プリンテッド・エレクトロニクス製品の潜在市場性調査

プリンテッド・エレクトロニクス(PE)は次世代エレクトロニクスの本命技術の1つである。これまでPEはAg(あるいはカーボン等)ペースト+スクリーン印刷をキーテクノロジーとし、メンブレンスイッチやMLCC、結晶系太陽電池などで使用されてきた。現在は新たなインキや製法のR&Dが進むとともに、今後はラージエレクトロニクスやフレキシブルエレクトロニクスといった新たな産業創出を担う役割が期待されている。本調査レポートでは、各種PE製品の潜在市場性に関する調査を実施した。

発刊日
2015/10/30
体裁
A4 / 93頁
資料コード
C57115100
PDFサイズ
1.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:プリンテッド・エレクトロニクス技術によって市場創出が期待される各種デバイス市場の現在の動向と今後の市場性を調査することで、プリンテッド・エレクトロニクスのもたらす市場動向の把握を目的とする。
調査対象:有機半導体、ディスプレイ(LCD,OLED,電子ペーパー)、OLED照明、有機薄膜太陽電池、有機ラジカル電池、RFID、センサなど
調査方法:直接面接取材や文献調査、Web調査、電話調査を併用
調査期間:2015年2月~2015年10月

資料ポイント
Close

  • 「Flexible Printed Electronics」の時代へ
  • 成長ストーリーはどこに?既存アプリから新産業創出につなげ

資料概要
Close

第1章 プリンテッド・エレクトロニクス市場の現状と将来展望
第2章 プリンテッド・エレクトロニクス現行及びポテンシャル市場

リサーチ内容

■掲載内容

第1章 プリンテッド・エレクトロニクス市場の現状と将来展望

PE技術の現状と将来展望
2020年におけるPE産業の世界市場規模は2.5兆円、同2025年は7.2兆円にまで拡大
「Flexible Printed Electronics」の時代へ
「Flexible Printed Electronics」がもたらす「Wearable Device」の世界へ
成長ストーリーはどこに?既存アプリから新産業創出につなげ

第2章 プリンテッド・エレクトロニクス現行及びポテンシャル市場

2-1.プリンテッド・エレクトロニクスの現行市場
2-2.プリンテッド・エレクトロニクスのポテンシャル市場
  PE技術はディスプレイ、照明、太陽電池、RFIDなど、多様な分野での適用が可能に
  これまでのシリコンベースのエレクトロニクスを抜け出し、新規の世界を開拓する
  2-2-1.有機半導体マーケット
    有機半導体及び周辺材料/塗布技術の進展がPE市場の成長を不動にする
  2-2-2.ディスプレイマーケット
    PE技術の適用は製造技術の難度が低い「電子ペーパー」から「OLED」へ
    印刷プロセスの導入によりOLEDパネルの価格低下に貢献
    All Printed technologyに拘らず、ハイブリット型からの市場参入を狙うべき
    電子ペーパーはディスプレイのなかでもPE技術の適用に最適なデバイス
    PE技術との融合により新たな市場開拓のチャンスが到来する可能性も
  2-2-3.OLED照明マーケット
    「面発光」、「フレキシブル照明」の実現により、「デザイン照明」という新たなマーケットを創出
  2-2-4.有機薄膜太陽電池マーケット
    「価格競争力」、「軽量・薄型化」、「フレキシブル」、「大面積」をキーワードに
    既存のシリコン系太陽電池との差別化
  2-2-5.有機ラジカル電池マーケット
    有機ラジカル電池の搭載により、真の「フレキシブル・デバイス」の実現に近づく
  2-2-6.RFIDマーケット
    RFID市場の拡大のカギを握っているのは、
    印刷プロセスの導入によるバーコードと肩を並べる電子タグの実現
  2-2-7.センサマーケット
    PEによる大面積・低コスト化がIoT/M2Mの具象化を促す

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。