2015 本格化するインドアロケーション関連市場 ~屋内位置情報の最新技術動向とビジネス展望~

スマートフォン普及に伴い注目を集める屋内測位技術および屋内地図情報を活用したインドアロケーション関連市場について、その市場動向およびサービス/ソリューション提供事業者の取組動向の把握を目的とした。

発刊日
2015/09/11
体裁
A4 / 222頁
資料コード
C57113500
PDFサイズ
3.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査方法:直接面談取材および電話によるヒアリング取材を併用。
調査期間:2015年6月~2015年9月

調査結果サマリー
Close

屋内位置情報システム市場に関する調査結果2015
~2020年に向け、B2B/B2C両領域にて本格的なビジネス展開フェーズに入ると予測~
・2015年度の国内の屋内位置情報システム市場規模は108億円の見込
・2020年度の国内の屋内位置情報システム市場規模は365億円を予測

資料ポイント
Close

  • 国内インドアロケーション市場を牽引する【主要15社へのヒアリング】をもとに取組動向や今後の戦略を分析
  • 技術検証フェーズから本格的なビジネス展開局面へ入るインドアロケーション関連市場の実態と展望を明らかに
  • 具体的なサービス・アプリケーションの最新トレンドと展望を、B2B領域/B2C領域別に徹底解剖
  • インドアロケーション関連ビジネスへの参入検討には必携の一冊

資料概要
Close

Ⅰ.総論
Ⅱ.個別企業調査票
Ⅲ.技術動向
Ⅳ.海外動向
Ⅴ.関連市場動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場規模予測
2.サービス/アプリケーション動向
3.将来展望

Ⅰ.総論

1.市場概要
  1.1.市場の定義
  1.2.市場動向
  1.3.市場規模予測と将来展望
2.サービス/アプリケーション別動向
  2.1.カテゴリの定義
  2.2.B2C領域 ~市場拡大のトリガーとなる新たなアプリケーションに期待
  2.3.B2B領域 ~精度追及ニーズに加え、「IoT」「ウェアラブル」に期待
  2.4.アプリケーション展望 ~期待されるコンテキストアウェアな情報提供
3.技術動向
  3.1.屋内測位関連技術
  3.2.屋内地図情報関連

Ⅱ.個別企業調査票

アドソル日進、アプリックス、インテック、NTTデータMSE、NTTドコモ、
エムティーアイ、エンプライズ、クウジット、国際航業、ジェナ、ジャパンシステム、
測位衛星技術、タグキャスト、マルティスープ、Ubisense(ユビセンス)

Ⅲ.技術動向

1.主要技術
  1.1.携帯基地局
  1.2.PHS基地局
  1.3.無線LAN(Wi-Fi)
  1.4.BLE(Bluetooth Low Energy)
  1.5.二次元コード、ARなど
  1.6.RFID、専用無線送信機など
  1.7.専用無線標識(Dedicated Beacons)
  1.8.ImpulseUWB
  1.9.可視光
  1.10.赤外線
  1.11.超音波
  1.12.無線ビーコン
  1.13.高感度GPS
  1.14.GPSリピータ
  1.15.Pseudolite
  1.16.IMES
  1.17.自律航法(PDR)
2.技術別団体の取組み
  2.1.IMESコンソーシアム
  2.2.NPO法人位置情報サービス研究機構 (Lisra)
  2.3.PDRベンチマーク標準化委員会
3.実証実験結果のまとめ
  3.1.東京駅周辺高精度社会プロジェクト検討会・国交省
  3.2.「渋谷駅周辺スマートフォンによる歩行者の経路案内の社会実験」等
  3.3.G空間プロジェクト(G空間社会実証プロジェクト事業)

Ⅳ.海外動向

1.地域別の動向(北米/欧州/アジア)
  1.1.北米
  1.2.欧州
  1.3.アジア
2.事業者別動向

Ⅴ.関連市場動向

1.EC市場概況
  1.1.Eコマース市場規模の推移(2008年~2013年)(B to C)
2.スマートフォンコマース市場の動向
  2.1.市場環境
  2.2.国内BtoCスマートフォン・コマースの主な動向
  2.3.国内BtoCスマートフォン・コマース市場規模予測
  2.4.消費者アンケート結果~スマートフォン・コマース利用経験について
3.クレジットカードショッピング市場動向
  3.1.市場概況
  3.2.注目すべき動向
  3.3.将来予測
4.電子決済市場動向
  4.1.市場概況
  4.2.注目すべき動向
  4.3.将来予測
5.ポイントサービス市場概況
  5.1.共通ポイント市場動向
  5.2.ポイントサービス市場の展望
6.インターネット広告市場概況
7.キュレーションサービス市場の動向
  7.1.市場概況と予測
  7.2.注目すべき動向~多方面に広がるキュレーションサービスの活用

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。