2015年版 建材市場の展望と戦略

2015年の新設住宅着工数は消費増税の駆込みによる反動減から回復基調にある。2016年も引き続き、依然低金利傾向が継続していることや消費税10%に向けての動きなどにより若干増加すると予測される。しかし、今後は少子高齢化に伴い、新設住宅着工数の減少が見込まれている。住宅建材市場をめぐるこのような背景から、住宅建材メーカーの現在の動向と、リフォーム、中古住宅や高齢者施設など非住宅などの新しい取り組みについて調査・分析を行った。

発刊日
2015/11/27
体裁
A4 / 609頁
資料コード
C57119800
PDFサイズ
7.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:建材・設備市場の調査を行い、建材・設備市場の実態を明らかにする。
 (1)各建材・設備市場の市場規模
 (2)各建材・設備市場の参入企業別シェア
 (3)各建材・設備市場の企業別の動向
 (4)各建材・設備市場の展望と課題
 (5)各建材・設備市場の将来の市場規模予測
調査対象:有力建材メーカー、水まわりメーカー、専業建材メーカー
調査対象エリア:日本
調査方法:直接面接取材、郵送式アンケート調査、文献調査その他データ収集。
調査期間:2015年9月~2015年11月

資料ポイント
Close

  • 新設住宅着工戸数の予測などの建材市場の展望と戦略
  • 今後の市場動向はいかに ~中期的な市場規模を大胆予測~
  • 主要建材メーカー動向 ~総合・専業建材メーカーの動向~
  • これから期待される、建材分野 ~注目建材分野の動向~
  • 各建材メーカー売れ筋製品、新製品など製品トレンドを分析

資料概要
Close

第1章:総論 建材市場の展望と戦略
第2章:有力建材メーカーの展望と戦略
第3章:水まわりメーカー動向
第4章:注目商材と主要メーカーの動向
第5章:専業建材メーカーの徹底分析
第6章:特別付録:建材業界資料
第7章:建材メーカー・問屋業績資料

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章:総論 建材市場の展望と戦略

1.2015年建材市場の展望と戦略
2.2015年住宅トレンド動向
3.2015年主要建材の需要予測
4.2015年製品の傾向分析とこれから伸びる製品の動向
5.2014年度建材商社の動向
6.2014年度主要建材問屋の動向
7.2015年エコ・省エネ住宅の動向
8.2015年不動産市場の動向
9.2015年リフォーム市場の動向

第2章:有力建材メーカーの展望と戦略

1.パナソニックエコソリューションズ社
2.大建工業
3.永大産業
4.ノダ
5.ウッドワン
6.二チハ
7.朝日ウッドテック
8.住友林業クレスト
9.YKK AP
10.アイカ工業
11.フクビ化学工業
☆建材メーカー詳細個表

第3章:水まわりメーカー動向

1.LIXILグループ
2.TOTO
3.タカラスタンダード
4.クリナップ
5.パナソニックエコソリューションズ社
☆水まわりメーカー詳細個表

第4章:注目商材と主要メーカーの動向

1.家庭用給湯機
2.厨房機器(IHなど)
3.床暖房システム
4.太陽熱温水器
5.太陽光発電システム
6.家庭用生ゴミ処理機
7.家庭用食器洗い乾燥機
8.浴室暖房乾燥機
9.防犯・防災
10.照明(LED)

第5章:専業建材メーカーの徹底分析

1.吉野石膏〔石膏ボード〕
2.チヨダウーテ〔石膏ボード〕
3.旭化成建材〔ALC〕
4.クリオン〔ALC〕
5.住友金属鉱山シポレックス〔ALC〕
6.旭ファイバーグラス〔グラスウール〕
7.マグ・イゾベール〔グラスウール〕
8.ニチアス・日本ロックウール〔ロックウール〕
9.JFEロックファイバー〔ロックウール〕
10.アイジー工業〔金属サイディング〕
11.旭トステム外装〔窯業系サイディング〕
12.東レACE〔窯業系サイディング〕
13.ケイミュー〔窯業系サイディング・屋根材〕
14.アルミ・樹脂サッシメーカー
☆専業建材メーカー詳細個表

第6章:特別付録:建材業界資料

需要分野別市場動向とメーカーシェア
需要分野別地域別メーカーシェア
需要分野別メーカー生産拠点図
需要分野別メーカー商流マップ

第7章:建材メーカー・問屋業績資料

建材メーカー業績一覧
建材卸・販売店業績一覧

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。