2016年版 ストレッチャブルデバイス・部材市場の現状と将来展望 ~衣類型を中心とした次世代ウェアラブルデバイスの動向~

様々な物がインターネットにつながるIoTへの注目が高まるなか、腕時計型やリストバンド型などのウェアラブルデバイスの開発が活発化している。これらのデバイスは小型化・軽量化やフレキシブル化の要求に対応しながら進化を続けているが、さらなる普及には伸縮性(ストレッチャブル)の付与が有効な策の一つになると考えられる。本調査レポートでは、ストレッチャブルデバイス及び部材の開発トレンドや参入企業の事業戦略を分析するとともに、2025年までの市場規模を予測した。

発刊日
2016/07/29
体裁
A4 / 129頁
資料コード
C58106100
PDFサイズ
4.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ストレッチャブルエレクトロニクスの実現に向けた材料及びデバイスの開発トレンドや需要動向、普及に向けた課題、参入企業の事業戦略を分析するとともに、2025年までの市場規模を予測する。
調査対象:導電性ペースト、導電性繊維、伸縮・テキスタイルFPC、伸縮電線、電極・センサー、機能性ウェア、等
調査方法:直接面接取材をベースに、文献調査を併用した。
調査期間:2016年4月~2016年7月

調査結果サマリー
Close

国内ストレッチャブルデバイス市場に関する調査を実施(2016年)
 ~「ストレッチャブル」(伸縮性)が、ウェアラブルデバイスの普及促進の鍵へ~
・伸縮性を付与したウェアラブルデバイスであるストレッチャブルデバイスの開発が活発化
・2025年の国内ストレッチャブルデバイス市場規模は595億9,400万円を予測

資料ポイント
Close

  • 2025年の市場規模予測
    対象とした需要分野:医療、介護、建設、運輸、エンターテインメント、ヘルスケア、スポーツ
  • 参入メーカーの動向と戦略
    対象とした製品:導電性ペースト、導電性繊維、伸縮・テキスタイルFPC、伸縮電線、電極・センサー、機能性ウェア

資料概要
Close

第1章 ストレッチャブルデバイス・部材市場の将来展望
第2章 ストレッチャブルデバイス市場の需要分野別動向
第3章 ストレッチャブルデバイス・部材メーカーの動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 ストレッチャブルデバイス・部材市場の将来展望

「ストレッチャブル」がウェアラブルデバイスのさらなる普及・用途拡大の鍵を握る
東レ・NTT「Hitoe®」、ゴールドウイン「C3fit IN-pulse」が先行
グンゼやセーレンでウェア型の上市が控える
  (図)【ストレッチャブルデバイスの位置づけ】
  (表)主なストレッチャブルデバイス・部材関連メーカー一覧
B2Bの需要を取り込み、国内の市場規模は2025年に600億円へ
  (図・表)ストレッチャブルデバイス国内市場規模予測
  (表)ストレッチャブルデバイスの利用シーンと用途・取引形態
  (図)【ウェアラブルデバイスを活用した健康管理サービスを利用したくない理由】
介護、医療、建設の各分野が需要を牽引
  (表)ストレッチャブルデバイス分野別国内市場規模予測(金額)
  (表)ストレッチャブルデバイス分野別国内市場規模予測(数量)
新たな事業アイデア、提供サービスの開発に向け
オープンイノベーションのさらなる拡大が重要に

第2章 ストレッチャブルデバイス市場の需要分野別動向

1.スポーツ分野
  経産省及びスポーツ庁が2025年のスポーツ市場規模15.2兆円と試算、現状比で3倍に
  なかでも「IoT活用」は同年に1.1兆円規模へ
  (表)我が国スポーツ市場規模の拡大について【試算】
  ゴールドウイン「C3fit IN-pulse」が市場を開拓
  トレーニング管理用途を中心に需要の立ち上がりが予想される
  (表)スポーツ分野におけるストレッチャブルデバイスの利用シーン・用途・ターゲット顧客
  (図・表)ストレッチャブルデバイス国内市場規模予測(スポーツ分野:2016~2025年)
  中級者・新規エントリー層などへの普及は「続ける仕掛け」が必要
2.建設・運輸分野
  作業員の事故の予防に向けた取り組みが重要性を増す
  (表)熱中症による死傷者数の業種別の状況(平成22~27年)
  (表)熱中症による死傷者数の月別の状況(平成22~27年)
  2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え
  建設分野でストレッチャブルデバイスの導入が迫る
  (図)【安全管理システムイメージ図】
  (表)建設分野におけるIoTを活用した安全管理の実証実験の例
  (表)建設業就業者の推移(参考)
  (表)建設分野におけるIoT・ストレッチャブルデバイスの導入予測
  (図・表)ストレッチャブルデバイス国内市場予測(建設分野:2016~2025年)
  運輸分野ではドライバーの体調管理向けに注目が集まる
  (図)運行管理システムとの連携イメージ図
  (表)運輸分野におけるIoT・ストレッチャブルデバイスの導入予測
  (図・表)ストレッチャブルデバイス国内市場規模予測(運輸分野:2016~2025年)
3.ヘルスケア分野
  政府が「健康寿命延伸産業」の創出・育成に向けた施策を重点化
  (表)【国民医療費の見通し】
  (表)【予防・健康管理サービスの活用】
  アクティブレジャー認証制度がスタートし
  ヘルスケア市場でフィットネスクラブの存在感が増す
  (表)アクティブレジャー認証事業所一覧
  ウェア型デバイスを用いたヘルスケアサービスの提供がカウントダウンに入る
  (表)フィットネスクラブの利用動向
  (図・表)ストレッチャブルデバイス国内市場規模予測(フィットネス向け:2016~2025年)
  (図・表)ストレッチャブルデバイス国内市場規模予測(ヘルスケア分野:2016~2025年)
4.エンターテインメント分野
  主要VR端末が出揃う、トラッキング機能の多様化も進展
  (表)タイプ別HMD
  (表)主要VR端末比較
  MS「HoloLens」とMeta「Meta2」に続き、Magic Leap社の動きに注目が集まる
  MR端末ではハンドトラッキングデバイスは不要なのか?
  没入感を支えるグローブ型コントローラーの普及に伴い
  ストレッチャブルデバイスの需要が拡大へ
  (図・表)ストレッチャブルデバイス国内市場規模予測
  (グローブ型コントローラー:2016~2025年)
5.介護分野
  超高齢化社会へのシフトに伴い、高齢者や要介護者向けの見守りサービスが拡大傾向
  (図)高齢化の推移と将来推計
  (図)世帯主が65歳以上の単独世帯及び夫婦のみ世帯数の推計
  (表)社会保障・税一体改革が目指す医療・介護のサービス提供体制
  (表)見守りサービス企業と概要(例)
  ストレッチャブルデバイスは見守りサービスの安全と質の向上に貢献
  トレーニング支援・リハビリ用品としての実用化も検討が進む
  (図・表)ストレッチャブルデバイス国内市場規模予測(介護分野:2016~2025年)
6.医療分野
  医療分野には独自技術をベースとした大学発ベンチャーが相次ぎ参入
  遠隔診療関連サービスの拡大に期待感が高まる
  (表)遠隔医療の分類
  心疾患の早期発見・予防に効果を発揮し、2025年の市場規模は100億円超えを予測
  (図)【在宅医療を受けた患者数の推移(施設別)】
  (図)【在宅医療を受けた患者数の推移(年齢層別)】
  (図)【慢性疾患患者数の推移】
  (図)【遠隔健康管理サービスのシステム概要図】
  (図・表)ストレッチャブルデバイス国内市場規模予測(医療分野:2016~2025年)

第3章 ストレッチャブルデバイス・部材メーカーの動向

東レ株式会社
  最先端繊維素材とITの融合による新たなソリューションを提示
  独自のナノファイバー技術等を応用し
  バイタルデータを取得できる「hitoe」をNTTと共同で開発・実用化
  スポーツ、健康増進・ヘルスケア、医療の3分野での展開に注力
  2016年度中には安全管理システムのサービス提供が本格化へ

グンゼ株式会社
  編み技術と回路設計技術の融合による新たな顧客価値創造に取り組む
  「肌着のグンゼ」として着用時の快適性・心地良さにこだわった
  衣料型ウェアラブルシステムを開発
  ウェアラブル用機能テキスタイルはバイタルデータの取得に加え
  家畜用や発熱タイプなど用途の多様化を進める

株式会社ゴールドウイン
  先端技術を活用した生活・スポーツライフの質向上を推進
  ウエア型トレーニングデータ計測用デバイス「C3fit IN-pulse」を製品化
  トップアスリートを中心に普及が進む
  安心・安全の確保につながる利用シーンの提案を強化
  スポーツ科学の知見をベースにヘルスケア・介護分野などへの展開を視野に入れる

ヤマハ株式会社
  インビジブル化を重点テーマに設定し
  衣類型ウェアラブルセンサシステムの開発を推進
  2015年にストレッチャブル変位センサ評価キットの販売をスタート
  グローブ型センサはVR技術との融合でエンターテイメント・製造業分野への応用可能性が浮上

バンドー化学株式会社
  ゴム・エラストマー、樹脂の配合・分散・複合化技術など
  コア技術を活かした新製品開発を加速
  2015年に静電容量式の伸縮性ひずみセンサ「C-STRETCH®」を開発
  運動情報、生体情報、インターフェースなど幅広い用途展開を想定
  パートナー企業の探索・連携を推進し、早期の実用化を目指す

POSH WELLNESS LABORATORY株式会社
  電気インピーダンス技術を核とした製品開発により
  医療・ヘルスケア分野に変革をもたらす
  2016年4月に北里大学発ベンチャーとして事業をスタート
  巻くだけで体内を可視化できるEITベルトはICUの領域で優位性を発揮へ
  皮膚非接触型センサー搭載のスマートシャツ、液体を識別できる導電性糸など
  新たなコンセプトの製品を相次ぎ開発

アフォードセンス株式会社
  あらゆる生活シーンで人を見守るシステムを構築し
  安全・安心な社会の実現に貢献
  絆創膏型ワイヤレス生体センサ「Vitalgram®」を製品化
  2016年にはさらなる小型化を実現した新製品を開発
  サンプル供給先は増加傾向
  病院・介護施設、建設現場などで早期の需要立ち上がりを見込む

エーアイシルク株式会社
  先端技術と伝統技術の融合による
  東北地域の医療機器開発拠点創生を目指す
  PEDOT-pTSを用いたフレキシブルシルク電極のサンプル供給をスタート
  バイタルセンシング用・刺激用としてヘルスケアから臨床までの幅広い分野での利用を想定
  フレキシブルシルク電極研究会との連携により製品・用途開発に取り組む

パナソニック株式会社
  新素材の開発により衣類・身体装着型デバイスの実現に貢献
  伸縮自在なフィルム、透明電極材料、配線用導電ペーストを開発
  ユーザーニーズを吸い上げ、アプリケーションに応じた改良を進める

セーレン株式会社
  高度な印刷・繊維加工の技術を応用し、スマートテキスタイル分野へ参入
  生体信号計測用の電極やウェア型デバイスの配線に適した
  導電パターンファブリックを開発
  電極/配線一体型ファブリックはファッション系での製品化が視野に入る

セメダイン株式会社
  接着剤の可能性を追求しながら、ユーザーへソリューションを提供
  様々な基材への回路形成、部品実装を実現した導電性接着材「SX-ECA」の販売を強化
  「着るセメダイン」として注目度が急速に高まる
  ウェアラブル、スマートハウスなど幅広い用途展開を目指し
  2016年2月からは東大発ベンチャーAglcとの協業が本格化

太洋工業株式会社
  高難度FPCの開発に取り組みながら
  医療機器・ウェアラブルなどの新市場開拓に注力
  2016年2月に金属回路を布上に形成したテキスタイルFPCを開発
  医療・スポーツ分野で使われる生体情報取得用ウェア、デバイス向けでの採用を想定
  ユーザー数社へのサンプル出荷も始まる

ナガセケムテックス株式会社
  ポリチオフェン系透明導電コーティング剤の先駆者として
  ウェアラブル向けでさらなる拡販を目指す
  新たな機能を付与した「デナトロン」の次世代グレードを開発
  伸縮性グレード「SPS-800」は電極用途での展開を想定する

ミツフジ株式会社
  ウェアラブルソリューション提供に向けた体制作りを加速させる
  銀メッキ導電性繊維「AGposs®」は海外需要が堅調
  素材販売のみならず、最終製品にまで踏み込んだ事業モデルへシフト
  2016年4月にはトランスミッターの販売を開始

カジナイロン株式会社
  高度な編技術をベースに次世代繊維事業の創出を目指す
  繊維分野で培った技術をウェアラブル用途に応用し
  導電性繊維・金属細線を用いた伸縮配線を開発
  2016年度中に専用の製造設備を導入し、伸縮配線の量産開始へ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。