2015年版 低温物流市場の現状と将来展望

食料品を中心に流通業態が多様化するなか、安定的かつ安全な食料供給を支えてきたわが国の低温物流。人口増加や経済成長が急速に進むアジア圏を中心に、食料品を中心に厳密な温度管理が必要な物資に関する消費需要・物流需要が拡大し、低温物流の国際化対応が重要に。物流の国際化を背景に高い注目を集める「低温物流」市場について、徹底的に分析。

発刊日
2015/10/30
体裁
A4 / 212頁
資料コード
C57118000
PDFサイズ
5.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:物流市場おいて高い注目を集める低温物流市場にフォーカスし、その市場規模や事業者タイプ別の事業動向、また有力事業者の事業の現状等を調査分析することにより、今後の業界の発展に供することを目的とする。
調査方法:専門調査員による面接ヒアリング調査、一部書面および電話による補足調査/各種統計、文献資料等の収集・分析調査
調査期間:2015年8月~ 2015年10月

調査結果サマリー
Close

低温食品物流に関する調査結果2015
 ~経済成長が続くアジア圏を中心に、日系低温物流事業者に対する需要が拡大~
・2014年度の低温食品物流市場規模は前年度比103.8%の1兆3,600億円
・低温食品物流の品質管理に長けた日系物流事業者に国内外から高い注目

資料ポイント
Close

  • 低温物流への参入事業者を、食品メーカー系、冷凍冷蔵倉庫事業者系、商社・卸・米飯ベンダー、3PL事業者等の非専業系、地場業者系、中堅および特積み・宅配便等にとりまとめ、各区分における事業概要・参入事業者の事業戦略を体系的に整理するとともに、低温食品物流市場規模を推計
  • 最近トピックスとして、ドライバー不足問題や、CVSの海外進出等に伴う国際物流分野への取組み動向にスポット

資料概要
Close

第1章 物流市場の潮流
第2章 低温物流市場を取巻く市場環境
第3章 低温物流市場の最新動向
第4章 タイプ別にみる低温物流市場動向および事例研究
第5章 有力低温物流事業者の事業実態

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

低温食品物流市場規模の動向
低温物流事業者のタイプ別にみた事業の方向性
<図表>低温食品物流の市場規模の推移・予測(金額ベース)

第1章 物流市場の潮流

1.慢性的なドライバー不足への対策
2.低温食品に対する需要の高まり
3.アジアを中心としたコールドチェーンの形成に関する需要の拡大

第2章 低温物流市場を取巻く市場環境

1.国内における物流政策・低温物流政策の動向
2.物流市場を取巻く経済環境の動向

<第2章 図表>
  図表2-1-1 総合物流施策大綱における物流施策の方向性・取組
  図表2-1-2 「グローバル・フードバリューチェーン戦略」の概要
  図表2-1-3 わが国と各国・地域とのEPA/FTAの締結状況
  図表2-2-1 わが国のGDPの推移(実額ベース)
  図表2-2-2 わが国のGDPの推移(成長率ベース)
  図表2-2-3 アジア主要国のGDPの推移・予測
  図表2-2-4 アジア主要国のGDP成長率の推移・予測
  図表2-2-5 アジア主要国の国民1人あたりのGDPの推移

第3章 低温物流市場の最新動向

1.低温物流市場の概況
  1)荷主サイドからみた低温物流の概況
    ①小売チェーン
    ②外食チェーン
    ③通販事業者
    ④食品卸
    ⑤冷凍食品メーカー
    ⑥ハム・ソーセージメーカー
    ⑦乳業メーカー
    ⑧生鮮卸
  2)わが国における低温食品の輸出入動向
  3)貨物輸送量の動向
    ①国内貨物輸送量の動向
    ②国際貨物輸送量の動向
  4)国内における貨物在庫量の動向
  5)輸送機器の動向
    ①トラック・搬送機器・物流施設の動向
    ②海外輸送における低温食品の搬送資材
2.低温物流市場における注目動向
  1)ドライバー不足への対策
  2)低温物流の国際市場の動向
  3)アジアに浸透するクール国際宅配便の動向
  4)個配への対応
  5)低温物流業界の再編動向
3.低温物流市場規模の動向
  1)低温食品物流市場規模の推移と予測
  2)低温食品物流市場規模における事業者別シェア

<第3章 図表>
  図表3-1-1-1 セブン&アイホールディングス、イオンの業績推移
  図表3-1-1-2 セブン&アイホールディングス、イオンの主要グループ企業
  図表3-1-1-3 大手CVSチェーンの物流センター管理委託状況
  図表3-1-1-4 通販ビジネスの基本フロー
  図表3-1-1-5 鮮魚類の流通の流れ
  図表3-1-2-1 冷凍冷蔵倉庫における入庫量の品目別比率
  図表3-1-2-2 農畜水産品輸入額の推移
  図表3-1-2-3 農畜水産品輸入額の上位品目
  図表3-1-2-4 農産物(畜産品を含む)の輸入元主要国・地域
  図表3-1-2-5 水産物の輸入元主要国・地域
  図表3-1-2-6 調理冷凍食品の輸入量・金額の推移
  図表3-1-2-7 調理冷凍食品の国別輸入量の推移
  図表3-1-2-8 調理冷凍食品の国別輸入金額の推移
  図表3-1-2-9 農畜水産品輸出額の推移
  図表3-1-2-10 農畜水産品輸出額の上位品目
  図表3-1-2-11 農産物(畜産品を含む)の輸出先主要国・地域
  図表3-1-2-12 水産物の輸出先主要国・地域
  図表3-1-3-1 輸送機関別の国内貨物輸送量の推移(重量ベース)
  図表3-1-3-2 輸送機関別の国内貨物輸送量の推移(輸送トンキロベース)
  図表3-1-3-3 自動車輸送における食品関連輸送量の推移(重量ベース)
  図表3-1-3-4 船舶輸送における食品関連輸送量の推移(重量ベース)
  図表3-1-3-5 輸送機関別の国際貨物輸送量の推移(重量ベース)
  図表3-1-4 国内倉庫の所管面積・容積、入庫量、平均月末在庫量、年間回転数の推移
  図表3-1-5-1 荷主業態別にみたトラックの車両タイプ
  図表3-1-5-2 搬送で用いられる主なコンテナ
  図表3-2-2-1 国際低温物流の先駆的取り組み
  図表3-2-2-2 日系CVS4チェーンの国内外店舗数
  図表3-2-2-3 日系CVS4チェーン各社の国内外店舗数(2015年)
  図表3-2-2-4 日系CVS4チェーンの海外店舗のエリア別比率
  図表3-2-2-5 上海鮮冷(ニチレイロジグループ本社)における物流サービス
  図表3-2-2-6 店舗配送のシステム化およびその効果
  図表3-2-3-1 クール国際宅急便の国際輸送イメージ
  図表3-2-3-2 ヤマトホールディングスの海外における宅配便取扱数の推移
  図表3-2-4-1 フルフィルメントサービスの概念図
  図表3-2-4-2 通販業界における代表的な物流事業者
  図表3-2-4-3 ヤマトシステム開発のネットスーパー向けワンストップサービス
  図表3-2-4-4 日清医療食品の医療・福祉施設向け給食サービス
  図表3-2-5 今後起こりうる再編および特徴
  図表3-3-1 低温食品物流の市場規模の推移・予測
  図表3-3-2 低温食品物流市場規模における事業者別シェア(2014年度、金額ベース)

第4章 タイプ別にみる低温物流市場動向および事例研究

1.大手低温物流事業者
  1)事業概要と参入企業の概要
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)荷主動向と業界構造
  4)事例研究:名糖運輸株式会社
    SBSホールディングス株式会社
2.中堅低温物流事業者・特別積み合せ事業者および宅配便事業者
  1)事業概要と参入企業の概要
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)荷主動向と業界構造
  4)事例研究:ヤマトホールディングス株式会社
3.地場低温物流事業者
  1)事業概要と参入企業の概要
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)荷主動向と業界構造
  4)事例研究:株式会社ギオン
    南日本運輸倉庫株式会社
4.冷蔵冷凍倉庫系事業者
  1)事業概要と参入企業の概要
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)荷主動向と業界構造
  4)事例研究:横浜冷凍株式会社
    株式会社ヒューテックノオリン
5.非専業タイプ事業者
  1)事業概要と参入企業の概要
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)荷主動向と業界構造
  4)事例研究:株式会社丸和運輸機関
    山九株式会社
    株式会社ハマキョウレックス
6.商社・食品卸・米飯ベンダー
  1)事業概要と参入企業の概要
  2)最新トレンドと有力企業にみる注力施策
  3)荷主動向と業界構造
  4)事例研究:国分株式会社
    伊藤忠ロジスティクス株式会社
    株式会社武蔵野ロジスティクス

<第4章 図表>
  図表4-1-1-1 ニチレイロジグループのグループ体系の概要
  図表4-1-1-2 ニチレイロジグループの業績推移
  図表4-1-1-3 3PLによる物流効率化
  図表4-1-1-4 小口混載貨物輸送の業務フロー
  図表4-1-1-5 大手低温物流事業者の主たる有力企業
  図表4-1-2 大手低温物流事業者における海外での事業展開
  図表4-1-4-1 名糖運輸の業績の推移(連結ベース)
  図表4-1-4-2 名糖運輸における事業別業績の推移(連結ベース)
  図表4-1-4-3 SBSホールディングスの業績の推移(連結ベース)
  図表4-2-1-1 北海道・九州から東名阪に向けた幹線輸送
  図表4-2-1-2 チャーター便の流れ
  図表4-2-1-3 宅配便の主な拠点形態
  図表4-2-1-4 中堅低温物流事業者の主たる有力企業
  図表4-2-1-5 特別積み合わせ事業の主たる有力企業
  図表4-2-1-6 クール宅配便事業の主たる有力企業
  図表4-2-1-7 チルド食品の主要カテゴリー
  図表4-2-2 中堅低温物流事業者の海外進出の可能性
  図表4-2-4-1 ヤマトホールディングスの業績の推移(連結ベース)
  図表4-2-4-2 ヤマトホールディングスにおける事業別業績の推移(連結ベース)
  図表4-3-1-1 JFNフードロジの加盟社一覧
  図表4-3-1-2 地場低温物流事業者の主たる有力企業
  図表4-3-4-1 ギオンの総売上高の推移(単体ベース)
  図表4-3-4-2 ギオンのネットワーク網
  図表4-3-4-3 南日本運輸倉庫の総売上高の推移(単体ベース)
  図表4-4-1-1 大手小売業者等向けの冷蔵倉庫事業の事業構造
  図表4-4-1-2 冷蔵冷凍倉庫系事業者の主たる有力企業
  図表4-4-3 横浜冷凍の新たな“センター前センター”
  図表4-4-4-1 横浜冷凍の業績の推移(連結ベース)
  図表4-4-4-2 横浜冷凍における事業別業績の推移(連結ベース)
  図表4-4-4-3 ヒューテックノオリンの業績の推移(連結ベース)
  図表4-4-4-4 ヒューテックノオリンの事業別業績の推移(連結ベース)
  図表4-4-4-5 ヒューテックノオリンの複合型物流センター
  図表4-5-1-1 流通分野における共同配送の仕組み
  図表4-5-1-2 非専業タイプ事業者の主たる有力企業
  図表4-5-4-1 丸和運輸機関の業績の推移(連結ベース)
  図表4-5-4-2 丸和運輸機関における幹線輸送とセンター業務の融合
  図表4-5-4-3 丸和運輸機関における需要分野別売上高構成比(2015年3月期)
  図表4-5-4-4 丸和運輸機関の食品スーパー向け7PLメニュー
  図表4-5-4-5 山九の業績の推移(連結ベース)
  図表4-5-4-6 山九の事業別業績の推移(連結ベース)
  図表4-5-4-7 中国における現状の多温度帯配送
  図表4-5-4-8 ハマキョウレックスの業績の推移(連結ベース)
  図表4-5-4-9 ハマキョウレックスの事業別業績の推移(連結ベース)
  図表4-5-4-10 ハマキョウレックスの物流センター事業(3PL)の取扱品目別構成比
  図表4-6-1-1 日本アクセスのネットワーク網
  図表4-6-1-2 双日の穀物バリューチェーン
  図表4-6-1-3 主な商社および系列の物流関連事業者
  図表4-6-1-4 食品卸事業者の主たる有力企業
  図表4-6-1-5 従来の米飯ベンダーの流通
  図表4-6-4-6 米飯ベンダーの主たる有力企業
  図表4-6-2-1 三菱商事における豚肉生産・加工事業
  図表4-6-4-1 国分の商品カテゴリー別売上高(2014年12月期:連結ベース)
  図表4-6-4-2 国分における物流センターの形態
  図表4-6-4-3 伊藤忠ロジスティクスの売上高の推移(連結ベース)
  図表4-6-4-4 青島冷凍倉庫を起点とした中国における低温物流事業
  図表4-6-4-5 武蔵野ロジスティクスの売上高の推移(単体ベース)
  図表4-6-4-6 武蔵野ロジスティクスの物流業務の事業領域

第5章 有力低温物流事業者の事業実態

国分(株)、三菱食品(株)、(株)日本アクセス、(株)ギオン、加藤産業(株)、
(株)武蔵野ロジスティクス、横浜冷凍(株)、マルハニチロ(株)、日本水産(株)、
五十嵐冷蔵(株)、(株)松岡、名糖運輸(株)、(株)ヒューテックノオリン、
(株)丸和運輸機関、SBSロジコム(株)、SBSフレック(株)、
(株)ニチレイロジグループ本社、(株)キューソー流通システム、味の素物流(株)、
ヤマトホールディングス(株)、SGホールディングス(株)、(株)ハマキョウレックス、
シモハナ(株)、(株)紀文フレッシュシステム、アサヒロジスティクス(株)、
(株)ムロオ、南日本運輸倉庫(株)、伊藤忠ロジスティクス(株)、
エア・ウォーター物流(株)、(株)ランテック

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています