2017 UPS市場の現状と将来性

本調査レポートでは、UPS(停電電源装置)を対象に、その市場規模やメーカシェア、技術開発、参入メーカの取り組み実態、課題・問題点等を把握し、将来の市場規模や展開動向等を展望した。

発刊日: 2016/12/22 体裁: A4 / 130頁
資料コード: C58119100 PDFサイズ: 1.1MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象先:UPS(瞬低補償装置を含む)を生産するもしくは販売元として機能し、国内市場に参入している企業等
調査方法:直接面接取材を中心に電話ヒアリング、周辺取材を行う。尚、公表されている資料やデータ、研究成果、社内データ・資料、新聞記事等も参考にしている。
調査期間:2016年10月~2016年12月

調査結果サマリー
Close

UPS市場に関する調査を実施(2016年)
・2016年度の国内UPS市場は637億9,500万円、前年度比0.7%増の見込
・100kVA以上帯のUPSでSiCパワーモジュールの採用が始まる
・国内のUPS市場は2019年度頃から回復基調と予測

資料ポイント
Close

  • UPS市場はデータセンター需要も一巡し、安定した需要は継続するものの、市場規模は横ばい傾向。伸び悩みの中で、シェア争いは激化
  • 小型UPSでは、売れ筋商品の有無によりシェアは変動。大型UPSでは、特需ともいえる需要分野も存在するが、その確保を狙って競合激化は進む
  • 外資系メーカのデータセンター進出において、外資系UPSメーカが需要を確保。絶対数こそ少ないが、その存在感は高まる
  • 市場規模とメーカシェアは、出荷台数、出力金額、容量帯ごとに算出。10kVA以上帯では需要分野動向についてもまとめる
  • 主要参入メーカの開発・製品化状況、課題・問題点、需要の見方、発展の方向性等をまとめ、その取り組み実態を把握する
  • 安定した需要を維持しているUPSであるが、データセンター向けが落ち着き、当面は期待材料が少ない。更なる市場規模の拡大のためには、機能拡大の模索が続く。どこを狙い、どのような機能が必要かを考察
  • 近年は自然災害が頻発するが、需要喚起までにはつながらない。当面は東京オリンピック向けて、セキュリティー、インフラ設備向けの需要拡大に期待

資料概要
Close

第1章 UPS市場の現状
第2章 UPSの技術動向と需要分野
第3章 主要UPSメーカの取り組み実態
第4章 UPS市場の展望と将来性

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 UPS市場の現状

1.変化がない参入メーカの顔ぶれ
2.容量帯によって異なる給電方式。中大型は常時インバータ給電が主流
3.単年度の増減はあるが、数量・金額共に伸び悩み感が色濃いUPS総市場規模推移
4.容量帯別メーカシェア推移
  (1)オムロンが伸び、シュナイダーは低下する3kVA以下帯シェア
  (2)産業向けに強いメーカが上位にくる4~10kVA帯シェア。シュナイダーも健闘
  (3)GSユアサが強みを出す10~100kVA帯のメーカシェア。注力メーカは増える
  (4)重電メーカ4社が上位を占める100kVA以上帯メーカシェア。変動要因もある

第2章 UPSの技術動向と需要分野

1.UPSの技術動向
  (1)派生給電方式を提案するメーカはあるが、どこまで差別化できているかは不明
  (2)小型機で台風の目となった常時商用給電正弦波出力。シュナイダーの新製品に注目
  (3)SiC採用機が登場したが、決定的な性能差はなし。これから評価が始まる
  (4)積極的に採用しようとするメーカは存在しない新型蓄電池(LiB)
2.容量帯別需要分野動向
  (1)需要分野について
  (2)3kVA以下はIT/IA系情報機器向けが大半。それ以上は多岐に渡る需要分野
  (3)市場規模は小さいながらも安定している10~100kVA帯。変動要因はある
  (4)需要分野は幅広いが、需要(案件)数は限定される100kVA以上帯
3.既存の需要分野と品揃えの拡大に向け、差別化手段を模索しているメーカの展開と課題

第3章 主要UPSメーカの取り組み実態

1.オムロン(株)
2.(株)GSユアサ
3.ダイトエレクトロン(株)
4.(株)東芝
5.東芝三菱電機産業システム(株)
6.DKSHジャパン(株)(旧日本エマソン)
7.富士電機(株)
8.(株)明電舎
9.(株)ユタカ電機製作所
10.その他

第4章 UPS市場の展望と将来性

1.当面は拡大が期待できない国内UPS市場。OS技術の進歩や東京オリンピックに注目
2.攻めと守りが必要で、UPS事業拡大のためにはこれまで以上の競合が想定される
3.基本姿勢を変えず、その延長線に可能性を追求するメーカ取り組みの方向性
4.積極派と消極派が混在する海外展開の可能性
5.期待材料が見えない容量帯別需要展望。2018年以降に東京オリンピック向けが出るか
6.市場規模予測(~2020年度)
  (1)2018年度までは縮小する数量ベースの市場規模。東京オリンピック向け需要に期待
  (2)数量の減少に加え、競合激化による低価格化で縮小する金額ベースの市場規模

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C56109700 2014 UPS市場の現状と将来性
C56114700 2015年版 定置用蓄電池(ESS)市場の現状と将来展望 ~鉛、LiB、ニッケル水素、レドックスフロー、NAS~
C58112600 2016 AGV市場の現状と将来性
C58119300 2017年版 リテールソリューション市場の実態と将来展望
C59100400 2017 拡大するパワーモジュールの最新動向と将来展望