軟包装/シール・ラベル分野におけるデジタル印刷の市場動向調査

本調査レポートでは、軟包装分野とシール・ラベル分野におけるデジタル印刷市場を取り上げて、その実態と将来展望をまとめている。進行する小ロット多品種化への対応や成長に向けた新たな印刷サービスの提供など、各事業者において、それに対応したデジタル印刷への期待が高まっている。そのデジタル印刷市場において、両分野の市場の実態を把握することで、今後の市場性を調査した。

発刊日: 2016/04/08 体裁: A4 / 94頁
資料コード: C57127400 PDFサイズ: 3.6MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )
定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 216,000円 (本体 200,000円 消費税 16,000円 )
定価 248,400円 (本体 230,000円 消費税 18,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内の軟包装、シール・ラベル分野におけるデジタル印刷市場の実態と今後の方向性を調査・分析することによって、印刷業をはじめ、印刷関連業各位の経営戦略に寄与することを目的とする。
調査対象:軟包装印刷、シール・ラベル印刷事業者、及びその他関連企業
調査方法:直接面接取材、電話取材及び郵送アンケート
調査期間:2016年2月~2016年3月

資料ポイント
Close

  • 軟包装分野およびシール・ラベル分野のデジタル印刷市場の市場規模を独自算出、今後の成長率を予測
  • 各市場の近年の動向や今後の展望を徹底レポート
  • 注目事業者の事業動向を掲載
  • 軟包装、シール・ラベル分野の事業者(回答社数100社強)に対するアンケートを実施し、デジタル印刷の活用状況、活用意向などの実態を調査
     

資料概要
Close

第1章:デジタル印刷市場の現状と展望
第2章:デジタル印刷事業者の事業動向
第3章:デジタル印刷に関する意識調査

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章:デジタル印刷市場の現状と展望

軟包装分野におけるデジタル印刷市場の現状と展望
2014年度の軟包装デジタル印刷市場規模は前年度比13.3%増
市場規模は増加傾向も、品質、コストの課題大きく、大半のコンバータが苦戦中
  〈図表〉軟包装分野におけるデジタル印刷市場規模の推移
デジタル印刷機は日本HPが市場独占、単独でデジタル印刷市場の基礎作る
今後は他メーカーのIJ機が上市見込み、市場の活性化に期待
  〈表〉デジタル印刷機のスペック比較
デジタル印刷活用の方向性は「小ロットパッケージ」と「企画物」に大別
高コストなどの要因により、現状は「企画物」に集中
今後はコストではない新たなモノサシを顧客に提供できるかがカギに
  〈図〉デジタル印刷の需要分野別の構成比(2014年度)
  〈図〉グラビア印刷と比較したコストイメージ
  〈表〉軟包装分野におけるデジタル印刷事業者
シール・ラベル分野におけるデジタル印刷市場の現状と展望
2014年度のシール・ラベルデジタル印刷市場規模は前年度比7.2%増
既存機との生産コストの差が大きく、大半のコンバータが伸び悩む
  〈図表〉シール・ラベル分野におけるデジタル印刷市場規模の推移
プロダクションプリンタは間欠機を中心に平圧機までカバーするポジショニング
他の印刷機が苦手とする領域をカバーする印刷機としての方向性を見出しつつある
  〈図〉シール・ラベル分野における各印刷機のポジション図①
  〈図〉シール・ラベル分野における各印刷機のポジション図②
適する案件数が少なく苦戦、収益においても厳しい状況
デジタル印刷の活用の方向性を見出すことが、新たな1歩を踏み出すきっかけに
  〈図〉シール・ラベル分野におけるデジタル印刷のターゲットゾーン
  〈表〉シール・ラベル分野におけるデジタル印刷事業者

第2章:デジタル印刷事業者の事業動向

株式会社吉村、富士特殊紙業株式会社、ユニードパック株式会社、
ヨドヤ包装株式会社、株式会社日本管理ラベル、三光産業株式会社

第3章:デジタル印刷に関する意識調査

導入している事業者の割合は、軟包装分野で1割弱、シール・ラベル分野で約3割
導入事業者は両分野とも色再現性は評価するも、コスト面に不満
未導入事業者の導入・潜在需要は軟包装約4割、シール・ラベル6割強
1.属性について
2.1ヶ月あたりの受注件数について(既存機の案件も含めた全体の件数)
3.デジタル印刷機導入の有無
4.導入事業者について
  4-1.導入理由について
  4-2.導入したデジタル印刷機メーカーについて
  4-3.今後(1~2年後)の導入方針について
  4-4.現有機の採用要因について
  4-5.現有機の課題・不満点について
5.導入していない事業者のデジタル印刷に対する意識について
  5-1.デジタル印刷機導入の必要性について
  5-2.デジタル印刷機導入の必要性を感じている理由
  5-3.必要性を感じており、導入を検討している事業者について
  5-3.1いずれ導入したいと考えているデジタル印刷機のタイプ
  5-3.2導入を検討する際の優先ポイントについて
  5-4.必要性は感じているが、導入は考えていない事業者のその要因について
  5-5.必要性を感じていないため、導入は考えていない事業者のその要因について
6.デジタル印刷機の市場性について
◆参考データ
  導入メーカー×現有機の採用要因
  導入メーカー×現有機の不満点・課題
アンケート表

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )
定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 216,000円 (本体 200,000円 消費税 16,000円 )
定価 248,400円 (本体 230,000円 消費税 18,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58104800 2016年版 印刷企業の徹底分析
C59100200 2017年版 パッケージ印刷市場の展望と戦略
C58100600 2016 ビジネスプリンタ市場の実態と展望
C57105000 2015年版 パッケージ印刷市場の展望と戦略
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典