2016年版 拡大する収納ビジネス市場の徹底調査

本調査レポートは、巷に増え続ける収納のためのスペースを収納ビジネスと定義し、その市場規模や市場トレンドをレポートした。

発刊日: 2016/08/31 体裁: A4 / 376頁
資料コード: C58108000 PDFサイズ: 36.1MB
カテゴリ: 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器 / 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:荷物や家財を専用施設やコンテナなど「保管」するためのサービス対価を得る市場を【収納ビジネス】として定義した。収納ビジネスをサービス内容別にトランクルーム/レンタル収納/コンテナ収納/文書保管等に分類し、それぞれの市場実態を把握するために、主要企業の動向、利用者のトレンドなどを調査分析し、収納ビジネスの将来性・ポテンシャル・課題を分析することを目的とする。全国における「レンタル収納/コンテナ収納」の市場規模の実態を把握することにフォーカスした。
調査対象および方法:拠点リスト/室数調査(インターネットや電話調査)、サービスの利用出現率調査(インターネットアンケート調査)、主要事業者調査(専門調査員による直接面接調査)
調査期間:2016年5月~2016年7月

調査結果サマリー
Close

レンタル収納・コンテナ収納・トランクルーム市場に関する調査を実施(2016年)
・2015年度の国内の収納サービス(レンタル収納・コンテナ収納・トランクルーム)の市場規模は
 前年度比8.0%増の603.4億円、2016年度は前年度比8.2%増の652.6億円を予測
・2015年度のレンタル収納市場規模は前年度比5.9%増の238.8億円、コンテナ収納市場規模は9.8%増の327.5億円
・全国のレンタル収納・コンテナ収納の1世帯あたりの収納スペース数は約0.0077室、全国世帯数の約130世帯に1室に

資料ポイント
Close

  • 日本全国の収納スペースの拠点を網羅している国内で唯一のデータベースをもち、そこから得られた情報や主要なプレイヤー対するヒアリング調査から最新の業界トレンドを把握できる貴重な資料である

資料概要
Close

総論 拡大する収納ビジネス市場
第1章 収納サービス市場を取り巻く概況
第2章 収納ビジネスの市場データ
第3章 都道府県別マップデータ&ランキング
第4章 収納サービス事業者個別企業票

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

総論 拡大する収納ビジネス市場

収納ビジネスの市場規模は、2015 年度603.4億円と推計
レンタル収納/コンテナ収納の市場ポテンシャル
提言:サービスの「総称」を整理しなければ・・・
提言:倉庫・収納・押入れ・物置というイメージからの脱却

第1章 収納サービス市場を取り巻く概況

1.人口・世帯数の状況
  (1)日本の人口動態
  (2)3大都市圏の人口動態
  (3)日本の総世帯数
  (4)3大都市圏の総世帯数
  (5)人口移動数の推移
2.家計消費の状況
  (1)可処分所得と消費支出の推移
  (2)家計消費構造の推移~全国~
  (3)家計消費構造の推移~3大都市圏~
  (4)住居費への支出推移~全国~
  (5)住居費への支出推移~3大都市圏~
  (6)余暇やレジャーにかける時間
3.マクロ経済指標
  (1)景気動向
  (2)金利動向
4.不動産市況
  (1)新設住宅着工戸数の推移
  (2)「持家」と「借家」の着工推移~全国~
  (3)「持家」と「借家」の着工推移~三大都市圏~
  (4)戸建の着工推移
  (5)マンションの着工推移
  (6)地価公示~全国~
  (7)住宅地、商業地の地価動向~三大都市圏~
  (8)ビル賃料の推移
  (9)ビル空室率の推移
  (10)不動産証券化市場の動向
5.市場に対する法規
  (1)トランクルーム
  (2)コンテナ収納
6.収納サービスに関するアンケート調査
  調査概要
  (属性1)性別
  (属性2)年代
  (属性3)既婚・未婚
  (属性4)居住地
  (属性5)職業
  (調査1)収納サービスの認知・利用状況
  (調査2)トランクルームサービスの内容認知状況
  (調査3)レンタル収納スペースサービスの内容認知状況
  (調査4)コンテナ収納サービスの内容認知状況
  (調査5)収納サービスの今後の利用意向
  (調査6)収納サービスを利用する際に重視する項目
  (調査7)収納サービスを利用する際に重視しない項目

第2章 収納ビジネスの市場データ

1.収納ビジネスの市場全体構成
  (1)収納ビジネスの市場定義
  (2)トランクルームとレンタル収納スペースの市場定義
  (3)レンタル収納とコンテナ収納の市場定義
  (4)収納ビジネスの市場規模

レンタル収納市場編
2.レンタル収納市場
  (1)レンタル収納の市場定義
  (2)レンタル収納の市場規模
  (3)レンタル収納の参入事業者/ランキング
  (4)レンタル収納のサービスの特徴
  (5)エリア別のトレンド

コンテナ収納市場編
3.コンテナ収納市場
  (1)コンテナ収納の市場定義
  (2)コンテナ収納の市場規模
  (3)コンテナ収納の参入事業者/ランキング
  (4)コンテナ収納のサービスの特徴
  (5)エリア別のトレンド

トランクルーム市場編
4.トランクルーム市場
  (1)トランクルームの市場定義
  (2)トランクルームの市場
  (3)トランクルームの市場規模
  (4)トランクルームの参入事業者

第3章 都道府県別マップデータ&ランキング

都道府県別マップデータ&ランキング
注目エリアのマップデータ

第4章 収納サービス事業者個別企業票

アーカスクリエイト株式会社、株式会社アンビシャス、イナバクリエイト株式会社、
株式会社エヌ・ピー・システム東京堂、エリアリンク株式会社、押入れ産業株式会社、
株式会社加瀬倉庫、株式会社キュラーズ、京葉物流株式会社、株式会社ストレージ王、
ストレージプラス株式会社、中日本バンリース株式会社、株式会社ユー・エス・HIROTA、
株式会社ユーティライズ、東京ライゼ株式会社、株式会社ライゼ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C55110800 2013年版 拡大する収納ビジネス市場の徹底調査/全国版
C58123500 2017年版 物流市場の現状と将来展望
C58104400 2016年版 住まいと生活支援サービスの実態と将来展望
C58112600 2016 AGV市場の現状と将来性
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典