2017年版 POCT市場の展望

POCTとはpoint of care testingの略で、「診療・看護などの医療現場での臨床検査」のこと。和名では『臨床現場即時検査』とされる。POCTは注目度こそ高いものの、概念的要素が強く市場実態などはあまり明確になっていない。矢野経済研究所では、主要37社の関連製品の売上規模(国内向け)を個別に調査しPOCT市場規模把握の基礎とした。とくに対象を9製品群に大別、それぞれの市場規模、メーカーシェアなどを推定し、参入企業動向、今後の当該ビジネスの方向性などについて分析した。

発刊日: 2017/08/31 体裁: A4 / 181頁
資料コード: C59111900 PDFサイズ: 5.4MB
カテゴリ: ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 302,400円 (本体 280,000円 消費税 22,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的
・臨床検査は、疾病予防、疾病臨床診断、治療効果判定などの様々な分野で行われる。検査検体は血液、尿、便、咽頭拭い液、その他各種体液など。
・POCTはpoint of care testingの略で「診療・看護などの医療現場での臨床検査」の
こと。和名では『臨床現場即時検査』などとされる。
・POCT事業参入企業への調査を行い、当該市場実態の把握および今後の方向性を明らかにすることを目的とする。
調査対象
・検体検査分野のPOCT製品
・基本的にPOCT機として認識される以下の9製品群
・①グルコース分析装置 ②HbA1c分析装置 ③生化学分析装置(ドライ試薬)④血液ガス分析装置 ⑤血球計数装置 ⑥血液凝固測定装置 ⑦イムノクロマト法臨床検査キット ⑧免疫測定装置 ⑨尿試験紙
・検査薬、機器の両方を含む市場として把握。
・本グルコース分析装置では血糖自己測定器製品(SMBG)を対象外とする。
調査対象企業数:国内のPOCT製品展開企業37社
調査方法:直接面接取材、文献調査/その他データ収集
調査期間:2017年6月~2017年8月

資料ポイント
Close

  • 糖尿病系(血糖、HbA1c)、生化学、血液ガス、血球計数、血液凝固、各種イムノクロマト品、免疫検査、尿試験紙などPOCTの分野別市場を分析
  • 2016年度国内市場規模推定および、今後の成長要因、ポイントを明示
  • 主要企業37社の国内POCT事業規模推定および上位ランキング
  • 主要企業37社のPOCT事業実態と今後の方向性を調査
  • 主要POCT機器、新発売機器などを列挙
  • 全国検体測定室(1500件以上)リストを提示

資料概要
Close

第1章 POCT市場の展望
第2章 POCT主要分野別市場動向分析
第3章 主要POCT参入企業調査個表
第4章 関連資料

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 POCT市場の展望

・主要37社の詳細調査をもとに国内POCT市場を推定
・売上上位はシーメンスHCD、ラジオメーター、富士フイルムメディカル
・(表)対象37社のPOCT分野別参入領域一覧表
・(表)POCT製品の分野分類と主な参入企業、2014年度~2016年度推定市場規模
・(表)対象企業別の2014年度~2016年度国内POCT事業規模
・(図)2016年度国内POCT事業規模比較、上位20社
・イムノクロマト、血ガス、血球計数、生化学ドライなどが同主要市場
・(図)POCT製品群市場規模(2014年度~2016年度)
・グルコース、HbA1cなど糖尿病予防分野での利用拡大
・(図)測定項目別の検体測定室数(2015年~2017年)
・POCT遺伝子検査は呼吸器感染症分野向けの開発進む
・アボット/アリーア統合に絡みシーメンスがエポカル社を買収

第2章 POCT主要分野別市場動向分析

[1]生化学検査
  1.糖尿病分野
    (1)グルコース分析装置(POCT機)
    ・(図表)グルコース分析装置(POCT機)のメーカー別売上シェア(2016年度)
    (2)HbA1c分析装置(POCT機)
    ・(図表)HbA1c分析装置(POCT機)のメーカー別売上シェア(2016年度)
  2.生化学分析装置(ドライ試薬POCT機)
    ・(図表)生化学分析装置(ドライ試薬POCT機)のメーカー別売上シェア(2016年度)
  3.血液ガス分析装置
    ・(図表)血液ガス分析装置のメーカー別売上シェア(2016年度)
[2]血液検査
  1.血球計数装置(POCT機)
    ・(図表)血球計数装置(POCT機)のメーカー別売上シェア(2016年度)
  2.血液凝固測定装置(POCT機)
    ・(図表)血液凝固測定装置(POCT機)のメーカー別売上シェア(2016年度)
[3]免疫検査
  1.イムノクロマト法臨床検査キット
    ・主要企業別動向
    ・(図表)イムノクロマト法臨床検査キットのメーカー別売上シェア(2016年度)
    ・2016年度主要製品別動向
    ◇インフルエンザウイルス
    ◇A群β溶連菌(A群β溶血性連鎖球菌)
    ・(図表)イムノクロマト法臨床検査キットの主要項目別市場シェア(2016年度)
    ◇アデノウイルス
    ◇RSウイルス
    ◇ノロウイルス
    ・(表)主要イムノクロマト法臨床検査キットの2016年度市場規模とテスト数、主な参入企業
    ◇肺炎球菌
    ◇アレルギー
    ◇トロポニンT
    ◇H-FABP
    ◇マイコプラズマ抗原
    ◇婦人科(ホルモン系)
    ・(表)主なイムノクロマト法臨床検査キット企業と主要検査項目
    ・(表)ウイルス感染症分野の主なイムノクロマト法検査製品一覧
    ・(表)非ウイルス感染症分野の主なイムノクロマト法検査製品一覧
    ・(表)その他分野 主なイムノクロマト法検査製品一覧
  2.免疫測定装置(POCT機)
    ・(図表)免疫測定装置(POCT機)のメーカー別売上シェア(2016年度)
[4]一般検査
  1.尿試験紙
    ・(図表)尿試験紙のメーカー別売上シェア(2016年度)

第3章 主要POCT参入企業調査個表

・(表)対象37社のPOCT事業概要

[企業調査個表]
(1)アークレイ(株)
(2)アイ・エル・ジャパン(株)
(3)アボットジャパン(株)
(4)アリーアメディカル(株)
(5)アルフレッサファーマ(株)
(6)栄研化学(株)
(7)(株)LSIメディエンス
(8)協和メデックス(株)
(9)サーモフィッシャーダイアグノスティックス(株)
(10)(株)三和化学研究所
(11)シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス(株)
(12)シスメックス(株)
(13)シスメックス・ビオメリュー(株)
(14)積水メディカル(株)
(15)(株)セントラル科学貿易
(16)(株)タウンズ
(17)DSファーマバイオメディカル(株)
(18)(株)テクノメディカ(株)
(19)テルモ(株)
(20)デンカ生研(株)
(21)東洋紡(株)
(22)(株)ニチレイバイオサイエンス
(23)ニプロ(株)
(24)日本光電工業(株)
(25)日本ベクトン・ディッキンソン(株)
(26)ノバ・バイオメディカル(株)
(27)フィンガルリンク(株)
(28)富士フイルムメディカル(株)
(29)富士レビオ(株)
(30)平和物産(株)
(31)(株)堀場製作所
(32)(株)ミズホメディー
(33)森永乳業(株)
(34)ラジオメーター(株)
(35)ロート製薬(株)
(36)ロシュ・ダイアグノスティックス(株)
(37)和光純薬工業(株)

□企業調査個表における掲載内容
・企業概要
・業績推移
・POCT参入領域
・国内の同社POCT関連推定事業規模
・臨床検査薬・機器、POCT事業概要
・POCT事業の方向性
・代表的なPOCT製品(リリース等で発表している画像など)

第4章 関連資料

・(表)分野別、企業別の主要POCT機器
・(表)2007年~2017年に発売された主な臨床検査関連の装置(POCT分野)
・(図)POCT製品の画像例
・(表)主な検体測定室

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 135,000円 (本体 125,000円 消費税 10,000円 )
定価 167,400円 (本体 155,000円 消費税 12,400円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 302,400円 (本体 280,000円 消費税 22,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59107900 2017年版 機能別ME機器市場の中期予測とメーカーシェア(治療機器編)
C59112000 2017年版 医療情報システム(EMR・EHR)市場の将来展望
C59106500 2017年版 各種住宅用断熱材の市場実態 ~断熱材市場白書~
C59111800 2017年版 福祉用具レンタル・販売市場の現状と方向性