全域を推進サイ
  クリスタル社の6インチは順次生産量アップへ
  実績有する量産技術とデバイスからの的確なフィードバックルートが強み
  転位密度二桁低いアモノ社GaN単結晶は今後のインチアップスケジュールがポイント
  将来的にはAlN単結晶にも期待
  【表.アモノ社GaN単結晶ウエハーの一般仕様】
  【図.クリスタルエヌ社のAlN単結晶概観】
  エピタキヤルサービスは欧州2社を擁し
  顧客要望に応じ、6,500V超の高耐圧デバイス用まであらゆる仕様に対応
  【表.セラミックフォーラムのワイドギャップ半導体領域ソリューション(取引企業概要)】

日本ガイシ株式会社
  先行するHVPE法に対し液相法によるアプローチ
  「ウエハープロジェクト」の三番目の矢は液相成長法によるGaNウエハー
  【図.GaNウエハーと発光試験中のLED素子】
  ウエハー新製品の売上高目標は2018年3月期200億円
  GaNウエハーは半分以上の高ウエイトでこれを牽引

三菱化学株式会社
  HVPE法とSCAATTM、それぞれ市場と対話しながら進行中
  ガリウムナイトライド事業部にて2製法での事業展開
  【表.製法別生産拠点と口径、能力】
  HVPE法はc面2インチ量産+4インチ対応開始
  SCAATTMはM面2インチ出荷始まる

株式会社ニューメタルス エンド ケミカルス コーポレーション(Kyma Technologies)
  ワイドバンドギャップ半導体の市場黎明期から先端材料業界をリード
  サファイアからAlNまで広範囲なラインナップ
  【表.NMCCの取り扱いワイドバンドギャップ半導体材料】
  TanKeBlueの品質改善スピード加速化に手応え
  足元マーケットが求める6インチ化の市場投入が目標
  HexaTechのAlN単結晶は将来的なパワーデバイスへ向けたアプローチに手応え

伯東株式会社/SAINT-GOBAIN LUMILOG
  材料~関連機器を取り扱う幅広い事業基盤を活かし
  電子デバイス用GaN基板のユーザー開拓から進む
  当初から青紫色レーザー以外の用途を志向し、低価格化を目指す
  【表.ルミログ事業概要(主要製品、特徴、現状技術レベルとターゲットなど)】
  伯東ではビーコ製品の取り扱いを開始
  化合物結晶成長という観点での相乗効果でGaN基板の将来ユーザーを開拓

日立金属株式会社
  ラインナップ拡充で足元市場からポテンシャル市場までカバー
  GaN単結晶ウエハーは独自技術のVAS法がベース
  【表.VAS(ボイド形成剥離)法概要と効果】
  【図.VAS(ボイド形成剥離)法の基礎概念模式図】
  足元ターゲットのLED市場に向けGaNテンプレートを販売開始
  【図.GaNテンプレート使用による生産性向上イメージ(白色LED用エピウエハー)】
  3kV耐圧の縦型ダイオードにより同社単結晶ウエハーのポテンシャルの高さを実証
  【表.VAS法とナノネットの概要と効果、転位密度状況】

第3章 [特別調査]レーザーヘッドランプ市場

 『Yano E plus』2014年9月号より抜粋・再編集
1.自動車ヘッドライトの現状
2.先進のレーザーヘッドライト
3.レーザーヘッドライトの原理
4.レーザーヘッドライトの市場規模推移と予測
  【図.ヘッドライトのタイプ別WW市場規模推移と予測(金額:2010-2015年予測)】
  【図.レーザーヘッドライトのWW市場規模推移と予測(数量/金額:2013-2018年予測)】
5.レーザーヘッドライトのメーカーシェア
  【図.レーザーヘッドライトの企業シェア推移と予測(金額:2013-2015年予測)】
6.レーザーヘッドライトの主要企業取り組み動向
7.レーザーヘッドライトの将来展望

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

101,200
92,000
9,200
202,400
184,000
18,400
303,600
276,000
27,600

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。