2016年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望

世界有数自動車メーカー13社及び車載用リチウムイオン電池(LiB)メーカー14社の現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、更に周辺情報を加えることで世界車載用LiB市場の現状と今後の展望を把握することを目的とした。

発刊日: 2016/09/27 体裁: A4 / 244頁
資料コード: C58105100 PDFサイズ: 24.8MB
カテゴリ: マテリアル / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象
車載用LiBメーカー(日系メーカー 6社、韓国メーカー 3社、中国メーカー 5社)
自動車メーカー(日系メーカー 4社、欧州メーカー 5社、米国メーカー 3社、韓国メーカー 1社)
調査方法:直接面談取材をベースに、文献調査を併用
調査期間:2016年5月~2016年8月

資料ポイント
Close

  • 世界自動車の全体市場規模推移とxEV市場規模推移を算出
    (台数ベース:2012年~2020年予測、2025年予測)
  • 世界車載用LiB市場をxEVタイプ別、電池タイプ別で算出
    (HEV/PHEV/EV向け、円筒形/角形/ラミネート形、等)
  • 地域別xEV関連政策、世界車載用LiB市場シェア(メーカー別、国別)を掲載
  • xEV及び車載用LiB関連の主要プレーヤー各社の動向を収録
    パナソニック、PEVE、日立ビークルエナジー、AESC、東芝、GSユアサ、トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車、三菱自動車工業、BMW、Daimler、Volkswagen、Ford、GM、Renault、Tesla、Volvo、Samsung SDI、LG Chem、SK Innovation、Hyundai・Kia、BYD、Tianjin Lishen、CATL、Wanxiang A123 Systems、Hefei Guoxuan、等

資料概要
Close

第1章 車載用リチウムイオン電池市場の展望
第2章 xEV市場の現状と将来展望
第3章 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望
第4章 主要自動車メーカーの動向と戦略
第5章 主要車載用リチウムイオン電池メーカーの動向と戦略

 

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 車載用リチウムイオン電池市場の展望

車載用リチウムイオン電池市場の展望
  政策に依存せず、自助努力で成長できる道を
  「ハマる」分野から健全な発展計画を
  対中国、質的成長への転換期に備えよ

第2章 xEV市場の現状と将来展望

1.地域別xEV関連政策動向
  低炭素社会への移行に向け、xEVの普及に注力
    (表)主要国別xEV普及政策概要
  1‐1.欧州
    ①環境規制及びxEV関連政策
    2014年9月、一層強化された排気ガス規制基準「EURO6」を施行
    (表)EURO6の排気ガス規制基準
    (表)EUの自動車CO2排出量規制
    (表)EUの自動車CO2排出量規制におけるクレジット制度
    排気ガス排出量・CO2排出量・エネルギー消費の削減目標の実現に向け、エコカー普及に注力
    (表)EU加盟各国のEV購入者向けインセンティブ①
    (表)EU加盟各国のEV購入者向けインセンティブ②
    (表)EU加盟各国の充電インフラ設置目標
    ②車載用電池関連政策
    「Horizon 2020」を通じて3つの車載用電池関連研究・革新プログラムを支援
    (図)EUの道路運送の電動化に関するロードマップ
    (表)EUの道路運送の電動化に関するロードマップのマイルストーン
    (表)Horizon 2020における主要車載用電池関連研究・革新プロジェクト
    (表)7th Framework Programmeにおける主要車載用電池関連研究・革新プロジェクト
    1‐1‐1.ドイツ
    ①環境規制及びxEV関連政策
    2020年まで100万台のEV普及を目指しているものの、実現への道のりは依然遠い
    (表)ドイツ連邦政府に対する国家電気自動車プラットフォームの提言2020年までEV購入補助金を支援
    ②車載用電池関連政策
    LiB研究開発向けに政府支援を推進
    (表)High Power Lithium Technologyプロジェクトの参加企業
    1‐1‐2.フランス
    ①環境規制及びxEV関連政策
    EV購入時のインセンティブを最大10,000ユーロに引き上げ、EV普及拡大を目指す
    (表)グリーン成長のためのエネルギー転換法におけるクリーン運送部門の主要施策
    (表)PHEV及びEV購入時のボーナス
    ②車載用電池関連政策
    RS2Eで先進LiBや次世代電池の研究開発を担当
    (表)RS2Eの研究領域
    1‐1‐3.イギリス
    ①環境規制及びxEV関連政策
    2015年から2020年にかけて低炭素車産業の活性化に5億ポンドを投入
    (表)イギリスのxEV向け補助金対象車両の条件
    (表)イギリスのxEV向け優遇施策一覧
    ②車載用電池関連政策
    今後10年間、推進システムの低炭素化に10億ポンドを支援
    (表)先端推進センターのULEV関連R&Dプログラム一覧
    1‐1‐4.ノルウェー
    政府の手厚いEV普及促進インセンティブを追い風にEV販売が拡大へ
    (表)ノルウェーのEV向け優遇施策一覧
    1‐1‐5.オランダ
    今後の税制上での優遇措置はPHEVよりEVにより集中
    (表)オランダのEV向け優遇施策一覧
  1‐2.米国
    ①環境規制及びxEV関連政策
    2025年までに平均燃費49.7mpg、GHG排出量163g/mileに引き上げ
    (表)企業別平均燃費(CAFE)及びGHG排出量規制値(2017MY~2025MY)
    (表)EV、PHEV、FCV、CNGVの係数
    (表)カリフォルニア州内の各自動車メーカーに割り当てられる
    無公害車販売比率(2018MY~2025MY)
    (表)米国各州における代表的なxEV向けインセンティブ一覧
    ②車載用電池関連政策
    EV Everywhereの達成に向け米国内車載用電池産業の拡大と
    材料から電池システム、LiB以降の次世代電池に至るまで幅広いR&Dを支援
    (表)EV Everywhereの2022年までの電池性能及びコスト目標
    (表)米国再生・再投資法(ARRA)の先進自動車及び燃料関連投資内訳
    (表)先進技術自動車製造融資プログラム(ATVM)の概要
    (表)自動車技術事務局(VTO)のエネルギー貯蔵関連研究開発プログラム
    (表)米国エネルギー省(DOE)の車載用電池関連研究開発体制
  1‐3.日本
    ①環境規制及びxEV関連政策
    2020年までに温室効果ガスを2005年比で3.8%以上削減することを目指す
    (表)トップランナー制度‐乗用自動車①
    (表)トップランナー制度‐乗用自動車②
    (表)自動車排気ガス規制
    2030年までに次世代自動車の新車販売台数割合を50~70%へ
    (表)2020~2030年の乗用車車種別普及目標(政府目標)
    (表)自動車産業戦略2014における次世代自動車関連施策
    (表)EV及びPHEVへの補助金
    ②車載用電池関連政策
    車載用LiBの高容量化と低コスト化に加え、用途拡大にもフォーカス
    (表)リチウムイオン電池応用・実用化先端技術開発事業①
    (表)リチウムイオン電池応用・実用化先端技術開発事業②
  1‐4.中国
    ①環境規制及びxEV関連政策
    2016~2020年まで第4段階の燃費規制を段階的に適用
    2018年から中国5排気ガス規制の適用を中国全域に拡大
    (表)中国の乗用車に対する第4段階燃費規制及び企業平均燃費目標値(L/100km)
    (表)中国5排気ガス規制
    多様な政府政策で新エネルギー自動車の普及を支援
    (表)省エネルギー・新エネルギー自動車産業発展計画(2012~2020年)①
    (表)省エネルギー・新エネルギー自動車産業発展計画(2012~2020年)②
    (表)国家戦略性新興産業発展計画における新エネルギー自動車関連政策
    (表)2016年度中央政府の新エネルギー自動車向け補助金(乗用車)
    (表)2016年度中央政府の新エネルギー自動車向け補助金(バス)
    (表)2016年度主要地方政府の新エネルギー自動車向け補助金(乗用車)
    ②車載用電池関連政策
    LiB業界の規範条件を設け、xEV市場の健全な発展を誘導
    (表)リチウムイオン電池業界の規範条件①
    (表)リチウムイオン電池業界の規範条件②
    (表)リチウムイオン電池業界の規範条件③
    (表)国家重点研究開発計画における車載用二次電池関連研究開発プログラム一覧
  1‐5.韓国
    ①環境規制及びxEV関連政策
    2020年までに温室ガス排出許容基準は97g/km、燃費基準は24.3km/Lに引き上げ
    (表)自動車の平均エネルギー消費効率規準
    (表)自動車の温室ガス排出許容基準
    (表)自動車の平均エネルギー消費効率及び温室ガス平均排出量の実績算定方法
    (表)自動車の平均エネルギー消費効率及び温室ガス排出許容基準の年度別基準適用比率
    (表)粒子状物質管理特別対策
    (表)粒子状物質管理特別対策‐エコカーの普及拡大
    (表)2016年度のエコカー向けインセンティブ
    ②車載用電池関連政策
    汎国家的に多様な中大型電池関連支援政策を設け、
    グローバル市場における韓国企業の競争力の強化を推進
    (表)WPM高性能二次電池素材事業団
    (表)World Class 300
    (表)先循環的産業の生態系構築
    (表)録色産業先導型二次電池技術開発事業
    (表)第3次環境配慮型自動車の開発及び普及基本計画
2.世界xEV市場動向
  2‐1.世界自動車市場動向
    2020年の世界自動車生産は1億360万台へ
    (表)世界自動車タイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)世界自動車タイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)世界自動車タイプ別生産台数推移 構成比(CY2012~CY2020、CY2025)
  2‐2.地域別自動車市場動向(米・欧・日・中・その他)
    中国の自動車生産台数は依然として高い増加率で推移
    (表)地域別自動車生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)地域別自動車生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)地域別自動車生産台数推移 構成比(CY2012~CY2020、CY2025)
  2‐3.世界xEV市場動向
    2015年、環境規制の厳格化や国レベルの普及支援策等を背景に前年比10%成長
    (表)世界xEVタイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)世界xEVタイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)世界xEVタイプ別生産台数推移 構成比(CY2012~CY2020、CY2025)
  2‐4.地域別xEV市場動向(米・欧・日・中・その他)
    2015年、HEV市場で大きなシェアを有する日本が依然トップ
    (表)地域別xEV生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)地域別xEV生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)地域別xEV生産台数推移 構成比(CY2012~CY2020、CY2025)
    (表)北米地域におけるxEVタイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)北米におけるxEVタイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)北米におけるxEVタイプ別生産台数推移 構成比(CY2012~CY2020、CY2025)
    (表)欧州地域におけるxEVタイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)欧州におけるxEVタイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)欧州におけるxEVタイプ別生産台数推移 構成比(CY2012~CY2020、CY2025)
    (表)日本地域におけるxEVタイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)日本におけるxEVタイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)日本におけるxEVタイプ別生産台数推移 構成比(CY2012~CY2020、CY2025)
    (表)中国地域におけるxEVタイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)中国におけるxEVタイプ別生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)中国におけるxEVタイプ別生産台数推移 構成比(CY2012~CY2020、CY2025)
  2‐5.中国の電気バス市場動向
    補助金ありきの市場、補助金制度の方向性に大きく依存
    (表)中国におけるxEVバス生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)中国におけるxEVバス生産台数推移(CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)中国におけるxEVバス生産台数推移 構成比(CY2012~CY2020、CY2025)

第3章 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望

1.世界車載用LiB市場動向
  1‐1.車載用電池市場動向
    PHEVとEVの販売急拡大を受け、容量ベースで前年比97%の成長
    Ni-MHは前年割れで推移
    (表)xEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移(容量:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)xEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移(容量:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)xEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移 構成比(容量:CY2012~CY2020、CY2025)
    (表)xEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移(金額:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)xEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移(金額:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)xEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移 構成比(金額:CY2012~CY2020、CY2025)
    (表)HEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移(容量:CY2012~CY2020、CY2025
    (図)HEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移(容量:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)HEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移 構成比(容量:CY2012~CY2020、CY2025)
    (表)HEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移(金額:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)HEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移(金額:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)HEV用電池(Ni-MH、LiB)市場規模推移 構成比(金額:CY2012~CY2020、CY2025)
  1‐2.xEVタイプ別車載用LiB市場動向
    中国における新エネルギー車市場の急拡大を受け、PHEV及びEV用LiB市場は前年比2倍の成長率で推移
    (表)xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移(容量:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移(容量:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移 構成比(容量:CY2012~CY2020、CY2025)
    (表)xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移(金額:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移(金額:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)xEVタイプ別世界車載用LiB市場規模推移 構成比(金額:CY2012~CY2020、CY2025)
  1‐3.電池形状別車載用LiB市場動向
    角形セル市場が急成長
    中国現地のxEV車種に主流として採用される
    (表)自動車メーカー別リチウムイオン電池調達状況(電池形状別)
    (表)世界車載用LiBタイプ別市場規模推移(容量:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)世界車載用LiBタイプ別市場規模推移(容量:CY2012~CY2020、CY2025)
    (図)世界車載用LiBタイプ別市場規模推移 構成比(容量:CY2012~CY2020、CY2025)
  1‐4.世界車載用LiB市場メーカーシェア動向
    2015年はパナソニックがシェアトップを維持
    中国のxEV市場急拡大を受け、中国セルメーカーの存在感が高まる
    (表)世界車載用LiB市場メーカーシェア推移(CY2012~CY2015)
    (図)世界車載用LiB市場メーカーシェア(CY2015)
  1‐5.国別車載用LiB市場シェア動向
    政策の後押しを受けた中国がトップシェアを獲得
    (表)国別車載用LiB市場シェア推移(CY2012~CY2015)
    (図)国別車載用LiB市場シェア(CY2015)
2.サプライチェーン動向
  日系および韓国LiBメーカーは世界大手へ営業力を集中
  中国LiBメーカーは急拡大する内需対応へ注力
  (表)自動車メーカー別リチウムイオン電池調達状況
  (表)自動車メーカーのHEV車種別リチウムイオン電池調達状況
  (表)自動車メーカーのPHEV車種別リチウムイオン電池調達状況
  (表)自動車メーカーのEV車種別リチウムイオン電池調達状況
3.技術動向
  EVの航続距離延長に向け、材料改良等による更なる高容量化を推進
  (表)車載用LiB 材料動向
  更なる高容量化に向けての注目正極材はNCM
  負極材は依然、黒鉛系の使用がメイン
  安全性確保の面でコーティングセパレーターの採用が拡大
  添加剤でセル特性の改善や向上を図る流れに
  2020年までにkWh当たり100ドル前半のコスト実現が目標
  (表)米国における車載用LiBの研究開発ロードマップ
  (表)日本における車載用LiBの研究開発ロードマップ
  (表)中国における車載用LiBの研究開発ロードマップ
  (表)韓国における車載用LiBの研究開発ロードマップ

第4章 主要自動車メーカーの動向と戦略

トヨタ自動車株式会社
  当面はHEVに注力、2020年以降はPHEVとFCVの販売拡大を目指す
  2020年までにHEVの年間販売台数150万台、累積販売台数1,500万台を目指す
  (表)トヨタ自動車のxEVラインナップ
  「Prius α(7シート)」、「Prius PHV」に加え、新型「Prius」でも一部グレード向けにLiBを搭載

本田技研工業株式会社
  HEVに注力しつつ、全カテゴリーにおけるラインナップの拡充を目指す
  当面は引き続き高電圧HEVに注力
  2018年までに北米で新型PHEVを発売予定
  (表)本田技研工業のxEVラインナップ
  パナソニックを第2ベンダーとして選択

日産自動車株式会社
  EVを次世代自動車の本命と位置づけ、ゼロ・エミッションのリーダー企業を目指す
  注力EV「LEAF」がグローバル累積約20万台の販売実績を記録
  (表)日産自動車のxEVラインナップ
  商品競争力の強化に向けて調達の最適化を図るべく、電池の外部調達を検討

三菱自動車工業株式会社
  電動化技術のリーディングカンパニーを目指し、2020年まで電動車両の生産比率を20%へ
  2016年5月、日産自動車と戦略的アライアンスに関する覚書を締結
  2020年までにPHEVとEVのラインナップ拡充を図る
  (表)三菱自動車のxEVラインナップ
  (表)三菱自動車の中期経営計画におけるEV及びPHEV
  技術開発関連内容
  LiBは引き続きLEJと東芝から調達

Volkswagen AG
  排気ガス規制不正問題を契機に自社自動車の電動化を加速化
  2025年までに30車種の新型xEVを上市
  (表)Volkswagen AGのxEVラインナップ
  (表)発売が予定されているVolkswagen AGのxEV
  複数のセルメーカーと車載用LiBの共同開発を推進

Daimler AG
  パワートレインの電動化を急ぐべく、大規模投資を決意
  当面は内燃機関車とEVの良さを両方持つPHEVにより注力
  (表)Daimler AGのxEVラインナップ
  LiBセルの内製を中止し、全量外部調達へ

BMW AG
  PHEV市場にスポットを当て、PHEVモデルを相次いで上市
  2016年7月からPHEVモデルはサブブランド「iPerformance」として上市
  (表)BMWのxEVラインナップ
  今後数年は引き続きSamsung SDIのLiBセルを採用

Groupe Renault
  2020年までに150万台のEV販売を目指す
  EVの販売に注力しているものの、PHEVやHEVの上市も肯定的に検討
  (表)RenaultのxEVラインナップ

Volvo Car Corporation
  2025年までに100万台のPHEV・EV販売を目指す
  2019年までに全車種にPHEVモデルを導入し、2車種のEVを上市する
  (表)VolvoのxEVラインナップ

General Motors Company
  競合他社に先立って普及型EVを2016年内に上市予定
  2017年までの50万台の電動化技術搭載車両の普及目標は実現できず
  2016年末に発売予定の普及型EV「Bolt」の販売に期待
  (表)GMのxEVラインナップ
  LGグループとかつてないほどのパートナーシップを構築

Ford Motor Company
  2020年までにエコカー分野に45億ドルの追加投資を決定
  EV技術関連特許の有償開放でxEV技術の早期発展を目指す
  (表)FordのxEVラインナップ
  HEVとPHEV向けはパナソニックから、EV向けはLG化学からセルを調達

Tesla Motors, Inc.
  EV生産量を2018年までに50万台、2020年までに100万台に引き上げる
  2017年末に同社初の普及型EV「Model 3」を上市予定
  (表)TeslaのxEVラインナップ
  主力車種向けには引き続きパナソニックのLiBを採用
  2020年完工予定のGigafactoryの一部稼動を開始

現代自動車グループ(Hyundai Motor Group)
  2020年までにエコカーを26車種に拡大
  2016年内に8車種のエコカーを上市予定
  中国工場にエコカー量産体制を構築し、中国市場戦略にも拍車をかける
  (表)現代・起亜自動車のxEVラインナップ
  (表)現代自動車グループの2015~2018年投資計画
  HL Green Powerも中国現地での電池パック生産体制構築を準備

第5章 主要車載用リチウムイオン電池メーカーの動向と戦略

パナソニック株式会社
  需要増に対応すべく、新拠点の建設を加速
  Tesla以外にも供給先を多角化、市場でのプレゼンスを更に強化
  (表)パナソニック 車載用LiB 受注プロジェクト一覧
  米国のGigafactoryに加え、中国の大連にも車載用LiB生産工場を建設中
  (表)パナソニック 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
  Teslaの「Model 3」向けに新型21700セルを開発

オートモーティブエナジーサプライ株式会社
  Renault-日産アライアンス向け供給を重視しつつ、用途及び顧客拡大にも注力
  Renault-日産アライアンス向け供給が依然メイン
  車載用だけでなく、蓄電用途のソリューション提案も強化
  (表)オートモーティブエナジーサプライ 車載用LiB 受注プロジェクト一覧
  (表)オートモーティブエナジーサプライ 車載用LiB 製品ラインナップ生産能力はEV換算で9万台分を維持
  (表)オートモーティブエナジーサプライ 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
  走行距離500kmを目指す次世代「LEAF」向けに60kWhパックの開発を推進

株式会社ジーエス・ユアサコーポレーション
(株式会社リチウムエナジージャパン/株式会社ブルーエナジー)
  2016年度、生産効率化と収益改善で430億円の売上高と黒字転換を期待
  2015年度、車載用LiB事業の売上高は前年比85%の383億円に留まる
  (表)GSユアサ 車載用LiB 受注プロジェクト一覧
  (表)GSユアサ 車載用LiB 製品ラインナップ
  継続的な設備改良により稼動初期に比べ2~3割拡大した生産能力を有する
  (表)GSユアサ 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移

株式会社東芝
  低電圧HEVに注力しつつ、業務用EV需要の拡大期待
  12VマイクロHEV向け出荷がメイン
  (表)東芝 車載用LiB 受注プロジェクト一覧
  (表)東芝 車載用LiB 製品ラインナップ
  車載用とESS用を含め月産100万セルまで生産可能な体制を構築
  (表)東芝 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
  LTOを使用し、安全性と長寿命、急速充電への対応や低温特性の面で高評価

日立ビークルエナジー株式会社
  HEV用LiBセルの生産・販売に注力
  2016年からHEV用角形セルの量産も開始
  (表)日立ビークルエナジー 車載用LiB 受注プロジェクト一覧
  (表)日立ビークルエナジー 車載用LiB 製品ラインナップ円筒形はセルからパックまで一貫生産
  (表)日立ビークルエナジー 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
  開発中のPHEV・EV向けセルにはNCMのハイニッケル化も視野に

プライムアースEVエナジー株式会社
  トヨタ向けNi-MHの製造販売が依然メイン
  HEVの新型「Prius」向けにLiB出荷を開始
  (表)PEVE 車載用LiB 受注プロジェクト一覧
  トヨタの旺盛なHEV需要に対応すべく、Ni-MHの生産能力を増強
  (表)PEVE 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移

株式会社LG化学(LG Chem, Ltd.)
  供給先の多様化に成功、最も多くの車種向けにセルを供給中
  大規模プロジェクトが相次いでいるPHEVとEV向けセル供給に注力
  (表)LG化学 車載用LiB 受注プロジェクト一覧
  ポーランドのヴロツワフに電池生産拠点の新設を検討
  (表)LG化学 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
  主要顧客先と共同で2020年までに走行距離500kmのEV用電池開発を推進

サムスンSDI株式会社(Samsung SDI Co., Ltd.)
  車載用電池事業を成長エンジンとして選択、経営資本を集中
  中国政府の車載用電池模範規準認証を得られず、苦戦中
  (表)サムスンSDI 車載用LiB 主要受注プロジェクト一覧
  欧州に電池生産拠点の新設を決定
  (表)サムスンSDI 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
  セルの高容量化とコストダウンの両立を目指す
  (表)サムスンSDI 車載用LiB 製品ラインアップ

SKイノベーション株式会社(SK Innovation Co., Ltd.)
  大規模プロジェクトの受注獲得で躍進
  10件のプロジェクト受注に成功
  (表)SKイノベーション 車載用LiB 受注プロジェクト一覧
  2016年は生産能力合計を1,100MWhに引き上げる
  (表)SKイノベーション 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
  ハイニッケルNCMを用い、更なる容量アップを実現したセルの開発完了

比亜迪股份有限公司(BYD Company Limited)
  比亜迪汽車のxEV販売急増の恩恵を受け車載用LiB出荷も順調に拡大
  中国政府の支援政策を後押しにPHEVとEVの販売が急増
  (表)比亜迪のLiB採用xEVラインナップ
  中国の青海に新工場を建設中
  (表)比亜迪 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
  乗用車向けに一部NCMセルの使用も開始

寧徳時代新能源科技股份有限公司(Contemporary Amperex Technology Ltd.)
  車載用LiBへの需要増に応えるべく、年毎に積極増産を推進
  車載用LiBへの需要増を受け、2016年は前年比3倍の出荷量を見込む
  (表)寧徳時代新能源科技 車載用LiB 主要顧客先一覧
  (表)寧徳時代新能源科技 車載用LiB(LFPセル)製品ラインナップ
  (表)寧徳時代新能源科技 車載用LiB(NCMセル)製品ラインナップ
  2020年までに合計生産能力を50GWhに引き上げる
  (表)寧徳時代新能源科技 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
  乗用車向けはNCMセル、電気バス向けは引き続きLFPセルを供給

天津力神電池股份有限公司(Tianjin Lishen Battery Co., Ltd.)
  電気バス向けの需要増に応え、3つの新工場を建設中
  電気バス向けLFPセルの出荷がメイン
  (表)天津力神 車載用LiB 主要顧客先一覧
  (表)天津力神 車載用LiB 製品ラインナップ
  2020年までに合計生産能力を20GWhに引き上げる計画
  (表)天津力神 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
  NCMセルのコストダウンと技術的ハードルの解決に注力

合肥国軒高科動力能源有限公司(Hefei Guoxuan High-tech Power Energy Co., Ltd.)
  車載用LiBの積極増産と産業チェーンの拡大を推進し、競争力を強化
  2016年は前年比2倍の車載用LiB出荷を期待
  (表)合肥国軒 車載用LiB 主要顧客先一覧
  (表)合肥国軒 車載用LiB 製品ラインナップ
  需要増に応じて青島に新しい車載用LiB生産工場を建設中
  電池だけでなく、正極材やセパレーターの生産も手掛ける
  (表)合肥国軒 車載用LiB 生産拠点・生産能力推移
  2016年下期から乗用車向けに第1世代目のNCMセルを供給予定
  LFPセル、NCMセル共にエネルギー密度の向上に注力

万向A一二三系統有限公司(Wanxiang A123 System Asia Co., Ltd.)
  中国xEV市場に注力しつつ、欧州の48VマイルドHEV市場の拡大にも期待
  低電圧HEV向けにUltraPhosphateTMを開発
  (表)万向A一二三系統 車載用LiB 主要顧客先一覧
  (表)万向A一二三系統 車載用LiB 製品ラインナップ
  (表)万向A一二三系統の低電圧HEV向けUltraPhosphateTMの参考仕様
  2018年まで生産能力を1,500MWhへ
  (表)万向A一二三系統 車載用LiB 生産拠点
  低電圧HEV向けはLFPセルを、PHEVとEV向けはNCMセルを提案

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58105500 2016年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~主要四部材編~
C58105300 2016年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~正極材編~
C56114400 車載用電池市場 2020年展望 -HEV/PHEV・EV向け-
C58105200 2016年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~セパレーター編~
C58105400 2016年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~負極材編~