ドローン(UAV/UAS)の世界市場と将来予測

ドローン元年と言われた2015年。急速に市場が拡大しているドローンマーケットは、様々な側面からその成長性が予測されている。成長が加速する先行企業、急増するスタートアップ企業、加熱する関連企業への投資、提携、買収、次々に参入する大手企業と大きな市場成長のポテンシャルに注目が集まっている。しかし、ドローン市場はまだ黎明期にあり、市場と呼べるまで成長していない分野も数多く存在する。そこで、注目される分野として、空撮、点検・検査、測量、農業、観察・偵察、輸送・配送、エンターテイメント、コーディネーション等の分野に関して、グローバルレベルでの進展状況を調査し、参入事例と市場ポテンシャルを探っている。本調査レポートでは、軍用から民間用までのUAV、UAS、RPASなどすべての無人航空機と無人航空機システムをも含めたドローンマーケットに関して、ドローン(UAV/UAS)市場の全体像、ドローンの需要分野別市場動向、ドローンの用途分野別の市場ポテンシャルをレポートしている。

発刊日
2016/07/08
体裁
A4 / 108頁
資料コード
C57118200
PDFサイズ
1.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査における定義・及び前提条件
・ドローンの定義:ある程度の自律制御が伴う無人航空機無線操縦飛行機やマルチコプターをドローンと定義し、コントロールの全てを操縦者に頼るラジコンは除外している。
・ドローンの表記:無人航空機、UAV、UAS、RPAS などすべてドローンと表記している。
・インフレ調整:世界各国の金額ベース市場は、全てそれぞれの国の自国通貨をベースとした名目値であって、物価上昇等を勘案しない現在価値によるものである。
為替換算:情報ソースがUSドル建てのものは全て2015年1月~12月の年間平均値1USドル=120円で換算している。
調査対象:①ドローン製造企業(世界の主な製造企業)、②ドローン活用企業、③ドローンのアプリケーション分野の市場
調査対象地域: 日本、アメリカ、中国、欧州
調査・分析方法:専門調査員による海外/国内の面接取材、各種文献調査から分析。
調査期間:2016年1月~2016年6月

調査結果サマリー
Close

ドローン(UAV/UAS)世界市場の調査を実施(2016年)
・2015年のドローン世界市場規模は1兆2,410億円、2015年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は12.9%を予測
・点検・検査分野が民間ドローンサービスの応用分野として今後の成長の可能性

資料ポイント
Close

  • グローバルレベルの先進事例と有望なアプリケーション分野を掲載

資料概要
Close

第1章 ドローン(UAV、UAS)市場の全体像
第2章 ドローンの需要分野別市場動向
第3章 ドローンの用途分野別の市場ポテンシャル

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果サマリ

第1章 ドローン(UAV、UAS)市場の全体像

1.総論
  1.1.ドローン(UAV, UAS)の定義
    (1)ドローンの由来と歴史
    (2)ドローンの種類
    A)掃除ロボットもドローンの一種?
  1.2.ドローンの市場概況
    A)投資家注目のドローン・スペース
  1.3.軍用ドローンの市場概況
    参考:世界の軍事費用のトレンド
  1.4.民生用ドローンの主要メーカーと製品一覧
  1.5.ドローンに関わる規制(主要国)
    (1)日本
    (2)アメリカ
    A)FAA(国レベル)
    B)州レベル
    (3)EU
    (4)フランス
    (5)ドイツ
    (6)中国
    (7)カナダ
    (8)オーストラリア
    (9)イギリス

第2章 ドローンの需要分野別市場動向

2.ドローンの市場環境の現状
    (1)アメリカ
    (2)日本
    (3)フランス
  2.1.用途別・国別普及状況
    (1)アメリカ
    A)撮影(空撮)
    B)点検・検査
    C)測量・マッピング
    D)農業
    E)観察・偵察
    (2)日本
    (3)フランス

第3章 ドローンの用途分野別の市場ポテンシャル

3.ドローンの分野別の市場ポテンシャル
  3.1.映像撮影(空撮、映像制作)
    A)映画・テレビ撮影
    B)不動産
    C)スポーツ撮影
  3.2.農業
    (1)アメリカ
    (2)日本
  3.3点検、検査
    (1)石油・ガスパイプライン
    (2)送電線・鉄塔
    (3)携帯電話基地局(通信塔)
    (4)太陽光発電
    (5)風力発電
    (6)橋梁・トンネル
  3.4.測量(マッピング、3Dモデリング)
    (1)測量
    (2)3Dマッピング
  3.5.観察・偵察
    A)観察
    B)警備(ドローン検知)
    C)捜索、救助
    D)調査研究
  3.6.輸送・配送
  3.7.エンターテイメント
  3.8.コーディネーション

図表目次

表1 ドローンの種類一覧
図2 世界のドローンの市場規模予測(百万円)
表2 世界のドローンの市場規模予測(百万円)
図3 主要国における民間ドローンの機体販売世界市場規模予測(百万円)
表3 世界のドローンの機体販売市場規模予測(百万円)
図4 軍用ドローンの世界の市場規模予測(百万円)
表4 世界の軍用ドローン市場規模推移(百万円)
表5 軍用ドローンの主要製品
図5 軍用ドローン輸出国シェア(2010年~2015年累計、金額ベース)
図6 軍用ドローン輸入国シェア(2010年~2015年累計、金額ベース)
表6 軍用UAS輸入上位国の調達相手国
表7 主要国の軍用ドローン配備方針
参考 図 1世界の軍事費用推移(兆円)
参考 表 1世界の地域別軍事費用推移(兆円)
表9 主な民生用ドローンの主要メーカーと製品一覧
表10 主要国におけるドローンに関する規制一覧
表11 フランス民間航空管制局(DGCA)が定めるドローンのカテゴリー
表12 フランスにおける目的別許可制度の概要
表13 アメリカのドローンメーカーシェア(2014年7月~2016年5月末、認定取得ベース)
図8 アメリカの認定取得ユーザーの登録台数シェア(2014年7月~2016年5月末)
図9 日本国内におけるメーカー別許可・承認取得数(2015年12月~2016年5月末)
表14 日本のドローンメーカーシェア(ユニークユーザーの許可・承認取得ベース)
図10 日本のドローンメーカーシェア(許可・承認取得者ベース)
表15 フランスのドローンメーカーの登録台数シェア(許可・承認取得ベース)
図11 フランスのドローンメーカーの登録台数シェア(許可・承認取得ベース)
図12 アメリカの用途別登録件数(2014年7月~2016年5月末)(単位:件)
図13 アメリカにおける半年ごとの用途別登録件数(単位:件)
表16 アメリカにおける半年ごとの用途別登録件数(単位:件)
図14 撮影用途の範囲(アメリカ用途別登録件数)(単位:件)
表17 撮影用途の範囲(アメリカ用途別登録件数)(単位:件)
図15 検査用途の範囲(アメリカ用途別登録件数)(単位:件)
表18 検査用途の範囲(アメリカ用途別登録件数)(単位:件)
図16 測量用途の範囲(アメリカ用途別登録件数)(単位:件)
表19 測量用途の範囲(アメリカ用途別登録件数)(単位:件)
図17 農業用途の範囲(アメリカ用途別登録件数)(単位:件)
表20 農業用途の範囲(アメリカ用途別登録件数)(単位:件)
図18 観察・偵察用途の範囲(アメリカ用途別登録件数)(単位:件)
表21 観察・偵察用途の範囲(アメリカ用途別登録件数)(単位:件)
表22 日本における申請条項別の許認可取得件数(単位:件)
図19 フランスにおける目的別許認可取得件数(単位:件)
表23 フランスにおける目的別許認可取得件数(単位:件)
図20 ドローンの分野別市場ポテンシャル推計(百万円)
表24 ドローンの分野別市場ポテンシャル推計(百万円)
図21 映像撮影のポテンシャル(単位:百万円)
表25 映像撮影のポテンシャル(単位:百万円)
図22 世界の農業分野ポテンシャル推計(単位:百万円)
表26 世界の農業分野ポテンシャル推計(単位:百万円)
図23 アメリカの農業分野ポテンシャル推計(単位:百万円)
表27 アメリカの農業分野ポテンシャル推計(単位:百万円)
図24 日本の農業分野ポテンシャル推計(百万円)
表28 日本の農業分野ポテンシャル推計(百万円)
図25 点検・検査の分野別市場ポテンシャル推計(単位:百万円)
表29 点検・検査の分野別市場ポテンシャル推計(単位:百万円)
表30 主要国のパイプライン敷設距離(2015年)
図26 石油・ガスパイプライン点検のポテンシャル推計(アメリカのみ)(百万円)
表31 石油・ガスパイプライン点検のポテンシャル推計(アメリカのみ)(百万円)
図27 世界の石油・ガスパイプライン点検のポテンシャル推計(アメリカ除く)(百万円)
表32 世界の石油・ガスパイプライン点検のポテンシャル推計(アメリカ除く)(百万円)
図28 主要国の送電線延長距離(単位:km)
図29 世界の送電線・鉄塔点検のポテンシャル推計(単位:百万円)
表33 主要国の送電線・鉄塔点検のポテンシャル推計(単位:百万円)
図30 携帯電話基地局点検のポテンシャル推計(百万円)
表34 携帯電話基地局点検のポテンシャル推計(百万円)
図31 太陽光発電の設置発電能力上位10か国(単位:GW)
図32 世界の太陽光発電パネル点検のポテンシャル推計(単位:百万円)
表35 世界の太陽光発電パネル点検のポテンシャル推計(単位:百万円)
図33 風力発電の設置発電能力上位10か国(単位:MW)
図34 世界の風力発電パネル点検のポテンシャル推計(単位:百万円)
表36 世界の風力発電パネル点検のポテンシャル推計(単位:百万円)
図35 橋梁・トンネル点検のポテンシャル推計(百万円)
表37 橋梁・トンネル点検のポテンシャル推計(百万円)
図36 測量のポテンシャル推計(百万円)
表38 測量のポテンシャル推計(百万円)
図37 観察・偵察分野のポテンシャル推計(百万円)
表39 観察・偵察分野のポテンシャル推計(百万円)
図38 輸送・配送のポテンシャル推計(百万円)
表40 輸送・配送のポテンシャル推計(百万円)
図39 エンターテイメント分野のポテンシャル推計(百万円)
表41 エンターテイメント分野のポテンシャル推計(百万円)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。