2015 DIY・ホームセンター市場の展望と戦略

独自の切り口でホームセンター市場の全貌を徹底解明した。ホームセンター業界の「今」、そして今後の予測に迫った。国内展開する参入事業者を総力取材。取材調査をベースに、DIY・ホームセンター市場の実態を把握し、今後の動向を予測。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

137,500
125,000
12,500
137,500
125,000
12,500
170,500
155,000
15,500
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、日本のDIY・ホームセンター市場の動向と今後の方向性を調査・分析することにより、DIY・ホームセンターマーケットの現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。
調査対象市場:DIY・ホームセンター市場
調査対象エリア:日本
調査対象先:有力ホームセンター事業者 20社、その他関連企業、関連団体 3社
調査方法:直接面接取材、電話取材及びその他周辺間接調査、文献調査その他データ収集
調査期間:2015年5月~2015年7月

調査結果サマリー
Close

ホームセンター小売市場に関する調査結果2015
・国内のホームセンター小売市場は4兆円を目前に横ばい・微減傾向が続く
・PB商品開発、店舗フォーマットの多様化、新たな販路開拓などの成長機会に注力
・2015年度の国内ホームセンター小売市場規模は前年度比101.0%の3兆9,650億円と予測

資料ポイント
Close

  • 店舗数、売場面積の増加により市場規模は拡大を持続するも伸びは鈍化
  • 同質化競争からの脱却を目指し、独自のホームセンター事業の構築を模索。新たな事業展開を進展中
  • 職人向けプロショップが好調。ペット、園芸、リフォームなど商品分野別の市場性をみる
  • 出店形態は「専門店」「複合型」「都市型」「コト消費型」がキーワード
  • ネット通販市場が拡大。オムニチャネルの取り組みの進展が拡大
     

資料概要
Close

第1章.総論~DIY・ホームセンター市場の現状と展望
第2章.DIY・ホームセンター市場の実態
第3章.有力ホームセンターの事例研究
第4章.有力DIY・ホームセンター企業一覧

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章.総論~DIY・ホームセンター市場の現状と展望

1 総論~DIY・ホームセンター市場の現状と展望
  1.ホームセンター市場の現状・市場規模推移
  2.商品分野別市場規模の推移
  3.ホームセンター市場における業界再編
  4.ホームセンター市場の有力企業の事業戦略
    (1)商品戦略
    (2)出店戦略
    (3)ネット販売の取り組み
    (4)課題・問題点
    (5)今後の事業の方向性や注力分野
  5.ホームセンターの市場規模予測・今後の見通し

第2章.DIY・ホームセンター市場の実態

1.ホームセンター市場の概況
  (1)ホームセンター市場の歴史
  (2)ホームセンター市場の業界構造
  (3)ホームセンターの業界再編動向
2.ホームセンターの市場規模推移
  (1)市場規模の推移
  (2)商品分野別市場規模の推移
    ①DIY用具・素材市場
    ②電気市場
    ③インテリア市場
    ④家庭日用品市場
    ⑤園芸・エクステリア市場
    ⑥ペット市場
    ⑦カー・アウトドア市場
    ⑧カルチャー市場
    ⑨サービス業務市場およびその他の市場
3.有力参入企業における業績動向
  (1)有力ホームセンター事業者の業績動向
  (2)売上高ランキング
  (3)利益高ランキング
4.有力参入企業における事業戦略
  (1)業績動向
  (2)商品戦略
  (3)店舗展開戦略
  (4)プロモーション戦略
  (5)顧客獲得の取り組み
  (6)ネット販売の取り組み
  (7)業務効率化の取り組み
  (8)消費者ニーズ・購買行動の変化・顧客ターゲット
  (9)課題・問題点
  (10)今後の方向性・注力分野

第3章.有力ホームセンターの事例研究

<調査内容>
1.企業概要
2.沿革
3.業績推移
4.商品戦略
5.流通・店舗戦略
6.プロモーション戦略
7.ネット通販の取り組み
8.業務効率化の取り組み
9.消費者ニーズ・購買行動の変化・顧客ターゲット
10.課題・問題点
11.今後の方向性・注力分野

アークランドサカモト株式会社
  ~北信越中心に展開。プロ向け専門店舗の出店・サービスを強化~

株式会社アヤハディオ
  ~滋賀県のカード会員は45万人に達し、世帯数の85%をカバー~

株式会社エンチョー
  ~静岡中心の地域密着型。工具のプロショップやペットショップなど専門店化を推進~

株式会社カインズ
  ~PB商品開発に強み。“時間消費型リアル店舗”で新しい買い物空間を提供~

株式会社カンセキ
  ~御用聞き精神で地域密着型「ネットワーク型業態融合」ビジネスモデルを構築~

株式会社ケーヨー
  ~ストアブランドとロープライス化が強み。小商圏で隣接出店~

コーナン商事株式会社
  ~他社の一歩先を目指すベンチャー企業風土で事業を拡大~

株式会社コメリ
  ~2014年に北海道に進出。ホームファッション専門店「アテーナ」で若返りを狙う~

株式会社Jマート
  ~オンリーワン店舗を推進。カントリーテイストで他社との差別化を図る~

株式会社島忠
  ~家具・ホームセンターを統合した大型店舗を軸に都市型小型店舗の展開も~

株式会社ジュンテンドー
  ~ローカルエリアのホームセンター・ビジネスモデルへの取り組みを推進~

株式会社ジョイフル本田
  ~圧倒的スケールの超大型店「ジョイフル本田」で深い品ぞろえとボリュームを追求~

株式会社スーパーバリュー
  ~関東1都3県へのドミナント出店。SM事業強化で差別化を図る~

株式会社ダイユーエイト
  ~福岡県を基盤としたドミナント戦略。秋田県中心の㈱日敷を子会社化~

DCMホールディングス株式会社
  ~「お客様視点からの流通改革」を推進する、国内最大のホームセンターグループ~

ドイト株式会社
  ~小商圏型コンビニホームセンターを展開。プロユーザー向け「ドイトプロ」初出店~

株式会社ナフコ
  ~オリジナル商品を強化。西日本全域に店舗を拡大、ナショナルチェーンを目指す~

株式会社バロー
  ~積極的な出店でドミナント戦略を推し進め、躍進を続ける~

株式会社LIXILビバ
  ~グループの資金力をバックに巨大店舗を展開。アジア展開も視野に~

ロイヤルホームセンター株式会社
  ~2014年「ロイモール」開設でネット販売に本格参入、シニア層の取り込みも図る~

第4章.有力DIY・ホームセンター企業一覧

DCMホーマック株式会社、株式会社テーオー小笠原、株式会社ヒシサン、
株式会社ジョイフルエーケー、株式会社ホーマックニコット、株式会社サンデー、
株式会社サンワドー、イオンスーパーセンター株式会社、株式会社菅文、
株式会社アイリスプラザ・ダイシンカンパニー、株式会社天野金物、株式会社日敷、
北秋商事株式会社、株式会社ジョイ、株式会社チャンピオン、株式会社ダイユーエイト、
株式会社ジャスト、株式会社ジョイフル本田、株式会社山新、株式会社カンセキ、
株式会社セキチュー、株式会社イシヅカ、株式会社カインズ、LIXILビバ株式会社、
株式会社島忠、株式会社スーパーバリュー、ドイト株式会社、株式会社マツモトキヨシ、
株式会社ケーヨー、株式会社ユニリビング、DCMホールディングス株式会社、
株式会社東急ハンズ、片倉工業株式会社、株式会社Jマート、株式会社ヤサカ、
株式会社京王アートマン、株式会社ムラウチホビー、株式会社京急ハウツ、
株式会社ビーバートザン、株式会社マキバ、ナイスライブピア株式会社、株式会社コメリ、
アークランドサカモト株式会社、株式会社ひらせいホームセンター、株式会社ロッキー、
株式会社PLANT、株式会社ホームセンターみつわ、株式会社山岸、
株式会社ホームセンターヤスサキ、株式会社くろがねや、株式会社綿半ホームエイド、
株式会社バロー、株式会社エンチョー、株式会社マキヤ、ユニー株式会社、
DCMカーマ株式会社、株式会社ホームセンターアント、株式会社ハイエース、
株式会社一号館、株式会社アヤハディオ、コーナン商事株式会社、
株式会社ロイヤルホームセンター、株式会社ホームセンターアグロ、株式会社いない、
株式会社ウシオ、株式会社ジュンテンドー、株式会社服部タイヨー、
株式会社リックコーポレーション、株式会社ナンバ、株式会社ユーホー、アクサス株式会社、
西村ジョイ株式会社、川添金物機工株式会社、DCMダイキ株式会社、株式会社フタガミ、
株式会社ハマート、イオン九州株式会社、株式会社ナフコ、坂本産業株式会社、
嘉穂無線株式会社、祐徳自動車株式会社、株式会社ホームセンターサンコー、
株式会社ホームセンターフタバ、株式会社ホームインプルーブメントひろせ、
株式会社ホームセンターセブン、株式会社山崎、株式会社ハンズマン、株式会社ニシムタ、
株式会社マキオ、350株式会社きたやま、株式会社メイクマン、株式会社佐久本工機

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

137,500
125,000
12,500
137,500
125,000
12,500
170,500
155,000
15,500
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。